2018/02/20

大江山連峰鍋塚から711P南東尾根へ

 丹後周辺では、この冬海沿いは大雪だが少し内陸に入ると案外雪が少ない。大江山連峰もさほど多いわけでもない。ただし寒波の波状攻撃が続いているため、ずっと雪に覆われてはいるが、絶対量はあまり多くない。
Dscn2210


 まあそれでも何とか滑れるだろうと、2週間ぶりに大江山に入山。千丈ヶ原にクルマを止めて鍋塚林道を歩き出す。しまった雪面にはスノーシューとスキーのトレースがありラッセルはない。トレースを外してもほんの数cm沈み込む程度。今日もシールは使わずステップソールで軽快に行く。だから蛇行区間のショートカットはせずにずっと林道を行く。
Dscn2214Dscn2217

 登っていくと鳩ヶ峰と千丈ヶ嶽が見えてきた。鳩ヶ峰は真っ白で、前回滑るのを断念した東斜面が滑れそうに見える。でも、この山域にはあのあと劇的な大雪は降っていないし(京丹後市には降ったが)、また降雪から数日経っている。実際にその場に行ってみると質、量ともに不十分ではないか。まあそういうわけで、今日は久しぶりに鍋塚に登ることにする。
Dscn2218


 1時間半もかけて、鍋塚林道の終点に到着。主稜線に来たので、登ってきたのとは反対側の野田川流域の平野部が見下ろせる。雪が解けて茶色い田んぼが露出している。そして縦走路に「鍋塚まで1100メートル、鳩ヶ峰まで700メートル」の標が立っている。
Dscn2219Dscn2221

 鍋塚方面への取りつきは岩がごろごろした急な登りで、スキーでは雪が少ないと難儀する。下りはもっと大変だ。もちろん今日ここを下るつもりはない。予想通りの雪の少なさだ。少し登ったところで、鳩ヶ峰と千丈ヶ嶽を見ながら休憩。腰を下ろしてパンを食べる。暑いのでアウターウェアを脱ぐ。もっと薄いアウターを着てくればよかった。
Dscn2223


 難所を越え、勾配が緩やかで歩きやすくなったかと思ったら、また急な岩の難所が何度か訪れる。それでも標高711mピークでなだらかとなる。下りはこのピークから南東に延びる尾根をたどる。
Dscn2227


 セブンイレブン(711P)から主稜線を緩やかに下って行くと、正面に鍋塚が見えてくる。向かって右、つまり東側は雪面に穴が開いて茶色の地肌(笹原)が見えている。まあその穴を避ければ滑ることには問題なさそうだ。
 標高差70mの鍋塚への登り。ジグザグに行く。
Dscn2233Dscn2246Dscn2238


 大江山連峰では千丈ヶ嶽に続く標高。頂上が平らな高原状の千丈ヶ嶽よりも展望がいい。連峰の北に位置しているので伊根湾などがよく見える。丹後半島の依遅ヶ尾山、金剛童子山、高山、鼓ヶ岳、磯砂山などよく見える。もちろん、航空管制棟を頂いた北に大笠山、南に鳩ヶ峰、千丈ヶ嶽、赤石ヶ岳の並ぶ大江山連峰も。ただし、遠くは霞んでいる。神鍋のゲレンデもはっきりしないし、粟鹿山や氷ノ山などは見えない。
 すぐ下の与謝野町の野田川流域は前述の通り田んぼが露出しているが、その北方の京丹後市の竹野川流域は一面真っ白。その景色の差は歴然。
 天気が良いので、山頂でものんびり過ごす。
 さて、いよいよ滑降だ。この頃は鍋塚に登ると東側の尾根を滑降することばかりだったが、今日は久しぶりに登ってきた南斜面を滑る。この斜面は新雪が積もってもすぐに劣化するが、その代わりザラメ狙いの斜面。今日などは絶好のザラメを滑ることができるんではないか。
 身の丈ほどの細かい立木が点在する登山道沿いと笹がのぞく雪の切れ目の間の平坦な雪面に飛び出す。いいよ、いいよ。適度な勾配、適度なザラメ。でも、調子に乗りすぎると目の前にクラック。雪の切れ目に近づくと、クラックがあったり、地面に接する雪が解けて落とし穴になっていたりするから、要注意。コントロールできる速度で滑らないと。
Dscn22600


 楽しい斜面はあっという間に滑り終えてしまう。鍋塚を振り返って自分のシュプールを眺め、滑りの余韻に浸る。
Dscn2264Dscn2268

 セブンイレブンPに登り返して、南東尾根へ。最初は勾配がそれなりにある。夏道があるので灌木は刈られているのだが、雪が悪くて難儀する。途中からは植林帯にエスケープしながらなんとか、尾根が平坦になるところに降り立った。ここには、鍋塚林道からダブルトラックが通じている。2週間前は、鍋塚林道からこちらに来たが、今日は逆に鍋塚林道へ。下り勾配なのですぐに鍋塚林道に到達。この後は、素直に林道を下ることにする。当初は、鳩ヶ峰の東尾根を降りようとか、それがだめなら林道をショートカットして、などと考えていたがどうも雪が少なくて苦労しそうだ。勾配が緩くて板が走らない林道は全く楽しくないが、その方が無難だろう。というわけで、無事下山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/07

大江山連峰鳩ヶ峰

 宮津市街から普甲峠を越える。峠には昨シーズンから閉鎖されてしまった大江山スキー場がある。小さなゲレンデには雪が積もり、スキーやスノーボードのシュプールが描かれているが、もし閉鎖されいない場合に営業できるかどうかは、微妙な雪の量だ。1週間ほど大寒波が居座った割には少ない雪の量。
Dscn1521


 大江町グリーンロッジから千丈ヶ原へ。雪道だが、除雪されている。昨シーズンからは除雪の限界点が、鍋塚林道の分岐点まで400m程延びた。
 その分岐点から鍋塚林道側にクルマが3台止まっている。その周辺には個人所有のロッジがいくつかあるため、登山者のクルマとロッジ所有者のクルマが混じっているようだ。分岐の反対側、鬼嶽稲荷神社方面にもロッジがあり、除雪がされている。ずっと向こうにクルマが止まっているようだ。
Dscn1526


 私は鍋塚林道側の駐車車両の並びの一番奥にクルマを止める。気になるのは路面を覆っている雪が深いこと。スコップで掘ってみると20cmくらいある。長時間止めているとクルマの重みでタイヤが沈んで腹が雪面についてしまい、動けなくなってしまう恐れがある。まあ、入山から下山まで、4時間ほどなら大丈夫だろう。
 支度を整えて鍋塚林道を歩き出す。前日、あるいは今日の午前中に何人もスノーシューで歩いた先行トレースが伸びている。まとまった降雪が途絶えて4日目なので、トレースを外しても十分に歩き易い。ということは滑りはあまり期待できないということになる。ステップソールでだいじょうだろう、とシールはクルマに置いてきた。青空から降り注ぐ日差しが心地いい。
Dscn1531Dscn1533

 いつもはショートカットする場面でも、今日はいい道ができているので林道を行く。ショートカットのトレースはスノーシュー1人前で、先人の大方は林道を辿っている。林道は全面雪に覆われ板を外す必要はない。日当りのよいところでは雪が切れている場合がある。
Dscn1538Dscn1540

 1時間と少しで鍋塚林道の終点に到着。縦走路のある大江山連峰の主稜線で小屋が建っている。その小屋の脇を通り、鳩ヶ峰を目指す。思いのほか雪が薄い。岩などのおうとつがそのまま表れ、登山道はボブスレーコースのような溝になっている。先行トレースはその溝をていねいに辿っているが、そんな窮屈なところを歩くのは嫌なので登山道を外しブッシュの薄いところを選んで登って行く。ステップソールが良く効いて歩き易い。
Dscn1543


 千丈ヶ原から2時間で鳩ヶ峰山頂へ到着。いつの間にか、空の大半が雲に覆われたが、眺めはまずまず。南に大江山の主峰千丈ヶ嶽、そして赤石岳。北には、鍋塚と大笠山。さらに北方、丹後半島方面には、わが町のシンボル金剛童子山、その北の依遅ヶ尾山がはっきり見える。水平線はやや霞んでいる。それらの手前には磯砂山が大きい。磯砂山と大江山連峰を分ける足元の野田川流域の平野部「加悦谷」は一面真っ白。
 他にも、高山や鼓ヶ岳、伊根湾、青葉山などおなじみの景色も眺める。西に目を向けると、奥神鍋に万場にかつての名色、神鍋高原のゲレンデが白く見える。その南には、氷ノ山。ここから氷ノ山を確認するのは初めてではないが、今までにないほど良く見える。氷ノ山国際スキー場のゲレンデや白くなだらかな三ノ丸の雪原も確認できる。さらに南には、粟鹿山。こちらは、山頂のアンテナ群もはっきり見える。
Dscn1562Dscn1570_3Dscn1581


 鍋塚の東尾根の南斜面のオープンバーンが白く輝いている。過去2度滑っているが、日当たり良好のため大雪の年でないとなかなか滑れない。それが今日は一面真っ白だ。
Dscn1586Dscn1587Dscn1588


 鍋塚の手前、標高711mピーク(勝手に「セブンイレブンP」と命名)の南西尾根の南斜面は、鍋塚東尾根南斜面よりは雪付きがいい。今日は鳩ヶ峰東斜面から東尾根へと滑り、途中で鍋塚林道を経由して711P南東尾根にトラバース、南斜面を滑ろう、と思いながら登ってきた。でも、斜面にまともに日差しを浴びているのが心配だ。
 展望を楽しみながらパンを食べて、さあ滑降準備だ。鳩ヶ峰東斜面へ。やや重いが何とか滑れる雪だ。しかし、問題は質より量。山頂直下のブッシュが少ないところはいいが、その下はただ立気をよけるだけであまり楽しくなさそう。早々に東尾根への格好をあきらめ、登ってきた縦走路へと戻る。正面には鍋塚。山頂からは真っ白に見えた鍋塚南東尾根南斜面も、今見ると少しブッシュが出ているようにも見える。今いる斜面の雪が少ないことからバイアスが働いているのかもしれないが、日差しで雪が急激にとけているのかも知れない。いずれにせよ、滑るには少ない雪だということだ。
Dscn1582_2Dscn1584

 せっかくなので山頂に上り返して、東斜面をもう一度。上りも下りも自由自在にいけるのがステップソールの強み。
 岩のでこぼこがまるでこぶ斜面のような縦走路、鳩ヶ峰北面を滑り小屋のある鍋塚林道終点へ。そのまま林道を下る。圧雪されたトレースで何とか板が走る程度の勾配。最初のヘアピンカーブを曲がらずに樹林帯へ飛び出す。鍋塚の南に位置する711Pの南東尾根へと向かう。杉林の日陰なので雪がいい。少し開けた斜面があったので、トラバースを止めて滑り降りてみる。すると下にダブルトラックが見えた。落差1mあまりのほぼ垂直の法面をずり落ちるようにダブルトラックに降り立つ。するとそこにはスキーのトレースがある。何のことはない、自分自身の登りのトレースで、鍋塚林道に戻ったのだ。つまり、林道をショートカットしたというわけだ。
Dscn1591Dscn1593

 しばらく林道を下り、次のヘアピンカーブの先端から711P南東尾根へと向かうダブルトラックが飛び出している。先程はこのダブルトラックの途中に降り立つつもりだったのだ。このダブルトラックは緩やかな登りだが、もちろんステップソールで快適に歩ける。
Dscn1597


 すぐに、711P南東尾根に到着。稜線には登山道が敷かれ、国定公園に指定されてから建てられた案内板がある。しばし稜線を行く。いつもは標高562m小ピークを越えたところから滑降するのだが、そこは日当たりの良い斜面。今日の雪の量では不安だ。その手前の谷あいの斜面に目が止まる。ここも一度だけ滑ったことがあるが、日陰でいい感じだ。直感的にそちらに吸い込まれる。
 どうやらその選択は正解だったようで、比較的雪質がいい状態で保存されていて、今日一番のすべりを楽しむことができた。
Dscn1602Dscn1603

 ただこの斜面の難点は後半、鍋塚林道の途中から千丈ヶ原へのシングルトラックに出会ってからだ。シングルトラックより下はブッシュが濃くて滑りにくい。シングルトラックは、沢が絡んでいて雪が切れていたり、動物よけのネットが張ってあったりして滑りにくい。ただし今日は、シングルトラックは程よい抵抗をかけてくれるいい雪に覆われていて快適に下れる。沢が横切る部分も何とか板を外さずにクリア。ネットもなかった。
Dscn1605Dscn1610

 そして開けた斜面に出た。稜線の562Pを越えた所から降りてくる斜面だ。千丈ヶ原の車道まで最後のひと滑り。が、やはり日差しを受けて雪が重いし、薄い。
 かつては、この斜面の下が除雪の限界点。今日は、車道に下りたら圧雪の上をスキーで歩き、最後は板を担いで鍋塚林道の分岐へ。
Dscn1616


 クルマは一台減っていたが、私のクルマ以外に2台がまだ止まっている。すぐ近くのロッジの煙突からは煙が出ているので、その中にいる人のクルマかも知れない。薪ストーブかな、いいなあ、楽しそう。今夜はここで泊まるのだろうか。去年、朝ここにきたときには、前夜から圧雪の上に駐車していたのだろうと思われるクルマが動けなくなってレッカー車を呼んでいた。救出作業を眺めながら、入山の準備を整えた。
 現時点ではまだ車輪は2.3cmほどしか沈んでいなくて脱出できたが、緩んでやわらかくなった雪で車輪が空回りしている。雪面には、すでに立ち去ったクルマの苦労のあとも見られる。勾配のある道路での縦列駐車で、上を向いて止めていたせいだ。縦列駐車では前進で出るのがいいのだが、滑りやすい路面での坂道発進となってしまう。
 帰路に就くわけだが400m程でストップ。かつての除雪限界点、鍋塚林道からのシングルトラックが下りてくる地点でスキー板を下ろす。ここから、鳩ヶ峰が見えるのだ。スキー板を雪に突き立てて鳩ヶ峰とのツーショットをとる。そしてズームアップして、鳩ヶ峰東面に描いたスキーのシュプールを撮影。これでようやく、本日の全日程完了、後は無事に家に帰るのみ。
Dscn1621Dscn16240


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/01

碇高原で今シーズンのスキー登山始動

 道路状況がようやく安定してきた日曜日の午後、碇高原へ行ってみた。自宅から40分。雪がないときよりも時間がかかる。
Dscn1385


 思ったよりも雪は少なめ。珍しく先客のトレースあり。今朝のものか昨日のものか。牧場の作業道のダブルトラックは雪がしまってラッセルはほとんどなし。
Dscn1412Dscn1428Dscn14200


 1本目は笠山展望台まで登る。牧草がかなり露出していた。風でクラストしていた。雪が薄いのは風のせいもあるかも知れない。
 次の斜面は雪不足で断念。登りに使ったダブルトラックを滑り降りる。そして、さらに下の斜面へ。ここも雪は少ないが、周囲の木立が日よけ風除けになっているようで、雪の質、量ともに最も良い感じ。2本目は下の斜面だけ。そして、3本目は、手前の急斜面。これで最後のつもりだったが、楽しくて4本目もその急斜面へ。最大標高差130m程しかないが、繰り返し楽しむのがここの遊び方。ラッセルの時は、自分のトレースを活用できる。
Clip0219mp4_000008897Dscn14390


 帰り道に、鹿に遭遇。この山域では過去に余り見かけなかったのだが、実は数日前にも通勤中に見かけている。同じ山域と言っていい場所で。
Dscn1440mov_000014411Dscn1440mov_000016049Dscn1441mov_000008000


| | コメント (0) | トラックバック (0)

草津白根山噴火とロッテアライリゾート遭難

 丹後が寒波に襲われている最中、長野県北部に隣接する、群馬県の草津国際スキー場と新潟県のロッテアライリゾートで痛ましい事故が起こった。それぞれ亡くなられた方のご冥福をお祈りする。
 まずは、草津国際スキー場に程近い本白根山の噴火について。スキーヤーやスノーボーダーがいるコースに火山弾が降り注ぎ、着弾の衝撃で雪煙が上がる様子は、まるで戦場のような光景。2014年9月の御嶽山以来、人的被害の出る火山噴火となった。
P1190106


 個人的には2010年9月に草津温泉から志賀高原へ自転車で走り、白根山と本白根山の間を通っている。スキー登山で訪れた御嶽山といい、噴火に出会うかどうかは時の運ということだ。
 草津温泉では宿泊キャンセルが相次いでいるとのこと。「草津」という名を冠したものをひとからげ(一絡げ)短絡的な風評被害だ。大涌谷の噴火で箱根の温泉街の客が激減したり、福島第一原発から東京よりは慣れている岩手県の瓦礫の放射線量を心配したりするのと同じようなことだ。単純に今回の火口からの距離が草津の温泉街よりも近い、志賀高原の渋峠や横手山のスキー場でも訪れる客が減っているのだろうか。
 次に、新潟県妙高市(旧新井市)の「ロッテアライリゾート」のスキー客の遭難事故。スキー客がいつの間にかコースを外れ、雪の深さに行動不能となり一晩越せずに凍死、とのこと。遭難してしばらくの間携帯電話で連絡が取れ、雪洞を掘ってその中で過ごすように指示されたが、結局雪洞を掘ることができなかったようだ。
 ロッテアライリゾートは、スキーバブルの1990年代に開業し2006年に運営母体の経営破たんにより廃業したスキー場などを、今の会社が落札。今シーズンオープンしたスキー場等のレジャー施設だ。圧切等整備された一般的なスキーコースの周辺に雪崩管理ゾーンという林間コースが設置されている。「雪崩管理(アバランチコントロール)」とは、雪崩の危険がないかどうかを調査し不安定な雪はあらかじめ落としておく、こと。方法は、安全を確保しながらスキー等で滑って雪面をカットする(スキーカット)。新潟県にはこうした自己責任で自然の斜面、またはそれに近い斜面を滑ることを認め、愛好者を受け入れているスキー場が居つくかあるように見受けられる。しかし、こうした事故が起こるとだんだん厳しくなるわけで、とても残念である。
 この山域、アライリゾートのすぐ北に位置する粟立山で3年前の1月17日に山スノーボーダー2人が雪崩に流され、一人は埋没して死亡、もう一人は自力で脱出して雪洞で寒さをしのぎ翌日救出された。
 また、蒸し返して申し訳ないが、やはり三年前の正月明けの神楽ヶ峰でのスノーボーダー遭難事故を思い出す。多くのバックカントリースキー・スノーボード愛好者を受け入れている(私が訪れた時には登山届とセットでスキー場外のコースマップも用意されていた。今も?)かぐらスキー場のリフトを利用したもの。2000mの雪山で二晩を過ごし、3人とも救助されて生還、その日のうちに記者会見に応じたたことは、たくましい、そして素晴らしい(敢えてこう表現する)。もちろん、二晩とも雪洞を掘り、入り口をスノーボードで塞いでしのいだとのこと。
 やはり、雪洞を掘ってしのげるかどうかが大きく明暗を分けているようだ。訓練も必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/18

久しぶりの低温と雪山捜索訓練そしてスキー動画

 1月10日頃から寒波がやってきた。北近畿、丹後半島およびその周辺でも雪が降るには降ったが、大した量ではなかった。家の前で25cm。新潟方面に雪雲が集中したため、こちらにはあまり配当されなかった。ただし、気温は低かった。特に、12日、13日には、豊岡や舞鶴では最低気温が氷点下4度ほど、福知山や和田山では氷点下6度くらいまで下がった。
Dscn1163Dscn1165Dscn1166


 透明な窓ガラスは全面凍り付いてすりガラスのようになり、開閉も困難になった。軒にはつららができた。池の水も凍った。30年くらい前のは毎年このくらい寒かったが、近年ここまで冷え込むのは珍しい。
Dscn1206Dscn1189

 13日の夕方、凍結により我が家の水道管が破裂してしまった。水道屋にヘルプの連絡をすると、すでに他の家からの依頼が3~4件入っているのですぐには向かえないとのこと。それでも待っているから来てくださいね、とお願いする。
 問題は水道の元栓。屋外の地面にメーターとコックが設置されているのだが、雪が積もっている。雪がそう深くないのが幸いだが、目印がない。かつては、祖父母が暮らす離れの玄関前でわかりやすかったが、もうその建物を壊してしまい更地となっている。スノーダンプで除雪してみる。歩いたりクルマを通すことができる用に雪を薄くできるものの、今は地面を露出させないといけない。スコップに切り替える。スコップを突き立てて捜索を試みる。「かちん」と硬いものにあたって、これかと思い掘り返すが地表付近の雪が凍てついているのだ。かつて建物があった範囲を想像し、さらに「元栓は離れや母屋に配管が分岐する手前にあるはずだから、本管より、つまり道路よりにあるはず」などいろいろ思い出しながらの作業。捜索を始めてすぐに日が暮れ、こちらに面した部屋の明かりをつけ、ポケットにLEDのバッテリーライトを入れての作業。幸い雪はほとんど降らなかったが、たまにあられが落ちてくる。
 捜索開始から1時間半、掘り返した地面を靴でこすってみると金属が擦れる音。LEDライトで照らすと、元栓の蓋だ。ついに発見。
 さらに1時間以上たって、水道屋さんがやってきた。とりあえず応急処置をしてもらい、水道が使えるようになった。
Dscn1256


 雪崩に埋没した仲間がビーコンを持っていなかった場合、プローブ(ゾンデ棒)を雪面に突き立てて捜索をするのだが、これは気の遠くなるような作業。埋没から15分以内に救出できるかどうかで、生存率が大きく変わってくる。ビーコンのあるなしが生死に直結する。改めて、ビーコンのない場合、プローブによる捜索の難しさを思い知らされる、水道の元栓捜索だった。
 それでは、この冬たくさん雪が降りますように、動画をお届けします。
https://youtu.be/3sbWhmgvmqE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/31

アバランチナイトin大阪

 今年もこの季節がやってきた。日本雪崩ネットワーク(JAN)主催の雪崩事故防止啓発セミナー「アバランチナイト」。今回のお目当ては、2017年3月27日、栃木県の那須岳での高校山岳部の合同合宿中の8人が亡くなり重傷2人を含む40人が怪我をして、大きく報道された雪崩事故の話を聞くこと。
 いろいろあって途中の休憩中に会場に到着。前半は一般的な雪崩のお話で毎年大きく変わるものではない。後半に間に合えばいいのだ。
 後半は、数年前にさかのぼっての雪崩事故の概要、昨シーズンの調査報告などなど。那須岳の事故は最も時間を割いて報告された。JANのWebサイトにも調査報告は掲載されているのでここでは省略(ただし、2年以上前のものはすでに削除されている)。
 調査報告の後、演台に立つJAN理事、でがわあずさ氏のコメントは次のようなものであった。
 
 現場の地形、雪の安定性においても危険な状態へと進入していった。事故が起こったケースを切り取れば、「なぜ?」と首をかしげるような状況。ラッセル訓練を実施する判断を下したリーダーは事故の後相当に叩かれている。
 しかし、リーダーの判断力については十分にあったと考える。長年ある一つのことに関わり経験を積んだ者には、判断力が養われるものである。例えば、野球でもサッカーでもバスケットボールでも選手や指導者として長年続けていれば、その競技について「こういう場面ではこうすればいい」ということは身につく。山でもそう。実際、この雪崩事故の日も早朝に責任者で集合して那須岳の登頂を中止した。この判断は正しい。そして、スキー場のゲレンデ内での訓練をすることにした。これも正しい。そして、雪崩に巻き込まれる斜面にとりつく。はじめは恐る恐る。でも、リーダー格の指導者は今までにも雪が降り積もる中歩いた経験もあるはずで、このとき「案外いけるんじゃないか」と思った習慣があったのではなかろうか。もし、雪崩がなければ別に何でもなかったはず。いわゆる「誤った成功体験」。これは誰でもが経験していること。例えば、2013/11/23立山真砂岳での7人死亡の事故。地形・積雪状況ともに非常に危険であったわけだが、雪崩が起こる前にたくさんの人がスキー等で滑っていた。快適な滑走、いわゆる「誤った成功体験」が繰り返されていた。雪崩が起こらなければ、楽しい日であった。(ちなみに、この数日前11/16にも雪崩が心配される日があったが、その日は大丈夫だった。)

 「今日この場に集まっているみなさんは、リスクテイカー、危険な奴らです」と、講演台に立つ でがわ氏の我々への言葉は厳しい。一方で、雪崩事故を起こした当事者を批判することはない。その真意は、「雪山という非常に危険な場所へ出向くにあたり何よりも自分の命を守るためには、危険を認識しなければならない、ミスを犯した他者を批判することは何の意味も持たない」ということではないかと感じた。
 当事者への批判には、自分は違うという意識を伴っている。事故が起こった場面を切り取り「なぜあんな状況の時にあんな場所に出向き、あんな行動をとったのか、理解できない」という気持ちを含んでいるのだ。
 例えば、危険個所を短時間で通り抜けてしまう、ことがあるが、これは事故にあう確率を低めることはできるが、ゼロにはできない。事故の確率を減らすことは正しいが、そもそも危険な場所に自分から出向いていることを忘れてはならない。その場面で事故にあえば、「なぜあんな状況であんなところを」ということになる。「誤った成功体験」を繰り返しているだけなのかも知れない。
 「誰に責任があるのか、を考えていては見えてこないものもある」とも、でがわ氏。事故の責任について考えることは我々の役目ではない。むしろ「事故を起こした人も自分もやっていることは全く同じである」ということを認識する方が自分の身を守ることにつながる。そういうメッセージを感じた。
 ただし、でがわ氏は、那須岳の高校山岳部の引率教員に対し、あのようなコメントをしたのは、雪山の安全を参加者に訴える講演だったからだと思う。その現場で過去に雪崩が起こっていることも知らなかったし、(ゆるやかな)尾根筋だから雪崩は来ない、という判断も間違っていた。インターハイの夏山限定の登山競技に関してはベテランでも雪山に関してはまた別、ととらえた方がいいように思う。

 ところで、大阪までのアプローチは、篠山まで自動車で南下し、JR篠山口駅から電車に乗り換える、というもの。そのアプローチの道中、クルマがガラガラとディーゼルエンジンのような音をたてる。ずっとではなく断続的なものなのであまり気にしないでいたが、篠山口が近づくとだんだん頻繁に音がするようになった。オイルの警告ランプも点滅し始めたので、ボンネットを開けてオイルの点検をしてびっくり。かなりオイルが減っているではないか。帰りは深夜になるので、電車に乗る前に解決せねばならない。篠山口にオートバックスがあったので、オイル交換。すると、オイルがほとんどなくなっていた、とのこと。危ないところだった。
 漏れは見当たらないので、燃料と一緒に燃えている。オイルがなくなるとエンジンが焼きつき、場合によってはエンジン乗せ換えとなる。ひと月に一度、あるいは良く乗るようなら2週間に一度くらいはオイルの量を点検し、継ぎ足すように。こうきつくいわれた。おっしゃるとおり。
 実は、前にオイル交換したときもオイルの減りを指摘されていた。後日調べると、どうやら「オイル上がり」または「オイル下がり」が疑われる。いずれにせよエンジン内のピストンとシリンダが磨耗して隙間ができ、オイルが燃焼室に入り込んで燃えてしまう症状。最近のクルマでは、おおむね走行距離が10万kmを越えたら起こる症状らしい。
 我がプロボックスももうすぐ9年が経過し、19万kmに達しようとしている。当然、いきなり始まったのではなく、これまでからオイル交換の際にはオイルが減っていたのだろう。それが徐々に進行していき、危険な水準まで減るようになってきた、ということが推測される。このクルマも、もう余り先が長くない(あと2,3年か)と思われるので、オイルを追加補充しながら余命を過ごそうか。
 とりあえずクルマの不調は解決したので、大阪へ。そして、篠山口へは、終電より一つ前の電車で戻り、帰路に就く。オイルの警告ランプは点かず、もう変なエンジン音はしなくなった。念のため、西紀から三和(鼓峠・箱部峠)の県道・府道コースではなく、国道176号線で福知山へ。信号が多くいつもは避けるコースだが、24時間営業のコンビニも点在しているし、深夜は閉まっているが自動車関係の店やJR福知山線が近ければ翌朝の対応もできるというもの。結果的にはクルマで無事に帰ることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/05

暑い雪山扇ノ山

 比較的残雪が多めだった今年の春だが、中国山地のスキー登山もそろそろ終わりに近づいている。残すは扇ノ山だ。4月中旬に上山高原まで除雪され道路が開通した。ゴールデンウィークが始まった4月末日は、なんと鳥取や豊岡で真夏日の予想。半袖シャツを準備して、山陰最後の雪山に向かう。
 豊岡市日高町で、すうさんと落ち合う。2月下旬の大江山、3月下旬のくらますに続いて、今シーズンは3度目の同行だ。
 神鍋高原へ。奥神鍋スキー場最上部の栃の木ゲレンデにわずかに残雪が見られるが、すっかり初夏の装いだ。
 蘇武トンネルを抜けて村岡から国道9号線で湯村温泉へ向かう。さすがにそこそこクルマがいるが、混雑というほどではない。
 湯村温泉を通過し、鳥取県境手前を左折。扇ノ山方面へ。海上集落も田植えの準備中。
Dscn2922Dscn2923

 一週間前に山焼きを終えた上山高原に到着。既に5台のクルマが止まっている。出発準備を整えて板を担いで歩きだす。すぐに除雪の限界点に到着。板を装着。2週間前に訪れた記録をネットで見たら、除雪の限界点は1mほどの雪の壁だったが、今は半分ほどにかさが減り、しかもなだらかなスロープになっているのでわけなく乗り上げることができる。
 ショウブ池の辺りは雪が切れていることが予想されていたが、その手前にも一か所雪が切れた個所があり、そこで板を外す。ショウブ池の先まで板をつけない方が楽だったかも知れない。
Dscn2927Dscn2924

 ショウブ池はすっかり雪や凍結はなくなり、初夏の装い。それでも、大ヅッコや扇ノ山の頂の東側はしっかり雪に覆われ、白く輝いている。
 この先は雪がつながっている。すうさんはシール、私はステップソールで除雪されていない車道を行く。思い切って半そでにしたが、歩いていれば全く寒くない。
 山襞に沿った、リアス式海岸を連想させる軌跡をたどって道は続く。谷の部分では、法面からずり落ちてきた雪で道は斜めに埋まり、要するにトラバースとなる。雪は締まっている。我々はスキーだからエッジを効かせて難なく進むことができるが、登山靴の人は少し緊張する場面かも知れない。
Dscn2929


 小ヅッコ登山口の手前で雪が切れているのはいつもの通り。上山高原から1時間余り。
Dscn2930


 すぐに小ヅッコ小屋。我々が準備しているときに上山高原を出た男女連れが、ちょうど小屋から出発するところだった。我々は、小屋で小休止、のつもりが結構長めの休憩となった。
 小屋から歩き出せがだんだん藪が濃くなる。雪解けが進んで、細かな木が顔を出している。しかも、この冬は雪が多かったので倒木が多く、進路をふさいでいる。
Dscn2933


 どうにか河合谷コースと合流し、そのあとは歩きやすいブナ林となる。そのあとはピークといえないほどなだらかな小ヅッコ。そして徐々に登り勾配が増して大ヅッコが近づく。とはいえ、ステップソールで直登可能な緩斜面だ。
 Dscn2936Dscn2940

空腹を感じたので、小休止して軽くパンを食べる。
Dscn2942


 大ヅッコのピーク手前で登りらしい登りとなり、ステップソールでは直登不能となりジグザグにコースを取る。大ヅッコを越えたら、標高差50mほど下る。山頂への登りがまだ残っているので、すうさんはシールのまま下る。こうしたアップダウンには、ステップソールが有利だが。木々の密度が濃くて快適ではない。
Dscn2943


 鞍部から山頂までは標高差100mの最後の登り。相変わらずブナ林で、青空と雪面が眩しい。もうしばらくしたら新芽の緑が加わり、さらに青空が見えないほどに生い茂ってくる。
 左手が滑り頃の斜面となると山頂が近い。山頂手前に鳥取砂丘方面の展望テラスがあるが、霞が濃くて砂丘も、湖山池も見えない。
Dscn2946


 そして正午過ぎに山頂到着。一人のスキーヤーがコンパクトな三脚を立てている。デジタルカメラで自分が滑る姿を動画撮影しようとしているようだ。なんとゲレンデスキー。長靴を履いて、スキー用具を担いできたようだ。
 山頂は、そのスキーヤーのみ。意外に人が少ない。暖かいので外でもいいのだが、せっかくなのできれいな山頂小屋に入って昼食をとることにする。ブーツを脱いできれいな板の間の2階へ上がり、座ったり、寝転がったり、自由にくつろぐ。
Dscn2951Dscn2966Dscn29640


 扇ノ山の山頂は周囲をブッシュに囲まれ、大展望というわけにはいかない。小屋の2階が展望大の役割も果たしてくれる。氷ノ山、東山はかなり雪解けが進んでいる。南を向くと、三室が確認できた。ということはその右側がくらますだ。あと、現場ではわからなかったがその右に後山が見えていた。
 またまた長居してしまった。いつしか、小屋の周りにはいくつかのパーティの姿が見られた。
 小屋を出ると、若い男女3人連れがいたが、彼らも先に下山していった。どうも我々は、休憩が長いようだ。
Dscn2948Dscn2959Clip9930mp4_000003378


 まずはザックを置いて東斜面に滑り降りる。ザラメだが、雪解け(降雨)のせいか雪面がデコボコだ。それでも標高差100mほど下って登り返す。すうさんはシールを貼り、私はステップソール。それぞれに有利なコース取りで山頂へ。
Clip9930mp4_000017000


 時間も飲料水も、結構消費した。
Dscn2969Clip9932mp4_000003000Clip9932mp4_000019076


 今度はザックを背負ってもう一本。控えめに下って、登り返さず斜滑降で大ヅッコ方面へ。そうして鞍部へ降り立つ。大ヅッコへの上り返しは、すうさんは板を担ぎ、私はステップソール。
 そして大ヅッコの北斜面へ。ここは最後まで雪が残る斜面だ。まだあと半月はいけるだろう。
Clip9938mp4_000008000Clip9938mp4_000020882Clip9938mp4_000022394


 斜面が緩くなると板が走らなくなる。どうも気温が高すぎるようだ。乾いた熱風を感じる。
 さらにヤブヤブ区間。たまらず板を外して歩く。小ヅッコ小屋手前までツボ足で行く。こんなことなら河合谷の段々畑にエスケープした方がよかったかも知れない。河合谷登山口から小ヅッコ登山口までの車道に少し登りがあるため、ステップソールでないすうさんのことを考えて小ヅッコ登山口に下山に執着したのだが、どっちがよかったのだろうか。ただ、雪が緩みすぎて段々畑もあまり板が走らず快適ではなかっただろう。
Clip9943mp4_000008416Clip9943mp4_000038882

 まあ、それでもどうにか小ヅッコ登山口から車道に降り立つ。スキーで快適に滑れるはずの斜度の車道も、今日は板が走らない。ショウブ池で雪が切れたら、なんだか再びスキーを付けるのが面倒になってしまう。スキーを履いても、結局歩かなければならないわけなので。
Dscn2985


 そして、ようやく上山高原へ下山完了。それでもやっぱり楽しかった。
 湯村温泉や日高町内で混雑が心配されたものの、順調に帰宅できた。ゴールデンウィークといっても、休日の合間の平日を休んで9連休という人は少ないようだ。そうなると、29,30日は普通の土日。この日の夕方には、湯村温泉に泊まる人も少なく、すでに京阪神などに帰り始めていたということか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/04/06

Slide and Ride 裏くらます

 独特の山名を持つ山「くらます」。山頂部東側の無立木の斜面は、冬には真っ白な大雪原となり、スキーやスノーボードの滑走系の登山者はもちろん、スノーシュー等で登頂した人も広大な雰囲気を味わうために訪れている。
Dscn0389

 その斜面にあこがれて3月下旬に登頂したものの、登りに時間を使いすぎてその斜面を滑ることができなかった。
 冬場の一般的な登山口は西の麓の吉川集落。東斜面は裏側ということになる。後日、あの斜面を滑れなかったことを悔やみながら、次はどうにかならないかといろいろと情報集めていた。
 すると、東側の麓、加地川沿いの林道大通中江線(加地林道)が、この春、加地集落からかなり奥まで除雪されていることが判明。その途中から、くらます中腹に林道の支線が分岐している。
 次に、GoogleEarthを見ていると、その支線林道にはさらにいくつもの支線が張り巡らされていて、例の大雪原に向けて伸びているものがあるようだ。おそらく自動車は通行不可能な、林業の作業道だろう。国土地理院の地図には描かれていない。ちょうどGoogleEarthのくらます周辺の画像が、冬の初め(2015年12月)に撮影されたものだったので、植林の中に白く浮き上がってみる道を見つけることができた。
 カシミール3Dで切り出した国土地理院の地図と、GoogleEarthの画像を重ねてどうにか国土地林の地図に林業作業道(以下作業道)を描き加えた、GPSレシーバー用の地図を作成することができた。
 ただし、これはあくまで机上で作り出したもの。次のチャンスまでには実際に作業道をたどって、GPSのトラックを取得した。雪が解けたらMTBで行ってみようかとも思ったが、今ならまだスキーで歩けるのではないか。
 結局3月いっぱい気温は低めだった。林道や作業道にはまだ雪が残っているだろう。作業道の先で藪が出ていればそこまで。だとしても、作業道の様子を知り、GPSのトラックをとっておくことは大きい。うまくいきそうなら、吉川から入山し加地に下山するというコースも可能になる。
 4月初めに、再び鳥取県若桜町へ。戸倉峠中腹の落折を過ぎて、まとまった集落群に降りる。その中の大野という集落で国道29号線から南に折れるとすぐ加地の集落。集落を抜け、加地川に沿って南下。これが林道大通中江線。林間の薄暗い舗装道路だ。加地の家並みが途切れてから2.5kmでくらます中腹への支線林道への分岐。
 雪がない!分岐の起点である加治川を渡る橋のたもとがゲートで塞がれているので、クルマは入れない。とりあえず歩いて様子を見に行くが、当面雪は現れそうにない。
Dscn0358


 というわけで、自転車を使うことにした。雪の状態によっては、途中までしかいけないことも想定されるので、自転車を積んできている。もしスキー登山の下見が早く終わったら、どこかで自転車に乗ろうという目論見だ。たたし、残念なのは、MTBでなくクロスバイクを持ってきていること。この支線林道は出だしは舗装だが、途中からダートになるとのことだ。しかも平均10パーセントを越える急勾配。
 まあそれでも、歩くよりはいいだろう。自転車にスキーを積載すれば、背負うより随分楽だ。
 ところが、スキー板を自転車に固定するためのベルトがない。これは、自転車のトゥクリップのストラップが最適。2本のストラップを使って、ダウンチューブとサドル下にスキー板を固定するのだが。結局、代替品としてズボンのすそをとめるストラップを利用。あまりきつく固定できないが、まあ大丈夫だろう。
 そんなこんなで準備に小一時間かかり、9時17分スタート。天気は快晴だ。
 ゲートを越え、橋を渡るといきなり急坂が始まる。クロスバイクとはいえ、かなり低速ギアを用意してあるのでちょっとがんばってみたが、さすがにスキーブーツでは効率よいペダリングはできない。すぐに押して歩き自転車は荷車と化す。
Dscn0360


 すぐに、小さな小屋がある。林道分岐から見える背面では倉庫かと思われたが、正面から見るとテラスがあるなどなかなか洒落たつくりになっている。そして「清流遊山荘」という看板。別荘?こんなゲートで閉ざされたところに?結局謎のまま。ついでにいうと分岐のところにも別荘風の建物があり、そちらはあまり手入れされていないが、清流遊山荘はきれいに整えられている。
 その先で不気味なものを発見。なにやら動物の骨だ。あばら骨が見事に骨格標本のように残っている。と思ったら、頭蓋骨も。ぱっと思い浮かんだのはシカだが、頭蓋骨の先端がくちばしのように細くなっている。コウノトリみたいな大型の鳥かと考えたが、歯があるからやっぱりシカだろう。不自然な方向を向いているが、足もあった。しかし、内臓や筋肉、皮膚などは全く見られず、きれいに骨だけが残っている。少し白い毛が落ちているだけだ。ただし、写真を撮る勇気はわかなかった。
Dscn0361


 道路を塞ぐ残雪を2度乗り越えた後、土砂崩れをひとつ乗り越える。その土砂崩れがちょうど干そうとダートの変わり目。そこからすぐ、またも残雪が道路を塞いでいた。自転車はここまでとする。1km弱、標高差ちょうど100m進んだところだ。
Dscn0363


 が、しばらくは板を担いで歩く。完全にふさがった部分を越えると、道路の山側は残雪は覆われ谷側は路面が出た区間が続く。路面はダートなので自転車を置いてきたのは正しい判断だろう。山側の雪はずっと続いているので、下りはスキーで滑れる。
 相変わらず勾配が急で、すぐわきを流れる沢も、落差こそ小さい物の滝が連続する急流だ。雪解け水がごうごうと音を立てて流れている。
Dscn0365Dscn0368

 またも道路が全面残雪に覆われている。今度は山側の法面からずり落ちてきた雪が斜めに分厚く積みあがっている。ここでスキーを装着。シールはまだ温存し、ステップソールの恩恵にあずかる。斜めの雪面なので、スキーのエッジも効果を発揮する。
 雪は増える一方で、自転車デポジット、そしてスキー装着のタイミングはばっちりだった。
Dscn0370Dscn0378

 やがて、谷が狭まり流れは沢となる。周囲は植林帯に変わる。ただし、先日のヘンブ谷ほど狭い谷ではなく、木々の間から日差しが降り注ぐ明るい谷だ。特に今日は青空がのぞき、いい雰囲気だ。道路の勾配が沢に追い付かないらしく、時折S字カーブで標高を稼ぐ。雪はすっかり量を増し、もう地肌が見えているところはない。
 この支線林道はヘアピンカーブで沢に背を向け斜面をトラバースしていく。そちらには向かわず、そのまま沢沿いを行く。ここからが林業の作業道だ。出だしは、地形の凹凸が複雑で、作業道なのかスノーブリッジに覆われた沢なのかわからない。落とし穴で沢に落ちるのは嫌なので、シールとスキーアイゼンを装着して法面を歩く。やがて、はっきりと作業道が確認できたのでそちらを歩く。左右方向が平らなのは楽である。
 その作業道もやがて先ほどの支線林道と同じようにヘアピンカーブで斜面にとりつく。道幅が狭い。シングルトラックとダブルトラックの間の、1.5トラックというところ。また相当の急勾配だ。とにかく軽トラックでも通行できないだろう。キャタピラ式の丸太運搬車が通れる道、という想定と思われる。雪がない時期にMTBできたら、下りで乗車できるかどうかその人の技術次第というところだろう。
Dscn0391Dscn0399

 基本的には左右方向には水平なのだが、時折山側の法面からずり落ちた雪で、完全に斜面になっている区間があるので、スキーアイゼンは付けたままで歩く。
 作業道は、何度もスイッチバックして高度を稼いでいく。正午を過ぎた。木々の合間から氷ノ山が見えたところで、ザックを下し持ってきたパンを食べる。ただし、見えるのは三ノ丸で、最高峰の1510m峰は見えない。
Dscn0394Dscn0395

 さらに作業道を行く。斜面は壁のような急勾配で作業道がなければとても登れそうにない。滝のような沢に沿って雪崩が起こったのか、量は少ないが大きなブロックのデブリも見られる。
Dscn0398


 標高980mを越えると、植林帯は終わり落葉樹林に変わる。そして作業道も終点に到達。ここからは斜面へ取り付かねばならない。もし藪が出ていればここで撤退、というつもりだったが、幸い斜面は雪に覆われている。山頂北ピークを目指して、スキー登山続行だ。ちなみに、GoogleEarthの航空写真から写し取った作業道はほとんどずれはなかった。
Dscn0400


 とりつき斜面の出だしは急勾配。作業道が張り付いて区間より、あるいは先日のくらます西斜面の上部よりは若干緩いものの、やはり厳しい。作業道をもう少し伸ばしてくれたらいいのに、と思うが、植林がないところにわざわざ道を付けるわけがないのである。それに、山に対しては作業道などない方が優しい。
 しかし、標高差30mほどで、明らかに勾配が緩む。これで少し楽になったが、それでも作業道よりは確実にペースは遅い。この斜面がしばらく続く。振り返れば、三室山。そして、氷ノ山山頂も見えている。兵庫県の2位、1位の高峰を背負って上る。
Dscn0404Dscn0402

 歩いているのは尾根筋で、その尾根の側面は立木がなくおびただしいクラックが口を開けている。その雪面の裂け目からは笹がのぞいている。クレバスのないところも雪面がしわが寄ったように波打っていて、近寄りがたい雰囲気だ。
 標高1100m近くなって落葉樹林が途切れ、いよいよオープンバーンとなる。ところが、ここが難所。稜線にもクラックができている。それを避けながらコース取りをするが、そうすると急斜面を越えなければならない場面が発生する。雪面には、つい先日、3月末の寒の戻りで積もった新雪がザラメとなって20cm程積もっていて、急斜面ではしっかり踏み固めながら歩かないと、小さな表層雪崩が発生する。それは、ゆっくりとした速度で滑り落ちていくもので、スキーで切断された雪面の谷側が流れ落ちていく。その下のしまった根雪の層にスキーアイゼンを刺しているので、自分自身が一緒に落ちることはないのだが、気持ちのいいものではない。
Dscn0405


 クラック地帯を抜けて徐々に斜度が緩み、満を持してという感じで山頂が見えてきた。もうかなり近い。斜度の変化の関係でオープンバーン全体が見えるわけではなかったが、憧れの雪原へ到着だ。青空と白い雪原がとにかくまぶしい。そして、まったくのノートレース。
 輝く雪原に目が眩む。つまり、目を「眩ます」大雪原だ。
 直登できるのでもうスキーアイゼンを外す。山頂にもって上がる必要はないので、一本の立木の足元に置いておく。アイゼンに詰まった雪ががちがちに凍り付いている。汗ばむ陽気なのだが、雪面に冷やされながら板とアイゼンに挟まれながら踏みつけられると、透明な氷に化している。
 足が軽くなった。シールを外したらもっと軽快になるのだが、今歩いている斜面ならステップソールで行けるが、山頂直下にやや急勾配の斜面が残っているので、山頂までシール登行とする。
 15時9分、山頂北ピークへ到着。標高1260m。すぐ南の三角点のある山頂より20mほど低い。北ピークには、三角点ピークから往復したスノーシューのトレースがあった。
Dscn0423Dscn0412

 西側は背の高い落葉樹林であまり展望はよくない。何とか、木々の合間から東山と沖ノ山を確認。大山は、霞により山影すら見えない。また、南に三角点ピークがあるので、後山連山は見えない。その代わり、東は大展望。氷ノ山と三室山。また北方には、扇ノ山、仏ノ尾、青ヶ丸が見える。他にも、但馬妙見山やら暁晴山やら、いろいろ見えているのだが、例によって登頂が遅くなったので、急いでシールを外して滑降にかかる。先日訪れた、三角点ピークには初めから登る気はない。
Dscn0418Dscn0420Dscn0409


 さあ、いよいよ憧れの雪面の滑降だ。程よい斜度で、重いザラメながら気持ちよくターンができる。何せ、ターンの度に氷ノ山と三室山が交互に正面に来る。贅沢な斜面だ。
Dscn0428Dscn0429Dscn0430


 立木の下でスキーアイゼンを回収。日差しによりアイゼンの中に詰まっていた氷は緩み、簡単に落とすことができた。
 そして、もう少し滑りを楽しむ。斜度もいい感じだ。雪質がよく、時間があれば、ステップソールで何度も登り返して滑りたいところだ。
Clip9928mp4_000008000Clip9928mp4_000008255

 しかし、落葉樹林との境界付近に来た。クラック帯に来た。下りはスピードが出てしまうので、発見が遅れてしまう。できるだけ、登りトレースをたどりたいが、斜度や立木の関係でどうしてもそうはいかないこともある。ザラメ雪に覆われたヒドゥンクレバスにテールが落ちてしまった。ステップソールで何とか這い出す。
Dscn0432


 尾根筋のクラック帯はすぐに越えることが切るが、その下の林間の急斜面もまた難所。尾根を外したいが、片方はクラック地帯なので、反対側の林間へ。浅い谷になっているが、雪面に凹凸があったり立木の密度が高かったり、そして表面のザラメが小さな表層雪崩を起こしたりして難儀する。先日の東斜面の上部でも急な林間に苦戦したが、その時よりも斜度が緩いのにむしろ難しいように感じる。雪面の凹凸は雪解けが進んだせいなのかもしれない。
 何とか難所を越えて、作業道に降り立った。これで一安心。ただし、狭く急なのでスピードコントロールが難しい。山側の法面が雪に覆われていれば、そちらに乗り上げれば減速、停止できるが、法面の雪がなければそうはいかない。その区間の手前で一度停止してから、ボーゲンで我慢して切り抜ける。スイッチバックは、とりあえず通り過ぎながら停止し。方向転換する。林道は複雑に張り巡らされているので、登りトレースを意識して滑る。シカの足跡が、登りトレースをたどっていた。細い脚のため、ラッセルの深さはあまり変わらないみたい。
 ふと気づけば、スキートレースが消え、シカのトレースのみとなっていた。スイッチバック地点を5mほど過ぎてしまった。登りでは、上方に向かっていけばいいのだが、下りではこうした道迷いしやすいポイントがある。吉川から登って、火事に降りる場合は、こうした事態に気を付けなければならない。
 ようやく谷底の沢が見えてきた。細く急な作業道にくたびれていたので、植林斜面に飛び出す。登りで何とか滑れそうだと目を付けていたところだ。杉の落ち葉に覆われているが、斜度があるのでそのまま滑ることができる。作業道を少しショートカットする形で沢沿いに降りる。そのあとは、沢音を聞きながら谷底を滑ればすぐに支線林道へ。
Dscn0434


 ここまでくればもう安心。車道としては急勾配でも、自動車が通れる設計なので、道幅もあるし快適に滑れる。むしろ10パーセントを越える勾配がないと板が走らない。
 道路脇の植林へ飛び出すことができたり、S字カーブがあったりして、それなりに変化を付けて滑る。
Dscn0436


 やがて植林帯が終わると、自転車までもうすぐ。落石の地雷を踏む場面があるが、元々ステップソールの板なので、滑走面の傷はあまり気にしないことにする。
 路面の谷側が露出したところで、気づくと登りトレースが消えている。あ、自転車を通り過ぎたのか、と焦るが、よく考えたら板を担いで歩いたのだった。
 そして、山側の残雪はつながっていて、板を外すことなく自転車デポジット地点に帰着。
Dscn0439


 板を積載し、自転車にまたがる。急なダートの下りなので、徐行運転。クロスバイクの700CタイヤにVブレーキの制動力では、すぐにタイヤはロックしてしまう。
 ダート区間はわずか。土砂崩れを越えて舗装路へ。しかし、急勾配に杉の落ち葉で覆われ雪解け水にぬれた路面のグリップは弱く、やはり徐行運転。それでも、歩くよりは早いし楽だ。
 登りでは、残雪区間を2度通過したが、下りでは1度のみ。なんと一つは、雪解けが進み、自転車が通れるほどになっていた。
Dscn0440


 シカの骸骨に再会し、清流遊山荘の前を通って、加地川の橋を越える。ゲートのわきを抜けて、17時9分、林道大通中江線との出合へゴールイン。ああ、今日も楽しかった。最終目的地のくらます北ピークに到達できて、東斜面を滑れて満足、満足。自転車に乗れたのも楽しかった。MTBだったらもっとよかったね。
 クルマにスキーと自転車を撤収して帰路に就く。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017/03/31

動画でございます、くらます

 林道に降りてからのシーン、酔わないようにお気を付けください。
※4月6日、動画差し替え。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

栃木県那須高原の高校山岳部雪崩事故

 痛ましい事故がまたも起きてしまった。栃木県の高校山岳部の合同春山合宿で、48人の生徒や教師が巻き込まれ、そのうち8人が死亡した。

 NPO法人「日本雪崩ネットワーク」による過去25年間(1990/91-2014/15)の統計(http://www.nadare.jp/assets/cms/Fatalitydata_25years.pdf)によれば、日本国内の平均で1シーズンあたり事故5件、犠牲者9人とのこと。大きな事故が起こればそれで跳ね上がるのだが、1件の事故で8人が亡くなるというのは大変な惨劇である。ちなみに統計の25年間のトータルで、栃木県の雪崩による死者は4人。
 学校や県教育委員会側のコメントは、「経験豊富な引率教員が安全だと判断した」とのこと。要するに「想定外」と言いたいのだろうが、こういう場で使うことに悪いイメージが付きまとうようになってしまったのであえてその言葉を避けているような印象だ。
 また、一言で経験豊富と言っても、何の経験が豊富なのか、という疑問が付きまとう。
 ちなみに、被害者の出た大田原高校のWebサイトの山岳部のページ(http://www.tochigi-edu.ed.jp/otawara/nc2/?page_id=92
)をみると、以下の通り。

----------------------(引用開始)----------------------
県大会
インターハイ予選会(第1位のみインターハイ出場) 8連覇中
関東大会予選会(第6位まで関東大会出場) 3連覇中
新人大会(上位大会なし) 3連覇中
-----------------------(引用終)-----------------------

 最新の情報では、県大会9連覇中とか。一般的なレジャーとしての登山という面だけではなく、大会を目指す体育会系の部活という面も併せ持っている。しかも県内での強豪校。大会出場を見越した登山競技の比重が大きかったのではないか。ちなみに、山岳部のページにこんなことも記述されている。

----------------------(引用開始)----------------------
夏山合宿
平成27年 白馬岳(2932m)第26位  富士山(3776m)日本一
平成26年 槍ヶ岳(3180m)第5位 北穂高岳(3106m)第9位 富士山(3776m)日本一
-----------------------(引用終)-----------------------

 合宿で訪れた山が日本で何番目に高いかということまで書かれている。この原稿を書いた人は、おそらく顧問の教師だろうが、順位へのこだわりが強いように思われる。などというのは穿ち過ぎた見方だろうか。

 ところで、インターハイの登山競技とはどのようなものか。新潟県央工業高校山岳部OB会(http://mtob.sakura.ne.jp/pages/ih/index.html)のサイトに次のように記されていた。

----------------------(引用開始)----------------------
1.安全に登山することのできる体力と歩行技術がある「行動」…40点
2.しっかりとした装備を準備・携行する「装備」…10点
3.テントの設営などを協力して効率よくできる「設営・撤収」…10点
4.カロリーなどを考えた献立で炊事する「炊事」…5点
5.天気に関する知識の習得・天気図を書く「気象」…7点
6.登る山について知る、地図を読むことができる「自然観察」…8点
7.計画を立てる、事後に役立つような行動記録をとる「計画・記録」…10点
8.けがや病気の場合の救急の知識、対処法、医薬品を備えておく「救急」…5点
9.自然に対するマナー、仲間との協調性を持っている「態度」…5点
-----------------------(引用終)-----------------------

 いわゆる「山岳レース」ではなく、総合的な観点で評価されるようだ。審査員は出場者に同行したり、待ち受けたりして、安全で的確に行動できているかを常に監視しているとのこと。また実技だけでなく、筆記試験もあるそうだ。
 ただし、これがは競技であり実際の登山と全く同じということはあり得ないと個人的に思う。強いて言えば、受験英語と実用英語は必ずしも一致しない(無関係ではないが)、と同じようなことがあるのではないか。
 例えば、3.のテントの「設営・撤収」は、同じテントで競わねば競技にならないわけで、当然最新モデルであるわけもなかろう。「時代遅れのテントをストップウォッチでタイムを計られながら、しわなくきれいに張ることを競った」という経験者のコメントもある。
 さらに、高校生が行う競技であるので、もともと安全が確保された状況で行われていることは間違いない。
 そして、上記登山競技は夏山でのもので、雪山では行われない。夏山と雪山は別物で、特に雪崩などは独自の知識や技術(危機管理など)が必要である。経験豊富な顧問は、雪山の経験も豊富だったのだろうか。

 ニュースを見て驚いたのは、「周囲には埋まっているとみられる数人の顔や手足が雪の上に出ているのが見えた」という那須山岳救助隊の副隊長のコメント。雪崩事故が起きてから通報までに1時間ほどがかかり、救助隊が到着したのはさらにそのあと。雪崩事故での死因で最も多いのは窒息死。前出の日本雪崩ネットワークの講演「アバランチナイト」によれば、死因の65パーセントが窒息。さらに埋没時間15分で生存率80パーセント、30分で50パーセント。救助隊が来るのを待っていてはだめで、即座に自分たちで救助活動を行う「セルフレスキュー」が必須である。
 ニュース等では、ビーコン等の装備を持っていなかったこととについて批判が集まっているが、それ以前の問題である。顔や手足が出ていればビーコンはいらない。それでも掘り出していないのだ。

 ところで、一言で窒息といっても雪の中に空気が存在していないというだけではない。たまたま顔の周りに空洞ができて空気が存在しても、胸や腹を圧迫されるとあばらの筋肉や横隔膜で肺を膨らませることができず窒息する。腹が出た人は前かがみになると息苦しい、ということもこれにあたる。
 ちなみに、昨年1月のNHKスペシャル「震度7 何が生死を分けたのか〜埋もれたデータ21年目の真実〜」では、阪神淡路大震災の犠牲者のうち多くは倒壊した家屋や家財道具で胸や腹を圧迫された窒息死であった、とのこと。ちなみに「もしものとき.com」(https://moshimonotoki.com/item1341/)のサイトにそのことが記述されている。

----------------------(引用開始)----------------------
死亡原因は窒息死だった
 地震発生から1時間経つと、当日死亡者の約75%にあたる3,842人が死亡しました。その死因は7%が焼死、90%は倒壊した建物の下敷きとなった圧迫死で、さらに検案書の記録から詳しく調べると、即死を意味する圧死は8%にすぎず、61%にあたる2,116人は窒息死でした。
-----------------------(引用終)-----------------------

 大雪のためあらかじめ計画していた那須岳への登山を中止せざるを得ず、だからと言って何もしないのではなく、何か代わりのことを、と考えたのだろう。生徒だけでなく合宿への費用負担を含めた保護者のサポートに対して答えなければならないという思いがあったのかもしれない。
 ただ、指導経験豊富な教師が、雪山に対するリスクマネジメントやセルフレスキューの知識や技術も豊富だったかどうかはわからない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧