« 3台目の折畳小径車は16インチホイール(カスタム編) | トップページ | 久しぶりの成相山激坂アタックは16インチ小径車で »

2021/04/01

霞ふかし

 3月の終わり、黄砂が飛来し深い霞に覆われた。右端の写真は、春のわりに空気が澄んでいるときのもので、2016年4月5日のもの。

Img_9469Img_9471Dscn1925

 真ん中の写真は、曇り空の背景が保護色のようになっているが、桜は開花している。3月ですでに七分から八分咲きといったところ。ちょうど、2016年よりも1週間早い。
 桜の開花の早い遅いは、開花の準備期間である2月の気温が大きく影響していると言われる。今年2021年は、記録的に暖かい2月だった。3月は下旬になりようやく20度を超える日が何日か現れたが、2月中旬に20度を超えた日が何日もあり、しかも22、23度まで上がる初夏の陽気。1月に積もった雪も一気に解け、北近畿のスキー場は3月初旬から中旬でほとんどがシーズンを終えた。
 12月からのまとまった積雪で、3年ぶりに喜んだのだが、短い冬だった。

|

« 3台目の折畳小径車は16インチホイール(カスタム編) | トップページ | 久しぶりの成相山激坂アタックは16インチ小径車で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3台目の折畳小径車は16インチホイール(カスタム編) | トップページ | 久しぶりの成相山激坂アタックは16インチ小径車で »