« 明石海峡播磨側ビーチめぐり | トップページ | 大阪北部の川沿いを行く »

2021/02/20

結局暖冬

 2月も後半となり、三寒四温と言われる時期に差し掛かってきた。しかしこの冬は気温の変化が激しい。それも冬のはじめから。まず、12月中旬にいきなり積雪。「この時期としては記録的な大雪」などと言われた。その後年末年始、成人の日前後など久しぶりの寒い冬の到来かと思いきや、1年で最も寒いはずの大寒の時期に15度を超える3月並みの陽気。2月に入れば、寒波は来るもののその勢力は衰え、2月中旬にはなんと20度に達する4月並みの日が2日も続いた。トータルで見ると暖冬である。
Img_8816
 18日から19日にかけては久しぶりの寒波襲来。玄関先の積雪は約15cm。またこれまであまり積もらなかった、宮津でもは20cmくらい積もってこの冬一番の積雪。見通しの良い直線道路で路肩に落ちているクルマ。久しぶりの雪道で油断したか。普通冬の初めによく起こる事故だ。
Img_8899Img_8903_20210220230301
 隣町である兵庫県豊岡市の2月14日と18日の1時間ごとの気温をグラフにしてみた。たった4日でこの違いである。しかも、14日の最低気温は4.6度で、18日の最高気温3.5度よりも1度以上高い。
21022102_20210220230301
 また、同じく豊岡の、1月と2月の平均気温。2021年2月は前半14日まで。これを見てもわかるとおり、今年の2月は記録的な高温を記録している。しかも2月前半のみの集計である。2月は冬が終わり春へと向かう時期。日を追うごとに気温が上昇するのが一般的である。18〜19日の寒波で少し下がったが、21〜22日にはまた20度越えの予報。

|

« 明石海峡播磨側ビーチめぐり | トップページ | 大阪北部の川沿いを行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明石海峡播磨側ビーチめぐり | トップページ | 大阪北部の川沿いを行く »