« 5年ぶりの播磨中央自転車道と加古川右岸自転車道 | トップページ | 樹氷の氷ノ山2021 »

2021/01/28

スキーシールのグルー塗り替え

 ステップソールの板を使うことが多く、シールを貼る機会はあまりない。が、新雪を滑るための太い板にはステップソールがないし、ステップソールの板でも急勾配など、場面によってはシールを使った方が楽なことがある。
 グルーの塗り直しは2度目。7年前の氷ノ山でシールがはがれて難儀した。買ってまだあまりたっていないシールだったのだが。その時は、もともとのグルーが薄すぎたのかもしれないので、そのまま重ねて塗った。
 今回は、古いグルーをはがしてから塗ることにする。はんだごての先端がヘラのようになった電熱スクレーバーを持っていないので、シールをストーブで温めてから金属片でグルーをこそぎ取った。グルーは温めると柔らかくなり粘着力も落ちる。
 そして塗り直し。新しいものを購入したのだが、前回の残りを使うことができた。確かに、一般的な接着剤と違って何度も張り直しが効くくのだから、放置しておいても固って粘着力がなくなるというものではない。
 作業の様子を写真撮影していたのだが、大江山連峰の鍋塚でカメラごとデータを落としてしまった。

|

« 5年ぶりの播磨中央自転車道と加古川右岸自転車道 | トップページ | 樹氷の氷ノ山2021 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5年ぶりの播磨中央自転車道と加古川右岸自転車道 | トップページ | 樹氷の氷ノ山2021 »