« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020/10/31

秋の利尻島弾丸紀行(1)飛行機輪行

■キャリーバッグで飛行機輪行
 夏の北海道の旅は、どのような交通手段でアプローチするか迷ったあげく、いつもの新日本海フェリーを利用した。けれども夏に断念した飛行機は今年がチャンス。乗客が少なく、安いチケットが手に入りやすい。結局我慢ができず、秋に強行軍で決行した。もちろん、9月の4連休などという人の動きの多い日を避け、平日に休暇をとって捻出した4日間。天気が心配だったが、どうやらうまい天気周りになりそうだ。天気予報の確度が上がる、出発2日前まで待って交通機関や宿を手配。ところが、一つミスを犯せばその後の行程が崩れてしまう、タイトな計画。それがこなせるのか心配で、その夜眠れず。旅立ち前から大変な睡眠負債を抱え込んでしまった。
 10月7日、午前10時に丹後の自宅をクルマで出発し、高速道路も有料道路も使わずに南下。三田でラーメンを食べ六甲の山を越え、神戸に着いたのは15時前。少し時間が早いので、コンビニエンスストアによって時間調整。16時を過ぎるタイミングで神戸空港の駐車場へ。クルマから、折畳小径車が入ったキャリーバッグを下す。すごく重い。キャスターがないとどうにもならない重量だ。このキャリーバッグは、今年の春に買ったばかり。本来は、14インチ以下のホイールサイズの折畳小径車を想定して設計されているのだが、私が持っているのは20インチホイールのもの。当然折り畳んでも普通には入らないので、ホイールを外し、シートポストを抜いて、それを隙間に突っ込んでいる。これで飛行機輪行をすることも、今回試してみたいことの一つ。なお、このキャリーケースは、空の状態だと畳んで背負うことができる。長距離を走ることはできそうもないが、15kmほどは問題なく走れた。
Img_6853
 空港に入り2階のSKYMARKの窓口で搭乗手続きをする。自動チェックインの端末のセンサーに予約確認メールをプリントアウトした紙のQRコードをかざすが、窓口に行くように、とのメッセージが現れる。窓口のスタッフが最終的な調整をして座席を確定するみたい。インターネットで予約したとおり、無事窓側の席に指定された。その上で、できるだけ通路側に誰も座らないように、という調整は機械ではできないのかもしれない。
Img_6845Img_6848
 次に、受託手荷物の窓口へ。自転車が入ったキャリーケースを預けるのだ。今回利用する航空会社は、SKYMARK。もちろん、LCCだ。2年前に台湾への往復で利用したのはJETSTAR。そのJETSTARやPeachが関西国際空港発着なのに対し、SKYMARKは神戸空港が拠点。関空と比べれば、神戸の方が近い。神戸市街は東西に長く、北の六甲山から神戸空港のある人工島へ南下するには、クルマでの市街地走行は短くて済む。自転車を入れた重いキャリーバッグをクルマで空港まで運べることは、大いなるメリットだ。神戸を訪れるときには、たいがい丹波篠山にクルマを止めて、JRと阪急電車を乗り継ぐことが多い。神戸空港までなら、さらに三宮からポートライナーだ。篠山口駅周辺は、駐車場の料金競争が激しく、最安で100円/日と破格。でも、鉄道の運賃が往復で2,600円位。神戸空港の駐車料金は、今回の日程で、搭乗者割引適用で2,500円ほど。ガソリン代も計算に入れると、篠山口からの鉄道利用と同じくらいの経費。ならば、楽な方ということに加え、復路の飛行機が延着しても終電を気にしなくていいという点で、空港までクルマで来るのが有利。また、神戸空港から関西空港までは、大阪湾を横断する連絡船もある。神戸空港に隣接した連絡船の駐車場は、乗船すれば駐車料金が無料となる。ただし、船の運賃が片道2,000円弱で、往復だと3,000円強。往復のどちらかを神戸と関空にして、片道のみ連絡船を利用すれば安く上がる。ただし、乗船時間は30分ほどで陸路より早いが、本数が少なく3〜4時間おき。飛行機との乗り継ぎのタイムロスを見なければならない。
 また、航空券の額面も、SKYMARKが10,000円前後からなのに対し、JETSTARやPeachは6,000円台からある。ただし、SKYMARKは20kgまで受託手荷物と10kgまでの客室持ち込みの手荷物が無料なのに対し、あとの2社は別料金。今回の装備だと、まあ大体同じくらいのものののようだ。
 というわけで、キャリーバッグの重さが20kgを越えないようにしないといけない。窓口の近くに秤があるので載せてみる。21.7kg。あ、越えている。でも調整は可能な範囲。自転車以外に入れてある小物を、客室に持ち込むショルダーバッグに移動。重量のある工具類を移動させれば手っ取り早いだろう、と考えたのが間違いだった。
 受託手荷物の窓口で、キャリーバッグのX線検査。まず、これに引っかかった。衣類などを入れている大型サドルバッグの開封を求められる。怪しまれたのは洗面道具の歯磨き。もちろん、これを預ける人は無数にいるのだが、自転車と一緒の荷物だったので、パンク修理のゴム糊と疑われたようだ。ゴム糊はだめらしい。そして、次に客室へのボディチェックもいろいろ引っかかった。まずは、ショルダーバッグに移動した自転車の工具。やはり、金属類は客室への持ち込みを避けるべきだった。ビンディングシューズのクリートは間違いなく引っかかるのでスリッパに履き替えたのだが、パーカーのファスナーがダメとのことで公衆の面前で肌着姿にさせられた。いやん、いやん。私よりももっと苦労していたのが、登山装備の男性。電池だハーネスだ、あれやこれやと引っ掛かり、そのたびに荷物の開封を求められている。見るからにイラつき、スタッフに直接ではないが、散らかる荷物に「ああもう、うっとおしい」と悪態をついている。私の方も少しイライラしかけたが、他人の醜態を見て「こういう風にはなりたくない」と心が冷めていった。
 機内持ち込みの手荷物は一つだけ、ということですべてショルダーバッグに押し込んだが、ショルダーバッグは身の回りのものとして別に計上していいらしい。よし、復路はもっと要領よくやろう。
Img_6857
 17:55、神戸空港を離陸。夜景が美しい。機内は空いている。中央の通路を挟んで両側に3つずつ席があるが、その3つに一組ずつが振り分けられている。私のように単独の利用者は、窓際に一人だけ。フライト時間は1時間45分の予定だが、10分くらい早く新千歳空港に着陸。秋雨前線の雲を飛びける形で、雲の中を行くときは多少揺れた。着陸の少し前、雲の下に出たら港らしき風景が見えた。その場ではよくわからなかったが、苫小牧付近。そのあとすぐに畑の上を低空飛行。と思ったら、即座に滑走路。そうか、苫小牧から千歳って、ほんの数分なんだ。19:30、千歳空港着陸。
 飛行機を降り、受託手荷物を受け取る。自転車のような大荷物は、ベルトコンベアに乗って出てくるのではなく、人が運んでくる。もう1台自転車が預けらていて、力持ちの係員が一人で両手に1台ずつ自転車を持って出てきた。もう1台は、一般的な輪行袋。標準的な受託手荷物のサイズをけていても自転車などは20kg以内なら無料だそうな。かえって、キャリーケースの分、私の自転車の方が重いだろう。
 ところで、私のキャリーバッグのころころキャスターは角に2輪だけなので、キャリーバッグを斜めに傾けねばならならず、ハンドルを収納した状態ではキャスターを使いにくい。荷物を預けるときには、ハンドルの収納を求められた。だから、力持ちのスタッフは、細いベルトをつかんで持ち上げてきた。そのベルトもバックルも20kgを支える強度があるようには見えない。持ち上げるなら、両肩の2本の太いベルトを持ってほしいのだが、片手だと難しい。ちょっと、対策を考えないといけないようだ。
 新千歳空港はJRが直結している。ホームに降り立つと列車が発車寸前。駆け込み乗車はやめて、次を待つ。10分おきだから焦らなくていい。これで、キャリーバッグをわきに置いてロングシートの端の席に座れる。
Img_6863Img_6865
 35分ほどで札幌駅到着、20:40。寒いかと思ったけど、さほどでもない。何より、行き交う人々が結構薄着。中には、薄いシャツの袖をまくっている若者もいる。
 駅の外でキャリーバッグから自転車を出し、ホイールを装着し走行準備。フロントバッグとシートバッグも装着。キャリーバッグはたたんで背負う状態に。

| | コメント (0)

2020/10/12

舞鶴通勤ツーリングとライトのお話

 11日は日曜日だけれども舞鶴でお仕事。午前中で終わる見通しなので、自動二輪で出勤。早朝までは時雨ていたものの、家を出る頃にはほとんどやみ、昼前には薄日が差してきた。気温は20度を超え(予報は夏日だった)、先日の台風14号が運んできたものなのか、蒸し暑さを感じるくらいだ。昼過ぎの帰り道ではたくさんの自動二輪に出会った。もう、今シーズンも終わりに近づいている。
Img_7191
 10日ほど前から、自動二輪のヘッドライトが付かなくなってしまった。フィラメントが切れたのかと電球を取り出してみたのだが、どうやら切れていない。ハイビーム、ロービームが同時に切れることはまずない。どちらかはつくはず。なのに全くつかない。となると、配線に問題が発生したということか。まずヒューズが疑われるわけだが、それがどこにあるのかわからない。バッテリーも外し、シートと燃料タンクも外してみたけれど見当たらない。困った。もう一度今度はバッテリー・ライト・スイッチの間の線を丁寧にたどってみよう。
 ヘッドライトが治るまでは、帰りが夜になるお出かけに自動二輪は使えない。明るいうちに帰れる見通しでも、念のため自転車用の一番明るいライをと携行しないと。これならスーパーカブのヘッドライトよりも明るい。またポジションランプはつくので、トンネルなどを通るときに無灯火ということはない。
Img_6725Img_6727Img_6728
 ついでに自転車のライトのこと。釣瓶落としの秋の日に備え、自転車にダイナモとライトを点けた。休日の夕方のお散歩によく使っているクロスバイクに。配線をするのが面倒なので、ダイナモとライトが一体となったもの。当然LEDで明るいはず。最近のダイナモには、ローラーを覆う「泥除け」が付いている。これは邪魔なのでカット。そして、椅子や机の脚のキャップを金属のローラーに被せる。これで、リムドライブとして使える。
 もちろんフレームに台座などないので、取り付け金具も入手。しかし、クロスバイクのフロントフォークが太くて一般車用の金具はダメ。スポーツ車の直径20mmのフォークに対応したものを選ぶ。しかし、わずかに金具のサイズが小さい。
Img_6729
 キックスタンドの固定金具に目が留まる。スタンド本体は折れたのだが、チェーンステイに固定する金具の片割れが車庫の中に転がっていた。ダイナモの固定金具の片割れと同じく、M6サイズのナットと同様のネジ穴が2つあいている。スタンドの金具のネジ穴の間隔が、ダイナモの固定金具の穴の間隔より広いことを期待したのだが、なんと感覚はぴったり同じ。ならば、結局同じことでダメかと思いきや、何とかうまく固定できるではないか。ダイナモの取り付け金具は断面が円形のフォークを想定しているのに対し、スタンドの金具は断面が楕円形のチェーンステイを想定している。クロスバイクのフォークの断面は楕円。形がフィットしたということか。ちなみに、穴の間隔が違えば、ボルトがきっちりと入らない。だから、片方はワンサイズ細いM5のボルトとナットを使うことでボルトの間隔を広げられるというつもりだった。まあ、結果オーライだけどね。
 あと、山口べニックスも古いダイナモとフェンダーの砲弾型LEDを使っているのだが、数か月前から点灯しなくなっていた。ダイナモかLEDライトのどちらが原因か。クロスバイクにつける前のダイナモライトの配線を外し、それぞれと組み合わせて試すがわからない。じっくり見てみたら、べニックスのフレームに這わせてある配線が切れていた。これをつなぎなおしてダイナモライト復活。
 5月の琵琶湖一周で尺骨神経麻痺による左手小指のしびれが出てからドロップハンドルを自粛。休日の夕方散歩にはフラットハンドルのクロスバイクを使っていたが、これからは日本海側は時雨の季節。止み間の濡れた路面を走るには、泥除け付きの自転車がいい。左手小指のしびれも癒えてきたので、ドロップハンドルのランドナー、当然泥除けありの山口べニックスがそろそろ出番かな。

| | コメント (0)

2020/10/05

養父の大屋川から建屋川へと稜線の峠越え

 先日の、広域基幹林道雪彦峰山線に引き続き、今度は砥峰高原の北側の広域基幹林道千町段ヶ峰線を目指そうと思った。しかし、インターネットで事前調査をしていると、9月23日から来年3月まで工事により全面通行止め、との情報を見つけてしまった。来年の雪解けまで、半年も待たないといけないのか。でももしかすると、まだ工事が始まっていない可能性もある。とりあえず現地に行ってみよう。
Img_6791_20201005212601
 ということで、彼岸花を愛でながらクルマで2時間かけて朝来市生野町と宍粟市一ノ宮町の境目で、林道の北端にあたる笠杉峠へとやってきた。かなりしっかりしたバリケードでふさがれている。これは本気の通せんぼ。強行突破はしない方がよさそうだ。おそらく工事は一部区間なのだろうが、生活道路ではないし、途中のエスケープルートもあまりない(まったくないわけではないが)から、千町段ヶ峰線の全線にわたり通行止め。林道は標高300〜900m台で、工期の半年のうちの後半3ヶ月は雪に閉ざされるはずだが、工事が行われる箇所はあまり標高が高くないのかもしれない。
Img_6794
 というわけで、今日は引き下がる。しかし、ここまできてただで帰るわけにはいかない。地図をにらみ代替案を考える。午前中は用事があって昼過ぎに行動開始しているので、もうあまり時間もない。軽めのコースに限定される。
Img_6797Img_6800Img_6801
 というわけで、いったん一宮側へと下り、県道8号線富士野峠を越えて養父市大屋町へと北上。さらに養父市養父町十二所にクルマを止める。大屋川をさかのぼり大屋町樽見へ。樹齢600年とも800年ともいわれる樽見の大桜へと上る道へ。ただし、大桜は車道沿いではないし、花の時期でもないので、桜を見ることはない。ススキに覆われたような山間の集落を横目に、標高差400mを登って口大屋の大アベマキ近くの峠を越える。稜線はなだらかで、養鶏場や牛の放牧場がある。今日は牛の姿が見られるが、牛が畜舎の中にいるときには放牧場がシカの群れに占領されていた、なんてことも何度かあった。
Img_6805_20201005212601Img_6808Img_6810
 大屋川の支流、建屋川流域の県道70号線へと下る。下り基調で大屋川との合流地点、そしてクルマを止めた十二所へ。

| | コメント (2)

遭遇率60パーセント

Mvi_6830mp4_000003136Img_6831

 今朝もまた出会った。特別天然記念物に。10月に入ってからの5日間のうち、3日コウノトリに遭遇。今日も出勤途中だが、家からすぐの田んぼの中。我が家からの直線距離は、400mほど。
 気付くのが遅れて接近しすぎてしまった。動画撮影のピントが合う前に飛び立った。静止画では、羽ばたく瞬間をとらえた。さらにカラスとのツーショット。

| | コメント (0)

2020/10/02

朝はコウノトリ夜は満月

Img_6787Img_6816_20201002232101Img_6815

 今朝は特別天然記念物が少なくとも4羽。もしかしたら6羽。出勤時、家の近くに。ちなみに昨日の1羽は職場の近くで。

| | コメント (0)

2020/10/01

昼はコウノトリ夜は名月

Img_6772Img_6774Img_6781

 明日の満月も期待できる。

 

| | コメント (0)

雪彦峰山林道

 兵庫県の山間部は林道開発が盛んにおこなわれている。中央部神河町西部の砥峰高原と峰山高原を結ぶ林道は過去に何度か自転車で走ったことがあるが、この林道には続きがある。今回は南側の続きにあたる「広域基幹林道雪彦峰山線」を走破する。
 この林道を訪れるのはまったくの初めてではない。2008年7月にクルマで走ったことがある。いつか自転車で、と思っているうちに記憶が薄れ12年が過ぎてしまった。なかなか決行に踏み切れなかった理由は、周回コースが作りにくいことである。福崎経由または山崎経由の周回がとれ、いずれも距離は知れているのだが、クルマの通行の多い道を通らないといけないことが私にとっては大きな障害なのだ。というわけで、今回は林道のみピストンコースとした。起点・終点は南の夢前とする。北の端、峰山高原に近い神河町坂の辻峠は標高700m以上あり林道最高地点とそう変わらない。だから、夢前側からのピストンならば、登って下るコース取りとなる。
 アプローチは国道312号線で福崎まで南下したら、中国自動車道に沿った県道23号線を西へ。山崎までのほぼ中間点である姫路市夢前町で県道67号線を北上。北上するにつれ集落が途絶え、谷は狭まり夢前川の清い流れを間近に見て進む。坂根集落に入るとさらに道路の幅も狭くなっていく。対向車がやってきた。軽トラック。地元のクルマなのか当たり前のように接近してくるが、すれ違いにはかなり厳しい道幅。お互い路肩ぎりぎりまで寄せながら、ゆっくりとクルマを進める。ドアミラーとボディの間は数cm。ドアミラー同士は上下ですれ違う。あぁ、ひやひやした。
Sakaneseppiko
 正面にごつごつした雪彦山の姿がのぞく。かつては修験、現在は岩登りの山。ところでこの坂根集落には、かつてユースホステルがあった。つい見落としてしまったが、その建物はまだ残っていて、Googleストリートビューで確認できる。
 その先に駐車場があり、クルマを止める。数台のクルマが止まっている。おそらく雪彦山の登山者のものだろう。こちらが自転車の準備をしている最中に2人が下山してきた。
Img_6672
 14:10、ランドナーで出発。標高280m。いきなり厳しい登りが始まる。まあ、のんびり行こう。登り始めてしばらくして、渋滞なミスに気付く。飲料水をクルマに忘れた。取りに戻ろうか。いや、もうそれなりに登ってしまった。このまま行こう。幸い、残暑は収まりかなり涼しくなってきている。しかも薄着でいるので、体温はあまり上昇せず、無駄な発汗はないはず。
 いきなり背後から「こんちは」と声がかかる。ロードレーサーに乗ったサイクリストが追い越して行った。
Img_6678Img_6679
 標高450mほどのところに、雪彦山が見える箇所があった。さらに少し登ると賀野神社(カヤジンジャ)。なかなか立派な神社だった。参拝を終え再スタートの準備をしていると、先ほど追い越したロードレーサーが下りてきた。どこまで行ったのかわからないが、登りの途中で引き返してきたようだ。
Img_6684_20201001231001Img_6685
 基本的にあまり展望があるわけではなく、ただ周りの山々が見えるだけ。それでも、アプローチの夢前川の谷の集落や田園らしきものが見えた。
 休憩や写真撮影で呈したら、飲料水を一口飲むことが習慣になっているのだが、今日はそれができない。ただし、のどがカラカラというわけではないのが幸い。日は傾いていき、気温が下がる一方なのも、好都合。もちろん、脱水は徐々に進んでいるはずであるが。
Img_6690_20201001231001Img_6691
 標高650mくらいまで登ると、すこし下る。そしてまた上りとなる。標高750mくらいのところに、南側の景色が開け「明石海峡大橋展望駅」なる標柱が立っていた。山々の合間に街並みの広がる平野部が見えるが、遠くは霞み明石海峡大橋は確認できない。標高800mほどでまた下りとなる。要するにアップダウンの連続で、徐々に標高を上げていく。登り一辺倒よりはペースアップするが、やはりきつい。また、数十~百mくらいのダート区間が何度も現れる。昭文社のツーリングマップルには舗装林道とあるのだが。それに、なぜダートが残しているのかわからない。半月ほど前に、三川山の荒れたダートで転倒して懲りているので、舗装林道を選んだのに。まあ、そこまで荒れてはいないダートだが、舗装との境目の段差や石を踏んでのパンクが心配。気にしだすと不安でいっぱいになり、空気圧を上げてしまう。
Img_6699_20201001231001
 次の大きなピークが夢前町(姫路市)と神河町(大河内町)との境。ここが最高地点かと思ったが、その次のピークが最高地点で標高860m。四つの大きなピークがあったというわけだ。
Img_6695Img_6696
 そのあと長めの下りを経て、17:00、坂の辻峠へ。標高720m。さあ、復路だ。またアップダウンを繰り返すことを考えると、坂の辻峠から下界へと下りたいのだが、残念ながらクルマを止めたところへ戻るのが大変だ。後ろ髪をひかれながらも、復路へかかる。アップダウンの連続も、下り基調となるわけで、往路よりは少しペースアップ。鹿に何度か出会う。最後は日が暮れてライトを灯す。明石海峡大橋は暗くなってからの方がライトアップで確認しやすいのではないかと期待したが、わからなかった。18:30、ゴール。
Img_6711Img_6714
 駐車場に戻ると、クルマは1台のみ。さて、福崎方面ではなく今自転車で走った林道をクルマで北上。坂の辻峠から、寺前へに下る。福崎経由より近いかと思ったが、曲がりくねった林道のせいか、坂の辻峠経由の方が少し遠かった。当然所要時間もかかる。アップダウンにより、燃費も悪いはず。明石海峡大橋展望の3度目のトライも、結局見つけられなかった。
Img_6719
 走りごたえがあり達成感はあったが、再訪しようとは思えない。もし次があるなら、やはり周回か。ならば、山崎経由より福崎経由の方がいいような気がする。国道312号線はクルマが多いが、並行する農道などにスケープできる。山崎側の国道29号線沿いもエスケープルートがありそうだが、どちらかというととぎれとぎれのように思われる。問題は、福崎から夢前までの県道だ。エスケープルートはほとんどなさそうだ。5km程度ではあるが、クルマの多い道を走るのは苦痛だ。まあ、また走るかどうかは、気分次第ということだね。
 あと林道の復路でお土産を拾った。往路では落ちていなかったから、抜け落ちたてのほやほやということ。毎年生え変わるわけだね。
Img_6721

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »