« 三川山と天空の集落三原 | トップページ | 雪彦峰山林道 »

2020/09/28

淀川に沿って大阪から京都へ

 8月末から9月の上旬にかけて、淀川(桂川)に沿って京都・大阪間を折畳小径車で走ることが恒例のようになってきている。暑さが落ち着き、都会ではあるが川沿いなので比較的涼しい。また、風の影響を受けにくい時期でもある。
 まあそういうわけで、輪行袋を担いでJR山陰線園部駅から京都行の列車に乗り込む。嵯峨嵐山駅で下車。自転車を組んで、阪急電車の嵐山駅へ。嵐山は閑散。渡月橋も人がまばら。
Img_6634
 阪急嵐山駅まで1.5kmなのであっという間に移動完了。再び自転車を輪行袋に収める。桂駅で大阪梅田行きへ乗り換え。混雑とまではいかないが乗客の多い特急を見送り、その1分後に発車する準急に乗り込む。車内は空いていて、ロングシートの端に座る。輪行袋があるときはここだね。大阪到着は15分ほど特急より遅くなり、後発の特急にも追い越されることになるが、行程に影響はない。また大阪まで行くわけではなく、淡路駅で下車するつもりだったが、せっかく準急に乗ったから一つ手前の上新庄駅で下車してみる。この駅には特急は止まらない。
Img_6637
 目指すは、阪急北千里線下新庄駅に近い「ラーメン荘 歴史を刻め 下新庄本店」だ。阪急京都線の淡路駅からは1km足らず、上新庄駅からは1km余りなので、北千里線に乗り換えるより、京都線の駅から自転車で走り出した方が早い。と言いながら、駅からどちらに向いて走り出せばいいか迷った挙句、周囲を迷走。去年も、淡路駅の周囲で迷走したのだった。
 GPSレシーバの地図を確認して、あることを思い出す。そうだ新幹線の高架に沿って行けばいいのだ。「歴史を刻め」は東海道新幹線と阪急北千里線が立体交差するところに位置しているのだ。
Img_6638
 14時半、「歴史を刻め」到着。約1年ぶりだ。店外で待っているのは4人。食券を買って列に並ぶ。8月まではソーシャルディスタンスを保持するため、一つ飛ばしで6席に制限していたため、2時間待ちということもあったそうだ。9月に入り、11席をフル活用する体制に戻ったとのこと。10分ほどで店内に案内され、さらに10分ほどでラーメンが出された。麺300gで野菜ましまし。もやしのタワーが壮観だ。いやあ食べにくいねえ。注文時に店員から「ギブアップはできませんよ」と釘を刺されたが、もちろん完食。満足、満腹。やっぱり二郎系は食べ応えがあるねぇ。ちなみに、私が昼の営業最後の客。一緒に並んでいた5人ほぼ同時に食べ始めたけど、みんな若くて食べるのが早い。最後の一人となって食べ終えた。
Img_6640
 自転車にまたがり走行開始。だが、もう一軒寄るところがあるので、淀川に沿いながらも土手とのディスタンスを保ちつつ住宅街を行く。豊里大橋の少し北側の住宅街の中にある「イトーサイクル」には、ランドナー用のパーツが豊富にそろっている。事前にWebサイトで目星をつけていたパーツを求めてきたのだが、残念ながら在庫切れだった。
Img_6642
 そしてようやく、淀川の堤防へと登る。今年は9月に入っても残暑が厳しくて中旬までずれ込んでしまった。去年は比較的順調に秋が訪れて、9月に入ってすぐに淀川を訪れたのだが、最高気温が35度を超え猛暑がぶり返した日だった。今日は、Tシャツと七分丈のズボンで快適に走れる。昨年は、左岸(枚方側)に渡ったので、今年はこのまま右岸を行こう。
Img_6644
 堤防の上の道は見晴らしがいい。右に淀川、左に住宅街を見下ろす。自動車は通らない。しかし、その展望のいい安全な道も橋によって寸断される。手前で河川敷に降りて、橋の下をくぐる。河川敷にも歩行者や自転車専用の広い道で、安心して走れるのdが、閉塞的な景色。し堤防は高く、橋をくぐってすぐに上り返そうという気にならない。ランニングをする人、ウォーキングの人、自転車に乗る人などがまばらに行き交う。
Img_6645
 面倒なのは、車止め。河川敷には、公園や運動場などの施設があるため、外界から侵入する車道が歩行者・自転車専用道を横切っている。そのために車止めが設置されているわけだが、四輪車だけではなく自動二輪車や原動機付自転車の侵入も防ぐため、車止めの隙間は自転車が通れるギリギリの幅となっている。乗車で通り抜けるのは困難、自転車を降りるまではいかないが、ペダルから足を離してゆっくり通過しないといけない。
 対岸に大きな観覧車が見える。「ひらかたパーク」だ。ということは、今いるのは茨木か高槻の辺り。そろそろ中盤ということろか。さらに進んでいくと、対岸の奥に頂上近くまでびっしり住宅街が張り付いた頂の丸い山が見えてきた。鳩ヶ峰、こちらから見て裏側は石清水八幡宮だ。ということは、もうすぐ京都府となる。大阪府から京都府に入ると、淀川は三つに分かれる。つまり桂川、宇治川、木津川が合流している。
Img_6650_20200928223201Img_6652
 京都府の大山崎に入り川幅がぐっと狭くなる。もうここは桂川だ。京滋バイパスの天王山大橋をくぐり、大山崎町と京都市伏見区の境界で河川敷の道から強制的に国道171号線へと送還される。支流の小畑川を越えて、国道から堤防の車道へ。河川敷にも小畑川を越える橋があるが、バリケードで完全にふさがれていた。それまでは塞がれていてもどこかに人や自転車が通れるだけの隙間があけられていたのだが、小畑川の橋だけは国道へ迂回した。宮前橋で左岸に渡れば、桂川自転車道へ。昨年のように淀川左岸を遡上してくれば、宇治川と木津川の合流デルタ地帯にある「淀川河川公園さくらであい館」という休憩スポットに立ち寄れるのだが、そこはもう通り過ぎている。
Img_6654
 桂川自転車道は、道幅が狭いにもかかわらずたくさんの自転車が行き交う。ロードレーサーから実用車まで、様々なスピードの自転車がひしめいている。要するに、頻繁にすれ違いと追い越しが繰り返される。さらに、歩行者もいるわけで、とにかく事故を起こさないように気を付けなければいけない。クルマが通らないから安全、というわけではないのだ。
 桂大橋あたりで、自転車道は堤防から河川敷へと降りる。さらに、国道9号線の西大橋を右岸へ渡ると、河川敷の畑の中を行く。収穫シーズンなのか、農作業の軽トラックがたまに通る。さすがに向こうも気を配って徐行してくれるが、とにかく要注意だ。
Img_6656
 日が暮れてきた。ライトを点けて走る。嵐山が近づいてきた。夕景の渡月橋を渡り、JR嵯峨嵐山駅へ。園部行きの普通列車が入線。輪行袋という大荷物を持ち込むのがはばかられるほどの混雑。次の快速にしようか迷うが、意を決して乗り込む。しばらくの辛抱だ。入り口付近で全く身動きが取れないが、幸い次の駅からはずっと反対側のドアが開く。保津峡駅を過ぎ、馬堀駅へ。ここで大勢の人が下車して、車内に余裕ができる。予想通りだ。次の亀岡駅でまたたくさんの客が下車し、その次の並河駅を過ぎると、補助シートに座ることができた。あとはのんびり園部駅へ。

|

« 三川山と天空の集落三原 | トップページ | 雪彦峰山林道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三川山と天空の集落三原 | トップページ | 雪彦峰山林道 »