« 亀岡タンデム学会からの京都ラーメン・大阪買い物ツアー | トップページ | 残雪がいまだに多し扇ノ山 »

2019/04/11

亀岡から旧樫田村を越えて高槻へ

 先日は亀岡で自転車の集まりがあり、併せて大阪の用事を済ませることができた。亀岡から大阪への移動の途中、京都市内でラーメン屋に立ち寄った。それはスタンプラリーのためで、往路と復路で2軒、スタンプ2個をゲットした。このスタンプラリーは、とあるラーメンの系列店10軒あまりのうち、とりあえず5軒のスタンプを集めるとラーメンの無料券または記念品がいただける。目当ては無料券だ。系列店のうち2軒は、生活圏の隣接区域、自宅または職場からクルマで1時間以内の範囲。しかし、それ以外は京都市内または大阪府下で、所要時間は2時間以上かかる。というわけで、あまりスタンプラリーに乗り気ではなかったのだが、生活圏隣接区域の2軒と亀岡・大阪遠征で2軒を稼ぎ、リーチがかかった。となると、もう1軒行きたくなってくる。ラーメンのためにお出かけをする、ということでもいいのだが、無料券を得るために高い交通費を費やす、と考えると本末転倒のような気がする。何か別の用件もあれば、というわけで自転車ツーリングを企画した。
 というわけで、再び自宅から2時間半、道の駅「ガレリア亀岡」にクルマを止める。自転車を組んで走り出す準備。今日はMTBだ。
Img_6749Img_6750

 11時15分、国道9号線を京都方面へ走り出す。が、300m程で国道372号線に右折。1kmも走らずに京都縦貫道の高架へ。その下をくぐらずに、側道へ左折。もうここからはほとんどクルマが通らない道だ。道は急激に高度を上げ、陸橋で京都縦貫道を渡る。さらに険しい登りが続き、亀岡カントリークラブへ向かう。標高100mの亀岡盆地から、標高400mの亀岡カントリークラブ入り口へ、一気に300mを登る。そこには「かめおか霧のテラス」がある。亀岡盆地の雲海を眺める展望台だ。いつだかそういうものが整備されたという新聞記事を読んだ記憶があるが、そうかここのことだったか。ここを訪れるの2回目だが、それは4年前でまだ霧のテラスがなかった。そのときも自転車だったが、反対向きで、しかもここを通過したのは夜だった。どこかで亀岡盆地の夜景を見下ろしたのだが、この場所だったかどうかはわからない。今日は昼間なので雲海はないが、眺めはいい。眼下には京都学園大学。愛宕山は時雨れているようだ。雪かもしれない。案内板によれば先日立ち寄った平ノ沢池も見えるようだが、肉眼でははっきりとわからない。ショッピングセンターの大きな建物が目印となる亀岡駅の辺りは、ここよりも少し手前にあるもう一ヶ所の景色の開けた地点からの方がよく見渡せた。
Img_6765Img_6766Img_6770  

 霧のテラスからは左にゴルフコースを見ながらの緩い下りとなる。ゴルフ場が終わり小さな山間集落を抜けると、府道46号線に突き当たり、これを左折。今度は緩やかな登り。やがて、京都府から大阪府へ。高槻市、かつて樫田村だった地区だ。大阪府でありながら京都府内に、「Ω」(ギリシャ文字「オメガ」の大文字)のように深く入り込んだ旧樫田村は、かつて京都府だった。高槻市とのつながりが大きく、京都府から大阪府へと替わった経緯がある。府道6号線で旧樫田村の中心部へ。
Img_6790

 4年前にこの辺りを走ったときはまだ暗くなる前だったので、景色が思い出される。標高300mを越える高地集落とは思えない、田園風景が広がる。
Img_6791Img_6793Img_6799

 樫田の中心集落を抜けて府道733号線で中畑へ。4年前には訪れなかった出灰(いずりは)の道を通ろうと思ったのだが、分岐には通行止の看板が立っている。おそらく、昨年の梅雨前線、秋雨前線、台風のいずれかによる被害だと思われる。また、中はた集落の裏山は、植林の杉が倒れた一角がある。これは、昨年9月初めの台風21号の被害で間違いないだろう。強風でタンカーが流されて関西国際空港の連絡橋に衝突したほか、大阪府内各地で建物の屋根が飛ばされたりクルマがひっくり返ったりしたあの台風だ。
Img_6803Img_6802

 通行止の看板は、なんと見える範囲に3つも立っている。これだけアピールしているということは、自転車でも通れないだろう。引き返すことにしよう。
Img_6805

 旧樫田村の中心街、田能まで戻り、府道6号線に復帰。南下する。おそらく旧村内唯一の信号機の周辺は、郵便局や学校や店などがあり結構賑やか。ひときわ大きな建物は、高齢者向けの養護施設だ。
 さあ、田能川に沿って高槻の中心街へと一気に下る。4年前は、亀岡起点の周回コースだったので、ここからは初めての道だ。いや、15年ほど前と、さらにその10年以上前に自動車で通ったはずだ。ずいぶん前だし、クルマだし景色は覚えていない。
 この田能川はかつて何度も洪水を起こしたが、大阪府へと流れる川であり京都府は積極的に治水をしなかったことも、大阪府への編入を地元が希望する一因となったとのことだ。
Img_6814Img_6816

 野外活動の拠点の施設を過ぎ、出灰川との合流点にある集落を過ぎる。その先の景色に思わず自転車を止める。見渡す限りの山肌の木が倒れているのだ。間違いなく、台風21号による強風の被害。この谷が風の通り道となったようだ。中畑、あるいはこの谷に入ってから何ヶ所か、倒木を見かけたものの、ここが一番ひどい。
Img_6818

 土ぼこりが舞う採石場を過ぎてしばらく行くと、下りがひと段落。周囲はまだ田園が広がり、クルマは少ない。ただし、採石場に出入りするダンブカーがたまに通る。
Img_6820

 しばらくすると、道の両側が住宅街となり、クルマやバイクが増えてきた。市街地走行だ。もう一下りして、名神高速道路をくぐり、高槻市の中心街へ。JRの線路をくぐり、阪急高槻市駅の近くのラーメン屋を目指す。JRと阪急の駅の間の界隈は、道が狭く飲食店など店がぎっしり。
 14時10分、お目当てのラーメン屋へ。オーダーストップ20分前だ。昼時には行列ができると思われる狭い店内に、客は少ない。絶好のタイミング。そして「まぜそば」とスタンプをゲット。
Img_6821Img_6824Img_6825

 目的を果たして、阪急高槻市駅へ。輪行袋へ自転車を収める。もう少し走ろうと思えば、淀川の河川敷の自転車道(?)をクルマを気にせずに行けるのだが、今日は北よりの風が強い。向かい風は嫌なので輪行だ。なんたって、阪急電車は安いのだ。
 桂で乗り換え嵐山で阪急電車を降りる。亀岡へはJRしかないので、自転車を組んでJR嵯峨嵐山駅へ移動。高槻からJRに乗るよりもこの方が安いのと、JR京都駅では混雑の中を長く歩かねばならず、輪行袋を担いでの乗り換えは厳しいものとなる。また、京都市内の列車内も混雑する。その点、阪急電車は比較的すいているし、桂駅は京都駅のように大きくないので乗り換えの歩行距離も短くて澄む。
Img_6843Img_6836

 嵐山は大変な人出だった。先日も賑わっていたが、桜が見ごろを迎えた今日のほうがより混雑している。渡月橋の歩道はあふれんばかりの人の列だ。渡月橋を渡り、土産物屋や天龍寺などの寺院、そして嵐山電鉄の駅がある道はさらに混雑。車道にはタクシー、歩道には歩行者が連なっている。のろのろ運転のタクシーの後を行くしかない。下手に急ぐのは危険。絶対に交通事故を起こしたくない。
 前を行くタクシーが動かなくなった。対向車が途切れるまで人力車を追い越せないのだ。今がチャンス。歩道の歩行者に注意しながら数台のタクシーの左をゆっくりすり抜ける。タクシーの前に出たら、車道の中央から人力車を追い越す。タイミングよく対向車が途切れたので、後方からタクシーに追いつかれる前にJRの駅に向かう路地へと右折。最大の危険を乗り越えた。ただし、狭い路地を行くクルマはほとんどいないが、歩行者が縦横無尽に歩いている。彼らは蛇行や突然の立ち止まりも当たり前。近寄らずゆっくりと進む。どうにか無事にJR嵯峨嵐山駅に到着。再び輪行袋に自転車を収め、混雑する駅の中へ。
Img_6850

 列車が混雑するのは京都駅から嵯峨嵐山駅までの区間。多くの乗客が下車したあとの亀岡・園部方面の列車に乗り込む。ちらほら空席はあるが、出入り口付近で輪行袋を支えながら立って過ごす。亀岡までは20分ほどだ。
Img_6856

 亀岡駅で下車したら、自転車を組んで道の駅へ。本日の走行はトータルでちょうど40km。
 4月上旬。

|

« 亀岡タンデム学会からの京都ラーメン・大阪買い物ツアー | トップページ | 残雪がいまだに多し扇ノ山 »

コメント

 亀岡カントリーには行ったことがないので、そこから田能へ道があるというのは知りませんでした。
 亀岡と高槻・茨城の間は山が小刻みに入り込んでいて、休日になると自転車が多いところです。都会に近い山村というところですね。

投稿: すう | 2019/04/12 06:50

 いつもクルマが通らない道ばかり求めていますので、そのセンサーが発達しているんだと思います。でも、休日の午後にはゴルフ帰りのクルマがブラインドコーナーもお構いなしに特攻してくるので要注意とのこと。また、この日1台自転車に出会いました。もちろんロードレーサー。当方が.写真を撮っているうちにあっという間に昇天して行かれました.
 4年前には、登りの穴太善峰巡礼古道に至る、フェンスで閉ざされたダートのダブルトラックを辿ったら、川の流れで道が寸断されていて引き返したり、中畑から小塩山までシングルトラックをMTB登山したりとアドベンチャーしていたら時間が押して、日没。亀岡盆地の夜景はきれいだったけど、昼間の景色が見たかったなと残念に思いながら走りました。でも、すぐにリベンジに行くには遠いし、そのうちすっかり忘れていました。4年ぶりに思い出したのは、ラーメン屋のスタンプラリーのお陰。動機付けとしては効果的でした。
 4年前の記事
  http://haikai.txt-nifty.com/denhai/2015/03/post-a720.html

投稿: はいかい | 2019/04/17 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亀岡タンデム学会からの京都ラーメン・大阪買い物ツアー | トップページ | 残雪がいまだに多し扇ノ山 »