« 「猪突猛進」でなく「勇往邁進」!?でも本当はぼちぼちと行きたい | トップページ | 冬が来ない »

2019/01/27

ランドナーにVブレーキを

 半月も前のお話。成人の日の三連休、去年は広島県や山口県に出向いたのだが、今年はのんびりと家で過ごした。週間予報が発表された時点ではすっきりしない天気とのことだったが、実際には暖かく穏やかな休日だった。
 外で作業ができるくらいの気温なので、メインバイクとして使っている、VIGOREのランドナーのリアブレーキの効きが今一つなので、カンティレバーブレーキからVブレーキに交換してみた。
 ランドナーでVブレーキを使っている例は少ない。理由は主に2つ。泥除けとの干渉とワイヤーの引きしろの不足だ。前者については、Vブレーキが装着されていた折畳小径車に、メーカーオプションの泥除けを装着して問題なく使えている。Vブレーキには、アームの長いタイプ(ロングアーム)と短いタイプ(ショートアーム、ミニVブレーキ)があり、MTBなど強い制動力を必要とする自転車にはロングアーム、クロスバイクなどにはショートアームが使われているとのことだ。
 実は、小径車に泥除けをつける前に、行きつけの自転車屋さんから「グレードの高くて具合がいいはずだから使ってくれ」と、余っていた中古のVブレーキ本体をもらった。それがアームの短いものだった。言われたとおりそれに交換して使っていたのだが、その後泥除けを追加する際、もらったブレーキが干渉するので純正のものに戻した。そういう経験がある。ロングアームなら泥除けがあるランドナーでも大丈夫だろう。
 もう一つの問題点、ワイヤーの引きしろについて。Vブレーキは強い制動力がえられる代わりに、ブレーキワイヤーの引きしろが他のブレーキより大きく必要とされる。ショートアームは、引きしろを他のブレーキ並みに抑えられているが、ロングアームの場合は、Vブレーキに対応したブレーキレバーでないといけない。
 ドロップハンドル用のブレーキレバーは、のロングアームのVブレーキには対応していない。だからランドナーにvブレーキを装着するには、ショートアームなら泥よけと干渉し、ロームアームはレバー(ワイヤー)の引きしろが足りない。あちらを立てればこちらが立たない、ということになる。
 幸い、対象のランドナーはハンドルをフラットにして使っている。だからVブレーキ対応のレバーを使える。
 ブレーキ本体は、ちょうど今使っていないMTBが車庫に眠っている。1992年初めに買ったパナソニックのマウンテンキャットだ。2001年にTREKのMTBを手に入れてからは出番がなくなった。元々マウンテンキャットには、カンティレバーブレーキがついていたが、Vブレーキに交換している。これを流用しよう。アームは長い。
 というわけで、とりあえずリアのブレーキ本体を移植してみた。ワイヤーは、長さが足りなかったので新品に交換。ブレーキシューはカートリッジ式で、パッドはまだあまり磨耗していないのでそれを移植して使う。
Img_5018Img_5015

 装着が一通り完成したが、ブレーキを開放してもブレーキパッドがリムに当たる。スポークの張りを調整しリムのふれをできるだけとってみたが、ダメ。では、ワイヤーを少し緩めに設定すると、今度はブレーキが聞かない。
 やはり、Vブレーキ対応のブレーキレバー必要らしい。マウンテンキャットのハンドルからレバーを外し、ランドナーについていたレバーと比較。確かに、Vブレーキのレバーは、ワイヤー末端のタイコをはめる位置と支点との距離を長くしてある。
Vbreak


 ようやく、交換完了。ただし、リアのみ。フロントブレーキ交換は、キャリアを外さねばならず面倒なので今回は見送り。現状でも制動力不足ということはない。
 せっかくなので、試走がてら1時間ほど走ってみた。
Img_5019


 家に帰り、今度は自動二輪に乗り換え。11月以来およそ2ヶ月ぶりに乗ってみる。暖かい日を有効に活用するのだ。6kmほど走り、自動二輪から折畳小径車を下ろして海沿いを走る。走り出してすぐ、日没。ブレーキの交換に結構時間がかかった。小一時間走って自転車を自動二輪に積み込んで帰宅。日中の余熱はすでに感じられず、自転車で暖まった体が冷えて行く。寒さに震えるようになる前に帰宅。
Img_5030Img_5037Img_5042


|

« 「猪突猛進」でなく「勇往邁進」!?でも本当はぼちぼちと行きたい | トップページ | 冬が来ない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランドナーにVブレーキを:

« 「猪突猛進」でなく「勇往邁進」!?でも本当はぼちぼちと行きたい | トップページ | 冬が来ない »