« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019/01/27

冬が来ない

 待てど暮らせど、白い季節がやってこない。
 期待された寒波、空振り。大雪警報の発令も虚しい気持ちに輪をかけただけ。年末の仕事納め&帰省ラッシュ寒波と同様、風が強すぎた。雲は内陸まで押され、京丹後市など日本海沿岸には積もるほどの雪が降らなかった。半面、太平洋側でも雪が降ったニュースも報じられた。
 京丹後市弥栄町のスイス村スキー場、今シーズンまだ営業できていない。
 一方で、神鍋高原や鉢伏山・氷ノ山周辺の兵庫県のスキー場は、年末から途切れなく営業できている。今回の寒波で雪もリフレッシュされたようだ。少し内陸に入るとこの違いだ。
 1998年、2007年、2016年と9年おきに雪が少ない冬がやって来ていたのだが、今年は周期を無視する早さ。そして、最も少なかった2007年よりも少ない。ただし、これは私の住む京丹後市の話で、神鍋や氷ノ山では少な目ながら、山にはちゃんと雪が積もっているようだ。
 自転車に乗れるのはうれしいが、冬には冬の楽しみを味わいたい。
Img_5136Img_5140


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランドナーにVブレーキを

 半月も前のお話。成人の日の三連休、去年は広島県や山口県に出向いたのだが、今年はのんびりと家で過ごした。週間予報が発表された時点ではすっきりしない天気とのことだったが、実際には暖かく穏やかな休日だった。
 外で作業ができるくらいの気温なので、メインバイクとして使っている、VIGOREのランドナーのリアブレーキの効きが今一つなので、カンティレバーブレーキからVブレーキに交換してみた。
 ランドナーでVブレーキを使っている例は少ない。理由は主に2つ。泥除けとの干渉とワイヤーの引きしろの不足だ。前者については、Vブレーキが装着されていた折畳小径車に、メーカーオプションの泥除けを装着して問題なく使えている。Vブレーキには、アームの長いタイプ(ロングアーム)と短いタイプ(ショートアーム、ミニVブレーキ)があり、MTBなど強い制動力を必要とする自転車にはロングアーム、クロスバイクなどにはショートアームが使われているとのことだ。
 実は、小径車に泥除けをつける前に、行きつけの自転車屋さんから「グレードの高くて具合がいいはずだから使ってくれ」と、余っていた中古のVブレーキ本体をもらった。それがアームの短いものだった。言われたとおりそれに交換して使っていたのだが、その後泥除けを追加する際、もらったブレーキが干渉するので純正のものに戻した。そういう経験がある。ロングアームなら泥除けがあるランドナーでも大丈夫だろう。
 もう一つの問題点、ワイヤーの引きしろについて。Vブレーキは強い制動力がえられる代わりに、ブレーキワイヤーの引きしろが他のブレーキより大きく必要とされる。ショートアームは、引きしろを他のブレーキ並みに抑えられているが、ロングアームの場合は、Vブレーキに対応したブレーキレバーでないといけない。
 ドロップハンドル用のブレーキレバーは、のロングアームのVブレーキには対応していない。だからランドナーにvブレーキを装着するには、ショートアームなら泥よけと干渉し、ロームアームはレバー(ワイヤー)の引きしろが足りない。あちらを立てればこちらが立たない、ということになる。
 幸い、対象のランドナーはハンドルをフラットにして使っている。だからVブレーキ対応のレバーを使える。
 ブレーキ本体は、ちょうど今使っていないMTBが車庫に眠っている。1992年初めに買ったパナソニックのマウンテンキャットだ。2001年にTREKのMTBを手に入れてからは出番がなくなった。元々マウンテンキャットには、カンティレバーブレーキがついていたが、Vブレーキに交換している。これを流用しよう。アームは長い。
 というわけで、とりあえずリアのブレーキ本体を移植してみた。ワイヤーは、長さが足りなかったので新品に交換。ブレーキシューはカートリッジ式で、パッドはまだあまり磨耗していないのでそれを移植して使う。
Img_5018Img_5015

 装着が一通り完成したが、ブレーキを開放してもブレーキパッドがリムに当たる。スポークの張りを調整しリムのふれをできるだけとってみたが、ダメ。では、ワイヤーを少し緩めに設定すると、今度はブレーキが聞かない。
 やはり、Vブレーキ対応のブレーキレバー必要らしい。マウンテンキャットのハンドルからレバーを外し、ランドナーについていたレバーと比較。確かに、Vブレーキのレバーは、ワイヤー末端のタイコをはめる位置と支点との距離を長くしてある。
Vbreak


 ようやく、交換完了。ただし、リアのみ。フロントブレーキ交換は、キャリアを外さねばならず面倒なので今回は見送り。現状でも制動力不足ということはない。
 せっかくなので、試走がてら1時間ほど走ってみた。
Img_5019


 家に帰り、今度は自動二輪に乗り換え。11月以来およそ2ヶ月ぶりに乗ってみる。暖かい日を有効に活用するのだ。6kmほど走り、自動二輪から折畳小径車を下ろして海沿いを走る。走り出してすぐ、日没。ブレーキの交換に結構時間がかかった。小一時間走って自転車を自動二輪に積み込んで帰宅。日中の余熱はすでに感じられず、自転車で暖まった体が冷えて行く。寒さに震えるようになる前に帰宅。
Img_5030Img_5037Img_5042


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/10

「猪突猛進」でなく「勇往邁進」!?でも本当はぼちぼちと行きたい

 5月に元号が変わる。つまり4月いっぱいで平成が終る。
 平成元年の春に買ったランドナー、ブリヂストン「ユーラシアツーリング」に乗ってみた。もうすぐ満30歳。東海道、信州、九州、四国、北海道と日本各地を走った自転車も、一線を退いて10年余り。乗る機会はめっきり減ってしまったが、まだまだちゃんと走れる状態だ。
 平成元年春のブリヂストン自転車のカタログにはユーラシアでなく、その後継モデルのトラベゾーンが掲載されている。私のもとにあるユーラシアは、おそらく最終モデル。昭和のうちに製造されたものの在庫だったかもしれない。
 とにかく平成が終わっても、ユーラシアは終わらない。
Img_4923

 また、今年2019年は亥年ということで「猪突猛進」という言葉が聞かれる。今年の抱負として使われる場面も見られる。でも、それでいいの?と思ってしまう。
 辞書を引けば、以下の通り。

【猪突猛進】
[名](スル)周囲の人のことや状況を考えずに、一つのことに向かって猛烈な勢いで突き進むこと。「猪突猛進して敵の策にはまる」
(デジタル大辞泉)

【猪突猛進】
意義素:知性が欠けており、単純な行動や思考しかできない人
類語:物事を深く考えない人 ・ 猪突猛進タイプ ・ 単細胞 ・ バカ正直 ・ 直情径行 ・ 猪突猛進 ・ 単純な人 ・ 単細胞人間 ・ 素直過ぎる人 ・ 直線的な人 ・ 一本調子な人 ・ 向こう見ずな人 ・ 無鉄砲
(Weblio類語辞書)

 「今年は猪突猛進します」と宣言している人が結構多い。芸能人やスポーツ選手なら「ろくに勉強せずに大人になってしまった人達だから仕方ないな」と思う反面、たくさんの人が目や耳にすることで誤用が当たり前になってしまう影響力の大きさが気にかかる。
 さらに、まじめな場面で、あるいは政治家や弁護士などお堅い立場の人でも猪突猛進が良いことを表す言葉のように使っていることがある。意味をよく知らないのに雰囲気だけで選んだ言葉を今年の抱負などにに使うことは、まさに猪突猛進だ。時には他者に対し「猪突猛進してください」などと使われている場合もある。これは失礼だろう。メッセージを強めるため敢えて悪い言葉を使うのであれば、アントニオ猪木の「馬鹿になれ」の方が潔いし、誤用しているのではないか、という疑いをもたれなくて済む。ただし亥年とは関係なくなってしまうが。
 まあ「勇猛邁進」のように使っているつもりなのだろう。
【勇往邁進】
[名](スル)目標に向かって、わきめもふらず勇ましく前進すること。「全国制覇をめざして勇往邁進する」
(デジタル大辞泉)

 というわけで、私としては猪突猛進せず勇猛邁進する、といいたいところだが、本当のところは無理なくぼちぼちと進んでいきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »