« 電脳徘徊更新そして皆さんよい旅を | トップページ | コウノトリに会いに~出石・豊岡探鳥ツーリング~(2018アイズラリー) »

2018/10/27

中信濃遠征「パスハンティングの秋、ランドナーの秋」2018:ダイジェスト

 詳細レポートは、現在執筆中。
■諏訪湖と下諏訪
 3年前にTVで見た下諏訪のゲストハウス「マスヤ」に泊まる。丹後を朝出発し、どうにか明るいうちに到着したので、チェックインしてすぐに自転車で飛び出す。
Img_3662Img_3709

 諏訪湖を一周18kmとマスヤから諏訪湖の往復で20kmと少し。スタート直後にスコールにあい雨宿り。その後小雨の中を走る。途中からは夜景を見ながら。半分を過ぎた頃、フロントブレーキワイヤーが切れる。今日のうちに切れておいてよかった。
Img_3673Img_3684

 ラーメンのご当地チェーン店「みんなのテンホウ」で夕食。レトロな公衆温泉浴場で入浴。そして、満員のゲストハウスの賑やかな夜を過ごす。古い旅館をリフォームしたゲストハウスも、またレトロな造り。
 翌朝は、晴れ。8時から営業している食堂で朝食をとった後、諏訪大社下社の春宮と秋宮に参拝。3kmあまりの散策コース。歩くと半日かかるが、自転車でスピーディに回る。
Img_3742Img_3747Img_3751

■北八ヶ岳のスズラン峠
 下諏訪散策の後、クルマで八ヶ岳方面、蓼科高原の麓へ移動。自転車で、白樺湖を経てスズラン峠へ。自転車で走り出したときには青空から日差しが降り注いでいたのに、徐々に空は雲に覆われ時雨模様となった。峠を越えて、蓼科この方に少し下ったところの展望所の景色を期待していたが、南八ヶ岳は霞み、南アルプス、中央アルプスはほとんど見えなかった。その後の下りは寒かった。下れば雨が降っていないことを期待したのだが、路面が余り濡れていないのに雨は降っている状態が続く。つまり、上で降り出した時雨とともに山を下っている。紅葉がきれいだったことがせめてもの救い。
Img_3765Img_3776Img_3786

■別所温泉
 暖房を強めにかけたクルマで上田方面に移動。別所温泉の「上田まほろばユースホステル」にチェックイン。昨夜のゲストハウスとは対照的に、私ひとりだけ。談話室には、かつて賑やかだった頃の名残が見られる。風情ある温泉街、今夜もまたレトロな共同浴場に浸かる。
Img_3821Img_3828


■安曇野から保福寺峠を越えて上田へ
 ユースホステルにクルマを置かせてもらい、自転車で上田市街へ。上田駅でしなの鉄道に乗り篠ノ井でJR篠ノ井線に乗り換え、安曇野市の田沢駅下車。松本のひとつ北の駅、といった方がわかりやすいか。輪行すると旅の雰囲気が盛り上がる。北アルプスを眺めながらスタート。今日は快晴だ。
 その北アルプスに背を向けて東へ。かつてウォルター・ウェストンが歩いた、東山道の保福寺峠へ。ウェストンのように上田側から松本側へ向けていくと、峠で初めて北アルプスの姿が見られて感動的だ。だから私の走っている向きは、標準とは逆ということになる。輪行を先にしておけば、列車の時刻を気にせず自由に走れるということが大きな理由であり、北アルプスを何度も見ながら登っていくのもまたそれで楽しい。標高1000mから上は紅葉が美しい。
Img_3858Img_3880Img_3881


 峠の手前の「一遍水」という水場でサイクリストが休んでいた。自転車は22インチのミニベロランドナー。出で立ちもニッカボッカーだ。聞けば私と同じく京都府から着たとのこと。自転車に乗る人は増えたけど、自転車で旅をしている人にはなかなか出会えない。うれしくて結構長く話し込んだ。
 峠で最後の北アルプスの姿を目に焼き付ける。穂高連峰や槍ヶ岳も見えた。
Img_3897Img_3903Img_3922


 日が傾いてきて下りは寒い。手が冷たく、痛い。上田側は林間の下りで、展望は余りよくない。時おり、浅間山が木々の合間に除く。途中からいくつかルートが分かれるが、別所温泉に直接降り立つコースを選択。途中ダートもある。少し上り返しもあるが、体が暖まるので歓迎だ。
 別所温泉に至る前に野倉という集落を通過。別所温泉は千曲川が作る盆地「塩田平」の縁に位置し、山の傾斜地に温泉街がある。そのさらに奥にも集落があるということに少し驚く。野倉から別所温泉に向かうといきなり急勾配の登りに遭遇。もう下るだけと思っていたので、精神的にこたえた。
 道は細く曲がりくねって急勾配。さらにダートあり上り返しありで、時間のかかる下りだった。
Img_3951


 寒さの中、自転車を撤収し、ユースホステルにクルマを止めさせてもらったお礼を言いに行くと、暖かいお茶と、お菓子を頂いた。冷えた体に体温が蘇る。
 再度お礼を述べ、長い帰路に着く。今宵は、月夜。旧暦9月13日の「後の名月」。中秋の名月と並ぶお月見の夜。

|

« 電脳徘徊更新そして皆さんよい旅を | トップページ | コウノトリに会いに~出石・豊岡探鳥ツーリング~(2018アイズラリー) »

コメント

 2泊3日の旅行をされたのでしょうか。天気が良さそうでよかったですね。
 ブルベのSR600富士や日本アルプスのコースで走ったところと同じところがあるようです。ブルベも自転車で走って楽しいところや景色のいいところを選んでコース設定されているので、さすがはいかいさんは良い場所を知っていますね。

投稿: すう | 2018/10/31 22:18

 はい、2泊3日です。
 天気を当てるのも実力のうち。いい日を選んでいるので晴れて当たり前のはずですが、スズラン峠では時雨てしまいました。まだまだ修行が足りませんね。台湾、道東に続き、今年は降られまくりです。
 保福寺峠は、北アルプスの常念、槍・穂高の眺めもいいし、自転車向きの素晴らしい道でしたね。松本・安曇野と上田・小諸を行き来するクルマは三才山トンネルや、国道143号線の青木峠を通るので、保福寺峠を通ることはまずありません。山菜取りかキノコ採りと思われるクルマと自動二輪それぞれ数台に遭遇しただけでした。
 恥ずかしながら、こんないい峠を旅の直前まで認識していませんでした。ツーリストには結構知られている峠なのに。現地で出会った京都府のサイクルツーリストも、何度も越えたことがある、とのことでした。

投稿: はいかい | 2018/11/01 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42369/67319010

この記事へのトラックバック一覧です: 中信濃遠征「パスハンティングの秋、ランドナーの秋」2018:ダイジェスト:

« 電脳徘徊更新そして皆さんよい旅を | トップページ | コウノトリに会いに~出石・豊岡探鳥ツーリング~(2018アイズラリー) »