« BandBで行く播磨峰山高原 | トップページ | 本日はバイクの日 »

2018/08/19

真夏日って涼しいね

 8月14日と15日の近畿北部の最高気温の比較。豊岡38.6度→32.7度。舞鶴37.9度→31.2度。宮津36.9度→30.9度。それぞれ6度前後下がった。
 7月中旬からずっと猛暑日かそれに近い日が続き、台風13号の影響で一時的に気温が下がったものの、8月中旬にはまた猛暑日が訪れていた。その状態からの6度の落差は、しっかりと体感できるものだった。涼しい。台風15号の影響で空は雲に覆われ日差しがないのも、昼前に雨が降ったのも影響しているのだろう。
 ただし、15日から16日にかけての夜間はあまり気温が下がらず、最低気温は28度ほど。この夏一番暑い夜だった。ただし、折れ線グラフでは、16日の再定位気温は低く表示されているが、これは16日の夕方以降に観測されたもの。秋雨前線の南下で風雨とともに気温が一気に下がった。1日の平均気温は、午前中の最低気温より下がってしまった。
Daily_a2180815180816


 17日は、さわやかな秋の空気に包まれた。最高気温は30度を下回った。そして数日、最低気温が20度を切る日が続く。

 ここで話は29年前にタイムスリップ。大学生だった1989年の夏、当時住んでいた静岡から丹後まで自転車で帰省した。春に手に入れたランドナーで初めての泊りがけツーリングだった。宿泊地は、名古屋市と京都市。高校時代の同級生に止めてもらう計画だ。連日150~200㎞の行程ということもあり、友人宅ならただ手でもててもらえるという甘えもあり、それぞれ2泊ずつして休養日を入れた。
 名古屋で過ごした7月31日、最高気温は33.4度。友人はアルバイト、私は名古屋散策から帰ってきて交わした言葉は、「今日は暑かったなぁ」。
 ちなみの、その年の名古屋で最も気温が上がったのは8月5日の35.1度。ちなみに猛暑日(この言葉は存在しない)はその1日きり。34度台まで達した日はそれなりにあるが、すべて8月。まだ暑くなり始めた矢先の、その夏トップクラスの暑さだったということ。今年ならばそのくらいの気温は6月から観測されていた(ずっと続いたわけではないが)。そして8月には40度を越えた日を筆頭に、39度台も数日見られた。
 おおざっぱではあるが、29年間に5度上がっているわけである。暑さの基準も変わるというもの。

|

« BandBで行く播磨峰山高原 | トップページ | 本日はバイクの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42369/67074690

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏日って涼しいね:

« BandBで行く播磨峰山高原 | トップページ | 本日はバイクの日 »