« バイクにバイクを積む seasonII | トップページ | 初夏の播但ツーリング »

2018/06/14

CD250Uの積載性向上計画

 スーパーカブは前後のチューブのサイズが同じなのだが、「CD250U」は前後別サイズ。パンクしたときのためのスペアを2本携行しないといけない。にもかかわらずスーパーカブのような前カゴもレッグシールドのインナーラックもない。リアボックスだけでは窮屈だ。タンクバッグを買ったものの、駐車中にバッグごと盗られてしまう恐れがある。
Img_1947Img_1945

 というわけで、サイドボックスを取り付けた。旭風防の「チャンピオンサイドバッグ」シリーズの一番安いモデル。このシリーズの上級モデルは、警察の白バイにも使われている。
 リアサスペンションの根元にがっちりと固定。ステーによりもう一ヶ所を固定するのだが、車種により違うだろうから自分で工夫してつけてくれよ、というようなことらしい。取り付けの例としては、ステーをリアウィンカーの根元に固定、とあるが「CD250U」には位置が合わない。そこで、自転車積載用のフレームにL時金具を付けて吊り下げてみた。蓋が少ししか開かないのは、覚悟の上。サイドボックスに入れるのは、突然の雨に備えての合羽、スペアチューブ、タイヤレバーやレンチといった工具など。ひとつずつ出し入れすればいい。通勤のカバンといった大きなものは、リアボックスに入れれば良い。
 サイドボックスは左右別売りで、左用は売り切れていたので、とりあえず右側のみ。これで用が足りるならこのままでもいい。鍵もかかるしなかなかいい。スーパーカブにも付けちゃおうかな。
 あと、積載とは関係ないけれど、小物も追加。プロテクターつきの自動二輪用のグローブを始めて購入。まずは指ありグローブ。これまでのフリース手袋よりは通気性が良いけれど、やっぱり暑いので指切りグローブも追加ゲット。自転車用の指切りグローブよりはごつく、プロテクション機能重視。そして、シフトパッド。スーパーカブと違ってシフトアップに足の甲を使うので、そちらをカバーするもの。これでサンダル履きでも乗れる。本来は靴紐にかけるマジックテープのベルトが短すぎるので、長いベルトに交換(青いベルト)。
Img_1959Img_1958

|

« バイクにバイクを積む seasonII | トップページ | 初夏の播但ツーリング »

コメント

 新しいバイクをゲットされていて驚きました。そしてボクに記憶がないCDの250cc版!その頃は、ヤマハも250ccビジネスバイク出していて、ヤマハは単気筒、そしてこちらはきっと2気筒。
 変速は5速でしょうか?走りはどうでしょうか?燃費は?パワーフィールは?
 股でタンクを挟めるようになったので、走りはカブに比べて安定するようになると思います。
 希少車大事にしてくださいね。続報待ってます。
 
 

投稿: すう | 2018/06/20 06:47

 びっくりどっきりメカに驚いていただき、ありがとうございます。
 古いわりに1988年式、とはっきりしているのは発売されてすぐに廃止になったと言うことなのでしょうか。
 ランドナー「ユーラシアツーリング」は1989年の春先に購入しました。ブリジストンの1989-1990年のカタログには、ユーラシアの後継モデルである「トラベゾーン」が載っていたので、私のユーラシアは1988年モデルの在庫である可能性が高いですね。ユーラシアの最終モデルでしょう。
 話はそれましたが、そのユーラシアと同世代。私の所有するバイクでこれより古いのは、山口ベニックスだけ。こちらは、さらに10年くらい前。「今週のびっくりどっきりメカ発進!」という言葉を世に送り出したアニメ「ヤッターマン」が放送されていた頃のモデルだと思われます。
 また話がそれていますが、最初の給油の時の計算では燃費は30km/Lほど。車庫の中でエンジンをかけて見たようなことを含めての計測値だったので、本来もっと伸びるかと思ったら次の給油で26km/L。まだよくわかりません。一番遠出したのも、通勤で舞鶴往復の100km余り。エンジンは、当然ながらスーパーカブより強力で、上り坂でも余裕があるし、交差点で信号が青になってからの発信では自然に後続の四輪車を引き離しています。でも、他の自動二輪に乗ったことは、自動車学校での教習車とその直後に借りた友人の自動二輪(オフロード車)だけ、いずれにせよ20年以上経っているのでよくわかりません。
 クラッチ操作については、最初はおっかなびっくりでしたが、乗ればすぐに慣れてきました。とはいえ、ペーパーライダーなので、免許とりたての頃の感覚が戻ったという程度。これからさらに慣れていくことでしょう。
 スーパーカブのように天橋立の砂嘴区間を走れないのは不便ですね。その代わりに走ることが許されている高速道路は、つい先日舞鶴の勤務の帰り道で初めて走りました。高速道路といっても、無料の短い区間ですし、土曜の夕方のせいかクルマが連なっていてちょうど制限速度の70kmで流れている状況でした。
 とにかくパンクしないことを祈るばかりです。
 ヤマハのビジネスバイクの250ccモデルのことは知りませんでした。YB250ってやつですかね。かつては、各メーカーで色々なモデルを出していたんですね。

投稿: はいかい | 2018/06/25 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42369/66830592

この記事へのトラックバック一覧です: CD250Uの積載性向上計画:

« バイクにバイクを積む seasonII | トップページ | 初夏の播但ツーリング »