« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018/04/28

Slide and Ride 扇ノ山2018

 4月の第2週のウィークデイに、扇ノ山の上山高原まで除雪が完了したようだ。厳冬期は30年ぶりくらいの低温を記録し雪も多かったが、2月の半ば以降まとまった降雪がぴたりとなくなり、3月は記録的な高温であっという間に雪が解けた。上山高原へも早めの開通。しかも、高原にはほとんど雪がないらしい。つまり、上山高原手前の道を塞いでいるわずかな残雪区間を除雪した、ということだ。
 山陰に残された最後の雪山に雪があるうちに滑り納めに行こう。でも、道路開通直後の土日は天気が悪く、決行したのは翌週。その間、雨も降ったし20度を超える日もあった。かなり雪解けが進んだはず。上山高原から無雪期の登山口までは3kmほど車道を行かねばらならないが、かなり雪が切れてスキー板の着脱が面倒になりそうだ。ならば、兵庫県の上山高原ではなく、鳥取県の河合谷牧場からアプローチしよう。日当たりの関係で河合谷牧場の道のほうが雪解けが進んで自転車が有効に使える。
 というわけで河合谷牧場へ。兵庫県側からアプローチするには、国道9号線の県境の蒲生トンネルを越えてすぐに十王峠へ向かうのが最短ルートだが、道がものすごく狭く曲がりくねっている。急がば回れで、岩美町の中心街まで行った方がいい。しかも、現在十王峠は通行止だった。
 ところが雨滝集落から河合谷牧場へと向かう道の分岐点にも立看板。台風被害のため河合谷牧場内で通行止、とのこと。なんと、これは想定外。すでに昼になっているので、今から兵庫県に戻り上山高原へと回れば、間違いなく時間切れだ。でも、よくよく考えてみれば、河合谷牧場まではまだクルマが入れない。その手前で、残雪に阻まれる。少なくとも今は工事していないはずだ。台風被害ということは、去年の秋から通行止。おそらく、まだ復旧工事は始まっていない。ここはGOだ。
 細く曲がりくねった道を登っていくが、雪はない。途中で軽トラックが止まり作業服を着た男性が数人見られた。昼の休憩のようだ。ただし、工事関係者ではなく、山仕事のようだ。
 徐々に路肩に雪が現れてほっとするが、やはり少なめだ。
 河合谷牧場の作業道の分岐を過ぎ、標高880m、いつもの場所で残雪が道を塞いでいた。ここに駐車。自転車とスキーの準備。
Img_1322


 兵庫側、上山高原へ道と違って、除雪されず自然の融雪でここまでクルマが入れる。河合谷登山口までの車道が距離約3.2kmで標高差約180m。ちなみに、上山高原の除雪限界点から小ヅッコ登山口への車道は約2.9kmで約170m。両登山口の標高はほぼ同じで、登山道はすぐに合流する。要するにどちらから入山してもほぼ同じ。私の場合、今日のように雪解けが進むと河合谷を選ぶ。雪が切れ切れの車道部は、日当たりがよく、9割方アスファルトが露出している河合谷牧場の方が自転車を有効に使える。上山高原側の車道は、残雪区間が長い。測ったわけではないが、半分以上は雪に覆われているだろう。つまり、自転車にはあまり乗れない。かといって何か所も雪が切れているからスキーだと板の着脱が面倒だ。また、登山道部分はかなり藪が出ていると予想される。高原野菜の畑にエスケープして農道を上っていける河合谷登山口側の方が有利だ。
 準備が整いかけたところで、軽トラックが2台登ってきた。が、すぐにUターンして去って行った。先ほどの山仕事の人たちのようだ。私のクルマが降りてこないので、兵庫県側に抜けられるのかと思ってやってきた、というシナリオが浮かぶが、本当のところはわからない。
 自転車にスキー板を装着して準備完了。まずは、自転車を押して残雪を乗り越える。下界は20度を越える陽気。緩んだ雪にタイヤがめり込んで大きな負荷となる。
Img_1323Img_1326

 残雪を乗り越えると、道は牧場内の日当たりのよい区間となり、路面にも周囲にも残雪はない。標高が低いところから雪がとける、というのは傾向の一つであって、実際には日陰は解け残り、日向は解ける。上山高原から小ヅッコ登山口までの道は日陰が多く残雪が多い。河合谷牧場の道は、日当りがよく、何度か残雪を乗り越えながら大方アスファルトの上を乗車で進んでいくことができる。残雪の上は自転車を押して歩かねばならないが、自転車を乗り降りする方がスキー板を着脱するよりは手間が少ない。当然、残雪区間は毎年決まっていて、初めて訪れた時には迷った挙句、水とのふれあい広場より少し手前に自転車を止めた。でも、水とのふれあい広場、あるいはそのすぐ先の河合谷登山口まで自転車で行った方がいいということが、そのときにわかった。だから今日も、眺めの残雪区間も迷わず自転車を押して行く。
Img_1331Img_1335

 水とのふれあい広場の手前の残雪を越えたところに通行止めの立て看板。ただし、上部を向き、こちらには背を向けている。つまり、通行止め区間を通り抜けたわけだ。結局どこが通行止めの原因なのかはわからなかった。路肩が崩れている場所はあったが、クルマが通れないほどではない。工事が始まれば通行止めになるということか。あるいは、残雪に埋もれているところにもっとひどく傷んだ区間があるということなのか。まあ、要するに普段と同じように行けたということである。
 水とのふれあい広場で水を補給。河合谷登山口まではすぐ。そこに自転車を止めた。ただし、河合谷登山口からの登山道には入らず、その先の農道へと向かう。主に大根の高原野菜の畑が広がっている。おそらく登山道は藪が出ているので、農道の方が歩きやすいのだ。雪がつながった部分を歩き小ヅッコの近くまで登る。最後は雪が切れていたので板を外し、藪を越えて登山道へ。雪が解けているので藪には苦労した。
Img_1338Img_1340

 登山道へとたどり着いたものの、思いのほか雪が少ない。厳冬期の雪が多かったせいかたくさんの枝が雪面に落ちているのと、すでに潅木の藪が出ていることのダブルパンチで、まっすぐに歩けない。障害物がなく、雪がつながった場所を蛇行して辿る。
 大ヅッコが近づいたところでようやくブナ林の中の雪原となった。ここで、下山してくる単独行のハイカーとすれ違う。上山高原からだろう。
Img_1341


 大ヅッコへ登り、いったん下って扇ノ山の頂を目指す。予想通り、大ヅッコの南斜面は雪解け。板を外して半分ほど下ると雪が出てきたので板を装着。まあ、上の方は木々の密度と勾配の兼ね合いであまり滑れる区間ではないから、歩いて下っても損した気分にはならない。
 ステップソールの板は、こういうアップダウンがあり、しかもなだらかなコースにはもってこい。そういえば、今シーズン、一度もシールを使っていない。
Img_1343


 そして扇ノ山山頂へ最後の登り。山頂手前の展望テラスから鳥取市街方面が見えるが、いつものように霞んでいる。また、テラスの周りの雪もやっぱり少ない。東側斜面を見るとまだ十分楽しめそうだ。
 山頂に到着。2階建ての立派な小屋は改装工事が予定されているのか、足場の資材が積まれブルーシートを被せておいてある。この時期、木々の根開けのように小屋の周りが丸く雪解けしているのだが、今年はその周りの雪もない。特に南側は。
Img_1354Img_1346Img_1348


 すっかり白い部分を減らした氷ノ山の姿を拝んでから、少し来た側に戻り東斜面へのエントリーポイントを探す。待望の滑降だ。適度な斜度、適度な疎林、そしてすばらしいざらめ。ただし、滑れる距離は短い。数ターンで進路を北に向け、斜滑降で大ヅッコとの鞍部を目指す。
Img_1355


 大ヅッコへは、下半分は板を装着したまま登り、登山道が露出した上半分は板を外す。大ヅッコの頂で板を装着。そして、大ヅッコ東斜面へ滑り込む。ここも気持ちがいい。しかし、やはり短い。そのまま来た斜面に回りこみ、ブナ林の緩斜面へ。気持ちよく滑っていたら、徐々に雪の切れ目が多くなる。元はブナの根開けだったのだろうが、それがかなり広がっている。かわしきれずに地面に板が乗っかり体が前方に投げ出される。背中から雪面に投げ出され、スライドする。隣の木に頭をぶつけるかと思ったが、幸い手前で停止。ちなみに、ヘルメットをかぶっていた。ザックがクッションとなってどこも打ち付けたところはない。腕も肩も脚も、ひねったり打ったりしていない。唯一、首をかなり振った。むち打ち症のような感じだ。打ち付けたわけではないが頭もくらくらする。翌日から数日、首が痛かった。
 すぐには立ち上がれず、しばらく寝そべって呼吸と気持ちを整え、体勢を立て直す。その後はもう藪が濃くなり滑りにくい。登りより早めに、山部に阻まれないうちに大根畑へと飛び出す。ただし、畑は日当りがよいので雪が切れている。登山道付近の藪だってまともに滑れないのだから、こちらの方が歩きやすい分いい。
Img_1356


 登りで登山道へ交流した辺りから雪がつながり、農道を滑り下る。すぐに自転車のデポ地へ。
 自転車に板を固定したら、今度は自転車のダウンヒルを楽しむ。牧場内でカーブを越えたら前方になにやら動く物体。鹿だった。そして、道路を塞ぐ残雪を乗り越えること7度、クルマへ戻る。
Img_1364180420ougi001Img_1371


 スキーと自転車を積み込んで、クルマをスタートさせる。夕暮れの林間の細い道を走っていると、すぐ前方を右から左に何かが通り抜けた。鹿だ。すぐにもう一頭。あわててブレーキをかける。ほっとしたのもつかの間、アクセルを踏み込んだらもう一頭出てきた。今度はかわせず右側面に鹿が激突。しかし、鹿は体が丈夫。転倒したものの、すぐに体勢を立て直して走り去って行った。クルマは、右前輪のタイヤハウスの前後がへこんでいた。運転席のドアと干渉して、ドアの開閉時にベコベコと大きな音を立てる。「はい注目、このクルマのボディへこんでいるよ!」とアピールしているようで恥ずかしい。
 翌日、すでに20万km近く走っているクルマに大枚を費やせないので、何とか自力で音が出ないようにする。ドアとタイヤハウスのパネルの継ぎ目にマイナスドライバーを突っ込み、へこんだ干渉部分を力ずくで戻す。へこみは完全に治ったわけではないが、擦り傷はないのでそう目立たない。
Img_1380


 体が丈夫な鹿だが、頭は弱いと言わざるを得ない。暗く静かな山中で、大きな目を光らせ轟音を立てて近づく恐ろしい物体に気づかなかったとは思えない。自分の体より大きなそれに向かって飛び込んでいくとは、自殺行為ではないか。猪突猛進ならぬ鹿突猛進といったところか。
4月下旬

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/04/11

燃え上がれ!タンデム学会2018in近江富士・野洲川

 4月8日、京都市内のランドナー専門自転車店「I's Bicycle」主催のタンデムラリーが、滋賀県で開催された。近江富士の麓から野洲川左岸・右岸の堤防上などを通って琵琶湖まで往復する約40km。10台を超えるタンデム車と、ソロ多数が集まった。私もソロで参加。
Img_1178Img_1175Img_1180


 2月の後半から強い寒の戻りはなく、特に3月は温暖で、お目当ての桜はおおかた散ってしまっていた。にもかかわらず、タンデムラリー当日はこの時期にしては強い寒の戻り。昼前には北西の風が強く吹き、冬晴れのような気候。そして琵琶湖に向かう往路には向い風。少しだけ風をしのげる林間で昼食の後、琵琶湖岸に出てみれば対岸の比良の山々の稜線は雪雲がかかっている。左岸から右岸にレーンを変えての順風となるはずの復路では、風は弱まってしまい、雲が出てきて日はかげり時折ごく弱い雨が当たる。それでもすぐにまた太陽が顔を出して、春の野洲川と近江富士を眺めながら走る。
Img_1194Img_1226Img_1231


 本日の私の自転車は、4年前に譲り受けた「山口ベニックス」。推定40年前のモデル。この日集まった自転車としては古いほう、もしかするとソロ車では最も古いものかも知れない。何人もの参加者から「ベニックスですね」と声をかけてもらった。
 ゴールまであと少し、というところでベニックスのチェーンが切れた。スタッフの店長さんに、コマを詰めてつなぎなおしてもらった。手早い対応で、すぐにゴール地点に到着し、撤収中の参加者からは「もう直ったんですか」の声。店長のおかげです。
 丹後からのアプローチはクルマで3時間半~4時間かかると見込んで、朝5時過ぎに出発。なんと雪が降っていた。散った桜の花びらをうっすらと雪が覆っている。そして、天橋立越しに見える丹後半島の山々は白い。こんな日には温かい飲み物が欲しくなるだろうと、駐車場で湯を沸かしてポットに入れて携行した。ストーブ、ガスボンベ、コッフェルはかさばるので私はクルマに残したのだが、昼ごはんの時にはその場で湯を沸かす参加者の姿がちらほらとみられた。
Img_1160Img_1164Img_1171


 約40kmの距離に昼食時間込みとはいえ5時間と、ずいぶんのんびりした計画だと思ったが、実際には的確な時間設定だった。多くの自転車が集団走行するために何度も停止して全員が揃うのを待つ。タンデム車は発進にコツがいるため、集合の後の再スタートにも少し多めに時間がかかる。また、自動車進入禁止の区間がいくつもあり、その出入り口には車止めがある。微速前進の苦手なタンデム車は押すか持ち上げて越えなければならい。持ち上げるのにも大きくて重いタンデム車は数人がかりということになる。それでも、息を合わせて発進し、おしゃべりをしながら進んでいく姿は何とも楽しそう。息が合えばかなりのスピードが出る。1台の自転車としては大きくて重いが、2台分よりはかなり軽いはず。2人分の体重を支えなければならずフレームは太く頑丈なため、ソロ車2台分くらいはあるのかもしれないが、ホイールは2本のままである。
 また、クルマへの積み込みもそれぞれに工夫されていた。中でも、2台の折り畳みタンデム車には驚かされた。1台はもともとがコンパクトサイズでパンタグラフ式とでもいうような簡単に折りたためるもの。もう1台は、タンデム車としては普通サイズだが、3つ折りにして輪行袋にも収まるというもの。こういうおもしろ自転車が見られるのが楽しみで参加したのだ。
Img_1235


 さて、ベニックスのチェーン切れの原因は、数日前にチェーンを交換したのだが、うまく繋げられていなかったようだ。前日試走がてら乗った時には大丈夫だったのに、タンデムラリーの日は朝からチェーンが歯飛びして調子が悪かった。このベニックス2年前に、リアディレイラーをスポークに巻き込んでエンドを曲げてしまった。そこへ無理やりディレイラーハンガーを装着して乗っている。ディレイラーハンガーはボルトと後輪のドライブシャフトで固定している。クルマで運ぶ際にホイールを外したので、セッティングが狂った。つまり、原因はディレイラーだと決めつけていた。
 リアディレイラーに不安を抱えているので、最近は自宅の周辺でしか乗っていなかったのだが、平たんコースのタンデムラリーならばと久しぶりの晴れ舞台登場となった。前述のとおり参加者の皆さんから声をかけていただいたのと、スタッフさんからは「エンド修正できますよ」というありがたいお言葉。ベニックスで参加してよかった。
 さて、タンデムラリーの後は、「GUELL草津」(ぐえる)という自転車屋さんに寄り道。その名の通り草津にある。ちょっと見てみたい折り畳み小径車があるのだ。やはり、カタログと違って現物を見るとよくわかるのだ。
Img_1245


 最後に、タンデム車の一般道路走行について。各都道府県の公安委員会でルールが定められ、多くは一般公道での走行はできないが、近年、二人乗りとして設計されたタンデム車での一般公道での走行が解禁される傾向にある。
 長野県では、観光地でのレンタサイクルでのタンデム車の利用に合わせて40年前から一般公道での走行が認められていた。2000年以降、視覚障害者のサイクリングイベントが行われていた兵庫県や山形県で、さらに2010年以降いくつかの府県で公道走行が認められるようになった。京都府では2015年11月20日に解禁。これを受けてI's Bicycleのタンデムラリーが始まった。今回は、2018年4月1日のタンデム解禁直後の滋賀県で開催となった。
 それ以外では「自転車専用道路で利用可能」という県が多いが、「自転車専用道路」がないので実質すべての公道で利用禁止という場合が多い。ちなみに、ほとんどのサイクリングロードは「自転車歩行者専用道路」なので「自転車専用道路」には当たらない。
P1040394P1040393P1030957


 ちなみに、京都府では以前から天橋立の砂嘴の松並木でレンタサイクルのタンデム車が通行していた。これは自動車及び自動二輪車は通行禁止であるが「京都府道607号天の橋立線」で、自転車専用道路ではない。自転車以外に、歩行者も、排気量125㏄以下の原付自転車も通行できる。京都府では2015年11月19日以前は、現実には存在しない自転車専用道路でしかタンデム車の通行は認められていなかった。つまり、以前は法令違反での営業活動が行われていたということになる。まあ、事故などのトラブルが起こらず平和だったということだろう。ちなみに、このことは2016年に警察署に問いあわせて判明。
P1110705P1110706

 天橋立のレンタルタンデム車も、折畳可能なモデル。そのヒンジ部分が破損して乗り捨てられていることもあった。やはり二人分の体重を支えるフレームやホイールには相当負担がかかっている。また、動力も二人分のため、駆動系も頑丈である必要があるとのこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/04/06

向春の道南 太平洋・噴火湾・津軽海峡沿岸を行く

 ブログではダイジェストをお送りします。詳細レポートは「電脳徘徊」にて近日公開予定。
      *       *       *
 3月末には安定した晴天が続き、数年温めていた計画を実行した。
 3月27日夜、残雪の小樽に上陸。二輪車は私の自転車だけだった。自転車の走行距離は小樽市内約3km。
Img_0620


 28日朝、輪行で苫小牧へ。どこにも雪はない。遠くがかすむ曇天の下、走行開始。交通量が多い道を行くうちに、霞が薄くなり白い山並みが見えてきた。雪解け直後のせいか、路肩には細かいバラスが散らばり、リム打ちパンク。それにタイヤやチューブが古くなっていた。チューブを交換し再スタート。
 東室蘭駅から伊達市の長和駅まで輪行。この区間は10年前にすでに走っているので、脚を温存するためとパンクの可能性を減らすため。長和から走行再開。ずっと平坦だったが、最後に標高差100mを登って降りる。豊浦のホームセンターでタイヤを買って、宿へ。約81km。
Img_0644Img_0664Img_0686


 29日、タイヤを交換してからスタート。天気が良くて海が青い。まずはアップダウンが続く。道路わきに雪が残る礼文華峠、静狩峠を越える。最大標高差は200m余りしかないが、約20kmの長い峠道だった。そのあとはひたすら平坦。風も斜めからの追い風でスピードアップ。長万部で大盛の「かにめし」を食べる。前方に噴火湾越しの駒ケ岳。今日はあのふもとまで。そして、後方にはやはり噴火湾越しの後志羊蹄山。八雲からは、真後ろからの風に押されさらにスピードが増す。クルマも増える。あっという間に宿泊地の森へ。約108km。
Img_0774Img_0782Img_0848


 30日、亀田半島を経由して函館を目指す。快晴で追い風、クルマも少ない、という絶好の条件でスタート。今日も、渡島富士(駒ケ岳)と蝦夷富士(後志羊蹄山)を見ながら走る。時々現れる漁港では干された昆布が風に揺れている。椴法華(とどぼっけ)から恵山岬へ。灯台を見物してから椴法華へ戻る。半島を一周する海岸道路はないのだ。標高100mほどの小さな峠を越えると津軽海峡が見える。下北半島も大きくはっきりと見える。夏にはこのようなことはなく、空気の澄んだこの時期だからこその眺めだ。
 そのあとは風速10m/s近い向かい風に苦しむ。函館山がなかなか近づいてこない。湯の川温泉で塩ラーメンを食べてから再スタートするときには、ようやく風が弱まっていた。夕日に赤く染まる函館山はすぐそこ。約125km。
Img_0907Img_0935Img_0984


 31日、函館散策。が、いきなりパンク。ビスを踏んだ。「春のパンク祭り」開催中だ。まずは、駅で切符を購入。指定席にも十分空きがあるようなので自由席も座れるだろう。朝市をちらっと見てから、金森赤レンガ倉庫群へ。そのあと、昨夜見つけた「チルノワ(CHILLNOWA)」という自転車店へ。さすがに北国、ファットバイクが並んでいる。予備を使い果たしたのでチューブがないかと尋ねるが、サイズやバルブが合わなかった。
 ラッキーピエロの大きなハンバーガーを食べ、朝市のフードコートでラーメンを食べて駅へ。予想通り特急列車の自由席は空いていた。室蘭本線を経由して札幌へ向かう特急を長万部で下車し、函館本線の普通列車に乗り換え。内陸部に入ると一転雪景色。今日は曇天、後志羊蹄山はぼんやりと霞んでいる。
 小樽駅で下車。ラーメンを食べに朝里まで足を延ばす。そして、フェリー乗船。函館市内と小樽市内で約20km。
Img_1032Img_1050Img_1095


 4月1日、フェリーを降りたら桜が咲いていた。
Img_1119


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »