« 月が替わって雪解けよ | トップページ | 雪解かしの雨 »

2018/03/05

戸倉峠から県境尾根を経由し三ノ丸ピストン

 3月の第一週の土日は待望の晴れ予報。この冬は腫れが少なくすっきりしない天候が多い。2月の最終週など、土曜日は文句なしの晴れ予報だったにもかかわらず、実際には昼前から平野部で雨、山では雪。山に出かけたけれどもホワイトアウトと風雪に難儀したという報告がネット上に見受けられた。
 さあ、こちらは満を持して氷ノ山へ。晴れが続くならば早い日の方が空気が澄んでいいはずだが、カメラが壊れてしまった。金曜の朝にネットで注文して、土曜に届く予定。そのカメラを持って日曜に行くことにした。使い方が荒いのか、2年前後で壊れてしまう。十数年前なら保証により無償修理をしてくれたのに、最近は「外部から何らかの力を受けなければこのようなことは起こりません。よって、保証対象外です」と言われて、高い修理代を請求される。そもそもカメラは持ち運んで使うことが多いもの。長く使えば、そりゃ何らかの力だって受けるのが当然。だから、長期保証なんて意味がない。カメラは消耗品だ。あと、11年前に買ったカメラを予備機として、たまに使っている。これが壊れない。買ってから数年はメインカメラとして使っていたのだが、より高倍率だったりGPS受信機能が付いたものに心を奪われてしまった。ちなみに予備機は光学10倍ズーム(当時は画期的な高倍率)、今回の新しいものは光学40倍ズーム。
 4日、午前5時40分、月明かりを浴びて家を出る。明け方も10度を少し切るくらいまでしか下がらず、路面凍結の心配はない。丹後の自宅から99㎞の道のりを2時間で兵庫・鳥取県県境の戸倉峠へ。信号が極端に少ないので(点滅式、感応式を含め99㎞で30機ほど)、巡航速度と平均速度の差が小さいのだ。
Img_0037Img_0035

 国道29号線新戸倉トンネル兵庫側の駐車場には、すでに5台のクルマが止められている。登山者か渓流釣りの人のものだろう。他にもう1台とキャンプなどで使う椅子やテーブルが置かれている。その側、1m以上積もった雪の上には若者が何やら作業をしている。スキー場で見かける平均台のようなものを運んでいる。よく見ると、近くにスノーボードのようなものが並べられている。こんなところで、何をやらかすつもりなの。
 さて、30分ほどかけて準備を整え、8時10分、出発。スタート地点の標高は730m。
Img_0039Img_0042

 まずは凍結した国道をこわごわ渡る。そして、旧道へ。旧道は通り抜けできないので当然、除雪などされていない。雪の壁には階段ができている。ザラメの雪面は、気温が高いせいか緩んでいて足が沈む。板を装着して歩き出す。先行者のトレースは、スノーシューばかりだ。ステップソールで軽快に歩く。本日の装備にはシールはない。
 今日のコース案として最初に浮かんだのは坂の谷コース。戸倉峠から国道29号線を1.6㎞ほど兵庫寄りを起点とする坂の谷林道から入山する。片道10㎞近い緩やかなロングコースは、昨年新調したステップソールの板の性能が発揮できると考えた。ちなみに、通りがかりに見たが、今日も坂の谷林道入り口付近には数台のクルマが止まっていた。
 ただし、坂の谷コースのピストンは、過去に何度か経験していて新鮮味はない。そこで次に浮上してきたのが、戸倉峠からの県境尾根コース。こちらも坂の谷コースとよく似たなだらかロングコース。13年前にわかさ氷ノ山スキー場からの入山で、一度滑降しただけで、登りを歩いたことはない。つまり、登りでじっくりと様子を見た経験はないのだ。
 坂の谷と県境尾根の両コースの周回と迷い、国道の1.6㎞のための自転車も積んで来たのだが、結果としては県境尾根をピストンすることにした。
 県境尾根に登山道を通す計画があるようだが、現在は笹などの藪が雪に抑えられる積雪期限定のコース。近年はそれなりにたどる人がいるが、13年前には限られた人にしか使われないコースだった。こうした利用者増の背景にはGPSレシーバーの普及があるのではないかと思う。私は、当時よく利用していたパソコン通信の自転車フォーラムの影響で、16年以上前の2001年からGPSレシーバーを利用しているが、例えば13年前でも、周囲に利用している人はほとんどいなかった。また、最初の1台は地図をインストールすることができず、高度計、距離計、速度計や、トラックデータのロガー(記録機)としてしか利用していなかった。現在では、2万円前後の底辺モデルでも、パソコンを使えば国土地理院の等高線付きの地形図を無料で搭載できる。そして、インターネットの登山情報交流サイト「ヤマレコ」などで、GPSのトラックログが公開されている。そうして登山道がない山でも、コース取りが研究されている。
 旧道を歩き新戸倉トンネルの脇を抜けてヘアピンカーブで標高を上げる。まだ朝なのに、結構暑い。今日は下界では20度を超える予想気温だ。急激な温度上昇というわけで、こういう日には雪崩やスノーブリッジの崩壊に注意をしなければならないが、本日はそういう心配のないコースである。
Img_0048


 しばらく歩くと、戸倉トンネル。1995年開通の新戸倉トンネルに対し、戸倉トンネルは1955年開通。ぞれぞれ平成と昭和のトンネルだ。ただし、昭和の方は鉄格子でふさがれている。
Img_0055


 その旧戸倉峠の手前で分岐する道を進む。またヘアピンカーブで高度を上げる。そして、今度はトンネルでなく切り通しの戸倉峠に到達。鳥取県側の景色が開ける。未除雪の旧国道が蛇行し、そののり面が伐採されたオープンバーンとなっている。そのオープンバーンにはダブルトラックのような道がスイッチバックして登っていて、何やらトレースがついている。よく見ると旧道にもトレースがある。スノーモビルの跡のようだ。
Img_0060Img_0061Img_0058


 戸倉峠からは尾根の西側を北上する林道が分岐している。家の谷川の谷(家の谷というのだろう)に面しているので、家の谷林道と呼ぶことにする。東の兵庫側から西の鳥取側へ尾根の末端を回り込む形で、高度を上げるためのヘアピンカーブや山襞に沿った屈曲で距離が延びる。兵庫側から尾根にとりついた記録もあるが、濃い林の中の急勾配、そしてアップダウンに苦労している。国道の旧道及び戸倉峠までのダブルトラックは結構勾配があるので、それをショートカットするということは、さらに勾配が増すということだ。まあ、スノーシュー登山者が距離を縮めたい気持ちはわかるのだが。
 少し休んでから家の谷林道に入ると、勾配が緩くなり復路の下りでも板があまり走らなさそうだ。しかも、障害物のなく西側が開けた谷から北西の季節風が吹きつけるようで、雪面が大きく波打っている。
 家の谷林道を北上する。どこから尾根にとりつくかが一つの課題である。13年前には、尾根を下ってきて1073m小ピークの少し北側で家の谷林道に降りた。でも、地図を見ていると、もう少し尾根を長くたどり1073Pの南の鞍部で林道と尾根を行き来するのがよさそうに思える。
Img_0066


 実際に歩いてみると、想定していた地点の少し手前でよさそうなとりつきポイントを発見。先行トレースも、そこから尾根にとりついているものと、家の谷林道をさらに進んでいるものとが同じくらいだ。ここは思い切っていってみよう。
 まずは、杉林の中の緩い斜面を登る。すぐにわりと大きめの鞍部で県境尾根に乗り上げた。ここより南側で県境尾根に上がると、かなりアップダウンを越えなければならない。
Img_0067


 さて、その鞍部から1073Pへと登る。そこそこの急斜面で、落葉樹の林が濃い。ここを滑り降りるには難儀しそうだ。やはり、下りではもう少し北側の当初予定していたポイントで林道に降り立つのが良いかもしれない。
Img_0069


 標高差50mほどを登ると、勾配は緩やかになる。実はそれが今日の一番の急勾配だった。ブナかナラかよくわからないが明るい落葉樹林やスギ林や、その境目をひたすら歩く。空は真っ青な快晴。杉林でも結構明るく、落葉樹林では日差しがまぶしい。
Img_0079Img_0073Img_0088


 なだらかな1073Pを越えてしばらく行くと、木々の合間に真っ白な三ノ丸の大雪原が見えた。本日の到達目標だ。青空をバックに白さが際立つ。写真を撮りたいが、手前の木々の枝が邪魔で遠くにピントが合わない。マニュアルフォーカスの設定にするが、なぜか遠くにピントが合わない。昨日届いたばかりのカメラなのでまだ使い慣れていない。
 ほんの少し歩いたら、木々の合間が大きくなった。ズームすれば枝はフレーム外となりオートフォーカスで三ノ丸にピントが合う。赤い屋根の避難小屋も確認できた。
 次の目標は、標高1182m小ピーク。ここがかつて三ノ丸と呼ばれ、現在の三ノ丸はかつて二ノ丸と呼ばれていた。このあたりについては、13年前の記録に記している。
 1073Pを越えてほんの少し下ってから、また緩やかな登りが始まる。前方から登山者が下りてきた。スノーシューなので、下りが長い。
Img_0093Img_0092

 1182Pの手前、落葉樹が疎らに茂った明るい雪原に腰を下ろして大休止。なだらかなのでどこがピークということもないのだ。ここまですでに距離7㎞、標高差400m余りを登ってきた。
Img_0099Img_0102Img_0105


 その先でぽつぽつと下山してくる人に出会う。みな単独で、スノーシューを装着している。13年前には貸し切りだったこのコースでもこんなに人に出会うようになった。あと、ごく小さなアップダウン、あるいは平らな面と緩やかな斜面とが交互に現れる階段状の尾根のせいか、時折落葉樹林の背景に真っ白な三ノ丸が現れる。姿を見せるたびに少しずつ大きくなっている。13年前には、三ノ丸に背を向けていたので気づかなかった。これは、坂の谷コースにはない楽しみだ。
Img_0107Img_0110Img_0113


 落葉樹林がさらに疎らになり、とうとう大雪原に出た。青空と白い雪原の2色のみ。素晴らしい光景だ。そのなだらかな雪原をまっすぐに登る。
Img_0114Img_0116Img_0117


 赤い屋根の避難小屋のほか、東屋に展望櫓と3つの建造物があるのだが、なかなかそれが見えてこない。かなりじらされた挙句に、鳥取県若桜町側の東屋が見えた。5、6人の登山パーティの姿も見える。みなスノーシューだ。そしてピークに近い赤い避難小屋と、ピークの展望櫓も見えている。背後には東山、三室山など鳥取兵庫岡山の三県の境目をなす山々が見える。東山の右肩からは伯耆大山がのぞくがかなり霞んでいる。
Img_0118


 標高1464mの三ノ丸に到着。さらに北側に氷ノ山本峰も見えているが、今日はここ前。距離は10㎞に達している。一人の登山者が休んでいる展望櫓にお邪魔する。先客はかんじきだ。たどってきた県境尾根の向こうに、前出の東山と三室山の間には去年登った「くらます」。その山頂東側のオープンバーンを滑った思い出がよみがえる。それらの奥には、後山も。
Img_0122Img_0119

 また、北西方向には青ヶ丸と仏ノ尾を従えた扇ノ山がなだらかな山容を見せている。北東には、蘇武岳と妙見山の山脈。その向こうの丹後の山も、さらに遥かな加賀白山も霞に完全に隠されている。
 伯耆大山を写真に収めたいのだが、霞で姿が薄く、強い日差しの反射もあってモニター画面で確認できない。とにかく、半分あてずっぽうでシャッターを切りまくる。帰宅してからPCで確認したら、なんと大山は霞に飲まれ見えていなかった。白い峰々は手前の山だった。撮影時にモニターで大山の姿が確認できなかったのは、そもそも見えていなかったのだ。
Dai_0136Img_0160

 さて待望の滑降開始。ヘルメットにカメラをつけて、滑りだす。しかし、強い日差しを浴びた雪面は緩んでなかなか滑らない。歩くように滑って、勾配が増したところでターン開始。気持ちよく数回ターンしたところで、突然ブレーキがかかり、何とか踏みとどまろうとするも最後はトップが雪面に刺さって前方に吹っ飛ぶ。幸い無事だったが、こんなクラッシュをすると、体や道具を痛めてしまいそうだ。下界では、最高気温が20度を超える、4月下旬並みの陽気。春の風を通り越して、初夏のような乾いた温風を感じる。時折ブレーキがかかる雪の怖気づいてそのあとはスピードを抑えた滑り。
Img_0166


 樹林帯に入るが、相変わらず板は走らない。緩い尾根なので、直滑降だ。時折尾根が広く緩やかになっているので方向を見失いそうになるが、板が走らないとはいえスキーなので登りよりはスピードが格段に速い。すぐに登りのトレースを探し出せる。もちろん、GPSレシーバーで登りのトレースから大きく外れていないことも確認できるので、不安はない。
 自由自在に雪面にシュプールを描きたいところだが、トレースをたどるほうが板が走る。緩んだ雪面はダートで、踏み固められたトレースは舗装路といった感じだ。また、ごく小さいけれど登り返した平坦区間があるのも、あまりお勧めではない。
 1182P、1073Pを越えて、大きめの鞍部に到着。家の谷林道に降りようと思っていたポイントだ。鞍部の手前、つまり北側に家の谷林道に向けて小さな枝尾根が伸びているが、その尾根の前後のどちらかの谷を行くのがよさそう。鞍部側からトライしてみるが谷が級で杉林も濃くて難儀する。杉にあきらめて、少し主稜線を戻り、枝尾根の北側へ。こちらの方が緩やかで杉林の中の腐った雪でもなんとか滑り降りることができる。すぐに林道が見えてきた。そこに人影が見える。今日初めて出会うスキーヤーだ。こちらの存在に気付いたのかどうかわからないが、すぐ歩いて行った。そして入れ替わるように私が林道に降り立つ。
Img_0167Img_0170

 勾配が緩く板が走らない林道を歩くように滑っていくと、すぐに先ほどのスキーヤーに追いついた。ここで少し立ち話をする。彼の板は、滑走面にシールが固定された「スキーシュー」というもの。下りでもシールをはがせないので、緩やかなくだりでは歩くことになる。今日は三ノ丸まで上がり、早めに家の谷側に降りこの林道を歩いて下山しているとのこと。話を聞いているとこの山域にはかなり詳しいようだ。私は、ステップソールの板で、今日はシールを持ってきていないことを告げると少し驚いていた。
Img_0172


 彼と別れて、先に行く。戸倉峠からは勾配が出てくるので少し板が走るようになる。でも、時折歩き滑りとなる。本来ならスピードを抑えるコントロールが必要な道なのに。
Img_0176Img_0187

 ヘアピンカーブを越えて、16時10分、国道29号線に到着。もしかすると、登りですれ違ったスノーシュー登山者に追いつけるかと思ったのだが、今日の雪質では無理だった。しかし、スノーシューの人には長い行程だったことだろう。ヘアピンカーブにはショートカットできないかを確かめるためだと思われる、道路脇へ寄る足跡が見られた。
Img_0189Tokura

 国道脇の駐車場に戻ると、入山者と思しきクルマは激減していたが、代わりにスノーボード遊びの若者たちのクルマが増えていた。のり面にジャンプ台を作って金網を飛び越えている。スノーボードと書いたが、ビンディングはなく板に足を乗せているだけ。今シーズン、スキー場で1度見たことがあるが、ジャンプをすれば当然板と体は離れ離れになる。一回のジャンプを愉しむ道具のようだ。いろいろな遊びがあるものだ。(上の写真右側はGIFアニメーション。クリックしてね。)
 帰り道、ばんしゅう戸倉スノーパークのゲレンデから離れた駐車場で帰り支度をするスキー客が見られた。17時近くになっているので、すでにクルマはまばらだが、今日は盛況だったようだ。
 帰路では北近畿豊岡自動車道を利用したが、八鹿氷ノ山I.C.から南向きは渋滞していた。国道9号線から交差点も、八鹿市街に向かう直進車線は混雑。I.C.に入線する右折車線は空いていた。動かぬ車列が見えているので自動車道は敬遠されているようだ。こちらは、北の日高神鍋高原に向かうのですいすいと事が運んだ。本線も北向きは、クルマはそれなりに多いものの、スムーズに流れていた。
 今日は、滑降を楽しむことはできなかった。雪のせいもあったがそれを差し引いても、県境尾根コースよりも下り一辺倒の坂の谷コースの方が下りではいいようだ。その反面、時々三ノ丸の雪原を見ながらの登りは楽しかった。また、坂の谷コースの序盤の坂の谷林道はその名の通り、谷底を行く道で暗くて不気味だ。ということは、登りに県境尾根、下りに坂の谷という周回がいいのかもしれない。

|

« 月が替わって雪解けよ | トップページ | 雪解かしの雨 »

コメント

 かなりの高温でした、その日は。ステップソールが役に立つような場所のようです。普通のソールよりもステップソールがテレマークのようなヒールフリーに良く合うと思うこのごろです。

投稿: すう | 2018/03/07 23:03

 昨シーズン折れてしまった板は、滑走用の板に手でステップを刻んでもらったもので、へこんだステップいわゆるネガティブ。今回使った板は、出っ張っているポジティブのもの。2回大江山連峰で使って、なかなかグリップがいいと感じていました。それでいてシングルキャンバーなのでターンは問題ありませんが、やはり滑走中に雪面との摩擦による抵抗を感じますね。今回のような引っかかる雪には、マイナス面も感じられました。でもそれ以前に、今シーズン間だ板にワックスをかけていないのが問題です。我ながら、ずぼらでいけません。
 13年前のこともだんだん思い出してきました。「県境尾根に降りようとして落折の方に行ってしまった人がいる」などと、同行者がかなり道迷いを心配していました。そのせいもあって、「未踏のコースに不慣れなテレマークでは無謀ですよ」と言われ、アルペンスキーで滑ったのでした。尾根から林道に早めに降りたのは、どこで降りていいか探りながらだったので降りられる所で降りたということと、尾根も緩すぎたり下るにつれて小さなアップダウンがでてきたりして、さほど快適でなかったということもありました。ただ、林道ではスピードが出すぎるくらい板が走ったと思います。
 本文にも書きましたが、下りは坂の谷コースの方がいいですね。尾根も林道も程よい勾配で下り一辺倒。一度スノーボードの人も一緒に行きましたが、林道を苦労していました。スキーなら問題ありません。暗い谷底の林道も、下りならあっという間に通過してしまいます。
 次に行くときは、県境尾根を登り、坂の谷を下る周回がいいですね。当分先になると思いますが。
 大山の位置に見えていた白い山は三国山でした。因幡・伯耆・美作の三国の境ですね。

投稿: はいかい | 2018/03/09 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸倉峠から県境尾根を経由し三ノ丸ピストン:

« 月が替わって雪解けよ | トップページ | 雪解かしの雨 »