« 早春の京都北山京見峠・持越峠・雲ヶ畑(ラリーグランボア2018) | トップページ | 向春の道南 太平洋・噴火湾・津軽海峡沿岸を行く »

2018/03/21

樹氷の氷ノ山2018

 この冬は天気が悪かった。1月の下旬から2月の中旬くらいまで、何度も寒波がやってきた。雪遊びを楽しむものにとってそれはありがたいことなのだが、穏やかな日もないと遊びに行けない。2月の後半は、大きな寒波は来なくなった。大荒れの日はないのだけれど、晴れの日もあまりない。春が近いことを思わせるようなぽかぽか陽気もない。3月にはいれば、一気に初夏の陽気もあり、寒暖差が激しい。北近畿の平野部では、冬の間ずっと田んぼなどが雪に覆われていたのは、30数年振り。ただし、それはある程度海に近いところだけ。内陸ほど雪は少なく、山の雪はあまり多くなかった。2月の後半からまとまった積雪はなく、3月の高温の日と降雨によりどんどんと雪が溶けていった。
 すうさんとの氷ノ山に行く計画が実現できたのは、3月17日。4時過ぎに目が覚めてしまったので、そのまま起き出し、5時に家を出た。養父市大屋町の待ち合わせ場所には6時25分に着いてしまった。トイレを済ませ、本を読みながらすうさんを待つ。約束の7時に、すうさんと合流し、クルマ1台でわかさ氷ノ山スキー場へ。もうすっかり雪が解けて春の景色の中を行く。若杉峠、戸倉峠、そしてスキー場と標高700m程に登らないと雪がない。
 スキー場に到着し、いつもの無料駐車場にクルマを止める。すいているな、と思ったら今週からすべての駐車場が無料とのこと。支度をして、スキーパトロール詰め所で入山届けに記入して、リフトに乗車。日差しがさんさんと降り注いでまぶしい。山頂をうっすら覆っているガスは、これから取れていくだろう。スキー場の最上部付近から上は、樹氷がついている。
Img_0478

 すばらしい景色が期待できる一方、不安も大きい。一つは雪不足。入山届けにも書いたが、ワサビ谷への滑降を予定している。おそらく、スノーブリッジは崩れ沢が出ているだろう。何度も渡渉しないといけないかも知れない。もう一つは雪質。昨日の雨、そして夕方から夜間の寒の戻りで、雪面はカチカチに凍てついているに違いない。ちゃんとスキーがコントロールできるだろうか。
 標高1195mの樹氷スノーピアゲレンデ最上部に到着。上部のリフトは、中間駅から下のみで営業中だが、ありがたいことに入山者はリフトトップまで乗せてくれる。ただし、最上部の降り場には雪がないので、スキー板を外しての乗車だった。
Img_0484Img_0485Img_0490

 伯耆大山は見えていない。扇ノ山も山頂が霧に覆われている。板をザックに固定して背負い、急登に取り付く。なんと雪がとけ登山道の階段が露出している。しばらくは、カチンコチンに凍てついた雪面と、露出した登山道が交互に現れる。しばらく登り、三ノ丸から山頂への稜線が見えてくると、もう登山道は完全に雪に覆われた状態となった。樹氷が美しい。青空をバックに白い樹氷が映える。頂上台地の手前のやせ尾根区間にたいがい付いているはずの雪庇がない。やはり雪が少ない、あるいはまとまった降雪が途絶えている、ということのようだ。
Img_0489Img_0493

 そして頂上台地に到着。ブナの樹氷の林だ。これを抜けると広大な雪原。見事な眺めに心が弾む。しかし、足元の雪は相変わらずカチカチ。そのまま板を背負ってつぼ足で歩いて行く。
Img_0499Img_0495Img_0519


 大山が見えている。雲海の上に鋭い山頂が突き出ている。扇ノ山はまだほんの少し山頂が隠れているが、仏ノ尾と青ヶ丸は姿を現している。東山、くらますは、一部が黒く笹が出ている。
 三ノ丸手前で休憩中の2人組のスキー登山者がいた。彼らは、県境を根を下るという。我々はワサビ谷の予定だと告げると、「先週、仙谷を滑ったら沢が出ていて大変でした」と言われる。その少し前にも、アイゼンをつけた単独登山者に、「ワサビ谷には行かないよね」と言われていた。誰もが、今日ワサビ谷を滑るのは厳しいと思っているようだ。
Img_0512Img_0514

 三ノ丸に上り詰め、ようやく板を装着。山頂がすぐ近くに見える。但馬妙見山はうっすら、蘇武岳は完全に雲に隠れている。
 とりあえずワサビ谷の源頭まで滑り降りる。ワサビ谷源頭部は2つに分かれていて、たいてい山頂寄りから滑り降りている。今日も、滑るならそちらのつもり。日当りがよく、早く雪が緩むことを期待してのことだ。というわけで、その境目のワサビ谷の頭の小ピークを越える。
 我々のすぐ後からスノーボーダーがやってきて、ワサビ谷を滑るのかと訊かれる。「先日も仙谷で沢への滑落事故があって、ドクターヘリで運ばれたらしい。今日もパトロールで谷への滑降はお勧めしないとのことで、ピストンをすすめられた」と言われた。
 とりあえず結論を急がず、休憩しながらじっくり考えよう。腰を下ろして、パンなどを食べる。
 結局、ワサビ谷は断念した。谷の下部では沢が口を開けている。急な法面も凍てついているわけで、沢への滑落の恐れがある。確かに、登ってきたコースを戻るのはスキーにとって楽しいものではない。でも、このカチンコチンの雪面では、急斜面の林間であるワサビ谷も楽しめない。
 こんなことならば、戸倉峠の南、坂ノ谷林道入り口にクルマを一台置いておけばよかった、と悔やまれる。緩やかな尾根から林道へと下るコースならば、今日の雪でも問題ない。林道は時々雪が切れているだろうが、板の着脱の手間はかかっても危険はない。ワサビ谷の沢が口を開けていることも、雪がカチンコチンに凍てついていることも予想できたのだから、エスケープルートを用意しておくべきだった。
Img_0516


 まあ、悔やんでも仕方ない。スノーボーダーやつぼ足登山者は山頂へと向かったが、我々は、来た道を引き返す。まずは、ワサビ谷の頭へ登り返し。男女3人連れの登山者がとすれ違う。ヒップそりで楽しそうに、そして賑やかに滑っている。ワサビ谷の頭を越え、少し下って三の丸への上り返し。私は、ステップソールなので板をつけたまま。すうさんは、板を手に持って登って行く。シールを貼るほどの登り返しではない。
Img_0524Img_0506Img_0501


 三ノ丸で再び景色を眺める。扇ノ山も但馬妙見山も蘇武岳も完全に姿を見せてくれた。ただし、霞のせいか遠くは見えない。大山は相変わらず山頂だけ霞の上に突き出ているし、丹後の山々は全く見えない。
18030011803002

 ここからは緩やかな斜面を滑降。強い日差しに、往路よりは少し雪が緩んだ感じ。薄く積もった新雪がたまっている箇所を選んでターンすると気持ちいい。普段は緩やか過ぎて物足りない斜面だが、今日はかたくて板が走る。むしろスピードを出すのが怖い。緩やかでちょうどいい。ああ、坂ノ谷コースならこのままずっと緩斜面をいけるのに、とまたここで悔しく思う。
Img_0543Img_0544

 すぐにブナ林へ。板を外す。つぼ足で登った区間は、下りもつぼ足。雪が緩んだお蔭で、踵が食い込んでくれて助かった。
 スキー場のゲレンデ最高地点へ到着。だが、まだ油断はできない。上部は閉鎖されているカチコチの急斜面。特に、出だしは幅が狭く、横滑りで降りていくコース。度胸のあるすうさんは板を装着して滑り降りるが、自信のない私は板を背負ったままつぼ足で下る。日向はいいが、日陰では雪面にかかと落しを食らわしてもステップが切れない場面もあり、こわごわの下り。
Img_0545


 斜面が開けたところで板を装着。斜度があるので吹き溜まりで作業をするが、ブーツの底に雪がくっついて思うように行かない。情けないことに、すうさんに助けてもらってどうにか板を装着。
Clip2544mp4_000002882


 斜面が開けたといっても、相変わらず急で凍てた雪面。雨などででこぼこになっているので、さらに性質が悪い。私の後から軽アイゼンで降りてきた登山者は、途中で本格的なアイゼンへと交換して降りていった。
 まずは斜滑降で様子を見る。なかなか厳しい。ターンを試みるが転倒。次のターンでも転倒。滑落するような転倒をしないようにするだけで精一杯。でも、その後は斜度が緩んできて、吹き溜まりを狙ってターンをして、先に滑り降りていたすうさん側に降り立つ。
1803003


 そこからは、リフト中間駅から下の解放区間。ようやく安全地帯だ。お互いを動画撮影しながら滑る。その下のリフト沿いでは、アルペンスキーの大会が行われていて、一部コースが閉鎖されている。コース幅3分の2ほどが大会に使われ、一般に開放されているのは3分の1ほど。出だしこそなだらかだが急斜面区間もある。雪がすっかりざらめになっているのが幸いだった。そして、緩斜面になって今度こそもう安心。パトロールに帰還報告をして、振り返ればすっかり山の色が変わっている。朝は白かった山だが、木々の樹氷が落ちて今は黒っぽい。まあ、樹氷が楽しめたのが今日の一番の収穫だった。
 大屋ですうさんと別れ、北近畿豊岡自動道で帰ることにする。大屋川の谷から八木川の谷にレーンをチェンジし、八鹿氷ノ山I.C.手前で氷ノ山を振り返る。
Img_0551Img_0553

 早く下山して、明るいうちに家に帰れたので、少し自転車に乗る。
Img_0557


|

« 早春の京都北山京見峠・持越峠・雲ヶ畑(ラリーグランボア2018) | トップページ | 向春の道南 太平洋・噴火湾・津軽海峡沿岸を行く »

コメント

 ありがとうございました。とても楽しかったです。景色よく、風もなくストレスを感じませんでした。
 三ノ丸のような緩斜面は、ステップソールがいいと思うのです。靴も革靴ではないけどプラスティックよりもホールド感の緩いのが。そんな軽快装備で森の中を行きたいなと思っております。

投稿: すう | 2018/03/23 06:22

 動画には、板がよく走ったこの日と走らなかった2週間前の、それぞれ三ノ丸から滑ったシーンを収録しました。でも、快適に滑っているシーンを集めて編集しているので、その差はあまりわかりませんね。
 また、スキー登山を目的にしているのに、結局スキー場の整備されたゲレンデが滑りやすいわけで、そのシーンも長いですね。MTBでダートやシングルトラックを走りに行っても、舗装路に降りてくると快適に飛ばせるのと似ています。
 ステップソール付きの板は、後から掘ってもらったものを含め4台目ですが、今のが一番いいですね。歩きと滑りも快適ですし、今回初めて背負いましたが、軽さもいいです。自転車の軽量神話は信じていませんが、スキー板は軽いのがいいです。
 時期、あるいは雪質によりますが、氷ノ山、扇ノ山、大江山連峰、碇高原とよく訪れるフィールドはおおむねステップソール向きです。当方ももともとアルペンの山スキーから始めたわけですが、自分が訪れているフィールドはノルディック向きだなと思い、クロスカントリースキーからノルディックの世界に入りました。ステップソールとの付き合いも、もう10年以上です。また、ブーツは固い方が楽だと思っています。滑りはもちろんですが、歩きでも。雪面に凹凸があってもしっかり立てるので。

投稿: はいかい | 2018/03/23 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樹氷の氷ノ山2018:

« 早春の京都北山京見峠・持越峠・雲ヶ畑(ラリーグランボア2018) | トップページ | 向春の道南 太平洋・噴火湾・津軽海峡沿岸を行く »