« 雪解かしの雨 | トップページ | 樹氷の氷ノ山2018 »

2018/03/12

早春の京都北山京見峠・持越峠・雲ヶ畑(ラリーグランボア2018)

 京都市にあるオーダーメイドのランドナー専門自転車店「I's Bicycle」の走るイベント「ラリーグランボア」が3月の第2日曜日に開催されている。「もうすぐ春ですねえ、ちょっと走ってみませんか」というわけだ。2018年は第4回とのこと。ちなみにグランボア(GrandBois)とは、I's Bicycleの自転車やその関連商品のブランド名。また晩秋には、店名を冠した「アイズラリー」というイベントも開催されている。アイズラリーでは参加者が揃って集団走行するのに対し、ラリーグランボアはI's Bicycleのお店をスタート・ゴール、北山の持越峠をコントロールポイント(CP)として、緩やかな時間制限が決められ、推奨周回コースの地図が配られるものの、各々自由に走ればよい、というもの。
 丹後周辺では、日当たりの良い田んぼや幹線道路はとっくに雪はなくなっているのだが、自転車で走るのに適したクルマの少なく除雪が行われない道は3月に入ってからの高温と雨で日陰区間もようやく溶けたところ。ただしこれは平野部での話、標高100mを越える山間部の道の日当たりの悪い区間はまだまだ雪に閉ざされている。こういう時期に雪のない地域に出向くのは合理的である。さらに、CPの持越峠の麓の雲ヶ畑の里には懐かしい思い出がある。気になるのは天気だが、開催日の3月11日の日曜は週間予報で晴れ予報が出ていたものの、念のため期限ぎりぎりの9日金曜夕方発表の予報を見据えてから参加を申し込んだ。
 当日朝5時25分に自宅を出発。京都市右京区、仁和寺の近くにあるI's Bicycleに9時までに到着したい。これは、店の駐車場は狭くて当日にはとめられないので、周辺の駐車場にクルマを入れ、ツーリングの準備を整えた状態で自転車に乗り換えて店へ9時までに、というわけだ。周辺にはコインパーキングがいくつもあるようだが、当然安い方がよい。インターネットで調べてみると、収容台数が数台と少ないものが多いので、いくつか候補を用意してGPSレシーバに登録しておいた。
 送れないために京都縦貫道に乗るが、順調に進んでこのままでは早く着きすぎる。瑞穂か京丹波まで縦貫道で行こうと思っていたが、和知I.C.で降りる。国道27号線へ。
 京都市内まで縦貫道を使うと、市街地の走行が長くなってしまう。朝なので比較的道路は空いていると思われるが、通行料金を抑えたいし、追い越し車線が限られた区間にしかないので、飛ばしたがるクルマを背後に従えて走らねばらない。
 和知の道の駅でトイレ休憩をして、安いガソリンスタンドで給油。まだ7時前だが開店していた。
 京丹波の信号が多い国道27号線と9号線の合流点の手前で、府道445号線へ。胡麻駅からJR山陰本線に沿って府道50号線で日吉ダム。そして国道477号線、府道362、363号線を経由し、京北で国道162号線へ。また10年以上前に何度も通ったルートだし、昨年晩秋に自転車で走った栗尾峠越えの周回コースと一部重複している。長い空白期間もあってクルマで走るのと自転車で走るのとでは同じところを走っているということが分かりにくかったのだが、また今日クルマで走ってみて記憶が結びついた。今朝の北近畿での予想最低気温は氷点下1度。これは平野部での値であるから、標高が高い丹波高地ではもっと低いわけで、少し路面凍結もあった。ピンポイントなのでクルマがスピンするほどではないが、少し滑る。
 国道162号線に乗ったらすぐに笠峠。今では京北も京都市なのだが、笠峠を抜けて京都市に入るというイメージが残っている。
 清滝川に沿った道はセンターラインこそ引かれているものの道は狭く屈曲が多い。好天に恵まれた休日とあってかクルマの通行が多く、カーブの曲がり方がへたくそというか、横着というか、とにかくセンターラインを当たり前のように越えて内回りする関西人の運転。東日本に行くとこういうことはない。
 高雄を越えると京都盆地の中へ、そして徐々に市街地へと入っていく。
 宇多野で道路脇のコインパーキングに「昼間最大500円」とかかれていたような気がしたので、通り過ぎてしまったのをいったん引き返して確認。事前に調べていた駐車場は600円だったから100円安い。ここは500円で間違いなかったが、この駐車場での昼間とは午前8時以降。ただいま7時50分。今駐車場に入れると夜間料金が余分にかかってしまう。というわけで、国道からわき道に入ったところにクルマを止め、自転車を下ろして準備を整える。そうするうちに8時を過ぎたのでクルマを駐車場に入れる。ここは3台分のみの小さなパーキングで、すでに1台入庫していて、2台分空きがあった。交通量の多い国道162号線に面しているので、車上荒らしの心配はあまりしなくていいだろう。
Img_0358


 さらに準備を整えて、自転車に跨りI's Bicycleへ向かう。複雑な路地を含めて六差路の福王子交差点で国道を左折、仁和寺の前の仮設トイレに立ち寄る。トイレを出ると、目の前をニッカボッカースタイルでランドナーに乗ったサイクリストが通り過ぎていった。おそらく、ラリーグランボアの参加者だろう。かくいう私は、7分丈のズボンにニッカーホースを合わせた疑似ニッカボッカースタイル。自転車は当然ランドナーだが、フラットハンドルのVIGOREではなく、ドロップハンドルのもう一台のVIGORE。一昨年11月のツイードピクニックで琵琶湖畔の長浜を走って以来1年4ヶ月ぶりの出番だ。ただし、調整のため1週間ほど前から2度ほど走ってみた。
Img_0300


 仁和寺からI's Bicycleまではすぐ。先ほどのサイクリストに次ぎ2番乗りのようだ。店内で受け付けをしてコースマップを受け取る。名簿で見ると参加者は40人弱で、私は最後から2番目の申し込みだったようだ。
 スタート可能な9時までまだ少し時間があるので、店の前で待機していると次々と参加者がやってくる。受け付けは10時までなのでこれからどんどん集まってくるようだ。ほとんどがランドナー、半分以上がニッカボッカー。ちなみに、車種や服装に制限はない。
 9時を過ぎ出発する人が出てきた。仲間同士での参加者たちだ。しばらくするとスタッフさんの一人が出発するというので、同行する。私以外に、個人での参加者がさらに2名。計4名でスタート。
 受付時にもらったマップには推奨コースが描かれている。そのコースは、過去の参加者によってインターネット上に掲載されているコースデータと同じものだった。インターネット上のデータはトラックデータに起こしてGPSレシーバにインストール済み。インターネットに上がっていたいくつかの記録には、反時計回り、つまり鴨川沿いをさかのぼり、CPの持越峠を越えた後、さらに京見峠を越えてI's Bicycleに戻る周回ばかりだったが、スタッフさんは時計回りで行くようだ。CPさえ通れば、どちら周りでも、あるいはピストンでも、さらにはどこを通ってもいいのだ。CPでは9時半から11時半まで「Cafe de GrandBois」が開店しホットコーヒーとケーキがいただける。
Img_0303


 仁和寺の東の細い坂道を登って原谷へ。ウォーキングをする人が結構いる。また、クルマやバイクが時折通る。原谷には、立命館大学のグラウンドがあり、学生のバイクも見受けられる。細いヘアピンカーブで対向車があっても、我先にと突っ込んでいく必死な姿勢は関西人、そして京都人らしい。
Img_0304


 何度も休憩をとりながら坂を上り、集落の中の「原谷中央公園」の前でまた休憩。日差しが心地いい。グラウンドを過ぎたせいかクルマやバイクも少なく、静かな時間を過ごす。
Img_0305Img_0306

 そのあと少し下って、鷹峯へ。目の前にコンクリート舗装の激坂が現れた。千束坂(せんぞくさか)だ。前出の記録では下りでも押して通過する人が多いと書かれていた。標識によれば最大21パーセント。小樽の「励ましの坂」の24パーセントに迫る勾配だ。若いスタッフさんはギアを落として登っていくが、私以外の参加者2名は押して登っている。私はもちろんインナーローにシフトダウンし、乗車で挑む。中盤までは行けた。しかし登っていくほどに勾配が増していく。頂上が見えてきた。左カーブ。内側はきつい。外側に行く。蛇行すれば登れそうだ。しかしクルマの音が迫る。ということであと少しのところで足をついた。ロー34Tのスプロケットなら登れたはず。このランドナーではリアディレイラーのキャパシティでは34Tは装着できない。滑り止めの凹凸があるのもきつい。この凹凸は下りでも曲者だそうだ。
 そして京見峠への登り。かつてはずっと狭い道だったが、中腹は新しい道になり、十分な路肩をのんびり行く。勾配も比較的緩やかだ。ここでも何度も休憩をとる。ロードレーサーが何台も追い越していく。クルマやバイクはたまに通るが、原谷への登りよりも少ない。
Img_0308


 新しい道は終わり、細い道となる。峠の茶屋が見えてきた。その先が峠だ。この茶屋のあたりから京都盆地が見下ろせるはずだったのだが、木が伸びて展望がない。京見峠なのに。
 標高410mの峠で休憩。時刻は10時50分。CPの開設されている時間を確認。11時までじゃなくて、11時半までで間違いないよね。
Img_0313


 峠の北側は細い道。そこを結構な台数のクルマが行き交う。この先にある「山の家はせがわ」というレストランに人気があるようだ。ちょうどお昼時に差し掛かってきたのでクルマが増えてきたようだ。それに、標高のせいもあり冬場は積雪や路面凍結の心配がある。ようやくそうした心配から解放されて安心して訪れることができるようになった時期も重なっている、とスタッフさんは言う。
 そのはせがはの駐車場は混雑。どんどんクルマが入っている。事前に読んだラリーグランボアの記録ではもれなくここで食べたハンバーグの写真が掲載されていた。反時計回りで走る参加者の多くはここによるようだ。
Img_0315Img_0316

 ずっと走ってきた府道31号線から、府道107号線へと分岐する。持越峠への登りだ。クルマの通行が一気に減る。登り返しは100m余り。峠の標高は389mと京見峠よりは低い。それでも峠の手前は、比較的急勾配で息が弾む。11時半ぎりぎりにCPに到着。たくさんのランドナーが並んでいて壮観だ。
 ほとんどの自転車にはスタンドがついていないので、切通の法面に立てかけられている。私が所有するすべての自転車にはスタンドが付けてある。風景の中に自転車を映しこんで撮影するには、スタンドがないと不便である。今日のランドナーには二本足のセンタースタンドを付けているので、クルマに載せたり降ろしたりするときの前後輪の着脱のときにも重宝する。泥よけがついているので、フロントフォークで立たせることができない不便さを補ってくれる。こうした場面で自転車をひっくり返す人がいるが、これはあまり合理的ではない。サイクルコンピュータなどハンドルにつけた機器あるいはその台座を損傷したり汚したりすることになるし、何よりホイールの軸を収めるのに、フレームの重みを利用してスコンと入れる方が楽なのだ。
Img_0320Img_0321Img_0322


 まあそういうわけで、CPのブース付近の法面はすでに満車だが、私の自転車は法面に関係なくCPの近くに止める。もしかすると、変わったことをする奴だ、と思われているのかもしれないが、気にしない気にしない。ロードレーサーから見れば、きっと泥よけだって同じようなこと。私にとっては、泥除けもスタンドもツーリングには必要な装備なのだ。
 コースマップに到着証明のスタンプを押してもらい、暖かいコーヒーとケーキを頂く。要項には11時半までと書かれていたが、その時刻を過ぎて到着する参加者もいる。もちろん、CPが閉鎖されることもなく、何度も湯を沸かしてコーヒーがドリップされている。
 私以外にVIGOREが2台。VIGOREとは今は京都市内の岩倉に店を構える自転車店。フレームビルダーである店主は現在三代目で、ランドナーを作っていたのは先代まで。また、VIGOREで自転車を組んで販売するだけでなく、別の自転車店へのフレームの卸売りもかつてはやっていて、私の2台のVIGOREはともに、京都御所に近い「キヨセ」という店で組まれたものだ。
 峠ではそれぞれのVIGOREオーナーに話を聞いた。一人は、38年前にVIGOREで買ったものとのこと。最近レストアしたが、パーツ構成も含め、伝統的なスタイルを維持している。もう一人は、私と同じくキヨセで購入とのこと。ただし30年近く前に買ったそうだ。私の2台はいずれも友人からの譲渡だが、元々は1993年とその1,2年あとにそれぞれキヨセで購入されたものだから、時期も近いようだ。パーツ構成も似ているように見える。そのオーナーさんは、キヨセの店主とずっと親しくされているようで、一緒に走りに出かけているとのこと。一昨年の晩秋にキヨセを訪れたときに、静岡県の大井川流域を走ったと店主から聞いていたのだが、それにも同行していたそうだ。
 12時過ぎに、その場にいる参加者とスタッフ30名ほどで記念撮影。12時半ごろCPを撤収するスタッフに挨拶して、我々もスタート。肌寒いので、登りでいったん脱いだ中間着を着て手袋も指先まで覆われたフリースのものに交換。雲ヶ畑への下りはかなりの急坂。スピードを出すとカーブで飛び出しそうだ。
Img_0332Img_0338

 雲ヶ畑は静かな山里。ここには22年前に来たことがある。京都市北区に実家がある友人の青波ゴン太くんと一緒に自転車で来た。青波ゴン太くんは通勤などに使う変速のないシティサイクルで、自転車乗りの私に合わせてくれた。あの時は雲ヶ畑の集落からさらに標高差150m程高い岩屋山志明院まで登った。11月の末でちらちらと雪が降ってきたことを覚えている。
Img_0344Img_0347Img_0350


 本日は、志明院にはいかず、鴨川の流れに沿って一気に下っていく。22年前のあの日も寒かった。今日の方がまだ暖かいか。2日前までのまとまった雨のせいか、山水があふれて路面が濡れているところが何か所もある。でも、泥除けのおかげで自分にも後続車にも水撥ねをかける心配は御無用。減速せずに進んでいける。
 下りは早い、上賀茂神社のあたりまで下るとクルマが増えてくる。山間部の谷あいから、京都盆地へと入ったので春の日差しを受けてポカポカ。それに勾配もなくなり自転車をこがなければならないので体が温まってきた。
 でもやっぱりまだ春爛漫という雰囲気ではない。まだ花も葉もない裸の街路樹が春の浅さを示している。
 やがて市街地の走行となる。金閣寺の前では、和服姿の女性もみられる。何かお祝い事かと思うがただの観光客だそうだ。
 そのあとはスタッフさんの案内で迷路のような路地を行く。クルマは少ないが、見通しの悪い交差点では、自転車同士の出会いがしらの衝突に注意が必要。もちろんたまに通るクルマや歩行者にも注意だ。
Img_0351Img_0353

 最後は、立命館大学の校舎のすぐそばを通って、14時ごろにI's Bicycleに帰着。我々がCPを出たのが最後だったのに、まだ半分以上の参加者が戻っていないようだ。くじ引きで記念品にグランボアオリジナルチューブを頂いた。参加費の500円をはるかに上回る景品だ。
 14時半過ぎに皆さんとお別れ。クルマを止めたコインパーキングへ。自転車を積み込んでいると、自転車が前を通っていく。本日の参加者たちだ。ここを通るということは、我々とは逆の反時計回りだが、京見峠を経由せず高雄を通ってきたということか。そちらも御経坂峠はあるが、京見峠よりは低い。それを見越してのコース選択かどうかは、聞いたわけでないからわからない。沢の池に寄り道していたことが後でわかった。
 さて、クルマに乗り換え、15時15分、帰路に就く。帰りは時間に余裕があるので、京都縦貫道を使う必要はない。途中福知山でラーメンを食べて、19時10分に帰宅。
 シーズンの到来を喜ぶツーリングイベント。やや肌寒い場面もあったが、衣類で調整できる範囲。雨の心配はなく、天気に恵まれたと言える。I's Bicycle主催のツーリングに参加するのは2度目で、それぞれ別のVIGOREランドナーで走った。次は山口べニックスで、つまり毎回違うランドナーで参加するのもいいのかもしれない。

|

« 雪解かしの雨 | トップページ | 樹氷の氷ノ山2018 »

コメント

 小さい頃は地図を見ては知らないところへ行くのが好きだったので、雲ケ畑には小2ころ、持越峠は小4ころに通ったと思います。その頃は、持越峠に車道はなく、登山道を自転車で押して登ったのです。懐かしい。雲ケ畑の水田は作られなくなって数年(十数年?)がたち、寂しい草はら姿になっています。時の経過を感じます。
 千束の坂は子供の時に通っただけなので詳しくは覚えていませんが、下る時に前の車が突然見えなくなって、ジェットコースターのように思えて怖かった。
 一番記憶がないのが原谷で、地道を歩いて、田んぼと農家しかなかったと思います。45年くらい前の話です。今は家ばっかりなんでしょう。
 小さい頃は、行動範囲も狭いし、知らないことだらけで冒険の材料には困らなかった。楽しかったんだろうなあ、その頃は。

投稿: すう | 2018/03/21 12:43

 火野正平の「こころ旅」の主題歌の歌詞に「小さな頃は毎日が不思議の世界で」(作詞:池田綾子)とありますが、その通りですね。また、映画「となりのトトロ」で妹のメイが同じところを通っているはずなのに、トトロの木にたどり着けたり着けなかったり。トトロには出会えないにしても、子どもの頃にはこんな不思議なことがよくありました。方向感覚や記憶力が未発達だった、と言ってしまえばそれまでですが。
 すうさんは子どもの頃から活動的だったんですね。それに比べて当方は、小中学校時代はTVアニメと読書が好きな完全なインドア少年でした。親に連れられて出かけることは好きでしたが、自分で出かけることはほとんどありませんでした。高校で初めて自転車通学となり、隣の町(今は合併)の学校まで6kmの道のりを通いましたが、1年の初めごろは家から遠くて不安でした。
 そして、高校三年の9月の秋分の日に通学用自転車で丹後半島一周するわけですが、これがすべての始まりです。「はいかい」が誕生したわけです。それだけ、印象的だったというわけです。人生が変わりましたね。

投稿: はいかい | 2018/03/23 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早春の京都北山京見峠・持越峠・雲ヶ畑(ラリーグランボア2018):

« 雪解かしの雨 | トップページ | 樹氷の氷ノ山2018 »