« 台湾弾丸紀行1旅立ち | トップページ | 台湾弾丸紀行2川沿い自転車道で碧海吊橋へ »

2018/02/13

とうとう90cm

 2月に入り寒波の波状攻撃、大雪警報の乱れ打ちとなっている。
 13日朝、昨夜から新たに30cm程積もっていた。玄関先で60cm。風の影響を受けにくいところでは、なんと90cmに達していた。
Dscn2148Dscn2165

 昨年の2月11日にも70cmとほぼ同等の積雪量である。ただし、昨年はほぼ一晩で一気に積もったので、その日の朝はどこから除雪に手を付けていいやら困惑した。今年は、一晩に30~40cmの積雪が繰り返されてのことなので、一日一日の除雪作業は驚くほど多いということはない。でも毎日続けば雪の捨て場所がなく、うず高く積み上げられていくばかり。
Dscn2161Dscn2159Dscn2160


 また、風を受けやすい屋根の上の積雪はさほどではなく、扉の開閉が重くなるということはない。2011、2012、2017年には、屋根に上らなくても手(スコップ)の届く範囲で、屋根の雪を下したが、今年はそうするほどではない。
 12日も、一日雪が降り続いたが積もるよりもとける方が勝っていて、また新雪はかさが減り、夜にはぐっとボリュームダウンしていた。
 冬の間中、田んぼが雪に覆われているのは、30年ぶりといったところか。

|

« 台湾弾丸紀行1旅立ち | トップページ | 台湾弾丸紀行2川沿い自転車道で碧海吊橋へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42369/66391042

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう90cm:

« 台湾弾丸紀行1旅立ち | トップページ | 台湾弾丸紀行2川沿い自転車道で碧海吊橋へ »