« 台湾弾丸紀行3淡水から陽明山を越えて士林へ | トップページ | 台湾弾丸紀行5データ編そして動画 »

2018/02/16

台湾弾丸紀行4雪国へ帰国

 今朝とは別のコースを歩いて台湾駅へ。麺類の店先屋台に立ち寄る。
Dscn2106Dscn2105Dscn2107


 今夜も麺類のはしご。牛肉麺と炒青菜と小籠包のセット。
Dscn2111Dscn2114

 キャリーバッグと靴を買い、汚れたザックと濡れた靴をキャリーバッグに収める。
Dscn2119Dscn2134Dscn2120


 お土産は「日月潭」というお菓子を見つけた。
Dscn2277


 
 関空に降り立つと風が冷たい。泉佐野や岸和田、大阪市内までうっすら雪化粧。
Dscn2122Dscn2125

 大雪警報の丹後へ。家の周りの多いところで積雪90cm。除雪に1時間半。
Dscn2143


※詳細レポートはこちら

|

« 台湾弾丸紀行3淡水から陽明山を越えて士林へ | トップページ | 台湾弾丸紀行5データ編そして動画 »

コメント

 なんと、台湾旅行をされてたとは!それもレンタサイクル。
 高級自転車の大部分が台湾製だから自転車王国かと思いきやスクーター王国だったりしますね、台湾は。
 地名あんまりわからないけど、台北の近くを旅行されたのかな?現地の人は冬は台湾北部は雨が多いと言っていました。南部は晴れが多いと。
 そんな行動力がボクにもほしい。
 

投稿: すう | 2018/02/18 18:27

 海外旅行は10年ぶり。パスポートを一から申請しなおしました。それと言うのも、言葉の壁と自転車を持ち運ぶ大変さ。でも、台湾ならば「日本語がかなり通じて漢字で書かれている」「スポーツサイクルが借りられる」ということを知り、すこし、いや、かなり、ハードルが下がりました。残念ながら日本語はほとんど通じませんでしたが、漢字はそれなりにわかりました。韓国のハングルとは大違いです。また、自転車を持っていかないということはとても楽で、特に短期決戦では借りるのがいいですね。
 なんだか台湾の事情をよくご存じですね。一般の車道にも自転車レーンが整備されているということも聞いていたのですが、実際には見かけませんでした。気づかなかっただけかな。自転車は川沿いの自転車道に隔離されていて、そこから一般の車道への出入りできる箇所がかなり限られていました。
 台湾は九州ほどの大きさの島ですが、中央の山地には富士山よりも高い山が連なり、島の北と南では気象条件が異なります。北寄りの風が吹く冬の時期は、やはり日本の日本海側と太平洋側のような天気傾向となるようです。台風の心配をしなくていいのが冬のいいところです。
 当方が帰国した後、台北に貴重な晴れの日が続き、なんと最高気温が27度と夏日もあったようです。
 データ編には地図と動画を掲載しました。

投稿: はいかい | 2018/02/21 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42369/66401376

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾弾丸紀行4雪国へ帰国:

« 台湾弾丸紀行3淡水から陽明山を越えて士林へ | トップページ | 台湾弾丸紀行5データ編そして動画 »