« アバランチナイトin大阪 | トップページ | 篠山盆地から曽地奥・永沢寺・母子周回、と走り納め・走り初め »

2017/12/31

2017年バイクライフ総決算(今年は雨が多くてダウン)

 清水寺で発表される今年の漢字は「北」だったが、個人的には「雨」。大雪の冬、すっきりと晴れる日が少ない春から初夏、そして天候不順の夏、台風の波状攻撃の秋、寒波が続き速い積雪の晩秋から初冬。初夏に走りたい丹後半島一周は10月に、9月から狙っていた東信濃への遠征もラストチャンスの11月にようやく決行。夏に計画していた北海道ツーリングはお流れに。延期や中止をしているが、本当は行きたくて仕方ないのである。でもやっぱり天気はどうすることもできない。待つしかないのである。
 乗車日数は180日、走行距離は2517km。最高を記録した昨年と比べ、それぞれ40日、1080kmダウン。月ごとに見ても、300kmを越えたのは、10月の341kmと11月の304kmのみ。丹後半島一周と東信濃遠征の月だ。ちなみに、昨年はオフシーズンのはずの1月に300km以上走っていた。

 次に車種別。
 1位は、山口ベニックスのランドナー、831km。2014年以来の返り咲き。クルマ等で輸送することがなく、すべて自宅がスタート、ゴール。休日の軽い一走りを積み重ねた結果。
Dscn9961Dscn0711

 2位は、VIGOREオリジナルランドナーフラットハンドル仕様、701km。V3ならず。ツーリングのメインバイクだが、要すするにツーリングの機会がこれだけ減ったということである。
Dscn0048Dscn0612

 3位は、折り畳み小径車で約506km。かつては1300km/年走ったこともあるが、今年はこの自転車での最短記録更新である。小さいので乗客の多い都会での輪行に有利。京都市の桂川・淀川沿いを走った。また今年は、走りの負担になっていたノーパンクタイヤから空気タイヤに戻し、その後走行距離が伸びた。また、折畳部分のヒンジが損傷し、手に入りにくいパーツをどうにか入手して復活した。
P1190602P1150382

 4位は、MTBのTrek6500で、約255km。ブロックタイヤ装着の走行は皆無で、スリックタイヤでオンロードツーリングを行った。
Dscn2879Dscn0694

 5位は、クロスバイクで約224km。折り畳み小径車ほどではないが、ノーパンクタイヤによる走りの重さで低迷。
Dscn9973


 もう一台のVigoreオリジナルランドナー(ドロップハンドル仕様)と大学時代から乗り続けているランドナー「ブリジストンユーラシアツーリング」は今年出番なく0km。
 番外として、スーパーカブは約4000km。舞鶴での勤務がやや多かったので昨年より500kmほど距離を伸ばした。
P1220050


|

« アバランチナイトin大阪 | トップページ | 篠山盆地から曽地奥・永沢寺・母子周回、と走り納め・走り初め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年バイクライフ総決算(今年は雨が多くてダウン):

« アバランチナイトin大阪 | トップページ | 篠山盆地から曽地奥・永沢寺・母子周回、と走り納め・走り初め »