« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017/11/26

栗尾峠の展望と桂川の流れ

 今は京都市右京区の一部となった旧京北町の南部、桂川右岸の中地(ちゅうじ)のロードパークからスリックタイヤ装着のMTBで国道477号線を南下。桂川の支流、細野川に沿った道は細く、曲がりくねり、スギ林の中の薄暗い道。たまに通るクルマは、真昼間でもヘッドライトを付けている。つい先ほどここをクルマで走ってきたときに、対向車のヘッドライトが直接またはカーブミラー越しに見えたら離合するタイミングと場所を探る、というのがこの道のスムーズな通過の仕方であることを学習した。だから、明るいLEDヘッドライトと赤いテールランプを点滅させ、対向車および後続車に存在をアピールしながら走っている。
Dscn0314Dscn0317

 綾部から国道27号線で由良川をさかのぼり、JR山陰線胡麻駅付近でさりげなく中央分水界を越え、桂川流域へ。日吉ダムから桂川をさかのぼって中地へ到着するはずだったが、久しぶりにこのあたりに来たので道を間違え南丹市八木町神吉の集落まで来てしまい、細く暗い道をクルマで走ることになってしまった。おかげでコースの下見ができて、ヘッドライトを付けて安全に自転車で走ることができている。
 出発準備中にかすかな小雨がぱらついたが、林間では木々がさえぎってくれる。あるいはもう降っていないのか。丹後では朝、みぞれが降っていた。今も時雨ているんだろうなあ。
 南丹市八木町に入り、登り勾配が増す。左下を流れる細野川の谷は深まり、紅や黄色に色づいた木に目を奪われながらペダルを回す。
Dscn0318Dscn0320Dscn0321


 細野川の支流に出くわすが、橋はかかっておらず国道477号線はその支流に沿ってスギ林の斜面を登っていく。支流がほとんど水量のない沢になるころ対岸を上ってきた府道363号線が合わさる。神吉集落へ越える峠はすぐそこ。
 峠には向かわず、府道363号線を下り、細野川沿いに戻る。そして再び京都市右京区、旧京北町へ。国道よりやや道幅が広がった府道を行く。谷も少し開けて、少し高い位置の山肌に傾いた西日が当たり、紅葉が映える。
Dscn0324Dscn0327

 とうとう谷が開け、田んぼや集落にたどり着いた。まずは長野の集落。
Dscn0328Dscn0329Dscn0332


 再び谷あいの道となり、下集落でようやく閉塞的な区間を抜けた。立派な茅葺の民家が目立つ。
Dscn0333Dscn0334Dscn0336


 下の次は中そして上という名の集落が続く。どうやらそれらは小字のようで、大字は細野というらしい。少し街の雰囲気となり、瓦葺の木造民家が並ぶ。ほとんどの家に渡り廊下で母屋とつながった小さな別棟のような風呂場がついている。焚口は外についていて、母屋の軒下には薪が積んである。さすが、北山杉の本場である。
Dscn0337Dscn0343

 上集落の入り口で、左の分岐へ。「これより1.3km先、自転車、歩行者専用道路につき車両は通行できません」という案内板が立っている。「自転車も車両なんだけどなあ」と心の中でつっこみながら、その看板の横を過ぎる。この道は、国道162号線の旧道、栗尾峠を越える。
 栗尾峠はクルマで何度か越えたことがある。初めて越えたのは26年前の5月のことだった。日曜の遅い午後で、行楽帰りで京都市内へ向かうクルマで混雑、渋滞していた。峠付近には「栗尾峠の展望」と書かれた看板のようなものが立っていたが、クルマを止めてじっくり景色を眺められるような状況ではなかった。その後、渋滞するほどの混雑しているときには通っていないが、そこそこクルマが通り、安全に邪魔にならずにクルマを止める場所もなく、その展望を堪能することはできていなかった。状況が変わったのは、2013年12月。栗尾バイパス(京北トンネル)開通と同時に、栗尾峠が自転車・歩行者専用道路になった。これは朗報だ。でももう4年も前の話。10年以上遠ざかっていたので全然知らなかった。先日地図を見てたまたま気づいた。自転車・歩行者専用道路となったらならば、走らないわけにはいかないのである。
Dscn0344Dscn0345

 緩やかな登りを進むと車止めがあった。でも自動車が通れる隙間が開いていている。と思ったらその先にもう一つきっちりとした車止め。淀川河川敷の自転車道にあるような、乗車で通過できないタイトなゲートがある。自動二輪も通しませんよ、というやつだ。
Dscn0347Dscn0351

 車止めを越えるとすぐに峠に到着。大きな谷が開け、そして大展望。峠付近の植林が伐採され目隠しが何もない。路肩に立つポールに「右京区京北周山」という看板がついているが、何か物足りない。おそらくそのポールのてっぺんには国道162号線を示す、丸みを帯びた逆三角形の標識、通称「おにぎり」がついていたのだろう。
Dscn0355Dscn0361Dscn0367


 峠を少し下ると、遥か下方に桂川の蛇行や京北の中心街、周山が見えてきた。あそこまで下るのだ。
 そしてあったあった。「栗尾峠の展望」と書かれた標柱。「京北十景、北桑十景」とも書かれていた。26年。積年の思いが晴れた。
 Dscn0370Dscn0377Dscn0378


夕焼けが赤い。さあ、周山へ下ろう。かつてのセンターラインは消され、新たに6対4くらいに道を分ける白線が引かれている。自転車と歩行者の区分を分けているのだ。都市部の車歩道の感覚をこの峠道に当てはめているのだろうか。
Dscn0380Dscn0382Dscn0386


 トンネルが口を開ける山肌を急降下し、栗尾バイパスに合流。トンネルから吐き出されたクルマが間断なく通るが、ほんの少しの辛抱。周山の街の入り口で桂川を渡る。後は桂川本流を左に見ながら走るクルマの少ない静かな道だ。魚ヶ渕辺りの桂川は青く澄んでいる。河川敷にはイベント用のテント畳んで置かれている。夏には水泳場になりそうな雰囲気だ。
Dscn0391Dscn0392

 柏原で国道477号線と合流。道が広くなり、桂川の谷も広がる。日没をとうに過ぎ、暗くなってきた。中地までもうすぐ。
Dscn0395


 今回は、反時計回りの周回。過去に何度もトイレを利用していた中地のロードパークがクルマのデポ地としては最適。閉塞的な区間を先に済ませてしまおうということで、この向きの周回としたのだが、大正解だった。前半の細野川も後半の桂川も道の左側となり、川を見ながら走れた。何より、栗尾峠も今回の南から北へ越えるのがよい。峠で一気に展望が開ける感動パターンだった。
 丹後に帰ればやはり時雨模様。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/19

東信濃遠征「パスハンティングの秋、ランドナーの秋」(8・終:振り返り・data)

■旅の振り返り
 まずは、春日渓谷の林道鹿曲線について。ネット検索してみると、佐久市の公式サイトに通行止めの知らせがあった。--------(引用始)---------
林道鹿曲川線通行止のご案内
更新日:2015年2月2日
林道鹿曲川線は、法面の崩落や落石等のため、通行止といたします。
通行止の区間については位置図をご覧ください。
通行止期間
平成21年10月19日(月曜)~
なお、大河原峠へは林道唐沢線及び、大河原線(蓼科スカイライン)をご利用ください。
--------(引用終)---------
 また、画像を貼り付けただけのページが引っかかった。
2008_0922_n01
2008_0922_n02


 サーバのURLから春日温泉の国民宿舎「もちづき荘」のものだ。同じく鹿曲線の通行止めを知らせるものだが、日付の記載がない。ただし、ファイル名「2008_0922.html」から判断して、2008年9月のものだろう。両者の間に1年余のタイムラグがあるし、小諸ユースホステルできいた話とも数年の食い違いがある。
 が、だんだん様子がわかってきたような気がする。要するに、何度も何度も通行止めとなっていたのだろう。損傷と復旧のいたちごっこの末、2009年秋の被害による通行止めが解除されていない、ということではなかろうか。
 ところで、少し前の地図を見ると、林道鹿曲線は「鹿曲有料道路」と記されている。例えば、昭文社ツーリングマップル中部の1999年版など。なんと、有料道路でしかも夏場には路線バスも運行されていたというのだ。
 考えてみれば、20年くらい前にはビーナスラインや志賀草津道路など有料道路がたくさんあった。そして有料の林道もあった。ちなみに大河原峠から女神湖への道(現在の蓼科スカイラインの一部)も、上記地図には「夢ノ平林道林道」とされる有料林道だし、志賀高原の焼額山あたりの奥志賀林道も有料だった。道路法規上、設置基準が緩く、ようするに手軽に有料道路をつくりやすい、ということのようだ。
 また、私が下りに利用した「林道唐沢線(というそうだ)」や臼田からの道が、大河原峠や別荘地「仙境都市」と接続し(蓼科スカイライン)、鹿曲線の需要が減ったことも、鹿曲線の無料化、荒廃とそれぞれ相関がありそうだ。
 そして、情報源は後述するが、「望月町が佐久市と合併してから道が荒れていった」と感じている住民もいるとのこと。ちなみに合併は2005年。損傷と復旧を繰り返している時期ということでつじつまが合う。ただし、合併との因果関係は不明。沢の多い厳しい環境に簡素な道路を作ったため、早くも寿命が来てしまったということも考えられる。
 さて、今度は林道鹿曲線の通行記録について。普通の道としての通行記録は、2008年以前のもの。
 お目当ての通行止めの道を自己責任で挑んだ記録もいくつか見つかった。当然、四輪車では無理。自動二輪では、複数なら力を合わせて倒木を乗り越えることもできるが、それもまだ被害が少ないうちのこと(2012年11月3日)。
 やはり、こういう道では担ぎの使える自転車が強い、ということになる。というわけで、自転車での記録は2014年8月5日のもの2015年4月25日のものの2件が見つかった。
 前者は、途中で撤退。仙境都市まで2kmの地点で諦めていた。そこに到達している時点で、かなり粘り強い人だろう。おしいなぁ。地元のサイクリストで仙境都市が廃墟のようになっていることを知っていたせいか、その先の道路状況も不安になったようだ。その人はロードレーサー乗り。荒れた区間は押しまたは担ぎなので、自転車よりも靴の歩きにくさに苦心したとのこと。ただしそれは撤退して下る道でも同様のこと。でも、あと少し我慢して進んでいれば、その後ずっと乗車で行けたのに。
 その点私は、同じような地点で心が折れそうになったが、仙境都市まで行けば大河原峠まで乗車できる可能性が高い、と読んだ。仙境都市の事情をよく知らなかったということもあるが、そこまで行けば尾根筋に出るため土石流や土砂崩れのリスクは少ない。それに、他からの道も通じているのである。つまり路線が変わるのだ。言い換えれば、他の路線があるから鹿曲線が見捨てられている、と考えた。路線変われば状況変わる。行くか戻るかの決断は、それを見極めてからでも遅くない、という判断だ。おかげで大河原峠の大展望や蓼科スカイラインや唐沢線の快適なダウンヒルを楽しむことができた(自画自賛ですよ)。
 撤退の判断は自分自身の気力体力と相談して決めること。他人がとやかく言うことではない。ちなみに「佐久市との合併以降~」の情報は、この記録の中に書かれていた渓流釣りの人からの聞き取り。
 そして、後者、自転車で通り抜けた記録の主は、「廃道を行く」シリーズなどの著者。Webサイト名と同じ「山さいがねが」という著書もある。つまりは専門家、そしてそうした記録を本にして稼ぎを得ている(黒字かどうかは不明だが)プロフェッショナル。廃道に近い通行止めと分かった上で探索に乗り込み、鹿曲線の上部や大河原峠は残雪を乗り越えての踏破の記録である。さらに、鹿曲線および仙境都市の開発、荒廃などの調査、分析も読み応えがある。
 「山さいがねが」の記録によると、私が心が折れそうになった仙境都市の手前2km付近の道路横切る沢は、「洗越し」と呼ばれるものだった。橋をかけずに、路面に水を流すものである。林道ではごくたまに見かけるし、例えば福島県の奥只見湖付近の国道352号線でも出会ったことがある。「山さいがねが」の主は乗車で足を濡らさずに超えたとのこと。その2年半後、流木や落石などの障害物が散乱し乗車で超えることはできず、他の方法を考える必要があった。
P1010721R352okutadami

 ちなみに、上の写真左が兵庫県の播磨地方(姫路の近く)、新宮町の「善定二柏野林道」。土管を埋めてあり普段はそれで排水しているが、増水時は洗越しとなるもの。右は、福島県奥只見湖畔の国道352号線。何か所もあった。私が、(クルマで)通ったのは2002年のことで、写真が見つからずGoogleストリートビューから。
 大河原峠は結果オーライだったが、翌々日の信州峠・木賊峠は事前準備万端。いずれのコースも予定通りの行程を予定通りかそれ以上の満足度でこなすことができた。天気については、チャンスを待ったかいがあったというもの。浅麓堂が留守だったのは残念だが、旅の目的の中では優先順位の低いもの。それに浅麓堂で時間を過ごしていたら、女神湖への到着が遅れ、雨が降り出しスズラン峠への自転車散歩を断念することになっただろう。どちらかの二者択一だったということだ。

■データ編
◎自転車走行
 1日目 大河原峠     36.5km
 2日目 スズラン峠    13.4km
 3日目 信州峠・木賊峠  67.9km
  計          117.8km
◎自動車走行
 全行程         1213 km
◎費用
 高速道路通行料      8440円
 ガソリン代        6546円
 鉄道運賃         1140円
 宿泊料          6764円
 飲食費          8058円
 土産代          990円
  計          31938円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/16

東信濃遠征「パスハンティングの秋、ランドナーの秋」2017(7:輪行・帰路)

■中央本線・小海線輪行と帰路
 15時48分の長野行きにゆうゆう間に合う。これを逃すと次は18時過ぎだ。もちろんその間に中央本線の列車名何本もあるが、その咲き乗り換える小海線の本数が少ないのだ。ランドナーを輪行袋に納めるのは1年ぶりなので15分もかかってしまったが、それでもホームでゆっくり過ごせる。持ってきた本を読む。
Dscn0651


 列車到着間際に、高齢の男性に話しかけられる。
 「この自転車って競技用?」「いいえ」「ツーリング用ね。タイヤ細いの?」「いいえ」「じゃあ太いの?」「いえ、普通の太さですよ」
 おそらくロードレーサー、クロスバイク、MTBのイメージしかないのだろう。ランドナーと言ってもわからないだろうし、言葉で特徴を説明しても先入観や固定観念をなかなか拭い去ることはできない。実際に輪行袋を解いて見せるのが一番手っ取り早い。が、ホームでそういうわけにも行かない。まあ、本当は自転車のことを詳しく知りたいわけではなく、自分の質問に「はい」の返事が買えれば満足するのだろうが、そう答えられない私の融通のきかなさがもどかしい。でも、うそを答えるのも不誠実のように思う。列車が到着し、頭の上に?マーク浮かべた男性との会話は終わってしまった。
 セミクロスシートの車内は空席もあり、入り口近くのロングシートの支柱に輪行袋を固定し、その横に腰掛ける。読書の時間だ。数駅過ぎると車内がすいてきたので、クロスシートに移動。すると左手に鋭い山が見えてきた。甲斐駒ケ岳だ。さらに右手に八ヶ岳連峰。3000m近い山々をこんなに手軽に眺められるとは。
Dscn0653Dscn0662

 30分ほどで小淵沢に到着。そして下車。小海線ホームにはすでに列車が入線していた。2両編成のハイブリッド車の前方車両に乗り込む。2+1列シートで中央の通路は広く、車椅子スペースのあるバリアフリー車両は、輪行袋を担いだサイクリストにも優しい。
 昨夜、宿主のこっつあんのアドバイスに従い、左側に着席。20分ほどの待ち合わせで、列車はスタート。高度を稼ぐため、いきなり右に180度の急旋回。中央本線の線路が見る見る下がっていく。そして、左右に見える甲斐駒をはじめとする南アルプスと、八ヶ岳連峰の位置が逆転。その後は美しい紅葉を見ながら高原を行く。が、夕暮れとなり車窓劇場は終演が近づく。読書の時間再開。運転手がしつこく警笛を鳴らしている。おそらく、鹿が線路に出ているのだろう。去年は、列車が鹿と衝突して中央本線の列車の到着が遅れた。
Dscn0675Dscn0676Dscn0678


 清里でたくさんの乗客が降り、17時11分その次の野辺山で私も下車。竜王から中央本線で500m、小海線で500m、あわせて標高差1000m登った。当然ながらどちら方向に乗っても同じ料金。サイクリストにとっては、甲府盆地から野辺山高原へ向かう方がお得と感じてしまう。しかし寒い。
 クルマに自転車を積み、閉店間際の雰囲気の店でお土産を買って、17時半に帰路につく。昨日紅葉ドライブを楽しんだ、八ヶ岳高原ラインで小淵沢へ。クルマにガソリンを、自分自身に夕食を、それぞれ補給したいところだが、茅野市街はこの時間混雑しているだろうから、小淵沢I.C.で中央自動車道に乗る。しかし、通行情報の掲示板には、「岡谷J.C.T.~伊北I.C.片側対面通行渋滞45分」と出ている。そうだ、往路は早朝だったためすんなり抜けたのだが、クルマが多いとかなり滞る。また、「小牧J.C.Tの手前でも渋滞」とのこと。遅い時間の方がクルマが空くかと、諏訪湖S.A.に寄る。そこそこ混雑しているが、満車、満員というほどではない。フードコートで信州みそラーメンを食べる。
Dscn0680Dscn0682Dscn0683


 結局、車線規制の方は状況変わらずで、抜けるのに40余りかかった。一方、小牧J.C.T.手前の渋滞は、その後の劇的に解消しているようだ。大型車は少なく、行楽帰りの乗用車中心の中央自動車道を進み、掲示板で見るたびに渋滞の長さも通過所要時間もどんどん減っていく。実際小牧J.C.T.に着いた時には渋滞はなし。渋滞案内の掲示板は、名神、東名高速道路で、それぞれ関西、関東都市圏の入り口で渋滞していることを告げている。
 名神自動車道に乗り換えると、交通量が増したものの郊外に向かう方向なので滞りはない。一方、中京都市圏の中心に向かう反対車線は渋滞している。さらに行くと、反対車線には事故車両。大破というほどではないが、フロントが大きく変形し、明後日の方向を向いて車線をふさいでいる。当然その先で渋滞。まだ事故処理が始まっていないようで、そちらは長い夜になりそうだ。
 また、関西都市圏の入り口、大山崎J.C.T.の先での渋滞も事故が原因のようだ。だが、そこまで行かずに米原J.C.T.から北陸自動車道へ。なぜか、いつになくたくさんのクルマが北陸道に流れ込み、大繁盛だ。
 木之本I.C.の手前、長浜I.C.で高速道路を降り、ガソリンとラーメンを補給。閉店間際の「近江ちゃんぽん」は野菜増量のトッピングだ。
Dscn0684


 そのあとは、クルマと信号の少ない湖岸道路で木之本に北上。湖北から若狭、そして丹後へ。帰宅は午前様で短めながら、ちゃんと睡眠をとってから月曜日の朝を迎えることができた。その日は眠かったけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/15

東信濃遠征「パスハンティングの秋、ランドナーの秋」2017(6:信州峠・木賊峠)

■信州峠・木賊峠を越え富士を愛でる
 標高1300mの朝は寒い。上半身に合羽を着て、フリースの手袋を着けて東へ走り出す。川上村へは下り基調のはずなのに、ペダルが重い。休養は取れたはず。寒さのせいだろうか。
Dscn0547Dscn0548

 並走する小海線の線路の上を、2両編成のハイブリッド車が追い越していった。背後の八ヶ岳連峰はいつしか雲に隠れてしまった。でも今日は晴れ予報。そのうちその雄大な姿を見せてくれることだろう。
 川上村の中心部に入る前に、西から南へと進路をかえる。急な登りが脚に応える。
 しばらくすると、平坦地となりレタスなどの野菜畑が広がる。道は一直線。行楽のクルマ、自動二輪、そして車輪が身の丈ほどもあるお化けトラクターが行き交う。今日は、野辺山から3つの峠を越えて甲府盆地に降り立つコース。去年の大弛峠の時と同様、甲府盆地からはJR中央本線・小海線で野辺山に戻るパターン。自転車だけでなく高原列車も楽しめる盛りだくさんの行程だ。
Dscn0553Dscn0556

 畑の中の直線は正面の奥で反り返り、上へと向かう。本日の先鋒、山梨との県境の信州峠への登りだ。まあ、すでに畑の手前から登りは始まっていたんだけどね。
 晩秋の日差しが降り注ぎ、ようやく手袋を指切りグローブに換え、合羽を脱ぐ。峡の3つの中で一番標高差が小さい250mに苦労しながら、信州峠に到着。標高は1450m。ごつごつした岩山、瑞牆山が迎えてくれた。峠にはクルマが10台ほど止まっている。瑞牆山とは反対側の横尾山への登山口のようだ。飯盛山への縦走し、朝食前に訪れた平沢峠に降り立つこともできるようだ。
Dscn0557


 峠からは南に見える山々の稜線の上に少しだけ頭を突き出す富士山が見える可能性があるが、ブッシュの関係で瑞牆山は山梨側に少し下った方が良く見えるので、峠はほぼ素通り。まあ、逆光気味だからどうせ確認できなかっただろう。
Dscn0562Dscn0563Dscn0566


 瑞牆山を見ながら小休止して、合羽を羽織って下る。紅葉のトンネルだ。下りきったところは、黒森集落。1180m。瑞牆山に抱かれた山間の盆地にある山村だ。
Dscn0569Dscn0572Dscn0574


 清らかな塩川にかかる橋で合羽を脱ぐ。塩川は、やがて富士川として駿河湾に注ぐ。信州峠は中央分水界で、日本海側の千曲川(信濃川)水系から太平洋側へと越えたことになる。振り返れば、甲斐駒ヶ岳が顔を出していた。
 さあ中堅、瑞牆山荘への登りが始まった。もちろん瑞牆山荘とは峠の名ではなく、峠に立つ山小屋の名称だ。なぜか、この峠の名前が見当たらない。
 紅葉の中を黙々と登る。体が暖まってきたせいか、信州峠のときよりも苦しくない。紅葉の隙間からときおり瑞牆山が覗く。
 ピークまでもう少しのところで、太ももの内側の筋肉がつるようなそぶりを見せたので、小休止。が、つったわけではなく、一昨日つった箇所が筋肉痛を起こしているようだった。
Dscn0579Dscn0580

 標高1520mの瑞牆山荘へ到着。信州峠よりも楽だった。展望はない。ここは、瑞牆山への主たる登山口であり、金峰山の登山口でもあり、周囲にはたくさんのクルマが止まっている。また、10台ほど自転車も止まっている。
 さあ、合羽を着て下ろう。自転車が登ってきた。塩川ダムから紅葉を見に登ってきたそうだ。山梨県側にはたくさんの道が交錯しているので、色々なコース取りで楽しめるようだ。
Dscn0585Dscn0587

 さらに下ると建物があり、人で賑わっている。金山平だ。男女2人組のサイクリストとすれ違う。
Dscn0592Dscn0593

 標高1250mまで下ると、そこは木賊峠と増冨ラジウム鉱泉との分岐。木賊峠方面は、通行止の案内が出ているが、それは事前調査済み。紅葉を楽しみながら合羽を脱ぐ。
Dscn0594Dscn0595Dscn0598


 そして、本日のラスボス、木賊峠へ挑む。通行止めの看板のお陰かクルマはぐっと減る。ラスボスだけあって、一番高い1700mまで登らないといけないが、これが最後の峠だと思うと気分は軽い。何も考えずにただペダルを回す。相変わらず赤や黄色の鮮やかな景色。そしてその向こうの青空。日陰の路面には氷がはっていたが、解けかけているようで踏めば割れる。
Dscn0605Dscn0606

 勾配が緩んだところが木賊平。峠まであともう少しだ。
 そして木賊峠へ。標高1700m。増富鉱泉への分岐から本日一番のまとまった登りだが、やはり朝一番の信州峠が一番きつかったという印象だ。まあ、標高差1000mあまりのひとつの峠として捉えれば、朝の登り始めはなかなか本調子が出なかったが、登るにつれて体が暖まり調子が上がっていく、ということなのかもしれない。
Dscn0608Dscn0611Dscn0612


 その木賊峠は三叉路、つまりY字路になっている。右に少し行くと展望所。さあ着ました、巨大な円錐を横から眺めた三角形。富士山だ。ラスボスを撃破して得られるボーナスのごとく、絶景のご褒美だ。残念なのは、少し前に積もった雪はすっかり解けて一面黒い姿であることと、逆光であること。それでも全貌が見えているのは大当たり。これが見えるかどうかで、木賊峠の値打ちは大違いだ。ベンチに腰掛け、富士を愛でながらパンを食べる。
 展望所の先、長窪峠、観音峠を経て甲斐市街へと下る。峠が2つというが、実際にはほとんど下りっぱなしらしい。ただし、長窪峠の先、観音峠までの林道観音峠大野山線が、1年以上前からずっと通行止となっている。これが、増富への分岐にあった案内板の内容だ。ただし、遠回りにもならず、上り返しもなく迂回できるコースが2つ。一つは、長窪峠の先の通行止区間の手前で小森川林道に右折し塩川沿いに出るコース。もう一つは、峠の分岐を左にとり黒平から野猿谷林道を経由して、荒川ダム、昇仙峡と辿るコース。後者が第一候補なのだが、先月野猿谷林道が通行止になっていた時期があり、前者のコースを捻出していたのだ。本日のコースは入念にシミュレートしていたのに、一昨日の春日渓谷の道がノーマークだったことは、自分でも間抜けとしか言いようがない。
 第一候補の野猿谷林道を目指すことにして、分岐に戻る。そして、富士山の眺めに続くもうひとつのご褒美、標高差1400mの長い長くダウンヒルを開始。
Dscn0616Dscn0617

 すぐに左側、北東方向の展望が開けた。頂上に岩塊を冠した金峰山がドカーンと見える。その後はひたすら鮮やかな赤や黄色のトンネルの中を下る。
Dscn0623Dscn0624Dscn0625


 標高1100mを切ったあたりに、小さな集落があった。黒平(くろべら)だ。木賊峠からはすでに標高差600m下っているが、それでも山深く高所にある集落だ。これからの季節は特に厳しいだろう。あるいは冬は麓で暮らすのか。
 集落から小さな登り返しを越えて行くと分岐があった。道なりに進むと公園のような施設。マウントピア黒平。キャンプ場やコテージがあるほか、黒富士という山の登山口にもなっている。ただし、このまま進むと御岳林道。昇仙峡に通じているのだが、200m程の登りを越えないといけない。
Dscn0627Dscn0631Dscn0633


 分岐に引き返し、野猿谷林道へ。こちらはその名の通り渓谷沿いのコース。山側から流れてくる沢の水が路面にあふれているところが何箇所もあり、少し前の通行止の名残のようだ。
 小さなトンネルを越えると、川の流れがよどんでいる。荒川ダム湖まで来たようだ。さらには、散策する軽装の人々。ダム湖の向こうには昇仙峡のロープウェイが見える。どうやら紅葉の時期の晴れた連休で、かなりの行楽客で賑わっているようだ。ダムの周辺にも駐車場があり、そこから散策しているようだ。
Dscn0635Dscn0640

 昇仙峡ロープウェイ乗り場付近は、相当な人出。大観光地と化している。一気にクルマが増え、ストレスを感じるが、やはり西日本と違って運転は紳士的。ちゃんと対向車が通り過ぎるまで待って追い越してくれる。
Dscn0644


 進行方向右手の谷にそってそびえる岩山。渓谷美を楽しみたいのだが、クルマが多い。そのうち進んでいる道が渓谷から離れ、緩やかに登り始めてしまった。いかん、道なりでなく右折しなければならなかった。クルマに追いたてられて通り過ぎてしまった。気付いた時には結構進んでいる。予定では、この荒川沿いに下り竜王駅でゴールするつもりだったが、このまま行くと甲府だ。のぼりはすぐ先の和田峠までで、そう大したものではない。
 いいや、このまま行くか。諦めて進む。が、すぐ先に右に分岐する道があった。これで荒川沿いに戻る。やっぱりできるだけ市街地を走りたくない。そして、輪行袋を担いで駅の中をあまり歩きたくない。小さな街、小さな駅を目指したい。
Dscn0646


 分岐から急激に下って荒川沿いへ戻ると、そこが昇仙峡の入り口。ずっと川沿いを来ていればもっと渓谷美を楽しめたのに。なにせ、甲府方面に行く道よりもかなりクルマが少ないのだ。
Dscn0647Dscn0649

 やがて市街地の向こうに富士山が見えてきた。桜橋を渡り甲府市から甲斐市敷島町へ。そこから市街地走行だが、竜王駅まであっという間。15時前に竜王駅着。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/14

東信濃遠征「パスハンティングの秋、ランドナーの秋」2017(5:こっつあんち)

■1年ぶりのこっつあんち
 ざるラーメンを食べ、明日の行動食を調達しようと走り出すが、コンビニエンスストアはあってもスーパーマーケットがない。結局小海まで行ってしまった。ガソリン代を考えれば近くのコンビニエンスストアで調達したほうが安上がりだったが、まあドライブと考えればいいか。時計を見たら15時過ぎ。もう宿に入ろう。
 というわけで、旅人宿「こっつあんち」へ。去年の10月に来た時には、山ぶどう狩りの行事と重なり、賑わっていたが、今日は静かな雰囲気だ。明日に備え、そして今夜に備え、16時一旦布団に入る。17時前に起き出して、談話室へ。ストーブが炊かれ暖かい。本日の宿泊は、私と2人組の計3名。自家製の野菜が豊富な夕食は暖かい談話室で。夕食のあとは宿主「こっつあん」とのお話の時間。賑やかだった去年と変わらないほど、ずいぶんお話が弾んだ。
Dscn0517Dscn0519Dscn0520


 ところで、こっつあんちには去年の10月以来。ちなみにその日は十五夜(旧暦9月15日)で、今夜は十六夜(いざよい、旧暦9月16日)。閏月(今年の場合5月と6月の間に閏五月)のため、旧暦で言うとちょうど1年ぶり。でも、今宵の満月は、雲の中。
Dscn0529Dscn0531Dscn0534


 翌朝、朝食前にクルマで獅子岩へ。クルマのフロントガラスが凍っている。エンジンをかけて暖房を入れてもなかなか暖まらない。しまった、凍結防止のフロントガラスカバーを持ってきているのに、使うのを忘れていた。そのうち正面の山の稜線から朝日が昇り、日光がフロントガラスを照らした。そうなるとあっという間に氷は解ける。走り出せば、朝日を浴びた冷たく固くそびえる大きな八ヶ岳連峰に視線が止まる。カメラでズームアップすれば、赤岳展望荘の建物も見える。そこに箔まったのはもう15年も前。大きな窓から満天の星を見ながら寝た。
Dscn0537Dscn0538Dscn0542


 野辺山駅から南西に3kmほどのところにあるのが、平沢峠。その脇にある獅子岩は、蓼科スカイラインのトキン岩と同様、岩の展望台だ。駐車場から霜柱を踏みながら少し歩いて岩山を登れば、八ヶ岳に南アルプスの甲斐駒ヶ岳や北岳、そして眼下に野辺山高原を望むことができる。野辺山天文台の電波望遠鏡のパラボラアンテナも見える。車道を隔てて反対側の飯盛山に登れば、富士山も見える。駐車場で登山装備を整えているグループは、飯盛山に登るようだ。
Dscn0539Dscn0540Dscn0541


 こっつあんちに戻り、野菜たっぷり自家製ジャムの朝食を頂いたあと、出発。野辺山駅前の無料駐車場にクルマを止める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/13

浮島の季節

 11月12日、氷ノ山の初冠雪の知らせ。冷え込みにより、天橋立からは蜃気楼の一種浮島が見られた。
P12200880


 翌13日にも。
P12200970


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東信濃遠征「パスハンティングの秋、ランドナーの秋」2017(4:スズラン峠・紅葉ドライブ)

■八ヶ岳連峰スズラン峠高原散歩と紅葉ドライブ
 小諸を後にし、昨日の道を戻り八ヶ岳連峰へ。女神湖の無料大駐車場にクルマを止める。今日は昨日の疲れを取り、明日に備える安息日。だが、少しは体を動かそう。朝小諸ユースホステルのWiFiで日本ピラタスロープウェイ駅のライブカメラで確認したら、ガスは出ていなかった。そのロープウェイ駅から程近く、標高も同程度。この女神湖からスズラン峠へピストンしよう。というわけで、ランドナーを準備。
 寒いので、合羽の上着を着たままスタート。カラマツ林の中の道を緩やかに登る。そのうち、カラマツから白樺林へと変わる。
Dscn0491Dscn0495

 展望の開けた場所に到着。遠くは雲に隠れているが、山の深さ雄大さを感じられるくらいに展望がある。足元に広がるカラマツ林が黄色く色づいて見事。
Dscn0494Dscn0493Dscn0492


 すぐに白樺湖からの道と合流し、スズラン峠へ。ここはあまり展望はない。反対側から越えてきた自転車と挨拶を交わし、その後を追うように引き返す。
Dscn0496Dscn0497

 雨が降ってきた。それも結構な雨足だ。上半身は合羽で守られているが、ズボンが濡れてしまう。復路は下り。ただし落ち葉が積もった路面では、滑らないように注意が必要。ブレーキも効きが悪い。こんな所で事故を起こすわけにはいかない。
 どうにか駐車場に戻る。ランドナーをクルマに納め、他目的トイレで濡れたズボンを履き替える。濡れたり冷えたりした体を温めるため、暖房を強めにかけてクルマを走らせる。
 昨日来た道を戻り茅野市街手前で左折、八ヶ岳の裾野を南東へ進む。見事な紅葉の中を行く。8年前のやはり錦秋のこの時期に自転車で走った道だ。標高を下げたら空は明るく時折日差しが降り注ぐが、雨はごく弱く降ったり止んだり。いわゆる驟雨。山陰では「うらにし」と言われる空模様だ。時折虹も見られる。
Dscn0504Dscn0505Dscn05110_2


 今朝からアルファベットのCの字を描くように八ヶ岳を回り込み、野辺山へ。ログハウスのラーメン屋を見つけてクルマを駐車場へ。自動二輪の2人組が一足先に店に入っていった。彼らは寒いだろうが、私はクルマの暖房ですっかり暖まったので「ざるラーメン」なるものを注文。つけ麺を想像していたが、出汁は和風。わさびの薬味もついてざるそばの麺が中華麺というものだった。
Dscn0512Dscn0514

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/12

東信濃遠征「パスハンティングの秋、ランドナーの秋」2017(3:小諸YH)

■18年ぶりの小諸ユースホステル
 さあ、クルマで北上開始。丹後よりも2ヶ月近くも稲刈りが遅いようで、まだ田んぼには刈った稲が干されている。休日の夕方とあってか、田舎道ながらクルマが多い。次第に左に浅間山、右に上信国境の山々。
P1220047


 小諸の市街地を越え、浅間山の裾野へと乗り上げていく。背後では暮れゆく街が輝き出し、徐々に夜景へと変わっていく。若干迷走しながら、標高990mにある小諸ユースホステルに到着。
Dscn04780


 予約の電話では、「(場所がわかりにくいけど)以前来たことがありますか」と言われ、とっさに「ありますが、20年も前の話です」と答えた。正確には、18年ぶり。クロスカントリースキーでまる一日一緒に歩いた、マネージャーさんのことはよく覚えている。歳を重ね、より穏やかさが増したようだ。
 「20年ぶりなんだって」「はい、あの時は春先でクロスカントリースキーに連れて行ってもらいました」「どこに行った?」「高峰高原の池の平湿原に」「そのあと続けた?」」「はい、そして今はテレマークスキーを」…。宿泊者カードに記入している最中に矢継ぎ早に問いかけられ、自分の住所を書き間違えてしまう。
Dscn0479


 その夜は、一人旅が私を含めて4名と、4人家族、4人グループ。マネージャーさんとゆっくり話したかったけど、昨夜から夜通しクルマを走らせ、そして今日の日中も激しかった。夕食後、早々に寝床につく。外は、十五夜(旧暦9月15日)、満月前夜の月が明るく照らしていた。寝室は暖房が強すぎて暑かった。
Dscn0483Dscn0485

 4日、曇天の朝。浅間山は山頂が隠れている。下界は霧のようだ。朝食のあゆっくりしていたら家族連れが出発するので、続いて色づいた木々に囲まれた小諸ユースホステルを立つことにする。マネージャーさんとスタッフさんが見送りに出てくれるので、続けて出発した方がいいのだ。その時に、前日の春日渓谷沿いの道の通行止めについて聞いてみると、15~20年くらい前から通行止めとのこと。
 霧に包まれた小諸の街へと下降。東小諸の駅裏へ。ここには、「浅麓堂」という知る人ぞ知る店がある。古ーい自転車のパーツを扱っている店だ。趣味が高じての、自転車店ではなく、古物商だそうだ。自転車の雑誌では何度も取り上げられていて、一度訪れたいと思っていた。しかし、店の外観はなく普通の民家で、ギア板の看板だけが目印。住宅街の狭い道に入らねばならない。クルマを近くにおいて歩いて探す。しばし歩いて見つけた。が、残念ながら留守だった。まあ、所在を確認できたたけでよかった。
Dscn0487


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東信濃遠征「パスハンティングの秋、ランドナーの秋」2017(2:春日渓谷・大河原峠)

■春日渓谷廃道アドベンチャーからの大河原峠
 本日の自転車での周回の起点と予定している春日温泉を目指す。長門牧場からは東に向かうわけだが、蓼科山のなだらかで広大な北斜面に南北に延びる谷に沿って細い道が並行している。別荘地の中は迷路のようであり、またゴルフ場に遮られ、東西への移動はなかなか難しい。距離にして200m小さな尾根の向こう側に目指す道があるのに、レーンチェンジができない。なんとか春日温泉へとつながる道にたどり着いたが、なんと春日温泉手前の望月高原牧場の下で通行止め。この道は本日自転車で走る予定のコース。う回路を探す。向反まで下ることとなり、ゴール直前でこれは嫌なアップダウン。
 春日温泉は山間の傾斜地の温泉街。こちらから先ほどの道へと行ってみるが、やはり通行止め。自転車ならいけるかもしれないが、下りで一か八かの突破を試みた場合、ダメなら登り返しで引き返さないといけない。やはり確実に迂回したほうがいいだろう。
 駐車スペースを探しながら登りルートの春日渓谷へ向かってみる。湯沢上のバス停の少し上に分岐がある。たどってみると、別荘地(学者村というらしい)を通りぬけ、やがてダートとなり望月高原牧場へと出た。あの通行止め区間のう回路として使えそうだ。標高差100m程の登りがあるが、代わりに、周回の起点を100m程高い一に設定しなおすことができるので差し引きゼロ。ただしゴール手前で登り返しとなるが、望月高原牧場は、開放的な景色が広がり気持ちよく走れそうだ。しかも、下り方向の左手にははるかに白い山並みが見える。北アルプスだろうか(帰宅後確認すれば、北アルプスの北部だった)。
 再び向反を経由して春日温泉に戻る。温泉街を抜けて上湯沢へ。終点のバス停のわきに広場はおそらくバスの転回のためものだろうからクルマを止めるわけにはいかない。少し下の鹿曲川(かくまがわ)側に広場があるので、そこに駐車。ランドナーを下す。
Dscn0354Dscn0357Dscn0358


 9:30スタート。すぐに学者村別荘地との分岐。今度は、左の鹿曲川沿いをとる。がこちらにも全面通行止めの看板が立っているではないか。さっきクルマで来た時には右に分岐する方ばかり気にしていて気づかなかった。もうこれは強行突破しよう。登りで行き詰ったとしても、引き返すのは下りだ。
Dscn0362Dscn0364Dscn0366


 沢沿いの林間を行く。快晴の空から降り注ぐ木漏れ日が心地いい。何より、赤や黄色に染まった林が錦絵のようだ。しばらくすると、閉じられたゲートがあった。脇には隙間があり、人が通った後もあるので、深く気にせず脇を通り抜ける。
Dscn0370Dscn0373Dscn0378


 進んでいくと道路が一面落ち葉に覆われた区間が現れる。まさに、落葉の絨毯だ。しかし、あまりにも柔らかく不安定な感触。落ち葉の下に土が堆積しているようだ。道路の山側から支流の沢が流れてきているので、どうやらその沢からの土砂が積もっているようだ。それを越えてもそういう区間がたびたび現れる。しかも、小石が混じり乗車できないことも出てきた。さらに上ると厚みが15~20cm程も土砂が積もっている箇所が出現。そこに草がぼうぼうに生えている。これはこの秋の台風に被害というわけではなさそうだ。その先では支流の沢という沢ごとに土石流の痕跡に出会うようになった。中には、堆積した土石流の中が水の流れで削られ一筋路面が現れているところもある。まるで、堆積と浸食を繰り返して地形が形成されているようだ。さらに、道路の真ん中に直径1.5m、深さ50㎝程の丸い落とし穴が開いていたり、路面が波打っていたり、帯状に路面が陥没しアスファルトのV字渓谷ができていたり、路肩が崩れていたり、と様々な形で道路が傷んでいる。また、倒木や巨大な落石が道に落ちているなど、とにかくありとあらゆる道の荒れだ。排水溝がふさがっているところでは路面に水が流れている。土砂崩れで道がふさがっているところは、担ぎで越える。なんとなく、登っていくにつれて道路の損傷がひどくなっているような気がする。この先どこまで進んでいけるのだろうかと少しずつ不安になってくる。
 気温は低く、路面を流れる水がなぜか白くなっていると思ったら、凍結していた。滑らないように自転車を降り氷を避けて歩く。
Dscn0387Dscn0395Dscn0405


 そしてとうとう難所が現れた。沢の水が路面横切って、鹿曲川に注いでいるのだが、今までよりもはるかに水量が多い。まともに歩けば足を濡らすことになってしまう。どこかまたいで越えられるところはないか。山側の道路わきは完全に沢になっているが、途中までは飛び石が顔を出している。足元にある大き目の石を投げ入れて飛び石を延長しようと試みるが、なかなか難しい。水量が多いので持ち上げられる大きさの石一個では水面に届かない。何個か投げ入れてみるが、堰のようになり結局水はオーバーフローしてしまう。だめだ。やはり撤退か。
Dscn0408Dscn0409

 ところで、ここまで「佐久仙境都市まで○km」という看板が1kmごとに設置されていた。おそらく別荘地のようなものだろう。「あと2km」の看板を過ぎてある程度進んでいる。おそらく人の営みがあるところまでたどり着けば道は整備されているだろう。あと1km余り。あきらめずに行ってみよう。
 谷川の路肩を支えるコンクリート壁に照準を定める。土が流れているので平均台よりは幅が広いコンクリートの塀の上を行く。その塀も向こう側までつながっているわけではないが、どうにか水をまたいで越えることができそうだ。自転車を持ち上げて塀の上を歩く。左側は、鹿曲川の谷で、落ちればただでは済まない。慎重にどうにか超えることができた。足も濡れていない。
Dscn0416


 しかし、その先も難路は続く。土砂崩れでふさがっていることは、自転車を担いで乗り越えることはできるが、当然乗車より時間がかかるし、体力も消耗する。
 そんな箇所が頻繁に表れる。心が折れそうだ。疲れて集中力が落ちたのか、何でもないところで足を濡らしてしまった。路面を流れる水の浅い部分を選べばぬれずに済んだのに。ちなみに足回りはビンディングサンダル。一瞬で足の裏全体が濡れてしまった。ただ幸いなことに、登りで体温が上がっているせいか、あまり冷たく感じない。
Dscn0422Dscn0425

 「佐久仙境都市まで1km」の看板を過ぎてしばらく行くと、落石の中にゲートに到着。全面通行止め区間を脱出だ。林間から笹野原に代わり、開放的な雰囲気になる。別荘なのか建物が現れるが、人が住んでいる気配は薄い。「仙境都市」といっても半分廃墟のようだ。
 太ももがつり始めた。峠が近づき気持ちに余裕が出てきたのでここで大休止。持ってきたパンを食べる。
 大河原峠までは間違いなくたどり着けるだろう。問題は下りルートだ。鹿曲川沿い(春日渓谷)のように道が傷んでいないかどうか確認していない。やはり、苦労はしたが通り抜けてきた道を引き返すべきだろうか。一番の難所は、足を濡らしても転落の危険のない安全なところを通過したほうがよさそうだ。あとは下るだけだから足を濡らしても大丈夫だろう。それにサンダルなのだから、靴下だけ脱げばいいのだ。素足とサンダルなら濡れてもすぐに乾く。そのあとまた靴下を履けばいい。
 大河原峠までは、残り標高差300mあまり。今日は快晴、大展望が期待できる。
Dscn0428


 久しぶりにクルマに出会うが、これは道が通じている証拠。ふと見ると路肩に人間の頭部よりも大きな白い落石が転がっている。と思ったら、雪の塊だった。路肩の草の上にもちょっとだけ残雪。この辺りでは、既に木々は落葉していて、より展望がいい。足がつり始めたら小休止、これを2,3度繰り返す。
Dscn0438Dscn0437Dscn0442


 三角形の山小屋が見えてきた。北八ヶ岳の登山口の一つ、大河原峠に到着。登山客のクルマが結構止まっている。駐車率7割くらいか。とりあえず広がる大展望が迎えてくれた。見えているのは北アルプスかと思ったが、後で確認したら妙高連山など。
Dscn0432Dscn0456

 ひとしきり展望を楽しんだが、気になるのは下りのルート。登ってきたのと反対側には展望の良さそうな道が伸びている。女神湖に至る蓼科スカイラインだ。問題はその途中から分岐し望月高原牧場へと下る道。三角屋根の大河原ヒュッテで聞いてみよう。留守かと思ったらクルマが止まり、スタッフと思しき二人組が荷卸を始めた。仕事が落ち着くのを待って道路の様子を聞いてみるが、「最近はそちらに行っていないからわからない」とのこと。うーん。
 しかし、もうあのスカイラインを目にしたら気持ちが抑えられない。一か八か行ってみよう。もしダメなら女神湖を経由して、長門牧場方面へ下るしかない。そのあと春日温泉までの登り返しは時間的、体力的無理かもしれない。でもバス(最終バスは終わっている?)、あるいはタクシー(高いよ)、まあその時に考えよう。ちなみに望月高原牧場側から大河原峠への分岐には通行止めの表示はなかった。先ほどの大河原ヒュッテのスタッフの言葉も、いいようにとらえれば、通行止めとは聞いていない、ということだ。
Dscn0445Dscn0460Dscn0463


 さあ、合羽の上着を着て、指切りグローブからフリースの手袋に交換し、大展望の中を下る。素晴らしい。峠の観光案内板に載っていたトキン岩は登れば展望台になっている。が、立ち寄る心の余裕がなく、通過。山側の法面にしみ出した水が凍っている。
Dscn0459


 いよいよ運命の分岐に到着。通行止めとはなっていない。かなりの安心感が漂うが、まだ完全ではない。行程は長いのだ。道はヘアピンカーブとなり尾根から谷へと下る。ぐんぐん下る。
 浅田切と望月高原牧場の分岐まで降りてきた。通行止めとは出ていない。もう大丈夫だ。望月高原牧場へは、ほんの少し登り返しがあるが、西日を浴びて鮮やかさを極める林をのんびりと登る。
Dscn0465Dscn0468Dscn0472


 そしてついに朝クルマで下見した望月高原牧場へ。牛や馬がいるわけではなく、なだらかな草原が広がっているだけだが、開放感が素晴らしい。朝よりぼやけたようだが、白い北アルプスの峰々も見られる。
 さあ、100mの登り返し。標高差1000m、50分の下りで脚の筋肉は回復。もうつらない。この先道がつながっている安心感。そして最後の最後の登りであることもわかっている。不安も焦りもない。
Dscn0473


 道がダートに変われば登りはほぼ終わり。林間へと入る。
 林の中から叫び声が聞こえる。猿だ。数匹がひとしきり騒いだあとどこか姿を消した。入れ替わるように今度は甲高い声。鹿だ。
 下りはじめた道は、やがて舗装路に変わり別荘地へ。学者村別荘地というらしい。道は急な下りとなり、野球のグラウンドを過ぎたら、鹿曲川沿いの道に合流。周回完了だ。
 クルマにランドナーを積み込んでいたら一台のクルマが止まり助手席の窓があいた。乗っていたのは高齢の夫婦。自転車でどこまで行っていたか聞かれ、大河原峠と答えるとたいそう驚かれる。彼らは、住まいは東京でこの上(つまり学者村だろう)に別荘を持っているとのこと。東京からここまで2時間半くらいだそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/10

東信濃遠征「パスハンティングの秋、ランドナーの秋」2017(1:旅立ち)

■旅立ち
 秋には毎月3連休がある。去年に引き続き、信州東部の峠越え遠征に出たい。しかし天気が悪くてなかなか結構できないまま9月、10月が終わり、とうとう11月になってしまった。標高の高い中部山岳で自転車に乗るのは、文化の日の三連休が、今シーズンのラストチャンス。週間予報では、3日文化の日が微妙な空模様。気象庁の予報では曇り時々雨。しかし、日本気象協会のtenki.jpのピンポイント予報では晴れ。前日の2日になって、気象庁の予報も晴れに変わった。3連休の真ん中、4日の天気は良くなさそうだが、それは問題ない。決行だ。すぐに宿を手配する。
 2日22時30分、ランドナーを積んだクルマで出発。丹後から若狭、そして近江へ。前日は「後の名月」十三夜。中秋の名月につづく、月見の日。月明かりに照らされた琵琶湖が美しい。木之元から高速道路へ。北陸自動車道、名神高速道路、中央自動車道と走りつなぐ。大型トラックが多い。
Dscn0318Dscn0319

 何度か休憩しながら走り、明け方5時過ぎに、諏訪湖S.A.到着。フードコートで早めの朝食。ソースカツ丼。食べている間に空が明るくなっていた。
Dscn0320Dscn0321Dscn0322


 諏訪湖I.C.で高速道路を降り、茅野でガソリン補給してから、白樺湖へ。市街地およびその周辺では人々が活動を開始しているが、白樺湖や女神湖の観光地はまだ静まり返っている。蓼科山の北側に回りこむ。長門牧場は広い牧草地に朝日が差して、幻想的な雰囲気。
Dscn0333Dscn0339

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »