« 2017冬の思い出動画集 | トップページ | 2日続けて家の近くでコウノトリに遭遇 »

2017/02/28

大江山連峰千丈ヶ嶽北面鳩ヶ峰東面滑降

 昨年2月の氷ノ山以来のすうさんとのスキー登山。なかなかスケジュールが合わずに2月の下旬になってしまったが、雪の豊富な今年は大江山連峰でもまだ十分スキーができそうだ。鳩ヶ峰と鍋塚は過去に案内したことがあるので、今回は最高峰の千丈ヶ嶽を目指す。ちなみに広義では北から大笠山、鍋塚、鳩ヶ峰、千丈ヶ嶽、赤石ヶ岳の山塊を大江山と呼ぶが、狭義での大江山は主峰の千丈ヶ嶽を指す。
 2月26日7時55分、福知山市大江町の大江山グリーンロッジへ。10人以上の団体が入山の準備中。そのグループのクルマに混じるようにすうさんのクルマを発見。何でも、後から団体が到着したのだそうだ。
 久しぶりに会うすうさんとつい話し込んでしまいがちだが、1台に乗りあわせて千丈ヶ原へ。今シーズンは例年よりも800mほど奥の鍋塚林道分岐点まで除雪されている。その限界点にクルマを停めて、入山準備。
Dscn9636


 8時45分、すうさんはシールを貼って、私は本日デビューのステップソール板で鬼嶽稲荷神社への道を歩く。凍てついた根雪に一昨日の夜から昨日の朝の新雪がうっすら乗っているので、ステップソールが効きにくい。杉林の木洩れ日を拾うように歩く。日が当たると雪が緩んでステップが効くのだ。無雪期にはクルマが通る道には、スキー、スノーシューまたはかんじき、そしてツボ足のトレース。おそらく前日のものだろう。スキーは下りが1人前。
 根雪は締まり新雪は薄い。つまり、ラッセルはなくトレースを追う必要はない。並んでおしゃべりをしながら歩く。徐々に高度を上げ、日当たりが増してステップソールが本領を発揮していく。
Dscn9638


 北原集落から上ってくる道との合流点で由良川の流域が見下ろせた。見事な雲海だ。残念ながら手前のブッシュが邪魔だ。落葉樹なので雲海があることははっきり見えるのだが、写真を撮ると見栄えが悪い。鬼嶽稲荷神社まで、もう遠くないはず。そこからの眺めに期待しよう。
Dscn9651Dscn9644

 スタート地点から70分ほどで雪に閉ざされた鬼嶽稲荷神社に到着。分岐からはすぐだった。晩秋から初冬にかけては、雲海を目当てに朝訪れる人がいるが、道路に雪が積もるまでの話。今日のこの雲海は我々2人だけのもの。ブッシュはなく展望が開けているのだが、少し時間がたって雲海の密度が薄まっている。でも、十分見事な雲海だ。千丈ヶ原を起点として千丈ヶ嶽と鳩ヶ峰を周回する人の多くは、本日の我々と逆コースをたどる。そうすると、鬼嶽稲荷神社は周回の終盤に訪れることになり、この雲海には出会えない。また、スキーの場合には、南斜面を登り北斜面を下る我々の周回の方が滑りが楽しめるのだ。
Dscn9653


 雲海を堪能したら、いざ千丈ヶ嶽へ。ここが夏の登山口。ここから登山道が始まる。いきなり急登のスタートで、急斜面をスイッチバックする登山道へ。急な区間は、登山道を逸れ大きく山肌を巻いていく。念のためにシールを持ってきたが、ステップソールでクリアできた。
Dscn9656


 尾根に乗り上げると勾配が落ち着いていき、そのうちなだらかで明るいブナかナラの落葉樹林を行く。どこでも好きなところを歩き放題だ。そのうち植林帯と落葉樹林の境界を歩き、小さな下りを経て、11時30分山頂へ。いつしか空は薄雲に覆われてきたが、展望が広がる。ただし、なだらかなピークの為、鍋塚や鳩ヶ峰の方が展望では勝る。
Dscn9666Dscn9668Dscn9662


 大江山連峰の峰々はもちろん、隣接している三岳、磯砂山、少し離れて高竜寺ヶ岳、依遅ヶ尾山、金剛童子山、さらには青葉山、神鍋高原のスキー場群、粟鹿山。西の方にぼんやりとかすむ白い山は氷ノ山だろうか。検証の為、いろいろな倍率で写真を撮っておく。
 で、検証の結果、東床ノ尾山の向こうの氷ノ山であった。ちなみに、右は3年前、鳩ヶ峰からの氷ノ山。
Dscn9610140125ooe0


 大江山連峰の中でもすぐ隣の鳩ヶ峰をズームアップして撮影。山頂に誰もいないと思ったが、帰宅してからパソコンで見てみると、2人の登山者がいた。
Dscn9659Dscn9660

 風もないし薄雲越しに日も差しているので、山頂の雪原に腰を下ろしてお昼ごはんの大休止。相変わらず、ずっとしゃべり続けている。鳩ヶ峰方面からかんじきのハイカー2人組が到着。先程撮った写真に写っていた人たちだろう。彼らは、東屋で休憩。結局、山で出会ったのは彼ら2人だけだった。グリーンロッジにいた団体さんはどこに行ったのだろう。
 12時20分、鳩ヶ峰に向けて北尾根を滑降開始。連峰最高峰の北斜面でしかも樹林帯。大江山一帯で一番雪質の良い斜面で2年前には深雪を楽しめた。しかし、半月の間まとまった降雪がないこの日は、しまった根雪の上に、まだ新雪のフレッシュさを保った前日朝の雪が乗っかっているがいささか薄い。板が走りすぎて、何度も木にぶつかりそうになる。
Clip0151mp4_000005234Dscn9674mov_000010071Clip0161mp4_000038616


 どうにか鞍部へと標高差150mを滑り降りた。鞍部は、地面が露出しているので板を外して歩く。ここはいつも雪が薄い。少し歩いて鳩ヶ峰への上り返し。標高差は50m程。私はステップソール、すうさんは比較的雪が締まっているのでつぼ脚で。
Dscn9677Dscn9683

 13時15分、鳩ヶ峰へと到着。いつの間にか空は雲に覆われ風も出てきた。千丈ヶ嶽で大休止を取ったのは正解だった。鍋塚はまだらに地肌が見えている。基本的に南向き斜面はもうダメ。
Dscn9685Dscn9688Dscn9696


 13時45分、滑降開始。鳩ヶ峰の東斜面へ。午後には雪が悪くなることが多いが、曇天のお陰かいい状態だ。千丈ヶ嶽北尾根と同じような雪質だが、障害物が内分自由に滑れる。今日一番の滑降だ。
Clip0171mp4_000001939Clip0171mp4_000005500Clip0171mp4_000012534


 しかし、楽しい時間は短い。あっという間に雪が湿って重くなる。春の重い雪に苦労しながら、杉の樹林帯を何とか林道へ。その林道を越えて、鳩ヶ峰東尾根へ。尾根の北斜面をトラバースする形で行くため、雪はいい。ただ、ひたすら斜滑降とギルランデで、ターンの楽しみはあまりない。
Clip0188mp4_000019461Clip0189mp4_000034187Clip0190mp4_000024734


 やはり楽しい時間は短く、鍋塚林道に降り立つ。1km足らず林道を滑って、千丈ヶ原にゴール。全体的に、春の雪だった。
Dscn9703Dscn9705

 さあスキーをクルマに積み込み、800m移動。例年の除雪の限界点へ。ここは鳩ヶ峰が見えるポイント。1時間前につけたシュプールを眺める。
Dscn9709Dscn9710Dscn9711


 そして大江山グリーンロッジへ3km移動。すうさんのクルマは、またも大勢のハイカー達に囲まれている。朝入山準備をしていた団体が、今度は下山して帰宅準備中。あっ、その中の一人が知り合いだった。聞けば、初めてのスノーシューで鍋塚へ行ってきたそうだ。どうりで、出会わなかったわけだ。
 すうさんと別れて、帰路に就く。宮津市街で雨が降り出した。家に到着してしばらくしたら雨が止んだ。まだ17時過ぎで明るいので、自転車で少し走ろう。するとコウノトリに遭遇。ちなみに前日も遭遇したのだが、別の個体かな。詳細は別の記事に。
Dscn9716Dscn9734

 そうだ、コメをつきに行かなければならなかった。自転車からスーパーカブに乗り換えて精米所へ。今日は、自動車、スキー、自転車、オートバイといろいろ乗った。さすがに疲れていて、30kgの米袋がいつもより重く感じられた。

|

« 2017冬の思い出動画集 | トップページ | 2日続けて家の近くでコウノトリに遭遇 »

コメント

 誘っていただいてありがとうございました。初めてのコースで楽しかったです。雪もあったし。
 写真や動画でボクがたくさん写っていて、自分がどのような滑りをしているのかよくわかりました。課題があると思うのだけど、行く回数が少なすぎて改善できないでいるところが悲しいです。
 またお願いします。

投稿: すう | 2017/03/06 18:36

 こちらこそ、どうもありがとうございました。毎年安定した積雪があるわけではなく、山域の大江山スキー場も今シーズンから閉鎖となってしまいました。ちなみに、昨シーズンは10日営業できたかどうかというところでした。私が知る限りでは、2007年に次ぐ雪の少なさでした。今シーズンは雪が積もってよかったです。
 今シーズンは大きな寒波が3回。平野部にもたくさん積もりましたが、解けるのが早いですね。その点、山、とくに北斜面では長く残っています。
 でも、大江山連峰で残雪スキーが楽しめるということは珍しいんですよ。1996年から22回の冬を経験していますが、1996年、2006年、2011年、2012年、2015年、そして2017年くらいです。それ以外は、降雪直後に何とか滑れる程度でした。
 さて、動画や静止画の被写体になっていただきありがとうございました。やはり、人が写っている方が画が生き生きとしますね。単独なら、何とか体の一部あるいはスキー板の先端だけでもフレームに入るシーンを作らねばなりません。
 無断で掲載していますが、おそらく人物が特定できるようなものではないので、肖像権の侵害にはなっていたいと思います、よね。
 大江山はもう終わりですが、氷ノ山、扇ノ山などの兵庫・鳥取・岡山県境の山々の残雪シーズンがどれくらい楽しめるかは、これからの気温によります。寒の戻りに期待しましょう。

投稿: はいかい | 2017/03/06 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大江山連峰千丈ヶ嶽北面鳩ヶ峰東面滑降:

« 2017冬の思い出動画集 | トップページ | 2日続けて家の近くでコウノトリに遭遇 »