« 冬の播磨遠征3「RiverWalker」 | トップページ | 日本海を見下ろす碇高原で貸し切りスキー »

2017/02/11

すっごいよ!雪

 10日金曜朝は、うっすら雪化粧。大寒寒波の雪もすっかり雪解け。何度か小さな寒波で降るかな、という期待も空振り続きの2週間を過ごしていた。
Dscn9156


 その日の夕方、帰宅すると別世界。積雪40cm。家の周りの除雪に2時間近くかかった。
Dscn9163


 11日土曜。休日なので惰眠をむさぼり遅い気象。外が明るいのを「止んでいるのかな」と思っていたが、カーテンと障子をあけてびっくり。ものすごく積もっている。明るいのは雪の反射のせいで、しっかり降り続いている。
Dscn9188


 朝食を取り玄関を開けてその雪のボリュームにまたおののく。昨日の夕方除雪した痕跡がほとんどなくなっている。積もった雪を振り落としたはずの生垣にも、昨日より分厚く雪が積もっている。さらにその向こうの道路の両側にできた除雪の壁の高さも、今までに見たことがない高さだ。
Dscn9190Dscn9193

 タイヤハウスに詰まった雪が解けて車庫の中が水浸しになるのを避けるため、そして車庫前の除雪をする手間を省くために、クルマを車庫の外に止めておいたのだが、クルマの上に積もっている雪の高さが今までに経験がない。ルールに雪を積んだままでも走れるが、フロントガラスを露出させないといけない。ボンネットの上の雪をどけるのにスコップを使うのは初めてだ。
 雪を捨てる用水路が飽和状態で、家の周りの除雪に3時間近くかかった。玄関先の積雪審は60cm。道路わきの除雪の壁を図ると、なんと90cm超。除雪車に押されて盛り上がっているので10cm程差し引くべきだが、それでもすごい積雪だ。
Dscn9206Dscn9216Dscn9214


 除雪が一段落したら、クルマで近くを一走り。見慣れた景色のはずなのだが、いつもと違うように見える。除雪が大変なのは、我が家だけではない。
 Clip9220mp4_000147551Clip9223mp4_000006493Clip9223mp4_000082737


ちなみに今回は、先月の内陸型でなく比較的沿岸部に多く積もっているようだ。京丹後市内の平野部でも軒並み60~70cm。少し山間部に行くと100cm前後になる。また、ほとんど積もらない海沿い集落にも40㎝位積もっているのも大変なことだ。
 大雪といえば、2011年1月下旬と2012年の2月上旬。ひと冬のトータルでは2012年の方が大雪だが、我が家の周りの積雪審の最高値では2011年1月末が上回る。何せ2番連続で40cmも積もった。ちなみに下の写真の左側がその時のもの。真ん中と右は今年の2月11日。今年の方が多いみたい。しかも今年は24時間でこの量。
P1210878Dscn9186Dscn9208

|

« 冬の播磨遠征3「RiverWalker」 | トップページ | 日本海を見下ろす碇高原で貸し切りスキー »

コメント

 除雪お疲れ様です。
 内陸部には雪が少ない分、日本海沿いにかたまりになって降ったのでしょうか?交通網はズタズタのようです。
 車の屋根の雪が半端じゃないですが、普通に走れましたか?

投稿: すう | 2017/02/12 19:51

 我々丹後の人間は、雪が沿岸部(丹後)か内陸部(中丹以南)のどちらに多いかを話題にすると、必ず風の強さのことに触れます。北西の季節風が強ければ、内陸部に雪雲が押されます。弱ければ沿岸部にとどまります。まあ、イメージとして雪雲が「押される」「とどまる」と書きましたが、どこで雪雲を発生させるか、ということかもしれません。
 晩秋から初冬の季節に京都府北部が「曇り所により雨」という予報ならば、我々は「時雨そうだな」と思います。要するに、寒気や季節風が弱いときの降りそうな「所」は、丹後半島の北岸(他に内陸でも山間部は当てはまる)なのです。
 北西の風に立ちはだかる山々の中で、標高の低い丹波高地は季節風が越えやすく京都市内まで雪が降ることがあります。琵琶湖の風下、名古屋も雪が降ります。それに対し、鉄壁の中部山岳にブロックされる静岡にはまず降りません。
 今回は、風音がなくしんしんと降りました。
 クルマにルーフキャリアを付けているので、屋根の雪が落ちにくいのです。普通に走れないような要因があるでしょうか? いずれにせよ走り出したら、3分くらいですべて落ちてしまいます。洗濯板のような圧雪区間の揺れで、粉々に粉砕され(運転席からは見えませんが)、停止・発進・右左折でそれぞれ前後左右に落ちてしまいます。

投稿: はいかい | 2017/02/14 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すっごいよ!雪:

« 冬の播磨遠征3「RiverWalker」 | トップページ | 日本海を見下ろす碇高原で貸し切りスキー »