« 雨の大阪京都ぶらり | トップページ | 自然災害の多い年 »

2016/10/11

ランドナーの泥よけを変更「お手軽輪行仕様」に

 ランドナーで輪行するとなると、フロントフォークを抜く方式が一般的。フロントフォークを抜くためには、ハンドルを外さねばならない。つまりブレーキワイヤー、サイクルコンピュータのケーブルを処理しないといけない。変速レバーをMTBやロードレーサーのようにハンドルに移さず、Wレバーとしてダウンチューブに残しているのも輪行の時の手間を省くためだ。あと、ダイナモを後輪に設置している場合には、配線にジョイントを設けるなどの工夫が施されている。
 なぜこうまでしてフォークを抜く要因は、フロントの泥よけだ。泥よけのない自転車ならば、前後のホイールを外すだけで輪行袋に納めることができる。多くのランドナーの場合、リアの泥よけは分割式にして簡単に外れるように工夫されている。当方が所有している4台のランドナーは、すべて蝶ネジでリアの泥よけを外せる。ホイールはクイックリリースなので、つまり素手で両輪とリアの泥よけを外してクルマのラゲッジスペースに収納できる。
 でも、輪行袋には入らない。フロントの泥よけが邪魔になる。後輪を装着したまま収めるタイプの大きな輪行袋でランドナーを列車に乗せたことがあるが、かなり大きくて車内での置き場に苦労する。その巨大な輪行袋は、前後のサイドバッグを装着したキャンプツーリングの時の、キャリア装着の自転車と大荷物を入れることを想定しているため、丈夫な厚手の物を選んだ。つまり、輪行袋がかさばる。日帰り、あるいは宿どまりの場合、走行時の荷物を少なく、手軽な輪行をしたい。MTBやクロスバイクでの楽々輪行を経験して、もう大変な作業をしたくないと思ってしまった。
Dscn3906


 と、前置きが長くなってしまった。ツーリングのメインバイクとして使っているVIGOREオリジナルランドナーは、フロントの泥除けとフォーク根元部分のフレームとをつなぐL字金具に特殊な加工がしてあり、蝶ネジひとつで泥除けがフレームから外れる。また、泥除けの後部(下部)の先端近くをU字型のステイでフォークの先端に固定されているが、このステイも蝶ネジでフォークから外れる。ところが残念なことに、泥よけの前部の先端がフロントキャリアに固定されていて、外しにくい。泥よけの内側のナットなので、蝶ネジではタイヤと干渉するし、スパナで少しずつ回すしかない。
 そもそも、フロントキャリアはなくてもよいので外してしまえばいい。ところが、フロントキャリアで引っ張り上げていない状態では、泥よけの前部がそれ自身の重みで垂れ下がりタイヤに干渉してしまう。
 いっそのことフロントキャリアも泥よけも外した状態で走ったのが2013年ゴールデンウィークの北海道ツーリング。そんな時に限り雨が降る時間帯があり、簡易泥よけを付けたが、十分ではなかった。
 そこで思い立ったのは、泥よけの前部を切断して短くすることだ。フレームとの接合部分からあまり長く伸びていなければ、重みで垂れ下がることもなかろう。フロントキャリアも外しておけば、リアと同様フロントも蝶ネジ3つで簡単に泥よけが外れる。
 ただし、泥よけのフロントフォークよりも前部に突き出した部分も重要で、もしこれがないとスピードを出した時や向かい風の時には、タイヤ上部から前方斜め上に打ち出された水撥ねが風圧で戻され太ももに着弾する。そのため、タイヤの上部の水撥ねを泥よけで押さえて、前方下方向に水が飛び出すようにしておけば、風圧を受けても脚に届くまでに落ちるというわけだ。
 暑かったり、ペダリングの抵抗になったりするのを避けて、少々の雨ではカッパのズボンをはかないことが多い。その時タイヤが拾い上げた路面の泥水を被弾し続けるのは嫌だ。
 輪行するのは年に数回のこと。しないときには今まで同様の状態でいたい。というわけで、フロントの泥よけを2通り備えることにした。
 まず、現行、つまり古い方の泥よけの、前川の先端から20cm位を金ノコで切断。随分前にいつか使うだろうと思って100円ショップで買った金ノコだが、ちゃんとアルミの泥よけをカットすることができた。テストとしてとりあえず装着してみる。タイヤとの干渉はない。
Dscn3912Dscn3913

 ならば先端をそれらしい形に整える。まずは、金切りバサミで大まかな形を作って、草刈機の歯を研ぐ電動砥石で滑らかに整形する。最後はサンドペーパーでバリを取って完成。ちょっと突き出し部分が短すぎて不恰好なような気もするが、フロンとバッグをつけたらあまり気にならないか。
 ただ、泥除けがちょうどタイヤの最上部で途切れている。ということは、タイヤ上部の水撥ねが前方水平方向に打ち出されるので、風圧と重力を受けて靴のあたりに水がかかる心配がある。輪行のないときには、こちらは使わないでおこう。
 Dscn3917Dscn3921Dscn3922


Dscn3929Dscn3930

 次に、先日京都で買ってきた新しい泥よけを加工。フロントフォークの根元のフレームに装着するには、泥よけを吊るダルマねじを、フレームの内部に入れフロントキャリアを固定する軸を通す。こちらは輪行を想定しないので、工具なしで外せなくてもよい。ダルマねじとフロントキャリアの固定箇所に穴をあけ、反対側の先端付近にもU字ステイ用の穴を開ける。すると完全タイプの泥よけが完成。
Dscn3909Dscn3910Dscn3911


 ちなみに、泥よけ表面は、つるんとした無地タイプ、亀甲タイプ、スリットタイプなどがあるが、元々スリットタイプ。京都の店では「たぶんこのタイプなら前後で違和感ないだろう」と、店にあったスリットタイプを選んだが、実際新旧付き合わせてみると、全く同じではないか。というわけで、形状は全く一緒なのだが、輝きの違いがあまりにもすさまじい。これが20年の蓄積されたもの、ということか。
Dscn3907Dscn3925Dscn3923


 というわけで、輪行ツーリングに行く時(輪行の可能性がある場合)は古いほうのカットした泥よけを、輪行袋を携行しない場合には新しいピカピカの泥よけとフロントキャリアを、あらかじめツーリングの前に装着するということにしよう。

|

« 雨の大阪京都ぶらり | トップページ | 自然災害の多い年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランドナーの泥よけを変更「お手軽輪行仕様」に:

« 雨の大阪京都ぶらり | トップページ | 自然災害の多い年 »