« 東信濃遠征「パスハンティングの秋、ランドナーの秋」(7:帰路とデータ編) | トップページ | 丹波の優しい峠めぐり(三春峠など) »

2016/10/30

気がつけば晩秋

 彼岸を過ぎても蒸し暑かったが、いつの間にやら晩秋。明日から旧暦の10月。「小春」である。この時期の晴天を「小春日和」という。ちなみに俳句では、小春日和は冬の季語。この前まで夏だったのに。
Dscn4325

 天橋立では蜃気楼の一種、浮島がみられるようになった。
Dscn4326P1030009

 また、今年は柿が極端に実らない。左が今年、右が2011年。
 紅葉もあまりきれいでなさそう。

|

« 東信濃遠征「パスハンティングの秋、ランドナーの秋」(7:帰路とデータ編) | トップページ | 丹波の優しい峠めぐり(三春峠など) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気がつけば晩秋:

« 東信濃遠征「パスハンティングの秋、ランドナーの秋」(7:帰路とデータ編) | トップページ | 丹波の優しい峠めぐり(三春峠など) »