« オホーツクから道北への自転車旅10 | トップページ | 久しぶりの B and B 通勤 »

2016/08/26

オホーツクから道北への自転車旅11

■データ編およびダイジェスト映像
◎走行データ
0日目
 舞鶴市内    2.24km
1日目
 小樽市内    4.55km
2日目
 小樽市内    6.13km
 遠軽 - 興部  74.20km
3日目
 興部 - 猿払 133.88km
 猿払村内    9.57km
4日目
 猿払 - 稚内  92.36km
5日目
 礼文島内   19.85km
6日目
 豊富 - 幌延  42.78km
 小樽市内    2.53km
7日目
 舞鶴市内    2.48km

計       390.57km

◎費用   計80051円
交通費    51720円
・新日本海フェリー  : 26480円
  舞鶴・小樽間往復(往路10800円+自転車2980円、
      復路9720円+自転車2980円)※復路は往復割引
・JR北海道      :19460円
  小樽・遠軽(乗車券5720円+指定席特急券2900円)
  稚内・豊富(乗車券930円)
  幌延・小樽築港(乗車券6800円+指定席特急券3110円)
・ハートランドフェリー:5780円
  稚内・礼文島香深港(往路2260円+自転車1260円、
      復路2260円)※復路は自転車は輪行で手荷物扱い
宿泊(入浴) 11690円
  ライダーハウス2泊(日帰り入浴施設2回)、
  旅人宿2泊、ユースホステル1泊、
食費     13681円
  行動食、飲料、宿の食事代
その他     2960円
  土産等

◎ダイジェスト映像

|

« オホーツクから道北への自転車旅10 | トップページ | 久しぶりの B and B 通勤 »

コメント

 2年連続の北北海道自転車旅行ですね。今回は天気も良く、トラブルもなく順調のようで、それが道内5泊6日(?)も続いてラッキーでしたね。今年は北海道に雨が多いから。
 費用で目を見張るのは宿泊費。5泊でそれだけの値段ですか?ライダースハウスも知らないけど、あしたの城は一見ペンションに見えます。そんなに安いのでしょうか?
 北海道から舞鶴に戻る感覚は、3000m級の山から一気にふもとに下りる感覚に似ています。涼しいのでしょう。行ってみたい。

投稿: すう | 2016/08/31 06:06

 道内5泊6日なのか、5泊5日と数えるのか良くわかりませんが、ライダーハウスの2泊が大きいですね。特に、ルゴーサ・エクスプレス。
 宿泊料、ウソでも間違いでもありませんよ。こうした安くて宿主や旅人同士の距離が近い宿が充実しているのが北海道で、次点が信州およびその周辺、そして東北といったところですが、最近はゲストハウスという形であちこちに広まってきましたね。京都市内にもたくさんあります。
 いわれてみれば、あしたの城の建物はおしゃれですね。宿主さんが個性的なのであんまり意識していませんでした。今は普通ですが、25年前はむちゃくちゃ面白かったです(どう面白いかはここでは内緒としときます)。北海道の中では道北が一番好きなんですが、それは初めての旅でここに泊まったことが大きいです。半年後に自転車でも再訪しましたし。以後、道北は遠くてなかなか泊まりにいけませんでした。
 さてその宿泊料3700円。やっぱりちょっと高めですね。ちなみに25年前は二食ついてちょうどその値段でした。ちなみに現在は二食付きで5200円。25年で1500円の値上げということになります。いずれにしてもユースホステルよりわずかに高い料金をキープしています。あ、会員でなければユースホステルのほうが高いか。
 10年ちょっと前までは新日本海フェリーの料金が安い上に、小樽に早朝到着で1泊分が浮いて、テントも使って…。同じような旅程で2万円ほど安く上がった記録も残っています。同じ日程で信州辺りに行くより安いくらいですね。   http://www.geocities.co.jp/Athlete/3519/kitamiti.htm
 最近は自転車ではテントを持たないスタイルが定着しました。自転車はMTB、荷物は少なめ、そしてキャリアを使わずザックを背負う、すべて手軽な輪行のためです。これで10~15分で作業ができます。
 でも、夏にザックを背負って走れるのは、道北と道東くらいに限られます。小樽辺りでも暑いですね。真夏日になります。函館だと、本州とあまり変わらないでしょう。道北や道東ならば下手をすると夏日にもならないことがあります。
 7月、関東地方がなかなか梅雨明けしなかった時期には、北海道は春の高気圧に覆われさわやかな晴天続きだったそうです。小樽でも、ストーブを使う時間帯があったほどです(まあ、道東や道北では夏でも普通にあり得ることですが)。関東地方が梅雨明けすると、梅雨前線が北海道付近まで北上しぐずついた天気続きとなり、北海道にしては蒸し暑い状態でした。その後台風の波状攻撃におそわれることになってしまいました。奇跡的に雨を避けることができました。
 この夏も丹後は、猛暑日や熱帯夜はそんなに多くありません。すうさんのところもそうだと思いますが。道北ほどではないけど、京都市内や大阪の都市部と比べると過ごしやすいです。

投稿: はいかい | 2016/09/01 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オホーツクから道北への自転車旅11:

« オホーツクから道北への自転車旅10 | トップページ | 久しぶりの B and B 通勤 »