« 青空と樹氷の氷ノ山三ノ丸 | トップページ | 雪が少ない冬 »

2016/02/15

春一番その翌日は冬本番

 12日、丹後半島の平野部では、朝は0度近くまで冷え込んだが、春の日差しで気温は上昇。最高気温は17度まで上がった。安心してスーパーカブで出勤。肌をなでる風は、暖かく乾いた春の風。自転車に乗りかえれば汗ばむほど。午後は、強い南風が吹き荒れ、春一番か、と思われたが南風は日本海側のみ。近畿地方の基準点である大阪は北寄りの風なので春一番とはならなかった。
Dscn0436Dscn0433

 13日は雨でも、やはり17度前後まで気温上昇。14日は暖かい朝。雨は朝のうちで、昼ごろから曇りの予報だったが、日本海側では、気象庁の降雨レーダーにも表れない霧のような細かい雨が断続的に降って、気温がじわじわと下がってきた。
 日付が変わる前に10度を下回り、14日の24時がその日の最低気温観測。同時に、0時が15日の最高気温。朝はうっすらと白く雪化粧。日中も断続的に湿った雪が降り、夕方から少し積もってきた。
Dscn0441


 ちなみに、気象庁は14日午前「関東と東海、北陸、それに中国地方で春一番が吹いた」と発表。

|

« 青空と樹氷の氷ノ山三ノ丸 | トップページ | 雪が少ない冬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春一番その翌日は冬本番:

« 青空と樹氷の氷ノ山三ノ丸 | トップページ | 雪が少ない冬 »