« 大江山連峰鳩ヶ峰北面から東尾根(鳩の山に雪を!2016) | トップページ | 神鍋高原旧アルペンローズスキー場 »

2016/02/01

久しぶりのスーパーカブ

 雪溶かしの雨は止み、最高気温は10度を越えて暖かいのでスーパーカブに乗った。正月明けに通勤で乗って以来だ。ところが自転車を下ろして走ったら、雨が降ってきた。西からの強い風を伴って結構な雨脚となり、ぬれてしまった。カブを停めたところは西が崖でしかも木陰になっているので、雨を避けることができた。落ち着いて支度を整え、カブに乗り換えて帰宅。自転車と違って、防寒着やナックルガードがあるので自転車と比べて雨は気にならないのだが、それでもひざ掛けから滴る雨水でズボンの裾がさらに塗れる。靴の中まで浸みないうちに何とか家に到着。
Dscn0163Dscn0165Dscn0170

Dscn0171

|

« 大江山連峰鳩ヶ峰北面から東尾根(鳩の山に雪を!2016) | トップページ | 神鍋高原旧アルペンローズスキー場 »

コメント

 この時期は日本海側は雪や雨でなかなか乗れないですね。こちらの内陸部は、マイナス気温がしょっちゅうですが、よくバイクに乗っています。
 以前より厚着しているのと、グリップヒーターのおかげで快適度が増しました。
 よく乗っているので今年中に5万キロ突破です。最近パンクしたので、それを契機にタイヤを交換しますが、ダンロップD104で10ヶ月でした。今度はBSのG556にします。もう少し乗れるでしょう。

投稿: すう | 2016/02/07 09:11

 当方はやっと4万kmを越えたところです。
 気温が氷点下でもカブで出動とはすごいですね。防寒対策なら色々とやれますが、路面凍結が怖くて。通勤だと朝から走らないといけません。
 例年だと、路面に雪がなくなっても路肩からの雪解け水が凍るので冬の間はほとんどカブに乗ってません。ところが今年は路肩にも雪がないので、5日に通勤で乗ってみました。丹後の各地のその朝の最低気温は氷点下1~2度。標高200m弱の峠道は速度を落としてこわごわ走りました。特に日陰は。結果的には一切凍結はなく、ほぼ完全にドライの路面でした。
 すうさんの通勤コースは(お住まいを含め)、半分以上が上記の峠よりも標高が高い区間だと思いますが、大丈夫なものなんですか。

投稿: はいかい | 2016/02/07 21:32

 雪が少ないので路肩に雪が無いことが多く、融雪剤をこまめにまいてくれるから安心できるんだと思います。凍結は怖いです。道がドライだと安心できます。

投稿: すう | 2016/02/12 20:24

 日中であれば何の心配もいらないのですが、通勤の場合は朝の気温がまだ上がらない時間帯に走らないといけないのが怖いところです。この日は、ほぼ完全にドライで、凍結防止剤も巻いてあり、結果的には全く問題なかったので、場数を踏めば安心して走れるようになるのかもしれませんが、でも相手は自然なので慣れるのもかえって怖いように思います。まあ、怖がりなのも、悪いばかりではないと思うので、冬場のカブ通勤はほどほどにしておきます。春になってから存分に乗ればいい、というわけで。

投稿: はいかい | 2016/02/15 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのスーパーカブ:

« 大江山連峰鳩ヶ峰北面から東尾根(鳩の山に雪を!2016) | トップページ | 神鍋高原旧アルペンローズスキー場 »