« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016/01/25

ようやく積もった

 1月25日朝、京丹後市の平野部にある自宅の玄関先で積雪15~20cm。そろそろかなと思って昨夜のうちに用意しておいたスノーダンプで出勤前に除雪。気温が低くて雪が軽い。
Dscn0035


| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと雪遊び(丹後半島碇高原笠山三角点)

 この冬最大の寒波到来で、雪が断続的に降り続く予報だった1月23日、午前中は曇天。降り出しは夕方みたい。朝には少し積もっていた雪も解けたので、午後に自転車で一走り。走り出してしばらくして小雨が降り出し、そのうち本降りとなった。防寒のために合羽を羽織っているので何とか10km余り走り切った。走り終えたらそのまま車庫の中でスキー板にホットワックスをかける。が、アイロンの使い方がうまくいかずにこの日作業できたのは1セットのみ。雨は夜に雪に変わった。
Dscn0009Dscn0014Dscn0018


 そして、北近畿の平野部が真冬日寸前まで冷え込んだ24日午後、ようやくこの冬初めての雪遊びに、丹後半島の「お手軽バックカントリー」碇高原へと出向いた。気温は低くても、午後には雪は小康状態となり日が射してきた。チャンスなのだが、なかなか腰が上がらず15時半過ぎにようやく家を出る。23km、普段ならクルマで30分の碇高原まで、雪道のためこの日は40分近くかかった。スイス村スキー場から帰ってくるスキー客のクルマ3,4台とすれ違った。
Dscn0024Dscn0025P1080321


 ステップソールの板をつけて歩き出したのは16時半を過ぎてから。思いのほか雪は多く、そして雪質もまずまず。もっと早く来てたくさん遊びたかった、と思うも後の祭り。笠山三角点まで登って滑り降りる1本のみ。
P1080317_1Dscn0033Dscn0028


 北方向の日本海波すぐそこまで真っ黒な雲が迫っているが、東西南の3方向は晴れていた。特に東方は若狭・近江・美濃の境界の山々まで見渡せた。
 この日使った手掘りステップソールの板は、まだワックスをかけていなくて、滑る前には滑走面についた雪を落とす作業をしなければならなかった。翌日、遅ればせながら、ワックスをかける。
Dscn0039


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/01/24

寒いけど雪は少な目

 1月24日、京丹後市のお隣、豊岡市のアメダスの観測では、最高気温0.3度。それは23日から24日へ日付が変わった直後に観測されたもので、1時には-0.5度となっている。つまり、24日になって数分で氷点下となり、そのままマイナスの気温を維持しいている。この原稿を書いている時点でまだ24日が1時間ほど残っているが、この後気温が上昇することはまずないだろう。つまり、ほぼ真冬日ということ。ちなみに最低気温は、21時過ぎの-5.3度。
 さらに鳥取市は最高気温が-0.8度で、見事に真冬日。
Dscn0021P1080309

 こんなに寒いけど雪は控えめで、朝起きた時には積雪5㎝ほど。除雪するほどではない。午前中は雪が舞っていたものの、午後になって雪は止み、時折日が射す。それでも、低温のため雪は解け残り、朝夕は蛇口によっては水が出にくくなった。
 明日の朝の冷え込みはきつそう。雪はあんまり降らないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/21

やっと冬らしくなった

 1月19日、待望の寒波到来で丹後半島の平野部でもうっすらと積雪。京丹後市などに前夜に発令された暴風雪および波浪警報は終日継続。
P1080247


 強風が吹き荒れたが、二つ玉のうちの比較的小さいほうの低気圧が日本海中部にあり、西日本では西または南西の風。これにより、内陸までの雪雲の侵入は少なく、降雪は海岸沿いに多かった。もちろん、強風の影響で海岸の積雪もわずかなもの。
 翌20日、未明に暴風雪警報は解除。波浪警報は継続。夜明け辺りから風向きが南西から北西に。風はまだ強い状態なので、内陸部まで雪雲が侵入。中央分水界より南側にも積雪をもたらした。ただ、日付が変わってしばらくは氷点下だったが、未明から気温が上昇して夜明け前にはプラス4度くらいまでやや急激に上昇。夜の雪は、朝にはかなり湿った状態になって降り、路面はアスファルトが露出。日中も、雪、みぞれ、あられ、と寒波としてはいま一つ。
P1080291


 そして21日は、寒気はどうにか居残っているものの冬型気圧配置は緩み、「みぞれ時々湿雪」の空模様。雪は解けていく。週末の寒波に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/19

亀岡盆地から樒原へ(七谷・愛宕林道周回)

 1月中旬になっても丹後に雪は積もらず雨が多い天候。またも南へ。今度は亀岡盆地の東部、亀岡市国分。要するに亀岡市外から桂川(大堰川)を渡った北側。「和らぎの道(やわらぎのみち)」という森林浴やお花見を楽しみながら歩けるウォーキングコースの駐車場にクルマを停める。雨の降り続く丹後の空がうそのように、明るい空。路面は完全にドライなので、今日もクロスバイクで。
 本日は、亀岡盆地を東から見下ろす牛松山の周りを2つの林道を経由してぐるりと巡る。スタート地点の標高は、118m。
 まずは、盆地の東の縁、集落の中を行く細い府道25号線を北上して七谷川に沿った七谷林道へ。法面は岩のごつごつした崖がそびえ、山深い雰囲気となる。道はほぼ1.5車線であるが、たまにクルマが通る。
P1030774Img_0077

 林道が分岐している。牛松山に上っていくようだ。ただし、「不法投棄および盗木のため通行止(パラグライダーを除く)」として鎖で塞がれていた。
Img_0079Img_0081

 水量の少ないダムを過ぎ、さらに登っていくと道路が二股に分かれていた。七谷林道はここで終わるようだ。そこは川の合流点で、平坦で開けた地形となっていて、牛か何かの畜舎があった。あとで地図を見ると、亀岡市と京都市の境のだった。
 どちらに進むか迷った挙句、左に行ってみる。やや急な登りを越えて、満々と水をたたえたダムの堰堤に登り、こちらは間違いだと気づく。分岐まで戻り、今度はもう一方の道を登る。放し飼いの犬がワンワンと吠えながら追いかけてきた。ただし、深追いはせず畜舎の敷地の境界付近の道の真ん中にお座りしてこちらを見ている。まさに番犬だ。そして、こちらは退路を断たれてしまった。
Img_0088Img_0089

 こちらの道は比較的緩やかな勾配が続く。前方にそびえる山の頂付近の杉林は雪で白くなっている。その場では愛宕山かと思っていたが、地蔵山だった。
 そのうち樒原の集落が近づき田畑が見られるようになる。集落に入ると道は恐るべき急勾配となった。あえぎながら行く。集落の上部を等高線に沿ってのびる府道50号線は、8年前にMTBであたご山に登った時に通っている。その時にはあまり意識しなかったが、集落の下から登っていくと樒原は急傾斜地の秘境集落であることが実感できる。棚田も広がっている。標高440m。
Img_0090Img_0091Img_0931


 前述のとおり、府道50号線は8年ぶり。愛宕神社や愛宕山へのダブルトラック道の入り口など懐かしい。樒原は京都市だが、ダブルトラック道入り口付近が市境で、亀岡市に戻る。この辺りが本日の最高地点で、標高501m。
Img_0095Img_0097Img_0099


 アップダウンしながら山腹をまく道をさらに南下していくと、また市境の神明峠。標高423m。ただし、京都市側には越えずに、峠から分岐する愛宕林道を下る。この分岐も8年前の記憶にはっきり残っている。が、入り口がゲートでふさがれたやや荒れたコンクリート舗装の急激な下りに躊躇する。ちゃんとと折れるだろうか。ゲートの脇には人が通れる隙間が空けられ、歩行者の侵入は規制していないようだ。なら、大丈夫だろう。それに後戻りはできない。
Img_0101Img_0102Img_0105


 急勾配は出だしのみだった。日のあたる気持ちのいい道だ。谷に下りると、府道50号線から見下ろしたほとんど水のないため池に到着。ただしその手前にはいっぱいに水が張られたため池。農業用水と防火用水という名目で分けて二連式かも知れない。ちなみに、私の済む集落でもそういう形になっている。
Img_0106Img_0108Img_0109


 谷につけられて道を下っていくと、前方を2人の男性が歩いている。作業服姿で脚立を担いでいる。何かの作業あるいは調査だろうか。道幅が狭いので背後から声をかけると、突然の声に少し驚きながら道を空けてくれた。そこから1kmほど下ったところにゲートがあり、そこクルマが停められていた。
Img_0110Img_0112Img_0115


 無事愛宕林道を通過して降り立ったのは保津の集落。標高99m。府道25号線でクルマを停めた国分へ。
 13:36~15:36、約17.3km、1月中旬。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/01/18

丹波の小さな片峠めぐり(兵庫県篠山市・京都府京丹波町)

 正月が明けても全く雪が降らないから、雪遊びができない。でも、日本海側は雨の日が多い。自転車に乗るためには雨が降っていない地域まで南下するしかない。というわけで丹波の国、兵庫県篠山市(西紀町)遠方の草山温泉へ。日帰り入浴施設「観音湯」の大駐車場にクルマを止める。入浴施設は改修工事で閉館だが、ゲートボール場は賑わっている。
 自転車を下ろし前後輪を装着。福知山市街辺りで雨はほとんど降っていない状態となり、さらに南下するにしたがって空が明るくなってきた。ただし、朝のうちまではこのあたりでも降っていたようで、日当たりの悪い林間では路面がぬれている箇所がありそうだ。クロスバイクに簡易泥除けを装着するつもりでいたが、装着し忘れてスタート。標高154m。
 まずは、府道711号線で東へ。すぐに林間に入り道幅が1~1.5車線に狭まる。そして県境の峠へ向けての上り坂となる。道路の脇を沢が流れ、ちょっとした滝が連続している。木漏れ日が心地いい。路面は湿っているが、大きく撥ねが上がるほどではない。
P1030701P1030705P1030706


 峠を越えると京都府京丹波町(旧瑞穂町)となる。峠の標高は254m。兵庫側の県道711号線は滝の連続する沢の流れに沿ってそれなりの勾配・標高差を上ってきたが、京都府側の府道711号線はすぐに田んぼや茶畑、さらには民家まで現れる緩やかな地形。いわゆる片峠である。この辺りは、片峠の宝庫だ。
 県道および府道711号線のこの区間は5年ほど前に逆方向で走破済みで、田んぼや集落の様子の記憶がよみがえる。
 鎌谷奥から鎌谷中へと下り、南へ分岐する細道へとハンドルを向ける。分岐点には「通行止」の立て看板。工事期間が表示されているわけではなく、工事車両が出入りしている雰囲気もない。となれば行ってみるしかない。標高189m。
P1030709P1030710P1030714


 すぐに民家も田畑もなくなり、林間へ。しばらく下ると、法面が崩れたあとがあった。法面を覆っているコンクリートの壁も道路側に倒れている。ただし、土砂は撤去され、クルマの通行は可能。先程の「通行止」の根拠はここに違いない。応急処置はされていいるが完全には復旧していない、状態で放置されている。分岐点の「通行止」の表示から感じたのは、まさにこの状態だった。つまりクルマがほぼ通らない、快適な道、というわけだ。
P1030716P1030719P1030720


 道は徐々に勾配を増し、峠の手前ではおそらく20パーセント近い勾配となった。
 標高340mの弓谷峠は、京都・兵庫の府県境であると同時に、中央分水界でもある。峠の北側は由良川水系で日本海側だが、南側は加古川水系で瀬戸内海に注ぐ。
 峠を越えると下りも急勾配。ただし、短くてすぐに周囲は畑と民家になる。これも片峠といえるかも知れない。降り立ったのは藤坂の集落。標高297m。
P1030724P1030725P1030726


 県道300号線に突き当たる形だが、その手前の農道に左折し西へ。並行する県道は、何度もクルマで走っている道だが、やはり自転車の速度だと新たな発見がある。立派な農家が多く、茅葺の門屋がある。用水路には水車が回っているが、それは自転車のホイールを活用したもの。よく見ると、ハブダイナモ。「もしかして水力発電?」かと思ったが配線はなかった。
P1030727


 農道は県道に合流し、藤坂峠へ向けて登る。左は三嶽、小金ヶ嶽から連なる八ヶ尾山。多岐アルプスと呼ばれる連山だが、その東端の八ヶ尾山にはアルプスの険しさは感じられない。また、右の稜線は先程越えてきた弓谷峠のある府県境の尾根。
 標高340mの藤坂峠まではひと登り。そして、今度は下りが長い。ついでにいうと、由良川の流域、つまり日本海側に戻った。やはり片峠だ。長い下りを経て降り立った集落は川坂。ここも茅葺屋根の民家が多いが、ほとんどはトタンを被せてある。また、集落の手前では以後を振り返ると三嶽の頂が見えた。
P1030731


 県道300号線は、西から北へと進路を変え、やがて県道97号線に吸収され、草山温泉へ。
 12:00~13:38、約19.7km、1月上旬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/04

丹後半島内浦の周回コースに新たなバリエーション

 年末年始は雪もなく、特に年が明けてからは春先のように穏やかな日和。冬とは思えない。毎日欠かさず自転車に乗っている。
 3日、ひと月前に浮上してきた懸案を解決しに行く。丹後半島の先端部、伊根に近い宮津市の奥波見と長江(舟ヶ谷)との間は、笹ヶ尾山と千石山の鞍部になっていて長通り峠という。その峠から、北に向かい笹ヶ尾山の西の山腹を巻いて日ヶ谷(ひがたに)に至る道を通ってみることである。
 12月の初めに長通り峠で自転車を積んだクルマに乗った男性2人組から、その道が通れるかどうか尋ねられた。何でも日ヶ谷側に「通行止」という表示が立っていたとのこと。
 長通り峠から日ヶ谷までの区間はGogleストリートビューから外れている。京都府の道路情報管理・提供システムのサイトで見る限り、通行止めとはされていない。細い山道といえそこは府道なので、何かあれば表示されるはずだ。あるいは、自動車が通れないような細いダート道なのか。
 というわけで、もう行ってみるしかない。迷わず行けよ、行けばわかるさ、ありがとー、だ。
 午後をだらだら過ごし怠惰な生活をどうにか抜け出す。夕方近くになっても初詣客で賑わう、丹後一ノ宮「籠神社」の前を経由し、宮津市里波見へ。クルマから自転車を下ろし、車輪と泥除けを装着。今日もランドナーだ。やっぱりこの時期は泥除けが必要だ。道の区間はダートの可能性もあるが、だとしても距離は短いのでオンロードタイヤのホイールを選択。
P1030644P1030646

 波見川に沿って、里波見、中波見、奥波見と遡る。細い道だが、府道621号線だ。そして長通り峠に到着。峠を越えると府道620号線で、621号線は峠から日ヶ谷への懸案の区間へと続いている。
P1030647


 いざ未知の区間へ。里波見は海岸沿いの集落で、長通り峠は標高190m余り。そこからさらに登る。路面には落ち葉や木の枝が散乱し確かに余り通行がなさそうに見受けられる。法面には土砂崩れのあともあり、大雨の際に一時的な通行止めはありそうだ。谷側のブッシュが途切れた。ちょうど真南に波見川の谷をまっすぐに見下ろし、その向こうには由良ヶ岳、赤岩山がぼんやり見える。その先が最高地点で、標高260mほどの峠。笹ヶ尾山と角突山の鞍部。峠の向こうは、蛇行しながら一段下った道が、平坦な高原をうねって行く。その奥に見える山肌に張り付いた集落は日ヶ谷の端郷だろうか。さらにおくのぽこっとした頭は、船津山か。背景が海が見えているかどうかは良くわからない。
P1030648P1030651P1030655


 さあ、登りの途中で脱いだアウターウェアを着て下りにかかる。路肩が少し崩れているところもあるが、通行に支障はない。クルマだって問題なく通れる。と思ったら対向車が来た。
P1030658P1030659

 ヘアピンカーブの先端が橋になっていて、その沢に水が勢いよく流れている。そこからすぐに日ヶ谷集落に到着。全面舗装だった。府道625号線に合流し、海沿いの岩ヶ鼻まで下る。日没時刻を過ぎ薄暮となったのでライトを点灯。国道178号線で里波見へと戻る。若狭湾に面した海岸は、丹後半島の山々が北西の季節風から守ってくれるのでいつも波が穏やか。波打ち際まで畑や花壇がある。
P1030661P1030663

 長通り峠から長江に下る里波見起点の周回コースだと距離が12kmで標高差190m。それに対して今日のコースだと15.9kmの260m。バリエーションが増えた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/01/01

2016年走り初めでコウノトリに出会う

 年をまたいで2日連続でコウノトリに出会った。こいつは元日から縁起がいいよねぇ。昨日に引き続き2羽のペアだったので、同じ個体かもしれない。が、すぐに飛び立ってしまったので足環がわかるような写真は撮れなかった。
 さて、今日は年明け早々、新コース開拓。一昨日初めて走った峠道を地図上で見ていたら、また別の道が気になってきた。Googleストリートビューでは見られないダブルトラックで、起点終点の分岐は舗装だが、途中でダートになっている可能性が高い。まあ、行ってみればわかること。
P103061711P1030618mp4_000011707P1030618mp4_000027975


 まずは一昨日の峠道を今日は逆向きで向かう。夜中の雷雨がうそのように青空から日差しが降り注ぐ。峠道のふもとでコウノトリに遭遇。観察員をしているという年配の男性も自動車を止めて観察中だった。峠のお地蔵さんには花や湯飲みのお茶が供えてあった。
P1030624P1030625

 今日発掘した道は、予想通り途中でダートとなった。しかも、日当たりの悪い谷にありぬかるんでゆるんだ路面を自動車によって踏み固められた、幅20cmほどの窪んだレールになっている。坂道だが下り方向でよかった。レールを外すことができず、まっすぐに行くしかない。水たまりがあるが、泥除けのおかげでスピードを緩めず突っ切ることができる。グリップが弱い路面でまったく蛇行できずに登りだと、大変に苦労するところだった。こちら向きの周回で正解だった。
P1030626P1030631P1030632


 走り終えてみれば、最大標高差100m位で11km余りのちょうどいいコース。交通量も少ないので、休日のお散歩コースとして今後も利用できそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »