« 西脇雨中走行 | トップページ | 加西北条のショートダブルトラック »

2015/12/24

多可町加美区の川と山の里の周回コース

 1週間前に西脇を走った。アプローチの途中、多可町加美区で気になるものを見かけた。ちょっと年季の入った佇まいのラーメン屋だ。駐車場に結構クルマが止まっていた。家に帰ってから調べたら、「播州ラーメン」の店のひとつとのこと。播州織の女工さんの口にあわせた甘口のしょうゆラーメンだそうだ。これは、賞味しておくべきだった。
P1030386


 というわけでもう一度訪れる。多可町加美地域局(旧香美町役場)の斜め向かいにある「タッチャンラーメン」は昼の時間帯に、播州ラーメンと焼飯セットが750円と安い。麺は基本柔らか目。スープは評判通りの甘めのしょうゆ味。
 店を出ると雨が降り出していた。西脇を走った先週と同じような空模様なのだ。加美地域局の広い駐車場に移動。携帯電話の降雨レーダーを見ると、今はやや強めに振っているが、しばらくすると小降りになりそうだ。本を読みながら待つこと40分、かすかに降っているがほとんど止み間という具合になった。ここが走り出すチャンス。急いで自転車を下しホイールと泥除けを装着。雨が強まることを想定して合羽の上着を着て走り出す。今日も指切りグローブだ。
P1030389P1030390

 まずは杉原川をさかのぼって北上。国道427号線と杉原川の間の田んぼの中の道、あるいは対岸の道をたどる。国道と違って車がほとんど通らないので快適。ただし、走り出してすぐ雨は本降りに戻った。
P1030393


 大袋で国道を渡って西側の山間部、千ヶ峰の懐へ。典型的な中山間地集落の三谷を過ぎると三谷川の谷に入り本格的な登りが始まる。杉原川から標高差300m登らないといけない。
P1030396


 しばらくは林間の中だが、そのうち右手、つまり北側の斜面が開けてくる。「ハーモニーパーク」という農林業公園のようだ。まばらに立つ木々は果樹園と見える。この広い敷地内をヘアピンカーブを連ねて登って行く。バーベーキューハウスや喫茶店、宿泊のコテージなどもあるようだ。上部には発電風車(杉原川沿いからも見えた)、天文台もあった。
P1030399P1030401P1030408


 ハーモニーパークの最上部で山仕事をしている人たちがいた。伐採した木の搬出か林道の工事か。そこを過ぎしばらく登ると千ヶ峰の登山口。三谷川の源流部の谷筋である。次の尾根を越える鞍部が峠なので、まだ標高差100m登らねばならない。
P1030412


 峠は千ヶ峰から笠形山へと続く主稜線を越えるものではなく、多可町へ突き出した枝尾根を越える。枝尾根とはいえ、先端は大きく膨らんで堂々とした山になっている。ちなみにその山頂には三等三角点が設置され点名は「森内山」で、標高651mである。
 さあ待望の下りだ。路面は雨に濡れているが、泥除けがあるので水撥ねなんか気にせずに飛ばす。
P1030416P1030421P1030424


 しばらく下ると傾斜地に、棚田と集落が広がっていた。「岩座神」と書いて「いさりがみ」と読む。茅葺屋根の民家の玄関先に止められたスーパーカブに違和感がない。ついでにいうと、ランドナーも日本の農村風景に良く似合う。標高300mを越える山間地にあるが、結構大きな集落だ。今は雨に打たれて静かなたたずまいの集落だが、春や秋の農繁期にはもっと活気があるのだろう。集落の最下部、つまり麓からの入り口には案内板が立ち「岩座神の七不思議」として言い伝えが記されている。その案内板の地図には世帯主の名前。同じ苗字が多いのですべてフルネームだ。個人情報の扱いもまたレトロ。
P1030425P1030419

 また、集落の上部にはまたも天文台。麓の国道の明かりは森内山にさえぎられるので、さぞかし星がきれいなのだろう。
P1030430P1030432P1030433


 ひたすら下って国道と杉原川を渡り、左岸の道を遡る。川と田園風景の中を行く。現代風のデザインの牛舎が印象的。程なく、クルマを停めた加美地域局に到着。合羽の中のシャツは湿っているし、ズボンは当然濡れている。駐車場の多目的敵トイレで着替える。
 18kmと短いが、登って下って走り応えのあるコースだ。そしてクルマが少ないのもいい。10台も出会っていないだろう。トイレ付きの駐車ポイントもありがたい。なにより、岩座神の集落が印象深い。季節を変えて訪れてみたい。これはリピートもありだ。
 14:34~16:16、18.0km、12月上旬

|

« 西脇雨中走行 | トップページ | 加西北条のショートダブルトラック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多可町加美区の川と山の里の周回コース:

« 西脇雨中走行 | トップページ | 加西北条のショートダブルトラック »