« ビゴーレにデオーレ | トップページ | 播磨中央自転車道から加古川右岸自転車道へ »

2015/10/22

西山の坂を登りきれ

 前の記事「ビゴーレにデオーレ」の続き。
 テレビの地上波や防災無線などの電波を発信するアンテナが林立する西山へ。家からクルマで10分の京丹後市内。成相山よりももっと近くにも急坂があるのを思い出し、つい先日一時復活したTREKのMTBで登ってみたのだった。ふもとから、標高400mの山頂までのコンクリート舗装の道は、距離3.3㎞で標高差340m。平均で10パーセントを超え、ジャイロスコープ機能を使って撮影した写真により算出したら部分的には25パーセントを超える区間も随所にある。
P1020759P1020762P1020764


 以前にも何度か訪れたが、乗車で登れず半分以上押して登った。それが先日、ロー34TのMTBでは全区間乗車でクリアできた。ただし、ノンストップというわけには行かず、何度も止まって休憩したり、写真撮影したりしてではあるが。
P102081600P10208210P1020823

 今度は、Vigoreオリジナルランドナーで挑む。リアスプロケットのローギアが34TなのはTREKと同じだが、フロントインナーの歯がVigoreのほうが2枚多く、ホイールの周長も少しだけ大きい。
 結果的には、成功だった。勾配がきつすぎてクランクを回せなくなることはなかった。これなら、小樽の「励ましの坂」に挑戦できる。

|

« ビゴーレにデオーレ | トップページ | 播磨中央自転車道から加古川右岸自転車道へ »

コメント

 西山って西山から上る道でしたね?
私は20年ほど前に一度だけ上がった事はありますが詳しくは覚えていなかったな。
丹後とおっしゃっている範囲が判りませが、久僧から碇高原へロードバイクで上がったとき上山寺付近が一部きつかった記憶が残ってますね。
丹後の一般道では舞鶴市杉山への道も屈指でしょう。坂は1kmほどですがヘアピンの無いウネウネ道で徐々に緩くなるタイプ。
”励ましの坂”は私は見たことがありませんが、他には1km弱で標高差150m余のほぼ直線路もこちらにあります。(国土地理院の地図にて算出)

投稿: 大江山の仙人 | 2015/10/29 15:32

 丹後限定とは、どなたもおっしゃっていないと思います(急坂古今東西ゲーム開始とも)。ご自由にどうぞ。

投稿: はいかい | 2015/10/29 18:55

丹後にある坂と書かれていたので丹後の坂についてコメントしてみただけですね。
ちなみに私は丹後の境界を正確に知りませんから。

投稿: 大江山の仙人 | 2015/11/02 10:12

 それは、お疲れ様でしたね。
 「丹後にある坂について書かれている」という辺りが何のことかさっぱりわかりませんが、もしかすると「(西山は)家から10分の京丹後市内」ことですかね。市境は、地図に記されていますよ。まあ、境界にこだわっているのはおひとりだけですが。

投稿: はいかい | 2015/11/03 20:11

そうですね。
丹後という地域が現在は地図上から消えていますから人それぞれ、官公庁でもその時々の判断のようです。
兵庫北東部の山々が丹後山地に分類されると聞いたこともあります。
”丹後で一番高い山”は太鼓山と言っているところもあります。丹後と中丹を分けることもあるようです。
現在も残る境界の石柱で旧丹後ノ国の範囲を丹後と位置付ける方もおられます。
20年ほど前、舞鶴の報道関係者から当時の与謝郡を「ここは丹後とちがいますよね?」といわれて驚いたこともありました。
それぞれの考え方はあるでしょうから
はいかいさんが丹後と想定されている範囲が私とは違っているかも知れないから。
市境で分けるのも一つの新たなかんがえかたかもしれないな。

投稿: 大江山の仙人 | 2015/11/18 13:29

 わお、まだこの話続いていたのですかっ!
 しかし、いつも思うのですが、コメントはピンボケなのに(失礼)、自分の主張だけはブレませんなあ。
 毎回仕込まれている突っ込みどころは、もしかすると天然でなく、罠なのか?
 また、コメントのやり取りが進むほどに、ボケを増やしてますよね。

投稿: はいかい | 2015/11/19 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西山の坂を登りきれ:

« ビゴーレにデオーレ | トップページ | 播磨中央自転車道から加古川右岸自転車道へ »