« 猛暑で冷夏だった | トップページ | 2つの台風と線上降水帯 »

2015/09/13

丹後半島先端部一周

 台風が去って西日本では天気が回復。丹後半島の海岸線の中で、国道から離れる野室崎と新井崎をめぐる周回。
P1020281P1020283

 スタートは伊根に近い海岸だが、周回コースのためすぐに内陸部を行く。長雨のため、9月中旬というのにまだ稲がかられていない田んぼが多い。
P1020287P1020284P1020286


 この時期枯れていることが多い布引の滝だが、今まで見た中で一番水量がある感じ。雪解けの時期よりも多い。
P1020289P1020292

 野室崎への標高差130mの急な登りを、ノンストップで踏破。いつも何度も止まってしまうのに。最近、上り坂トレーニングをしているからに違いない。海が青く、若狭小浜の久須夜ヶ岳がうっすら見える。沓島の向こうには、奥越、奥美濃の山々の稜線がかすかに見えるような気がする。
P1020296P1020297

 いったん泊の海岸まで下りて、また標高差100m以上を登る。
P1020301P1020305

 新井の千枚田は黄金色。
P1020306P1020308P1020310


 満開のそばの花と垂れ頭の水田が隣り合わせ。
P1020312P1020315P1020311


 最後は舟屋の伊根湾。
P1020317P1020318

 標高差100~140mのアップダウンが、大きく3つ。距離は26.4㎞。11:23~13:26。9月中旬。

|

« 猛暑で冷夏だった | トップページ | 2つの台風と線上降水帯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹後半島先端部一周:

« 猛暑で冷夏だった | トップページ | 2つの台風と線上降水帯 »