« 礼文サロベツ思い出の道北旅1~旅立ちから礼文上陸~ | トップページ | 礼文サロベツ思い出の道北旅3~愛とロマンの8時間コース~ »

2015/08/19

礼文サロベツ思い出の道北旅2~桃岩荘~

 香深港フェリー ターミナルが近づけば、大きな旗を振り回す人が見える。この景色を見るのは5年ぶり3回目。ああ、またやってきたんだなぁ。
 港に降り立ったら、旗を振っていた人たちに挨拶をして、 フェリーから降りた桃岩荘に同宿する4人と一緒に クルマに乗り込む。この送迎車に乗った時から始まるハイテンションなおもてなしの数々。大きな声と大きな身振り、全力で我々を迎えてくれる。その具体的な内容は内緒。興味があるなら実際に体験して欲しい。
P1010884P1010885

 港のある島の東海岸から、西海岸へ。絶壁と奇岩に囲まれた桃岩荘ユースホステルに到着。シンボルであり、名の由来である桃岩は頂上を霧で隠している。フェリー最終便での到着はなかなか忙しい。食事に風呂に、ミーティングと盛り沢山なのだ。
 大学生の頃からもう26年もの間、ユースホステルを利用しているが、桃岩荘の存在を知ったのは利用し始めて2年目の北海道20日間冬の旅の途中だった。まだインターネットが普及する前のことだから、情報交換は旅の途中の口コミが主流で、桃岩荘のことも当然泊まりあわせた人から聞いた話だった。
 当時、若者の旅離れ、ユースホステル離れが始まっていたし、また国鉄がJRとなり赤字路線廃止の影響もあったのかもしれない。全国的にユースホステルの廃業が進んでいった。その一方で、廃業より少ないながらも新たにオープンするユースホステルや、ハード面、ソフト面を一掃し、生まれ変わっていくユースホステルが見られるようになっていく。食事の内容が良くなり、アルコール飲料が飲めたり、自分が使った食器の洗浄をしなくてよかったりするユースホステルが増えていく。そして、料金も上がった。また、ミーティングも廃止されていった。夕食の後、泊まり合わせたホステラーで、ゲームをしたり歌を歌ったりするというもの。
 私がユースホステルを利用するときにはすでにその過渡期に差し掛かっていたわけだが、ミーティング廃止については既にやっているところはほとんどなかった。また、まだ残っているところでも、お手製のイラストマップをみながら観光案内を聞くというものばかりだった。
 そんな中、まだ盛大にミーティングをやっているところとして、えりも岬、岩尾別(知床)、そして桃岩荘の名前があがっていた。
 それから20年近くが経ち、2009年夏、小樽から宗谷岬までを順調に自転車で走りきり、予備日が余った。稚内のライダーハウスで泊まりあわせた人の「桃岩荘楽しかった」の言葉に、礼文島へと渡った。ヘルパー達の全力もてなしに圧倒され、翌年もスーパーカブで訪れることとなった。
 2011、12年夏は東日本大震災の復興支援に岩手県へいき、2013、14年は日程と天候が合わずどこにも行かない夏を過ごした。
 5年ぶり3度目の桃岩荘、ヘルパーの顔ぶれは全て変わっていたがそのミラクル全開パワーは全く変わらない。「歌って踊ってのミーティング」と聞いて敬遠する人もいるが、ヘルパー側の歌、踊り、話を聞いたり見たりしている方が圧倒的に多い。そして、参加は自由である。
 20数年前、盛大なミーティングで名前が通っていた3つのうち、岩尾別ユースホステルはもうかつてのようなミーティングではなくなったと言うし、えりも岬はユースホステルではなく民宿になってしまった。ちなみに、2001年、民宿になる前のえりも岬ユースホステルに泊まったことがある。当時は、毎夜毎夜大騒ぎをするわけではなく、まず夕食の時の干すテラーの雰囲気を見てその日のミーティングの方針を決めるシステムだった。私が泊まった夜には、幸い(?)にも「今日は楽しく!」とヘルパーが言葉を交わしていた。「岬めぐり」などを振りを付けて歌った。民宿になった今でも、賑やかにやっているのだろうか。かつての常連客が集まることがあるだろうし、そういうときにははじけているのだろう。
P1010997


 桃岩荘のミーティングと並ぶ名物は「愛とロマンの8時間コース」である。車道が通っていない礼文島の西海岸を歩く30kmのトレッキングコースで、今回の旅のメインエベントだ。これは、ガイドツアーではなく、単独での挑戦はNG。一人旅の場合はたまたま泊まり合わせたメンバーでもなんでも2人以上の希望者が集まることが必要。一緒に歩けば親睦が深まる、ということでその名がつけられた。前夜のミーティングのあとに参加希望者に対する説明がある。今日は、雨がパラつく生憎の空模様のため希望者ゼロだったとのこと。でも明日の8時間コース参加者は私を含め3名。さらに途中でコースアウトする4時間コースにも1名が名乗りを上げている。

|

« 礼文サロベツ思い出の道北旅1~旅立ちから礼文上陸~ | トップページ | 礼文サロベツ思い出の道北旅3~愛とロマンの8時間コース~ »

コメント

 ユースホステルはいろんな種類(特徴?)があるんですね。大学生の時に何回か利用しました。安い宿と割り切っていたのでのめり込むことはなかったなぁ。
 最北の島のユースホステルは夏はいいけど通年営業なんでしょうか?夏以外はお客がいないような気がするんですけど。

投稿: すう | 2015/08/25 05:50

 桃岩荘は6月から9月の4ヶ月間のみ営業しています。

投稿: はいかい | 2015/08/25 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 礼文サロベツ思い出の道北旅2~桃岩荘~:

« 礼文サロベツ思い出の道北旅1~旅立ちから礼文上陸~ | トップページ | 礼文サロベツ思い出の道北旅3~愛とロマンの8時間コース~ »