« 台風11号と梅雨明け | トップページ | 西播磨新宮「善定二柏野林道」 »

2015/07/29

西播磨三日月山崎千種南光「縦長周回」

 西播磨シリーズとなってしまった。淡路島を除く兵庫県では、丹後からもっとも遠いというのに。
 白口峠越えのコースを地図で見ていて気になるのが千種の鷹巣地区。先日走ってみてよかった志文川沿いをもう一度走るのも良い。あの時は川の流れに沿って下ったが、今度はじっくり遡って見よう、それも中国自動車道より南から。起点は旧三日月町の中心部辺り。志文川を遡って鷹巣まで北上し、千種に抜けて千種川沿いを南下する周回が浮かび上がってきた。
 ところで、この辺りでは、東西方向よりも南北方向に長い自治体が多い。中国山地を源とし瀬戸内海へ、つまり北から南へと流れる川が並列していて、それぞれの川に沿ってコミュニティが形成されているということだ。中でも、姫路市、佐用町にそれぞれ合併した旧夢前町、旧南光町などはその典型で、まるで南米のチリを思わせる細長さだ。その細長い旧南光町を南北に貫くことを含め、細長い周回コースを行く。
P1010631P1010633


 旧南光町との境卯ノ山峠に近い三日月町の国道179号線のパーキングスペースにクルマを止める。まずは国道179号線を東に2㎞ほど進み、JR姫新線三日月駅の手前で左折、志文川沿いの県道154号線へ。10年余り前にこの川沿いをクルマで走った記憶がかすかにある。川沿いに田んぼがあり、集落が点在するのどかな風景で、自転車で走る機会ができたことはよかったかなと思う。
P1010636

 佐用(旧三日月)から宍粟(旧山崎)へ市町境を超えると中国自動車道が見えてくる。しばらく志文川と中国道と県道が東西に並行して走り、すぐに川と県道は中国道をくぐって北上。
P1010640


 中国道を超えると、先日見た風景を逆方向から眺めて行くことになる。川を遡る緩やかな登り勾配だが、平地同様に軽快に走ることができる。とはいえ、下り基調だった先日と比べればのんびりペース。のどかな景色をよりじっくり堪能することができる。
P1010641


 谷の集落を過ぎると、急に道は細くなり山間部へと入っていく。小茅野川の合流点が、道路の交差点。先日下ってきた白口峠からの道が合流している。今日はその道を右に見送って、そのまま志文川沿いに鷹巣を目指す。この交差点辺りが旧山崎町と旧千種町の町境。志文川は旧町境を貫いて流れている。旧千種町の大半は千種川本流の流域なのだが、鷹巣に降った雨は志文川に流れる。その志文川は千種川の支流であるわけだから、いずれにせよ千種川に流れ込む中での話である。だから、山崎から峠を越えることなく鷹巣へと行き着く。
P1010652P1010655P1010658


 人里の気配のない沢沿いを遡り、田んぼが現れ家が見えてきたら下鷹巣。一つの集落でなく、鷹巣とはいくつかの集落が集まった旧鷹巣村を示すようだ。当初の予定では、下鷹巣から北西の別所集落を目指そうと思っていたが、かつての村の中心を見ていこうと思い、鷹巣集落へ向かう。標高は500mもあるが、それぞれの集落はそれなりに世帯数がある。適当に走っていたら早田(わさだ)の集落から内海へと向かっているようだ。引き返して、戸倉への分岐を探す。コンクリート舗装の細い道だった。旧村内は結構アップダウンがある。集落と集落の間は小さな峠越えとなっていることが多い。ひと山越えてたどり着いた戸倉からさらに小さなアップダウンが続く。千種川本流と、支流志文川の分水界だ。そしてようやく本格的な下りに差し掛かる。
P1010665


 千種川の谷を隔てて大きな後山がみえる。先日、白口峠から見た時と同様、山頂部に雲がかかっている。そしてすぐに斜面にへばりついた中屋、北谷の集落。眼下には千種の中心街を見下ろす。鷹巣が、旧山崎町ではなく旧千種町に属したことがこれで分かった。斜面は山崎側であってもほぼ峠に集落があり、千種の方に距離が近い。ちなみに千種自体の標高が高いので、標高差でも千種の方に近い。
 ジェットコースターのように一気に千種の中心街に下り、県道72号線で千種川の流れに沿って南下。こちらはそこそこ交通量がある道なのだが、千種川を見ながらの下り基調はなかなか気持ちがよい。道の駅千種で小休止をへて、佐用町(旧南光町)へ。ここはひまわり畑の町。だが、まだ花は咲いていない。
P1010667P1010669P1010671


 川沿いは、両側に山が迫って峡谷に近い雰囲気になったり、谷が開けて田んぼや集落が広がったり、退屈しない。中国自動車道の高架をくぐってさらに進むと、今まで以上に谷が開け広々としてきた。旧南光町の中心、徳久(とくさ)だ。川の護岸が新しい。水害の爪痕だ。2009年8月にはこの谷の西隣のレーン、佐用川が氾濫し大きな被害が出たが、この千種川も何もなかったわけではないだろう。ただ、それ以外にも何度も豪雨が訪れているので、いつの水害によるものかを特定することはできない。
P1010675


 田んぼの中の農道を使ってショートカットして、国道179号線へ。卯ノ山峠を越えたらクルマを止めたパーキングスペースへ。
14:55~18:30、55.6㎞、7月上旬、Vigoreオリジナルランドナー
標高データ:三日月町末広[127]-山崎町谷[298]-千草町早田(鷹巣)[612]-千種[321]-徳久[109]-卯ノ山峠[152]-末広

|

« 台風11号と梅雨明け | トップページ | 西播磨新宮「善定二柏野林道」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西播磨三日月山崎千種南光「縦長周回」:

« 台風11号と梅雨明け | トップページ | 西播磨新宮「善定二柏野林道」 »