« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015/07/29

西播磨新宮「善定二柏野林道」

 道の駅「しんぐう」にクルマを止める。まずは栗栖川に沿って西へ。クルマの多い国道179号線を走る気にはならないので、田んぼの中の農道を行く。景色も開けて国道とは別世界のいい雰囲気だ。すぐに平野の集落。国道と栗栖川を渡って、善定の集落へ。奥善定の奥から林道が始まる。ダートの登りがだんだん勾配を増してきつい。谷を詰めたら、道はうねりながら法面をあがっていく。厳しい登りだ。急勾配区間はコンクリート舗装が施されている。道と沢が交差するところは、路面がくぼんでいる。普段は土管で水を流しているが、増水時には路面を川が横切るようにしてある。
P1010714P1010719P1010721


 稜線が近づくと景色が見えてきた。東方の新宮の中心街が見えているようだ。
P1010730P1010731P1010738


 峠はシングルトラックダブルトラックの交差点となっていた。さあ、待望の下りだ。ダートを楽しんでいると、あっけなく舗装路となった。高速道路が見える。播磨自動車道だ。自動車道の側道となって舗装されたようだ。
P1010744


 二柏野の集落で北に進路を変え、さらに下る交差点では、周囲の風景に似合わぬ立派な道。兵庫県立大や大型放射光施設「SPring8」などがある播磨学研都市へのアプローチ道路だ。その広い道を避け、角亀集落から旧道で行こうとするがトンネルは完全にバリケードでふさがれていた。引き返して角亀トンネルを越える。
P1010747P1010750

 しばらくクルマの多い国道179号線を我慢して走ってから、道路の左側、つまり北側を並行する姫新線の踏切を渡って、田んぼの中の道へと逃げ込む。農道はそのうち集落の中の道に変わる。土塀の歴史的な町並みが残る千本集落は、かつての因幡街道の宿場だったと、現地の案内板に記されていた。現在の国道ができる前は、こちらがメインルートというわけだ。能地で国道の南側の農道にレーンチェンジ。こちらも田んぼの中の道だが、ときおり国道の抜け道として使うクルマが猛スピードで通る。
P1010751P1010752P1010755


 善定の入り口で国道の北側へ移り、道の駅に戻る。
P1010756


16:09~18:28、22.7㎞、7月中旬、Vigoreオリジナルランドナー(ブロックタイヤ仕様)
標高データ:新宮町道の駅「しんぐう」[56]-善定[85]-林道最高地点[352]-二柏野(ふたがいの)[214]-栗町[108]-道の駅「しんぐう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西播磨三日月山崎千種南光「縦長周回」

 西播磨シリーズとなってしまった。淡路島を除く兵庫県では、丹後からもっとも遠いというのに。
 白口峠越えのコースを地図で見ていて気になるのが千種の鷹巣地区。先日走ってみてよかった志文川沿いをもう一度走るのも良い。あの時は川の流れに沿って下ったが、今度はじっくり遡って見よう、それも中国自動車道より南から。起点は旧三日月町の中心部辺り。志文川を遡って鷹巣まで北上し、千種に抜けて千種川沿いを南下する周回が浮かび上がってきた。
 ところで、この辺りでは、東西方向よりも南北方向に長い自治体が多い。中国山地を源とし瀬戸内海へ、つまり北から南へと流れる川が並列していて、それぞれの川に沿ってコミュニティが形成されているということだ。中でも、姫路市、佐用町にそれぞれ合併した旧夢前町、旧南光町などはその典型で、まるで南米のチリを思わせる細長さだ。その細長い旧南光町を南北に貫くことを含め、細長い周回コースを行く。
P1010631P1010633


 旧南光町との境卯ノ山峠に近い三日月町の国道179号線のパーキングスペースにクルマを止める。まずは国道179号線を東に2㎞ほど進み、JR姫新線三日月駅の手前で左折、志文川沿いの県道154号線へ。10年余り前にこの川沿いをクルマで走った記憶がかすかにある。川沿いに田んぼがあり、集落が点在するのどかな風景で、自転車で走る機会ができたことはよかったかなと思う。
P1010636

 佐用(旧三日月)から宍粟(旧山崎)へ市町境を超えると中国自動車道が見えてくる。しばらく志文川と中国道と県道が東西に並行して走り、すぐに川と県道は中国道をくぐって北上。
P1010640


 中国道を超えると、先日見た風景を逆方向から眺めて行くことになる。川を遡る緩やかな登り勾配だが、平地同様に軽快に走ることができる。とはいえ、下り基調だった先日と比べればのんびりペース。のどかな景色をよりじっくり堪能することができる。
P1010641


 谷の集落を過ぎると、急に道は細くなり山間部へと入っていく。小茅野川の合流点が、道路の交差点。先日下ってきた白口峠からの道が合流している。今日はその道を右に見送って、そのまま志文川沿いに鷹巣を目指す。この交差点辺りが旧山崎町と旧千種町の町境。志文川は旧町境を貫いて流れている。旧千種町の大半は千種川本流の流域なのだが、鷹巣に降った雨は志文川に流れる。その志文川は千種川の支流であるわけだから、いずれにせよ千種川に流れ込む中での話である。だから、山崎から峠を越えることなく鷹巣へと行き着く。
P1010652P1010655P1010658


 人里の気配のない沢沿いを遡り、田んぼが現れ家が見えてきたら下鷹巣。一つの集落でなく、鷹巣とはいくつかの集落が集まった旧鷹巣村を示すようだ。当初の予定では、下鷹巣から北西の別所集落を目指そうと思っていたが、かつての村の中心を見ていこうと思い、鷹巣集落へ向かう。標高は500mもあるが、それぞれの集落はそれなりに世帯数がある。適当に走っていたら早田(わさだ)の集落から内海へと向かっているようだ。引き返して、戸倉への分岐を探す。コンクリート舗装の細い道だった。旧村内は結構アップダウンがある。集落と集落の間は小さな峠越えとなっていることが多い。ひと山越えてたどり着いた戸倉からさらに小さなアップダウンが続く。千種川本流と、支流志文川の分水界だ。そしてようやく本格的な下りに差し掛かる。
P1010665


 千種川の谷を隔てて大きな後山がみえる。先日、白口峠から見た時と同様、山頂部に雲がかかっている。そしてすぐに斜面にへばりついた中屋、北谷の集落。眼下には千種の中心街を見下ろす。鷹巣が、旧山崎町ではなく旧千種町に属したことがこれで分かった。斜面は山崎側であってもほぼ峠に集落があり、千種の方に距離が近い。ちなみに千種自体の標高が高いので、標高差でも千種の方に近い。
 ジェットコースターのように一気に千種の中心街に下り、県道72号線で千種川の流れに沿って南下。こちらはそこそこ交通量がある道なのだが、千種川を見ながらの下り基調はなかなか気持ちがよい。道の駅千種で小休止をへて、佐用町(旧南光町)へ。ここはひまわり畑の町。だが、まだ花は咲いていない。
P1010667P1010669P1010671


 川沿いは、両側に山が迫って峡谷に近い雰囲気になったり、谷が開けて田んぼや集落が広がったり、退屈しない。中国自動車道の高架をくぐってさらに進むと、今まで以上に谷が開け広々としてきた。旧南光町の中心、徳久(とくさ)だ。川の護岸が新しい。水害の爪痕だ。2009年8月にはこの谷の西隣のレーン、佐用川が氾濫し大きな被害が出たが、この千種川も何もなかったわけではないだろう。ただ、それ以外にも何度も豪雨が訪れているので、いつの水害によるものかを特定することはできない。
P1010675


 田んぼの中の農道を使ってショートカットして、国道179号線へ。卯ノ山峠を越えたらクルマを止めたパーキングスペースへ。
14:55~18:30、55.6㎞、7月上旬、Vigoreオリジナルランドナー
標高データ:三日月町末広[127]-山崎町谷[298]-千草町早田(鷹巣)[612]-千種[321]-徳久[109]-卯ノ山峠[152]-末広

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/23

台風11号と梅雨明け

 7月上旬、北近畿では真夏日がなく比較的過ごしやすい日が続いた。10日ごろ、日本の南海上に台風9.10.11号が並び、湿った南風を送り込んできて、温度と湿度が上昇。16日、梅雨の明けきらぬ西日本に台風11号が上陸、17日に日本海に抜けた。
2015t11


 一足先に日本本土に接近、北上した台風10号のなれの果ての低気圧によって梅雨前線が北海道まで北上していたため、近畿地方の日本海側の降水量はさほど多いものではなかった。北西の風が吹くと時雨れたり、雪が降ったりする日本海側では、台風による南風ではあまり大雨が降ることはない。台風により刺激された梅雨前線や秋雨前線が脅威なのだが、今回はその影響はなかった。
 私の住む丹後半島では、17日の昼過ぎと夜に、1時間当たり5㎜ほどの雨が降ったが、それ以外の時間帯には1時間当たり0~1.5㎜の小雨程度。雨や風の警報は発令されなかった。
 隣の兵庫県北部の但馬地方では、16時夜から17日にかけて大雨洪水の警報が発令されたが、おおむねさほどの雨が降ったわけではないようだった。ちなみに、香美町では警報は出なかった。
 警報は市町村単位で発令される。近年合併により広がった市町村域のいずれかの場所で、局地的に強く降る場合でも市町村全体に警報が発令される。
 例えば、今回の豊岡市では、豊岡中心街のアメダスでは、丹後と同程度の降り方だった。旧但東町、旧日高町などの一部で多く降っていたようだ。
 しかしながら、京阪神地区では日本海側とは全く異なる様相だったようだ。交通の混乱は、台風が日本海に去った18日まで残った。
 上のGIFアニメーションは、17日昼前から18日朝までの降雨レーダー画像である。11の丸数字は、台風の中心を気象庁などの経路図を参考に当方で勝手に加えたものである。
 瀬戸内側、太平洋側の南に開けた土地で多く降っている。ちょうど、北西の風の場合の裏返しの現象である。
 時系列でみると、台風の北上とともに強い雨域も北上するわけでなく、しつこく同じような場所で強く降り続いている。理由は、風向きが変わらないからである。
 台風が四国や近畿地方などに接近中に奄美、上陸して南九州が梅雨明けした。その台風が去って関東甲信、東海、近畿、中国、北陸と梅雨明け。しかし、その後も天候は不安定。九州北部と四国は23日の時点でまだ梅雨明けしていない。今年も、また天候不順の夏となるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/21

小径車復活

 ちょっと日数がかかったけど、雨ばっかりの天気で乗れなかった。ぶよぶよに劣化したノーパンクのリペアゲルが新しいものに変わり、もちろんタイヤとチューブも新品でとなった。リペアゲルがしっかりしたおかげで、明らかに転がり抵抗が少なくなった。
 台風が去った三連休は、過ごしやすい気温の初日、朝は涼しかったが日中蒸し暑くなってきた中日、そして梅雨明け猛暑日の最終日。その中日の夕方、漁火を見ながらの復活ラン。スーパーカブとのタッグも復活。
P1010775P1010781P1010779


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/20

西播磨旧山崎中西部一周「白口峠越え」

 宍粟市山崎町は、兵庫県の南西部、揖保川の中流域に位置している。北から南に流れる揖保川本流へ井沢川と菅野川が西から合流して形成する盆地に山崎の中心街がある。播磨の中心都市、姫路に近く、高速道路もあって、都会的な雰囲気を持つが、井沢川の流域へと入ればのどかな田園風景が広がっている。6年前に黒尾山の林道を走るため、この井沢川流域を訪れた。山崎中心街からの急激な風景の変化、そしてその川沿いの農村風景が10㎞にわたり続いていることが印象に残る。ただ、黒尾山は奥に位置し標高も高いピストンコースのため、のどかな景色をアプローチのクルマで通り過ぎてしまった。そののどかな川沿いを走るのが今回の目的。シングルトラックを除けば袋小路と思われた井沢川流域だが、西の千種川支流の小茅野川流域へ白口峠で越えられることがわかった。白口峠はダブルトラックで、しかもロードレーサーも通れる舗装路。ピストンでなく周回コースで楽しめる。
 以前は山崎の市街地に道の駅があったが、現在はもうない。よって、市街地にクルマを止めるところはない(ちなみに、かつても道の駅も常時ほぼ満車の状態)。井沢川流域の田園地帯に入る。といっても安心してクルマを止められる場所がそう簡単に見つけられるわけもなく、どんどん進んでいき、上牧谷のガソリンスタンドの隣に広い空地を見つける。奥に墓地があり、墓参りの駐車場としても利用されているようだ。ここなら大丈夫だろう。
 自転車を下ろし前後のホイールを装着するが、泥除けを固定する蝶ナットが見当たらない。クルマの中に落ちていると思われるのだが、荷物がごちゃごちゃと積まれているのでいくら探しても見つからない。あきらめて代わりになるナットを見つけ、それでしのぐ。クルマを止めてから自転車で走り出すまで30分もかかってしまった。
P1010558


 井沢川の流れを左、右に見ながら遡る。ほぼ袋小路で、人口が多いわけでも大きな施設があるわけでもないので、予想通りクルマが少なくてのんびり快適に走ることができる。
 上ノ下という集落に到着。上ノ(かみの)という大字の下流にある集落と言うことか。この奥には上ノ上という集落があり、井沢川沿いの再奥のようだ。白口峠へはこの上ノ下から西の山に取り付く。また、以前訪れた黒尾山へは、同じく上ノ下集落から東へ向かう。そちらは、河原山川という支流の谷となっていて、野々隅原という廃村(?)がある。すでに集落の体は成していないのだが、学校の校舎のような大きな建物がありなんとなく人が出入りしている気配がある。牧場があると言うことなので、その関連の施設だろうか。
 話を戻して、今日は西側、白口峠である。枝道の入り口には「山崎アウトドアランド」の大きな看板がある。白口峠にあるオートキャンプなどの施設の案内だ。すぐに集落が終わり、本格的な登りが始まる。一軒だけ、集落から離れて家が建っている。怪しい自転車に気づき、おりに入れられた数匹の犬が大合唱を始める。また、周囲では猫も数引き昼寝をしたりうろついたり。「ワンワンランド」という看板が掲げられていた。家に帰ってからネット検索すると、犬の繁殖および販売をしているとのことだった。
P1010565P1010567

 その後は、林間に入り「林道細野白口線」となる。そして、厳しい登りが続く。白口峠にある「山崎アウトドアランド」までの距離が表示された道標がところどころにあるが、残りの標高差を考えるとなんともすごい計算結果が出てくる。林道の最高地点までの平均勾配がおよそ10パーセント。平均が、この値である。しかしながら、実際のことろ20パーセントに及ぶような急勾配が現れることはないかわり、少し息を抜ける緩やかな区間もないまま周囲の山が低くなってきた。三等三角点「都多」が設置された標高748mピークの北東尾根を越えるところが林道最高地点。1kmあまり先の白口峠が林道のピークではないのだ。おそらく、林道ができるより前、上ノ上と小茅野を結ぶ山道の峠が白口峠ということなのだろう。
P1010571P1010570P1010574


 最高地点からは西の展望が開け、頂上にうっすら雲をかけた大きな山が見える。おそらく後山だ。足元に見える集落は小茅野か、それともその向こうの鷹巣か。
P1010577


 白口峠へと下る。この日の山崎アウトドアランドにはまったく人気がない。利用者がなく、従業員もいないようだ。ただし、閉鎖されているわけではなさそうだ。
P1010589P1010590

 さあとにかく下りだ。ひたすらひたすら下る。道は沢沿いとなり、その沢もだんだん太くしっかりしたものへと変わる。小茅野川だ。小茅野川の対岸、左手の高台に集落が見えた。上月という集落だ。そこそこの数の家や蔵が建っているが、遠めに見ても崩れかけて廃屋とわかるものもある。
P1010592P1010594P1010595


 さらに下る。鷹巣への分岐をやり過ごし、なお下って、景色が開けてようやくまとまった集落へ出た。谷である。ここからは志文川と名を変えた川沿いを緩やかに下る。道はクルマのすれ違いができる幅に変わり、快走できる。ここもいい雰囲気で気持ちよく走ることができる。井沢川沿いよりもレトロな雰囲気だが、山深い中をずっと走ってきた後に人里に出たので、むしろ人気を暖かく感じる。
 快走の末、蔓根で県道53号線へ突き当たる。左折して切窓峠への短い登り。この峠を越えることで、千種川(小茅野川・志文川)流域から、揖保川流域に戻る。峠を越えたら下り基調。山崎の市街地が近づくとクルマが多いので、菅野川の対岸の土手の上の道を行く。菅野川には鯉が見える。水が濁っていなければ、鮮やかなのに。
P1010600P1010601

 静かな道が終わり県道を走らざるを得ない。日が傾いてきたので、ライトを点灯。すぐ市街地に入り、路地を通って井沢川沿いへ。のどかな道も夕方でクルマが多く、そして飛ばしているので、農道を選ぶ。
P1010604P1010605

16:13~19:35、42.0㎞、6月下旬、Vigoreオリジナルランドナー
標高データ:山崎町上牧谷[150]-上ノ下[20]-林道最高地点[710]-白口峠[650]-谷[325]-蔓根[230]-切窓峠[270]-山崎中心街[125]-上牧谷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/07

タイヤがバースト

 気が付いたら折り畳み小径車のタイヤが、破れていた。前後共にである。ただし、ノーパンク加工が施してあるので、走行不能というわけではない。
P1010528


 ちなみにノーパンク加工とは、空気の代わりに、常温では固体のゲルを熱して液体の状態で入れるというもの。タイヤおよびチューブは一般のものを使う。基本的にタイヤとチューブは新品の状態で加工する。
 前輪は4年前、後輪は3年前に加工。時期が違うのは、後輪は2本目のホイールだからである。ゲルは空気よりもクッションが弱く、路面から受ける衝撃吸収が少ない。純正の後輪でスポーク折れが発生したので、スポークの多いホイールに変えてみたというわけだ。ただし、純正ホイールも新品のタイヤとチューブ、そしてせっかくのノーパンク加工がもったいないので、この春まで使っていた。だから、走行距離はそんなに多くないと思われる。
 タイヤだけでなくゲルも劣化するようで、ブヨブヨに柔らかくなってしまい、走行時の抵抗が大きい。今シーズンは、長くて15km位しか一度に走っていない状態だった。
 バーストに気づいた時点で、BULLDOG(自転車屋さん)に行ったのだが、タイヤもチューブも在庫がなかった。入荷するまでの10日程の間、2回(20km程)乗ったら、さらに破れた穴が大きくなっていた。後輪にいたっては、別P1010615


の箇所も破れていた。
 現在ホイールが入院中。退院が楽しみ。走りが復活するか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »