« Slide and Ride 扇ノ山2015 | トップページ | ストップ・ザ・シーズン・イン・ザ・パンク »

2015/05/01

春のパンク祭りが始まったよ

 ああまいった、再発だ。謎のパンク連発。山口ベニックスの後輪。
 去年の8月、15kmほど走るたびにパンク。原因は不明。タイヤの内側やリムに異常はない。新しいチューブでも穴が開く。もったいないのでゴム糊とパッチで補修しても、次々に別の場所に穴が開く。共通しているのはリム側に小さな穴。車庫においておけば大丈夫だが、10~20km走るとパンクする。
 ほぼ1日おきに5回以上パンクしたところで根負けし、ホイールを変えてみた。2台のランドナーのそれぞれのタイヤを管理する手間を省くため、ホイールを共有していた。だから、もう片方のホイールに変えるのだ。するとパンクはしなくなったが、しばらく乗っていたらスポークが折れた。細いスポークが使われている。結局もとのホイールに戻したが、パンクはしなかった。何か目に見えないような小さな原因がなくなったということか。
 それで8ヶ月異常はなかった。3月に一度パンクをしたが、海岸を走っていて釣針の折れた針先という原因のはっきりしたものだった。
 しかし、4月中旬、気づけば車庫の中でパンクしていた。原因は不明。リム側にごく小さな穴が開いていた。おそらくその前に走った時にパンクしたが、走り終えるまで空気が持ったのだろう。いやな感じがよみがえる。去年の8月、パンクのたびにとっかえ引返して傷もう片方のつぎはぎだらけのチューブを入れてみた。その自転車に乗る機会がなく数日が過ぎた。やはり車庫の中においておく分にはまったくなんともない。29日、ぶらりと走ってみた。9kmほど走ったところでパンクした。空気の抜け方からしてやはり小さな穴のようだ。ポンプもスペアチューブもあるが、新しいチューブを傷物にしたくない。空気の補充を繰り返せば走れなくもなさそうだが、家まであと2km弱だから押して帰った。

|

« Slide and Ride 扇ノ山2015 | トップページ | ストップ・ザ・シーズン・イン・ザ・パンク »

コメント

 うーん。大変ですね。原因不明なのが一番の困りもの。手のうちようがありません。
 当方は、ロードバイクに乗り出してからまだ1回しかパンクの経験がありません。あまりにも経験がないので、パンク直しに時間がかかりそうです。
 原因を早く見つけてくださいね。
 

投稿: すう | 2015/05/04 07:37

 原因究明あきらめました。自転車屋で再発の報告をしても「わからん」との一言。

投稿: はいかい | 2015/05/04 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春のパンク祭りが始まったよ:

« Slide and Ride 扇ノ山2015 | トップページ | ストップ・ザ・シーズン・イン・ザ・パンク »