« 高みに登り富士を見る旅(1)天子山地湯之奥猪之頭林道 | トップページ | 高みに登り富士を見る旅(3)身延山地安倍峠 »

2015/04/06

高みに登り富士を見る旅(2)東京スカイツリー

 18:09東京行きの新幹線こだまに乗車。朝途中下車したのは東海道本線の富士駅だが、1kmほど離れた東海道新幹線の新富士駅から旅を続行することができる。もちろんその逆も可能。選択乗車というそうだ。
 19:17、東京駅到着。そのまま山の手線に乗り換え、秋葉原駅で下車。本日の宿、東京隅田川YH(ユースホステル)の最寄り駅はJR総武線浅草橋駅。でも、秋葉原駅から一駅なので歩いて行こう。その前に、秋葉原駅の周辺を見ておこう。秋葉原には前回つまり14年前に東京に来た時にも訪れている。が、アニメーションやアイドルの聖地となった秋葉原を訪れるのは、これが初めて。駅前にAKB48の公式ショップがあったので入って、お土産を購入。
P1150760


 とりあえず秋葉原はそれで満足して、GPSレシーバーを頼りに隅田川YHを目指す。途中ラーメン屋に寄り道。隅田川YHは素泊まりの宿だ。
P1150765


1kmあまり歩いて、隅田川YH に来たが、一旦素通りして隅田川の畔へ。対岸にそびえるライトアップされた東京スカイツリーを見てから宿にはいる。
 隅田川YHの相部屋の寝室は二段ベッドではなく、布団が敷かれた畳の和室。両端に川の字に3列に布団が敷かれ頭の部分が衝立でしきられている。布団の上には番号札が置かれ、チェックインの時に部屋番号と布団番号を指示される。面白いシステムだ。
P1150768P1150770

 ちなみに風呂はなく、シャワールームが幾つかある。落ち着いたら、談話室で過ごす。コーヒーやお茶が自由に飲める。
 27日、予報通りの快晴だ。7時から開く談話室でコーヒーを飲んで出発。桜がちらほら咲いている。東京スカイツリーを見ながら隅田川の畔を歩いて蔵前駅で地下鉄に。3駅目が押上駅。スカイツリーの麓だ。青空をバックに白くそびえている。都心と反対方向へ向かうので列車は空いていた。
P1150774


 当日チケットの売場にはすでに行列ができている。8時丁度、窓口の前に立つ案内の女性が滑らかにしゃべり出す。
 「本日は東京スカイツリーにお越しいただき、誠にありがとうございます。本日は快晴となり、展望デッキ、展望回廊からは富士山まで眺められます(歓声)。皆様の思い出の一日となりますことを心より期待しております(拍手)。」
窓口は九つあって案外早くチケットを買うことができた。レシートの刻印は8時8分。そして、8時15分には、地上350mの展望デッキに到着。お目当ての富士山は…、見えた見えた。遥か彼方まで続く街並みの果て、丹沢の山の向こうに白い峰が顔を出している。本日の目標達成だ。ゴンドラで窓の外側を拭いている作業員が注目の的だった。
P1150783P1150784P1150817


地上450mの展望回廊に登るには、またここでチケットを買わなければならない。ちなみに350mまでが2060円。450mまでがさらに1030円。
P1150818


もうここまででいいかと思ったのだが、チケット売り場が空いていたので、450mまで登ることにした。まあ、100m違っても、孤高であるのであまり景色に変化はない。
 筑波山も見える。富士山以外にも白い山が遠くに小さく見える。東京都最高峰の雲取山、そして浅間山、さらには南アルプスまで見えるようだ。でもそろそろ飽きてきた。基本的に知らない土地の景色だ。
P1150838


通勤ラッシュを避けるため、9時ごろまで待ってからスカイツリーを降りる。入場チケット売り場の行列はなくなっていた。外に出て麓の広場でカメラを一脚に固定して、スカイツリーを見上げる自撮り。
地下鉄で浅草橋駅まで戻ってJR線に乗り換えようとするが、駅の混雑にいきなりカラータイマーが点滅。昨日の自転車の疲れも残っているし、疲れすぎてよく眠れなかった。本当は夕方まで東京をぶらぶらするつもりだったが、もう観念した。静岡へ戻ろう。
それでも、せっかくきたのにこれだけでは惜しいので、もう一度秋葉原へ。牛丼屋で朝食をとって、歩いて秋葉原へ。
P1150841P1150842P1150843


電気街を少し歩いてみる。14年前と変わらない電子部品などを扱った店と、アニメ、アイドルの店とが同居している。
 山手線で東京駅に戻り、新幹線こだまで新富士へ。駅前の喫茶店には「富士宮やきそば」の幟。ご当地B級グルメをいただこう。昼時とあって、ビジネスマンで混雑。「少し時間がかかります」とのことだが、十分に時間はある。
P1150859P1150871P1150873


 駐輪場で20時間ぶりに自転車に再会し、富士駅に移動。東京でみるより富士山が大きいねぇ。
富士駅で輪行袋に自転車を収める。昨日の朝には手こずったが、10分もかからずに作業完了。ちょっとしたコツだった。
東海道本線の各駅停車で静岡へ。駅から自転車で2km。昨日の朝チェックアウトしたビジネスホテルへ、チェックイン。同じ部屋だった。太陽がてりつけてああついくらいなので窓を開ける。時刻は15時過ぎ、とりあえず昼寝しよう。

|

« 高みに登り富士を見る旅(1)天子山地湯之奥猪之頭林道 | トップページ | 高みに登り富士を見る旅(3)身延山地安倍峠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高みに登り富士を見る旅(2)東京スカイツリー:

« 高みに登り富士を見る旅(1)天子山地湯之奥猪之頭林道 | トップページ | 高みに登り富士を見る旅(3)身延山地安倍峠 »