« まるで冬の終わりの山 | トップページ | 大江山連峰鳩ヶ峰東斜面から東尾根滑降 »

2015/02/03

ランドナーのハブ軸折れる

 今年になってからどうもランドナーの後輪の調子が悪かった。元々ブリジストンユーラシアツーリングに付いていて、現在山口ベニックスとも共有している5段のボスフリーが付いたホイールだ。
 保管やクルマでの輸送時にはホイールを外しているのだが、フレームにはまりにくい、ホイールを装着してもリムやタイヤがブレーキシューやフレームに当たる、それもその当たり具合が装着するたびに微妙に違う、変速時にチェーンがギアにかかりにくい、などの不具合があった。
 さすがにおかしいので、クイックシャフトを抜いてみると、折れたハブ軸が抜けた。元々、軸とハブがガタついていたので、それで折れたようだ。
 現在使っていない、ベニックスのホイールからハブ軸を抜いて転用。すべてが快適になった。タイヤとフレームの干渉もなくなり、平均時速が1割あがった。もちろん、それが本来の値。1月には100km以上、余計な負荷を背負って走っていたというわけだ。
P1140288P1140287

|

« まるで冬の終わりの山 | トップページ | 大江山連峰鳩ヶ峰東斜面から東尾根滑降 »

コメント

ボスフリーの中空シャフトは折れるトラブルが時々ありますね。
私も700cタイプで年一回、MTBで年3回ほど折れていました。
折れる少し前にシャフトに曲がりが発生するのでQRシャフトが微妙に抜きにくくなり気付く事もありました。中空でないシャフトを使用したときでも同じ部分で曲がりは発生しました。
折れる原因は左右の玉押しの位置がずれている為に加重分散が均等でないことによる金属疲労と思われますが、当時折損を防ぐ方法は見つかりませんでした。
毎回後輪をはずしたとき左右の中空シャフトを両側に引っ張ってみる確認はしたほうが安全です。其の時にQRシャフトをタケノコバネの分だけ左右に押し引きしてみる。
もし擦れる抵抗感を感じたらQRシャフトを抜きシャフト穴を覗く。中空シャフトに曲がりが発生していれば穴の向うがレモン形に見える。そのような点検を時々行っていました。
ハブをカセットフリータイプにしてからはシャフト折れは激減しましたが、逆に稀ですがフリー取り付け部に複数の原因による破損が生じることも経験してます。

投稿: 大江山の仙人 | 2015/02/09 13:53

 「QR」というとついつい「QRコード」を思い浮かべちゃいます。Qが「Quick」ということだけ一致してますね。
 しかし、こちらはしばらく自転車に乗れそうにありません。9日には「OYKH」が出るかと思いました。何それ、って。「大雪警報」ですよ。

投稿: はいかい | 2015/02/11 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランドナーのハブ軸折れる:

« まるで冬の終わりの山 | トップページ | 大江山連峰鳩ヶ峰東斜面から東尾根滑降 »