« コウノトリなど大きな鳥がいっぱい | トップページ | ランドナーのハブ軸折れる »

2015/02/03

まるで冬の終わりの山

 正月が明けてから、雨が多い。平野部の雪はすっかり解けた。たまに寒波が来てうっすら積もってもその日の昼ごろには解けてしまう。
 2月1日の、碇高原に行ってみたが、もうすっかり冬が終わりかけたような雰囲気。丹後半島の屋根の山間部では1月末の寒波で10cmほど新雪が積もっているのだが、日本海を見下ろす碇高原では季節風によって雪面が磨かれアイスバーン。それも、その下の芝生が透けて見えるほど薄い。
 サラサラの粉雪の吹き溜まりを選んで滑る。
P1140255P1140262Clip0276mp4_000015919


|

« コウノトリなど大きな鳥がいっぱい | トップページ | ランドナーのハブ軸折れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まるで冬の終わりの山:

« コウノトリなど大きな鳥がいっぱい | トップページ | ランドナーのハブ軸折れる »