« コウノトリの楽園 | トップページ | ランドナーのリアブレーキアウター受け »

2014/12/03

錦秋の播州清水寺経由大阪市内散歩

 11月下旬、土日と勤労感謝の日が絡んだ3連休は好天に恵まれた。最終日の24日にお出かけ。大阪へ買い物に行くことにした。それにしてもぽかぽか小春日和に、ただ都会を歩くだけでは寂しいので、道中寄り道を計画した。今月初めに自転車で麓まで行った河西の播州清水寺。有料道路である車道は使わず、登山道で登って紅葉を堪能する目論見だ。
 9時半に自宅を出発。天気が良くて紅葉が映える。篠山口駅を過ぎ国道176号線から国道372号線へ。県道141、311号線と進み、篠山市今田町から加東市加東市の旧社町に入ってすぐの平木集落へ。ここは播州清水寺のある御嶽山の麓だ。
P1130502


 山頂の清水寺まで車道がつけられているが通行には500円が必要。これは1台当たり、ではなく1人あたりということらしい。乗り物は自動車でなくても、オートバイや自転車でもということ。しかし料金所手前の駐車場にクルマを止め、登山道を歩いて登れば払わなくていいようだ。標高差は300m足らず、小一時間で登れる。11時半にスタート。林間の登山道には行きかう人が多い。登っていく人をごぼう抜きしていく。本格的な登山としてではなく、年配の人や、小さい子どもを連れた人が多い。3世代のグループもいる。年配の人を中心に、厚着をしている人が多い。朝の冷え込みに合わせた服装だが、気温急上昇した昼頃の時間帯には暑すぎるはず。こっちはポロシャツ姿でもうっすら汗をかいているというのに。半袖でもいいくらいだ。
P1130505

 登山道は、途中から少しガレているが、荒れているというほどではない。登山道は常緑樹に囲まれているため道中紅葉を楽しむことはできないが、その分山頂部の寺の境内に到着した途端、紅葉の鮮やかさが目に飛び込んでくる。何度か止まって写真を撮りながら35分で寺の境内へ。シングルトラックの登山道は石段にかわり、赤く色づいた木々の中を行く。紅葉は見頃、連休、晴天と条件が重なり、人が多い。
P1130511P1130512P1130521


 お寺へお参りし、山の最高地点まで行ってみる。三角点はないようだ。
 そして下山開始。すぐにすれ違ったのは、登り初めに追い越した年配の夫婦のようだ。下りは30分、13時15分に下山。
 さあ、クルマに乗り込み南下。大川瀬ダム湖畔は、見事に全山赤褐色に色づいている。
 播州清水寺から20分ほどで、新三田駅へ。24時間以内400円の駐車場にクルマを入れ、駅前のラーメン屋で腹ごしらえしてから、14時9分の普通列車に乗り込む。途中の宝塚か川西池田で快速に乗り換えることもできたが、そのまま空いている普通列車で行く。どうせ、10分ほどしか違わない。
 大阪で環状線に乗り換え、大阪ドームに近い大正駅へ。住宅街をさまよいながら「ナニワ銀輪堂」へ。店内にはランドナーが並んでいる。新車ではなく中古車だ。古い自転車をレストア(再生)する工房なのだ。そうしたレストアに必要なランドナー用のパーツも扱われていて、山口ベニックスのリアブレーキワイヤーののアウター受けを購入。ブレーキの調整を手軽にできるようにアジャスターが使えるようにしようと目論んでいるのだが、ワイヤーが簡単に着脱できるように割りが入っているかどうかなど、細かいところは通販や注文販売でなく、実際に手に取ってみないと分からない。ランドナー用のパーツを常備している店はかなり少なく、田舎ではめったに出会えない。大阪までくれば、いくつかそういう店があるというわけだ。8月に訪れたイトーサイクルもその一つだが、今日は月曜で休みだったので、また別の店を探して訪れてみたというわけだ。店のオーナーさんからとても親切にアドバイスしてもらい、また今後も頼りにしよう。
P1130534P1130539

 ナニワ銀輪堂を出たら、ビルの合間に沈む夕日を見ながら大阪ドームへ。この連休に開催されているスノーボードのバーゲンがお目当て。時間帯によっては入場制限が行われていたようで、夕方に訪れて正解だったようだ。それでも延々とエスカレーターを登ってたどり着いた会場は混雑している印象。スノボ用品は全く必要ないので、目当ての割引リフト券だけを買う。ハチ・ハチ北のスキー場の平日1日券が2800円と、普通より1700円も安い。
P1130540P1130542

 大阪ドームを出るとすっかりあたりは暗くなっていた。環状線で梅田に戻る。駅の構内および周辺は大混雑だ。一度行ってみようと思っていたウエムラパーツを見に行く。ロードレーサー、クロスバイク、MTBが中心の要するに大きな自転車屋さんだ。完成車も扱っている。さすがに品揃えが豊富だ。
P1130543


 18:39の快速に乗り、新三田に19:23到着。ちなみに、新三田・大正との間を通したJRの運賃は970円。途中大阪で下車をすると、760円と180円で30円安くなる。クルマに乗り込んで北上開始。暖かい一日で、久しぶりにたくさん汗をかいた。

|

« コウノトリの楽園 | トップページ | ランドナーのリアブレーキアウター受け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦秋の播州清水寺経由大阪市内散歩:

« コウノトリの楽園 | トップページ | ランドナーのリアブレーキアウター受け »