« 台風18号 | トップページ | 青いLED »

2014/10/08

赤い月

141008moon

 10月8日は、皆既月食。十五夜と並び月見に最適な十三夜(旧暦九月十五日)。日が暮れた直後という時間帯。そして天候にも恵まれ、あまり寒くなくて観測には絶好の日だった。
 食が進行するにつれてだんだん赤くなる様子もよくわかった。赤い色の原因は、光が地球の大気を通過するときに、青い光は空気の分子によって散乱し、赤い光だけが届くから。低い月は大気の層を斜めに通って光が届くから赤く見える。朝日や夕日が赤いのと同じこと。
 では、高い位置にあっても月食はなぜ赤いのか。月の光の元々の光源は太陽。太陽と月の間に地球が立ちはだかり、月に影を落とすことによって起こるのが月食。地球の周りには大気があり、そこを突き抜けた太陽の光が青色を奪われ、さらに大気によって屈折して影の部分に赤い光が当たる。それが反射して地球に届くわけだ。
 低い月の光が赤くなるのは月に反射した後で、皆既月食の光が赤くなるのは反射する前。
 それにしても、2009年の皆既日食、2012年の金環食のときと比べて、月食はなんとも地味。日食はひまわりなら月食は月見草。あらっ、なんか聞いたことがあるたとえだね。
18時15分(月食が始まる)
1815


18時22分
1822


18時39分
1839


19時07分(光っている部分に露出を合わせる)
1907


19時11分(影に露出を合わせる)
1911


19時25分(皆既状態の始まり)
1925


19時55分(食の最大)
1955


20時28分(皆既状態が終わり左から明るくなり始めている)
2028


|

« 台風18号 | トップページ | 青いLED »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い月:

« 台風18号 | トップページ | 青いLED »