« 秋風の丹後半島一周 | トップページ | 御嶽山噴火 »

2014/09/30

京都府から富士山が見えた

 表題の記事が、9月24日の京都新聞に掲載された。理論上見えるということはかねてから言われていて、カシミール3Dの「可視マップ」「カシバード」などの機能を使って確認もしていた。それが、とうとう実現されたとのこと。達成された、奈良のご住職には拍手を送ります。
 個人的には、昨年の春、丹後半島から鳥取県の伯耆大山の遠望を達成しているのだが、見える場所に行くことも、その見え方も、京都府から富士山の方が相当難しい。丹後半島からの伯耆大山よりも格段に難易度が高い。
 ほかに、丹後から遠望の可能性があるのは、大江山千丈ヶ嶽からの乗鞍岳。また、乗鞍と野麦峠を挟んで対峙する御嶽は大江山からは見えないが、今なら噴煙が見えるかも。でも、土曜の噴火のときの灰を多量に含んだ黒い煙でないと雲と区別がつかないだろう。
1409242


|

« 秋風の丹後半島一周 | トップページ | 御嶽山噴火 »

コメント

丹後から御嶽山は計算上、笠山展望台周辺から見えます。噴火の日の午後に噴煙が確認できたのではと思います。私は当日腰痛で夕刻までに碇高原に着く時間的余裕が無かった為、撮影行を断念しました。ただし白山の1%程度の大きさに見える程度。距離207kmですから白山が見えた時、見過ごしているだけでしょうね。乗鞍は太鼓山周辺各地で見えるはずです。氷ノ山稜線からでも両山見える計算ですよ。ただ双方同時には見えないかもしれない。伊根の権現山が最高ポイントなのですが、山頂の視界が無いため不可。船津山林道からOKかも。
京都府から富士山は私も20年程前から計算しており、今回撮影に行く予定でしたが、直前にラジオでニュースを聞きがっくりしました。真東の260km、方角的にきわめて良好で現在の機材ならば難易度の高い撮影ではないので誰も手を出さないほうが不思議でた。
丹後からの最難関は四国でしょうね。先日、福知山から四国の撮影に成功、地方紙に発表しましたが、さらに30km北の大江山から見えるのか。確率は±0。40km前後先方の尾根の樹木の高さ次第といったところです。大台ケ原までは見えるが、近隣で和歌山県だけは見えないんです。
京都府からの西側最望遠は京都地蔵山からの四国石鎚山が計算上は見えるが、視認できるのは手前の黒森山までか。比叡山からの八郎山付近が最南だろうか。

投稿: 大江山の仙人? | 2014/10/02 14:17

 大江山の仙人さん、ようこそ。
 親不知から剣山系、両端日日新聞の記事確認しました。Yahooニュースは期間限定ですかね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00010000-rtn-l26
 周辺も含め低山しかない京都府、中でも海に突き出した丹後半島は遠望には好立地なのかもしれませんね。

投稿: はいかい | 2014/10/03 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都府から富士山が見えた:

« 秋風の丹後半島一周 | トップページ | 御嶽山噴火 »