« 雪不足の大江山連峰鳩ヶ峰 | トップページ | 立春寒波 »

2014/02/04

立春の前に春が来たような

 2月に入ったとたん、北近畿では最高気温が17度くらいまで上がる日が3日続いた。しかも、2日の豊岡は、なんと20度を超えてしまった。
 1日土曜は、霜の降りる朝で始まり、快晴のち薄曇り。2日日曜は朝の冷え込みなく、雨のち晴れのち曇り。ともに夕暮れ間際に、少し自転車に乗る。風は無風あるいは弱い南風で海はべたなぎ。
P1060706P1060708P1060713


P1060723P1060724P1060725

 3日は、まるで春霞のような見通しの悪さ。霧ということだが、昼過ぎには霧雨から雨となった。午後はずっと夕方のような薄暗さだった。そして生暖かいような肌寒いような。とにかく何もかもはっきりしない一日。
P1060726P1060727


 4日は、立春寒波で雪予報が出ている。さあ冬は戻るのか。

|

« 雪不足の大江山連峰鳩ヶ峰 | トップページ | 立春寒波 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立春の前に春が来たような:

« 雪不足の大江山連峰鳩ヶ峰 | トップページ | 立春寒波 »