« 結局そんなに降らなかった3連休 | トップページ | 太板用にシールを調整 »

2014/01/13

碇高原で新雪を滑る

 成人の日の13日、朝起きるとうっすらと雪が積もっていた。日が昇るとその雪は徐々に解けたものの、ずっと雪が降り続く。まあ平野部はこんな感じでも、山には徐々に雪が蓄積されているようなので、標高400mの碇高原へ。そこそこ厳しい雪道をへて、到着した高原は十分な量の雪。雪と風はそれなりに続いているが、猛烈なほどではない。ずっと降り続いているおかげで雪質がいいのだ。
 寒くて家をなかなか抜け出せず、出発は15時過ぎ。アプローチと身支度で16時から歩き出す。手掘りステップソールの板なのでシールは不要。標高494mの笠山山頂まではいかず、中腹斜面を2本滑る。やっぱり新雪は気持ちいい。牧草地なので50㎝程の積雪で十分楽しめる。
 本当は新しい太板で滑りたかったが、シールの調達が間に合わなかった。2本目を滑り終えたら、日没直後の17時20分。
P1060462P1060453P1060470


|

« 結局そんなに降らなかった3連休 | トップページ | 太板用にシールを調整 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 碇高原で新雪を滑る:

« 結局そんなに降らなかった3連休 | トップページ | 太板用にシールを調整 »