« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014/01/27

雪不足の大江山連峰鳩ヶ峰

 週間予報では25日は春先並みの高温で雨、26日は雪に変わると伝えていた。正月が明けてじわじわと大江山連峰の積雪がたまり、中旬からどうにか大江山スキー場も営業を始めていた。しかしそれも風前の灯火。暖かい雨で雪は壊滅的な打撃を受けるだろう。
 24日の気象情報により、事態は急変。いい方に、だ。25日の雨の降り出しは夜。雪が解ける前にGO!
 1月25日(土)9時、福知山市大江町の大江山グリーンロッジ。急な誘いにもかかわらず、園部からすうさんも駆けつけてくれた。クルマ1台に荷物をまとめ、もう1台はグリーンロッジに置かせてもらって、千丈ヶ原へ移動。標高425mの除雪の限界点には既に5台ほどのクルマが止まっていた。見上げる鳩ヶ峰はちゃんと白くて、なんとかスキーができそうだと一安心。空は明るく、予報通り当面雨の心配はない。ちなみに、グリーンロッジまでのアプローチで通過した大江山スキー場のある普甲峠からは雲海も見えた。
P1060619P1060622

 板にシールを貼るなど準備を整え、10:08スタート。まずは車道をシール歩行。先行トレースは、スノーシューとつぼ足。2回のショートカットを経て、11:50鍋塚林道終点に到着。そこは大江山連峰主稜線上の鳩ヶ峰と鍋塚の鞍部で標高は625m。鍋塚方面の登山道は明らかに雪が少なく、そちらは断念。今日は鳩ヶ峰だけ。縦走路で鳩ヶ峰に取りつく。稜線に出ると西側、野田川の流域の平野部が見下ろせる。下界には全く雪がない。風が吹いて、暑かった林道歩きとは一転、開けていたアウターウェアのファスナー閉じる。ショートカット部分でもそうだったが、岩の周囲や笹の生えている部分は、薄い雪の下は空洞となっていてまさに落とし穴。登りでも苦労するが、この後の滑走ではさらに要注意だ。
P1060623P1060624P1060625


 12:25、鳩ヶ峰登頂。標高746m。いつしか曇天模様。確実に天気は下り坂だ。南西方向にうっすらと見える白い山塊は氷ノ山だろうかと思いながら、われわれの直後に登頂してきた単独スキーヤーと話をしたり、写真を撮ってもらったりしていたらみるみる景色がぼやけてきた。ちなみに、前述の山は、帰宅後カシミール3Dでシミュレートしてみたらやはり氷ノ山で間違い内容だった。撮影時点では肉眼ではほとんど見えなくなっていたが、画像処理ソフトでコントラストを高めたらうっすら山が浮かび上がってきた。他に和田山の粟鹿山はどう頑張っても浮かび上がってこなかった。やはり、見えているうちに写真を撮っておくべきだった。磯砂山、依遅ヶ尾山、金剛童子山、青葉山、三岳山など比較的近い山はずっと見えていた。
140125ooe0140125ooe3

 われわれの直後に登頂してきたスキーヤーは、ゲレンデスキーにシールとアルパイントレッカーを装着していた。綾部から来たそうだ。
Clip0001mp4_000012312_2Clip0001mp4_000026526Clip0002mp4_000031097_2


 さて、風が吹いて寒いので、昼ごはんは少し滑り降りてから。12:55滑降開始。鳩ヶ峰東斜面から東尾根の滑降を狙っていたが、同も雪が少なすぎる。少し東斜面を滑ってから、このまま東尾根に向かうのは無理と判断。登ってきた縦走路沿いの北斜面へトラバースで戻る。落とし穴に気を付けながら緩斜面を鍋塚との鞍部まで下る。朝のうちクラストしていた雪も、昼前には緩んで柔らかくなり、湿ってやや重いのの、それなりに滑りやすい状態となっている。
Clip0002mp4_000068501Clip0002mp4_000070103

 13:10、林道終点に降り立つ。ここには小屋があって、中に入って昼食とする。
Clip0010mp4_000008708


 13:40、林道を下る。せっかく上ったのに車道を下るのはつまらない。ショートカットをしてみるが、落とし穴や細い木などの障害物が多く、大苦戦。絶対的に雪が少ない。
 私の住む京丹後市では、年末にそこそこまとまった雪が積もったのだが、その時大江山連峰にはあまり降らなかった。この1週間程が大江山連峰ではこの冬最も雪が多かったようだ。直線距離で20㎞ほどしか離れていないのに、結構違うのだ。こんな風に雪の量が不安定なのも、丹後の低山ならでは。この冬に限ったことではない。行けるときに行けるコースを楽しむのみだ。
P1060646


 14:40、無事下山。入山時よりもクルマが増えていた。グリーンロッジに移動し、荷物を積み替えてすうさんとお別れ。朝は全面真っ白だった大江山スキー場のゲレンデも、少し茶色が見えていた。明日は雨で開店休業か、それともクローズか。
P1060652P1060654

 16時過ぎに帰宅。暖かいので、やらなければならないことをするチャンスだ。と、車庫の中でスキー板にホットワックス。完全に順番が逆だ。本当は、先週太板のシールの調整作業の後でやっておくつもりだったが、腰が痛くなってやめてしまった。いやいや、先週と言わずもっともっと早くやっておくべきこと。そうすれば、下山の林道でもっと板が走っていたはず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/01/20

新雪の碇高原を太板で滑る

 19日、期待よりも少なかったが雪が積もった。前日に調整したシールを使おう。が、寒い車庫でかがんでシールのフックの取り付け作業をしていたら腰が痛くなってしまった。しかし、せっかくの新雪、チャンスはそうあるものではない。午前中寝て過ごし、午後に少し楽になったような気がしたので、先週に引き続いて近場のバックカントリー、碇高原へ。
 前回はステップソールの板で、中腹から2本滑ったが、今回は1本滑り終えたら気持ちが折れそうなので、代わりに展望台のある最上部「笠山三角点」まで登った。新しいシールはいい感じ。太板はラッセルが楽だ。
P1060538P1060547P1060563


 碇高原総合牧場の傾斜のある牧草地は滑降のゲレンデ。全行程の標高差100mが、ほぼ快適な斜面。上の方は日本海の風が当たってウィンドクラストしかけているが、それでもまだ快適に滑れる鮮度は保たれている。最下部の斜面は風がなく、ここでは最上級の粉雪。動画カメラをヘルメットからストックに移動して、自分撮り。粉雪を巻き上げて滑っている自分の姿を動画で見ると、滑っているときの心地よさが後々まで実感できる。
P1060569P1060572

Clip0018mp4_000012312Clip0018mp4_000012045Clip0018mp4_000016216


 シール登行の途中、立ち止まると腰が重くうずく感じだが、歩いているとき、滑っているときは違和感なかった。結局リハビリになったのか、時間とともに回復したのか、家に帰ると楽になってきていた。これは荒療治か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

太板用にシールを調整

 昨年3月に買った、センター100mmの太板。新雪シーズンインぎりぎりに、ようやくビンディングの装着をしたことはすでに報告済み。しかし、シールがまだだった。成人の日にせっかく新雪が積もったのに、出動できなかった。新雪のシーズンは短い。急がねば。
 というわけで、太板用のシールを準備。実は6年前に買った未使用のシールがあった。普通は2万円前後するのだが、1万円弱で売られていたのを買っておいたのだ。ところが、これは先に板のテールに引っかけてトップ側をあとから固定する古いタイプの方式。最近の板の太くて丸いトップの形状には合わない。というわけでトップとテールのフックを調達することにした。
 まずテールのフックを通販で取り寄せ。長さが調節できるストラップタイプのもの(2千円)だ。トップは輪っかになったワイヤー式のものが一般的だが、わざわざそんなものにお金を出さなくても(2千円位)、針金の束で輪っかを作ればいいと思っていた。シールを折り返して固定すればいいのだ。ところが、折り返すほどシールの長さに余裕がない。そこで、ねじで固定するタイプのものを注文。3千円と高いが、その代わりトップの太さにあわせてワイヤーの長さが調整できる。テールフックの長さも調整できるし、他の板にも使い回せる。
 ところでシールの幅はあまり気にしていない。板に対してシールが細いが、それでいい。エッジがギリギリでるようにぴったりに切るのが普通のようだが、自分の使い方で不自由しなければいい。
 というわけで、シールのフックがそろったのが、1月18日の土曜。宅急便が届いたら、すぐに作業。翌日は雪が降る予報なので、早速使ってみるのだ。
P1060529P1060526P1060536

P1060530P1060533P1060537


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/13

碇高原で新雪を滑る

 成人の日の13日、朝起きるとうっすらと雪が積もっていた。日が昇るとその雪は徐々に解けたものの、ずっと雪が降り続く。まあ平野部はこんな感じでも、山には徐々に雪が蓄積されているようなので、標高400mの碇高原へ。そこそこ厳しい雪道をへて、到着した高原は十分な量の雪。雪と風はそれなりに続いているが、猛烈なほどではない。ずっと降り続いているおかげで雪質がいいのだ。
 寒くて家をなかなか抜け出せず、出発は15時過ぎ。アプローチと身支度で16時から歩き出す。手掘りステップソールの板なのでシールは不要。標高494mの笠山山頂まではいかず、中腹斜面を2本滑る。やっぱり新雪は気持ちいい。牧草地なので50㎝程の積雪で十分楽しめる。
 本当は新しい太板で滑りたかったが、シールの調達が間に合わなかった。2本目を滑り終えたら、日没直後の17時20分。
P1060462P1060453P1060470


| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局そんなに降らなかった3連休

 「最強寒波」なんて言葉も聞かれたけれど、丹後の平野部ではほとんど積もらず。11日と13日の朝はうっすら白くなっていたが、日中には解ける程度。
P1060446


 12日は日中は雪も雨も降らずおだやかな日で、夕方少し自転車で走った。12㎞弱を36分。
P1060445

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/01/07

少しだけ降った

 6日起きてみると、少しだけ雪が積もっていた。残念ながら、日中にすっかり解けてしまった。週末の寒波に期待。
P1060354


| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪解け走り初め

 1月3日、午前中は晴れ、午後になると曇り。12月30日から4日連続で毎日ちょっとずつ雨が降り、雪はかなり解けた。これはチャンス、と少し走ってみた。自宅起点の田園お散歩ピストンコース。路面もほぼ乾いているだろうと、泥除けのないクロスバイクで出動。
P1060348P1060351P1060352


 思えば、高校生だった1986年9月の丹後半島一周以来、自転車を楽しむようになって28回目のお正月。飽きずに、懲りずに続けられているのは、単独でもできて、予約もエントリーも不要、勝ち負けがない、ということが重要なんじゃないかと思っている。つまり、風の吹くまま気の向くまま、って姿勢がいいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »