« 羽尻田ノ口林道 | トップページ | 西山で夜景を見る »

2013/10/08

林道笠形線(中工区、南工区)

 兵庫県には、京都府よりも、ダイナミックな林道がいくつもある。林道笠形線もその一つ。その名の通り笠形山から南に連なる山脈の中腹の30kmに渡るダブルトラックだ。ほぼ10kmごとにクロスする県道によって北・中・南の3工区に分けられている。今回は、中・南工区をランドナーで走る。
 丹後から100km、クルマで2時間強のアプローチ。自転車で走りたい欲求とともに、遠くに行きたい欲求も満たすのだ。中国山地と播磨平野の境目あたり、福崎町が周回の起点及び終点。中心街のはずれ、東田原の神積寺の近くの小さなグラウンドの駐車場にクルマを止めて、ランドナーを下ろす。前回のツーリングで、リアブレーキのチドリがすっぽ抜けかけたのを機に、アーチワイヤーとブレーキシューを前後ともに交換した。
 さて、彼岸花の残り花が咲く、田んぼの中を走る。福崎の市街地のすぐ北は田園地帯だ。また、寺や神社が多い。民俗学者の柳田国男の生家や、民族資料館など、見所は多いようだ。
P1040676P1040680P1040681


 用水路に沿った路地を抜けて国道312号線に出る。市川の流れが、眩しく輝いている。少し北上したら、県道34号線へ。いつしか市川町へと入っている。市川の支流、岡部川に沿って、瀬加、牛尾と緩やかに登っていく。祭りが近いようで、赤、青、黄色の紙をくしゃくしゃに丸めたような飾りが、道路脇に立っている。
P1040684P1040690P1040692


 天然かさがた温泉せせらぎの湯を過ぎると、すっかりあたりは農山村ムード。集落は疎ら。梅雨の時期には、蛍が多いようだ。
P1040694P1040705

 今はトンネルで越える舟坂峠は、旧道へはいる。急斜面の上牛尾集落は味わいのある公民館。表札は、右から左の横書き。公民館の横には山車のものと思われる背の高い木造の車庫。
P1040709P1040710

 鬱蒼とした林の中の、旧舟坂峠から林道笠形線へ。入り口には「2.3km先で通行止め」の看板が立つが、車止めの隙間は大きく、「自己責任で通ってもいいよ」という雰囲気が感じられる。自転車なら通れるだろう。
 しばらくは登り、山脈の主稜線の東に林道はつけられているので、八千代町にいることになる。左手後方には、林道名の由来となっている笠形山だ。
 砂利がゆるんでいてグリップが効きにくい。空回りさせないように、ゆっくりとペダルを回す。
P1040714P1040716P1040718


 法面が崩れていた。これが通行止めと示されていた箇所だ。しかし、崩落した土砂を避けてクルマも通った轍がある。自転車なら全く問題ない。
 林道は山脈に沿って長く続くので、複数のピークがある。黙々とアップダウンをこなしていく。時折、麓の集落が俯瞰され、天上人になったような気分である。481mと463mの三角点のピークを西に巻くあたりが、それぞれ林道のピーク。市川町と加西市の市町境の稜線を西に東に移りながらたどる。
 463mピークを巻くところには展望台があり、それを越えれば、林道は下り基調となるが、砂利が浮いていてとばせない。それがスリリング。
P1040722P1040736

 いったん、県道145号線の釜坂峠に下る。中工区走破だ。少しだけ県道を移動して、南工区へ。こちらも通行止めとあるが、もちろん大丈夫だろう。
P1040741P1040750

 再び登り、下って、また登り。中工区ほどではないが、トータルで標高差200m以上は登っていくことになる。日が傾いてきた。赤や黄色に染まり始めた木々が、夕日によりいっそう色づいて見える。
P1040756P1040758

 大きなテレビ塔らしきアンテナのある深山を東に巻いて、下りとなる。最後は舗装路となり県道23号線へ突き当たる。ライトを点灯して交通量の多い県道を進む。播磨平野にたくさんあるため池の一つは、夕焼けを映してとても綺麗だ。
 10月上旬、14:05~18:27、39.8km。

|

« 羽尻田ノ口林道 | トップページ | 西山で夜景を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 林道笠形線(中工区、南工区):

« 羽尻田ノ口林道 | トップページ | 西山で夜景を見る »