« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013/10/28

クロスバイクの乗車ポジションを修正し古い自転車仲間と再会した日曜

 台風が去り秋晴れの日曜(27日)。午前中は、近くの小学校の校庭で、地域のグラウンドゴルフ大会。昼に帰宅し、「注文していたパーツが届いた」と自転車屋さん(BULLDOG)から電話。
 10日ほど前から、クロスバイク「SPECIALIZED Sirrus」の乗車ポジションの修正をしようと、ごそごそ動いていた。
 Sirrusは、中古車である。前のオーナーがクルマと接触事故を起こし、クルマの保険で新しい自転車を購入した。その事故車両であるSirrusをBULLDOGが引き取ったのだが、ダメージを受けたのはホイールだけ。ということで、ホイールを新調する代金だけで、Sirrusを引き取った。
 前のオーナーは身長が185cmくらいあるとのことで、私よりも10cm近く高い。さらに、スポーツサイクルにはあまり乗り慣れていない人のようで、サドルが低くハンドルが高いポジションだった。私がまたがったら、サドルはそのままでよいが、ハンドルは余りにも高くてふんぞり返ってしまうような感じ。そこで、ステアリングコラムからステムを外して上下逆さまに取り付けていた。それで乗車ポジションは納得できたつもりだった。
 そして、6年5ヶ月、今更ながらそのセッティングがやっぱりいまいちだなぁ、よし何とかてこ入れしよう、と突然思い立ったのである。ステムを逆さにした分、ハンドルが遠いのである。そしてハンドルの高さも完全に解決されたわけでなく、未だ高すぎるのだが、ハンドルを前に出したことで、上体の前傾姿勢は確保された。しかし、手・腕がつらいのだ。
 Sirrusを手に入れた直後、2007年5月に丹後半島一周、さらに半年後の11月にしまなみ海道で、それぞれ80kmあまりを走ったのが、1日の走行距離としては最長。あとは、長くても1日40km程度しか走っていない。100km/日といった計画を実行するときには、スリックタイヤをはいたMTBかランドナーを選んでいた。
 というわけで、一気にステムを25mmも短くしてやったぜぇ。BULLDOGの在庫を持ち帰ってつけようとしたものの、ハンドルの太さやコラムの太さが合わずに遠回りしたが、ハンドルにシムをかまして対応するということになった。その週末に取り寄せる手続きをしたシムが届いたという連絡が日曜の昼、冒頭の通り。天気がいいし、午後は少し走ろうと思っていたのでちょうどよい。
 早速スーパーカブをとばしてBULLDOGに駆けつけた。色々遠回りはあったけど、ステムとシムをセットで格安(値段は秘密)で頂いた。
P1040994P1040995

 家に帰って早速ステムを交換。とりあえず、上向きの角度でつけてみる。ついでにサドルの一とサドルの角度(ふんぞり返っていた)も調整。そして、試走を兼ねたショートツーリング(あるいはポタリング)に出発。竹野川を下流に向かい、ごく小さな峠を越えて日本海を眺めて周回し、また竹野川沿いを戻ってくる30km弱のコースだ。
P1040988P1040997P1050003


 台風の吹き返しで北西の向かい風。なかなかスピードに乗らない。ハンドルは近く、つまり適正になったが、高いようだ。というわけで、停車してステムを外して逆さまに付け直す。だいぶよくなった。その後も何度も停止して、サドルも含めて微調整を繰り返す。納得のいく仕上がりになったのは、もう20km近く走ってからだろうか。季節風で荒れる日本海を眺めながらの作業だった。
P1040987P1040996P1050006


 さあ、いい感じになった、と思って走っていると、またもBULLDOGから電話。かつてよく一緒にツーリングしていたサイクリストが店に来ている、とのこと。「家まであと30分はかかって、それからスーパーカブに乗り換えて…、1時間くらいかかりますよ」と答える。
 往路は向かい風だったから復路は追い風、と期待したのに、内陸に入ればほぼ無風。うまくいかない。でも、明らかに往路より早い。向かい風がなくなったからではあるが、やはりセッティングの違いのお陰でもあるはず。
 家に帰ったら、スーパーカブに乗り換えてBULLDOGへ。会うのは10年ぶりくらいだ。福知山市大江町に住む人なので、先月の台風18号の被害の話題、そしてやっぱり自転車ツーリングの話など、店長と3人で20時半頃まで話し込んだ。
 しかしその人、大江町の山間部に住んでいながら、自動車に乗らず、運転免許もなく、足は自転車。当然恐ろしい健脚。草レースに出れば入賞する強者。この日も暗い夜道、峠越えのから最後は山の中腹の自宅への登りという片道50kmを平然と帰って行った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダブルタイフーン命のベルト

 赤い赤い赤いタオルの闘魂、IWGP(あるいはNWF)猪木のベルト。すいません、「ダブルタイフーン」という言葉が、つい懐かしくて訳の分からないことを書いてしまいました。避難など不自由な状態を余儀なくされた方に対して失礼でしたね。
 さて、10月下旬に台風27,28号が並んで日本に接近する事態となり、近畿地方でも25日未明から夜まで長時間に渡って大雨や洪水の警報が発令された。もう何度目だろうか。
 実際の所、ずっと降り続いていたものの、雨足はさほど強いと感じるほどではなく、風はあまり吹かなかった。それでも川は増水し、4日前にはコウノトリが佇んでいた浅い川も、それが嘘のような水量となっていた。
P1040975P1040976


 由良川では沈下橋が流されてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/24

猪名川南部の自然歩道をMTBで周遊

 日本海側は弱い雨が降ったりやんだりする空模様。「うらにし(裏西)」いわゆる秋時雨。ただし、それにしては暖かい。雨が降っているときにはひんやりした風が吹いてくるのだが、止んでいるときは湿度の高さもあって動けば蒸し暑さをかじるくらいだ。南海上の台風27号と28号も関係しているのだろう。
 というわけで、日本海側では自転車に乗る気になれないので、久しぶりに北摂へ遠征に出よう。クルマには4か月半ぶりにMTBを積み込む。
 丹後から丹波へ越える与謝峠は雨。大江山連峰など周囲の山は、中腹から上を白い雲に隠している。福知山を過ぎても雨が降ったりやんだり。三嶽を主峰とする多紀連山も山頂はガス。
 それでも篠山盆地を過ぎ、大野山のふもとを越えて猪名川に入ると明るい曇天にかわり、雨の気配はなくなった。遠くまで来たかいがある。
 「道の駅いながわ」にクルマを止めてMTBを下す。都市部が近いせいか道にも道の駅にもクルマが多い。日本海側は暑いのか寒いのかわからない気候だったが、この辺りまで南下してくればもう寒さは微塵もない。半袖のシャツに、7分丈のズボンで大丈夫だろう。
 まずは県道を少し南東へ進む。屏風岩と呼ばれる絶壁を過ぎ、北田原の集落へと左折。幹線道路から少しそれるだけで穏やかな農山村の雰囲気。
P1040890P1040891P1040894


 小さな集落の奥、畑の脇から山へと入っていく道に進む。近畿自然歩道だ。左がこんもりとした丸山、右が大谷山。ともに集落の標高に100mほど加えた200mあまりの小山である。道は急激に上昇してすぐ左右の山の鞍部を越え、池の畔に出た。ゴルフ場とも隣接し、池のはるか頭上にはゴルフ場内を行き来するための赤い橋が架かっている。草ぼうぼうの区間を越えていくと、いきなりゴルフ場の真ん中に出た。ゴルファーの姿も見える。カートの軌道を兼ねた道をたどり、広いゴルフコースを横切る。異空間に迷い込んだようだ。
P1040895P1040900P1040907


 ゴルフ場を横断し終えると、道は暗い林間に急激に下っていく。ガレている区間もあり、本日のコースならランドナーでも大丈夫か、と思いながらもMTBを選んで正解だったと実感する。
P1040910P1040912P1040913


 正面が畑の丁字路につき当たった。畑の向こうには舗装路と民家が見える。草ぼうぼうのダブルトラックで畑を迂回し、動物除けのネットを一つと、電柵を二つ越えて車道に出た。
P1040918P1040923P1040929


 下阿古谷から上阿古谷へと緩やかな登り、その後いきなり急激な登りで汗が吹き出る。民田の集落にかかったったところが車道の峠で、そこから近畿自然歩道のシングルトラックが始まる。正確には、今までの車道も自然歩道だった。
 シングルトラックに入って、さらに大部峠への登り。ただし、それはわずかなもの。峠からは、待望の下り。ガレ場があったり、道の真ん中が掘れていたり、法面から木が覆い被さっていたりと、変化に富んでいて楽しい。
P1040930_2P1040931

 椎茸の栽培場があり、そのあたりからダートのダブルトラックとなる。後はひたすらとばす。そのうち景色は、のどかな集落となって、日生中央駅近くの都会的な町並みに飛び出す。
 とりあえず予定していたコースは完了だが、まだ10km余りしか走っていない。このまま車道で道の駅に戻るのも物足りないのでもう一遊びしよう。
P1040936P1040938

 西に進んで、南田原の光台寺からまたも近畿自然歩道にはいる。ここは前年(2012年)の1月に逆方向で走っている。ダブルトラックとシングルのあいだのような杉林の中の道を、登っていく。集落から入ってきてすぐの所に車止めがあるが、その前後に折り畳み小径車と原動機付き自転車が止められていた。よって、山中では2人と出会った。一人はハイカー。もう一人は、沢で何かを採取している人。まさか、砂金!?
P1040944


 林間を抜け池に出る。このあたりは、やや広い砂地で突然砂漠に出たような何とも不思議な景色。
P1040946P1040950

 ちょっとした峠を越え、再び砂漠と池。池の畔には廃屋。1年9ヶ月前に見たのと変わらない景色。いや、木々が色づき始めているところが以前と違う。
P1040952


 車止めを越え、ため池のほとりの丁字路に突き当たる。前回は左手、つまり多田銀山から来たのだが、今回は右手へと進む。ここから未踏のルートだ。道標には歴史街道とある。
 またちょっとした峠を越える。峠から右の尾根道は、十文字山へ登るようだ。
P1040960P1040964P1040968


 峠を越えたら下りだが、急なガレ道であまり乗車できない。しばらく行くと景色が開けた。足下に、クルマを止めた道の駅の駐車場も見える。以外に高度感がある。急な下りとなり乗車率はがた落ちだが、思わぬ眺望に大満足だ。
P1040971P1040973P1040974


 下りきったら、薄暗い沢のほとりを行く。そしていきなり新興住宅地へと出た。過去から現代へ、山中から市街地へ、こうしたトリップ感が楽しい。
 もう、道の駅はすぐそこ。ちょうど夕暮れとなり、本日の行程は終了。
 10月下旬、14:23~17:12、16.5km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/21

家の近くにコウノトリ

 20日の日曜に半日勤務をしたので、21日の月曜の午前中は代休。昼過ぎに家を出て、自転車で出勤。家から3km、京丹後市峰山町矢田、矢田橋から200mほど上流の竹野川に2羽の白サギ発見。
 いや、サギにしては大きい。尾の部分、つまり翼の先端の羽が黒い。くちばしも黒い。コウノトリだ!
P1040881P1040882P1040884

 停車した自転車にまたがったままポケットかからカメラを取り出し、静止画と動画を撮影。片方は足環付き、もう片方は足環無し。「コウノトリの郷公園」のWebサイトで公開されている「足環カタログ」と照らし合わせたところ、いずれも放鳥二世であるように思われる。一羽ずつあっという間に飛んでいった。
P1040885P1040883mp4_000000533_2P1040886mp4_000005905


| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗田半島と天橋立

 3連休最終日の10月14日はぽかぽか陽気。こんな日に自転車で走らない手はない。訳あって舞鶴に預けてある自転車の回収がてら、久しぶりに大浦半島を走ることにしよう。預けてあるVIGOREランドナーはオンロードのタイヤを装着してあるのだが、本日の予定は、ダートのダブルトラック及び少しだけシングルトラックもある。交換可能なブロックタイヤのホイールをクルマに積んでいこう。
 ところが、自転車の回収ができなかった。というわけで予備に積んであった折り畳み小径車の出番。ただし、大浦半島はハードすぎるので、栗田半島へ。
 色々手こずって、斜陽の中スタート。穏やかな海、丹後半島、天橋立、冠島、そして走る予定だった大浦半島の眺めがいい。短いが、きつい登りが2回ある。災害復旧工事による通行止めは、解除中でよかった。
P1040820P1040837P1040838


 というわけで、13.0kmの走行。

 大浦半島を走る気になっていたので、これでは物足りない。天橋立へ移動。阿蘇海を一周する。すっかり暗くなってライトをつけての走行。18.4km。
P1040842P1040843

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/10/20

西山で夜景を見る

 京丹後市の旧網野・峰山両町の境に位置する西山には、テレビ放送などのアンテナが立ち、「西山テレビ塔」と呼ばれている。職場から近く、定時過ぎに仕事を切り上げることができたある日、自転車で登ってみた。
 西山の標高は403m。旧峰山町側からのアプローチとなる。この西山には過去に2度登っていて、最初は徒歩、2度目は自転車。今回は、折り畳み小径車で挑む。
P1040767_2P1040768_2P1040769_2


 西山のふもとの集落、その名も「西山」のはずれの空き地にスーパーカブを止めて自転車を下す。建設業者の資材置き場だが、もう夕方だし、短時間だから問題なかろう。スタート地点の標高は60mほど。まずは西山の集落内へ。集落の奥からテレビ塔への細い舗装路が始まる。動物除けのフェンスはなし。ただし、ふたのない排水溝が斜めに横切っている。数え話なかったが、10以上はあった。直角に横切れば車輪を取られることはないが、小径車は不利だ。スポーク折れの心配もあるので両足をついて越える。
 道は、アスファルトからコンクリート舗装にかわり、相当な急勾配となる。10パーセントは軽く越えているだろう。ちなみに、GPSレシーバーのデータをパソコンに取り込んでカシミール3Dで分析すると、ある区間では440mで74mの高低差。つまり、17パーセントほどもあった。フリー側のみ8段変速の自転車では乗車はあきらめ押して登る。
 登っていくうちにあたりは暗くなり、そして視界が開けて夜景が見えてきた。過去の2回は当然日中に登った。自分の生活圏が手に取るように見渡せるのもいいが、今回のように幻想的な夜景もいい。
 山頂に立つ。旧網野町側、つまり北側の景色も開ける。日本海の漁り火まで見える。東から南側は、旧峰山市街地や、旧大宮町の郊外型店舗の並ぶ国道312号線沿いの明るさが目立つ。
 山頂に到着する直前からごく弱い雨が降ってきた。この秋は台風が連続して日本付近にやってくる、暖かい南風を伴って。台風22号日本の北東に抜けて、気圧配置は西高東低。時雨というわけだ。それでも気温は高め、遠くの灯りもクリアに見えているので、本降りにはならないだろう。ちなみに、翌日は気温がぐっと下がり、朝のうちを中心に本格的な時雨模様となった。
P1040776P1040777

 夜景を眺めたら、下山開始。下りが急すぎてとばせない。排水溝が怖い。ブレーキを握る手がくたびれてきた頃、ようやく西山の集落に降り立った。緩い下りをスーパーカブに向けてとばす。
 10月上旬、17:44~19:09、8.0km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/08

林道笠形線(中工区、南工区)

 兵庫県には、京都府よりも、ダイナミックな林道がいくつもある。林道笠形線もその一つ。その名の通り笠形山から南に連なる山脈の中腹の30kmに渡るダブルトラックだ。ほぼ10kmごとにクロスする県道によって北・中・南の3工区に分けられている。今回は、中・南工区をランドナーで走る。
 丹後から100km、クルマで2時間強のアプローチ。自転車で走りたい欲求とともに、遠くに行きたい欲求も満たすのだ。中国山地と播磨平野の境目あたり、福崎町が周回の起点及び終点。中心街のはずれ、東田原の神積寺の近くの小さなグラウンドの駐車場にクルマを止めて、ランドナーを下ろす。前回のツーリングで、リアブレーキのチドリがすっぽ抜けかけたのを機に、アーチワイヤーとブレーキシューを前後ともに交換した。
 さて、彼岸花の残り花が咲く、田んぼの中を走る。福崎の市街地のすぐ北は田園地帯だ。また、寺や神社が多い。民俗学者の柳田国男の生家や、民族資料館など、見所は多いようだ。
P1040676P1040680P1040681


 用水路に沿った路地を抜けて国道312号線に出る。市川の流れが、眩しく輝いている。少し北上したら、県道34号線へ。いつしか市川町へと入っている。市川の支流、岡部川に沿って、瀬加、牛尾と緩やかに登っていく。祭りが近いようで、赤、青、黄色の紙をくしゃくしゃに丸めたような飾りが、道路脇に立っている。
P1040684P1040690P1040692


 天然かさがた温泉せせらぎの湯を過ぎると、すっかりあたりは農山村ムード。集落は疎ら。梅雨の時期には、蛍が多いようだ。
P1040694P1040705

 今はトンネルで越える舟坂峠は、旧道へはいる。急斜面の上牛尾集落は味わいのある公民館。表札は、右から左の横書き。公民館の横には山車のものと思われる背の高い木造の車庫。
P1040709P1040710

 鬱蒼とした林の中の、旧舟坂峠から林道笠形線へ。入り口には「2.3km先で通行止め」の看板が立つが、車止めの隙間は大きく、「自己責任で通ってもいいよ」という雰囲気が感じられる。自転車なら通れるだろう。
 しばらくは登り、山脈の主稜線の東に林道はつけられているので、八千代町にいることになる。左手後方には、林道名の由来となっている笠形山だ。
 砂利がゆるんでいてグリップが効きにくい。空回りさせないように、ゆっくりとペダルを回す。
P1040714P1040716P1040718


 法面が崩れていた。これが通行止めと示されていた箇所だ。しかし、崩落した土砂を避けてクルマも通った轍がある。自転車なら全く問題ない。
 林道は山脈に沿って長く続くので、複数のピークがある。黙々とアップダウンをこなしていく。時折、麓の集落が俯瞰され、天上人になったような気分である。481mと463mの三角点のピークを西に巻くあたりが、それぞれ林道のピーク。市川町と加西市の市町境の稜線を西に東に移りながらたどる。
 463mピークを巻くところには展望台があり、それを越えれば、林道は下り基調となるが、砂利が浮いていてとばせない。それがスリリング。
P1040722P1040736

 いったん、県道145号線の釜坂峠に下る。中工区走破だ。少しだけ県道を移動して、南工区へ。こちらも通行止めとあるが、もちろん大丈夫だろう。
P1040741P1040750

 再び登り、下って、また登り。中工区ほどではないが、トータルで標高差200m以上は登っていくことになる。日が傾いてきた。赤や黄色に染まり始めた木々が、夕日によりいっそう色づいて見える。
P1040756P1040758

 大きなテレビ塔らしきアンテナのある深山を東に巻いて、下りとなる。最後は舗装路となり県道23号線へ突き当たる。ライトを点灯して交通量の多い県道を進む。播磨平野にたくさんあるため池の一つは、夕焼けを映してとても綺麗だ。
 10月上旬、14:05~18:27、39.8km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽尻田ノ口林道

 手軽なダブルトラックとして何度も走っていたのだが、5年ほど遠ざかっていたコース。
 日高町の中心ぶ江原から神鍋高原に向かって国道482号線を走り、植村直己記念館の手前で左折、阿瀬渓谷方面へ。
 猪子垣の広い田んぼから、田ノ口側をさかのぼり、田ノ口集落のもっとも下の端郷にクルマを止めて、ランドナーを下ろす。草むらには、虫が多く足首を刺されまくる。かゆみに耐えかねて、自転車の前後輪を組む作業を中断するが、いくら追い払ってもきりがない。あわててスタートを切る。
P1040486_2P1040490_2P1040492_2

 いったん、猪子垣に下り、稲刈りが半分ほど進んだ田んぼを見ながら、少し南の阿瀬川にレーンチェンジ。川沿いの道を遡り羽尻集落を過ぎる。阿瀬渓谷には行かず、湯原のオートキャンプ場に向かって急な登りにとりつく。日帰り温泉もあるせいか、たまにクルマが行き交う。
 オートキャンプ場の利用客は少ないが、若者のグループがいて、そこだけはにぎやか。キャンプサイトを通り抜け、ダートのダブルトラックへ。
P1040494P1040495

 林間へとは行っていくのと夕暮れが重なって一気に視界が暗くなる。ライトを点灯。ゆっくりと登っていく。
 ピークはそう遠くないが、しばらくアップダウンが続く。それも結構な勾配のアップダウンだ。
 下りで、リアのブレーキがすっぽ抜ける感触。ワイヤー切れか! ブレーキの遊びが大きくなったものの効かなくなったわけではない。家に帰って点検したら、ブレーキのチドリがずれていた。
 すっかり日が暮れ、砂利が浮いたダートを、遊びが大きくなった不安定なブレーキで、とにかく慎重に下って羽尻の集落へ。家の灯りが暖かい。
 いったん集落から、暗い夜道へ。舗装路は走りやすい。一気にクルマの駐車ポイントへ到着。
 9月上旬、17:47~19:27、14.9km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »