« 大江町へ | トップページ | 羽尻田ノ口林道 »

2013/09/30

台風の爪痕

 由良川沿いは、台風18号の爪痕がくっきり。水に浸かった道路には泥が積もり、クルマが通るたびに土埃が舞う。
P1040639P1040640

 そんな中、瓦礫の合間から彼岸花が咲く。近年、暖秋により、彼岸が終わり10月に月が替わるころに咲いていたが、今年はどんぴしゃ彼岸に咲いた。それも彼岸の中日に。
P1040644P1040643

 18号から10日後の26日、台風20号が関東地方をかすめるように日本の東を北上。一時的に、西高東低の冬型の気圧配置となり、北西の風が吹いた。京都府の海岸には、台風18号で海に流れた瓦礫が打ち寄せた。天橋立は清掃作業。
P1040636P1040669P1040655


 また、26日には、冬場の風物詩、浮島現象が見られた。光の屈折により島と海面に隙間が開いたように見える、蜃気楼の一種だ。

|

« 大江町へ | トップページ | 羽尻田ノ口林道 »

コメント

 台風の分析やボランティアお疲れ様です。被害は私の住んでいるところにもありまして、9年前よりも雨量が多く、山の川(といっても護岸工事も何もない幅1mもない小川)が土砂とともに大水となって襲い掛かりました。山の川が土砂を運んだのは初めてでした。
 私は職場に行って、被害の調査と写真撮りをしていました。休日が吹っ飛びましたが、下流域で被害にあわれた方には本当にお気の毒です。

投稿: すう | 2013/10/06 08:11

 そうですか。調べてみれば、園部アメダスで約310mm、篠山の後川アメダスで約260mm(9月15,16日)と、9年前の台風23号よりも多く降っていますね。
 昨年暮れからこの春先にかけて、集中的にMTB登山をした、すうさんの家の裏山、半国山の登山道(関西電力の送電線巡視路)は、沢に絡んだ部分が痛んだままになっていました。今回でさらに荒れているかもしれないですね。
 9月22日に予定されていた、綾部の里山サイクリングも中止とのこと。コース途中の睦寄(旧故屋岡)アメダスでも350mmを観測してい田野でどうなるだろうかと思っていましたが、やはり土砂崩れでコースが通れなくなり大会直前に中止が発表されたようです。

投稿: はいかい | 2013/10/06 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風の爪痕:

« 大江町へ | トップページ | 羽尻田ノ口林道 »