« 播磨南西部の周回コース | トップページ | 8月のカーテンコール »

2013/08/21

雨のち曇りの扇ノ山

 6月末の某日。扇ノ山にMTB登山をしようと新温泉町の上山高原へ。しかし、この山域にはいると雨が降っていて、上山高原に登る途中は激しい雨足。MTBに乗る気が失せてしまった。
P1040118


 引き返すにはガソリン代が惜しいので、傘を差して登山道を歩き出す。チシマザサ(根曲がり竹)のタケノコである「スズコ」を採りながら歩いて、気が済んだら引き返そうという気持ちだ。
P1040123P1040131

 結局、山頂まで行った。途中で雨は止み、傘はウェストバッグのベルトにさして侍のような出で立ちで歩いた。
 もう遅いかと思ったスズコだが、大ヅッコあたりで何とかゲット。さすが、中国山地で一番の雪山。ひと月半前にはスキーをしに来た山だ。
P1040137P1090235

 扇ノ山にはもう20回は来ていると思うが、雪があればスキー、雪がなければ自転車(MTBかランドナー)ヲ利用しての登山だった。歩いて登って歩いて下るのは初めての経験だった。小ヅッコの登山口のピストンで2時間13分。
 下りはスキーや自転車の方が早いが、登りは空荷で歩いた方が早い。トータルすればスキー登山より早く、MTB登山と同じくらいの所要時間。やけに身軽だと思ったら、飲料水すら持たずに歩いていた。雨で気温が比較的低めだったので、問題はなかった。

|

« 播磨南西部の周回コース | トップページ | 8月のカーテンコール »

コメント

 先シーズンは山スキーで行かなかったなあ、扇ノ山。またお願いします。
 しかし、水もないとは危ないですね。

投稿: すう | 2013/08/29 20:36

 ようこそ、お久しぶりですね。
 水がないのに気づいたのは山頂に到着して、一息ついたときでした。のどが渇いたからでなく、とりあえず山頂についたからということで。この日豊岡の最高気温は29度。雨は、扇ノ山だけのピンポイント。暑くなる前の時期で、しかも雨上がりの涼しい時間で幸いでした。7月以降の猛暑の時期だったら大変でしたが、そんな暑い日には行かないかな。
 この冬の雪の量はさほど多くはなかったと思いますが、4月の気温が低くて扇ノ山の残雪シーズンは平年並みか、やや長めでした。すぐ隣に位置し、標高が200m高い氷ノ山よりも、雪のシーズンが一月半も長いというのは立派です。

投稿: はいかい | 2013/08/30 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨のち曇りの扇ノ山:

« 播磨南西部の周回コース | トップページ | 8月のカーテンコール »