« 雨のち曇りの扇ノ山 | トップページ | 静かな夏 »

2013/08/30

8月のカーテンコール

 台風15号が近づいてきている。30日は、近畿地方北部では曇りのち雨の予報で、降り出しは昼頃とのこと。雨の直接的な要因は秋雨前線で、日本海側では台風本体よりも怖い。九州北部と中国地方西部、あるいは北陸などで大雨洪水の警報が発令されているが、近畿北部は日本海の前線から離れているためそんなに強く降りそうにはない。帰りは少々濡れても構わない。というわけで、クルマでなくスーパーカブで出勤。予報通り、昼ごろからそこそこ雨は降ったが、それは弱いもの。夕方には止んだ。ちなみに、アメダスの雨量計の観測では、近畿地方の各地点で日中は0mm。雨量計は0.5mm分の雨水がたまると転倒するますがあり、その転倒回数で雨量を計測する。2回転倒すれば1mm、10回転倒すれば5mmというわけだ。本日の日中は、一度も転倒しなかったということなのだが、気温の影響はないのだろうか。気温が高ければ、蒸発、つまり水蒸気への気化がしやすい。本日の近畿北部の最高気温は34度前後。雨が降っていた時間帯は、ずっと30度以上の状態だった。雨量計そのものの温度も30度以上ということになり、わずかな水をひと肌で温めているような状態ではないのか。まあ、そんなことを考えていた。とはいえ、その時間帯の降雨レーダー画像には弱い雨が示され、測候所や気象台には感雨計といって少しの雨でも反応するセンサーがある。だから、本日の気象データを見ると雨量は0mであって、降雨なしの「-(ハイフン)」ではないのだ。
 さて、梅雨前線の活発化による局地的大雨(とっくに梅雨明けしていたにもかかわらず)で幕を開け、8月は台風接近による秋雨前線の活発化で幕を閉じようとしている。まるで前線が8月という舞台の緞帳(どんちょう)のようだ。
 地蔵盆の頃には前線が日本の南まで下がり秋の高気圧に覆われたため、最高気温は30度未満、最低気温は20度前後まで下がる日が数日あった。しかし、台風接近により前線は日本海まで北上し、台風がもたらす湿った暑い空気で暑さがぶり返してきた。夏のカーテンコールといったところか。
 台風が去り、9月になったら涼しくなるのだろうか。近年は9月は秋でなく夏というべきで、上旬には猛暑日も珍しくないのだが、今年はどうだろうか。

注:気象のお話は、北近畿のもの。

|

« 雨のち曇りの扇ノ山 | トップページ | 静かな夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月のカーテンコール:

« 雨のち曇りの扇ノ山 | トップページ | 静かな夏 »