« 北摂の歌垣山 | トップページ | 厳しい残暑 »

2013/06/19

2012年度植村直己冒険賞受賞記念講演

 2012年に行われた様々な冒険の中から選ばれたのは、竹内洋岳氏。2012年5月26日、ダウラギリの登頂によって、日本人初の8000m峰全14座の完全登頂を達成した。(ちなみに、賞は翌年に選考される。)
 その授賞式と受賞者による記念講演が、2013年6月15日(土)午後、兵庫県豊岡市日高町で行われた。自宅から自動車またはスーパーカブで1時間、入場無料と言うことで行って来た。 とはいえ、1週間で唯一の休日(翌日の日曜も仕事)、なかなか腰が上がらない。催しが始まる時刻にやっと出発。実に久しぶりの雨模様なので、自動車で。
 豊岡市の主催ということで、地元の小学生の合唱や市長の挨拶があったり、選考委員の選考評に賞の贈呈といろいろあって、メインエベントの記念講演が始まるまでには1時間以上かかる。よって、到着したときにはちょうどその講演の直前だった。
 ちなみに、私がこの催しを訪れたのは、2006年の小松由佳氏、2007年の野口健氏、2011年の斉藤実氏に続いて4回目。前年の斉藤氏は70代後半だが、後の3人は私より年下。野口氏と竹内氏は同世代といえる範囲だが、小松氏は一回りと少し年下。そして、ヨットの斉藤氏以外は、すべて登山での受賞。共通していえることは、みなさんバイタリティがあるのは当然で、なおかつ聡明。ものすごい体験談をペラペラとお話しされる。毎回、パソコンを持参し聞きながら内容を打ち込んでいるのだが、いちいち感心している暇がない。竹内氏も、瀕死の雪崩遭難、命がけで山に挑む覚悟、と凄まじい内容の話を早口でまくし立てられた。打ち込んだテキストを後で読めば、改めてそのすごさを感じてしまう。

|

« 北摂の歌垣山 | トップページ | 厳しい残暑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年度植村直己冒険賞受賞記念講演:

« 北摂の歌垣山 | トップページ | 厳しい残暑 »